スター結線の断線時の電流値算出方法

このQ&Aのポイント
  • スター結線の断線時の電流値計算方法を解説します。
  • 断線時のスター結線の電流値は、5Ax(1/√3)x(√3/2)で算出されます。
  • この計算方法は、断線により単相運転となった場合の電流値を求めるために使用されます。
回答を見る
  • ベストアンサー

スター結線の断線時の電流値算出方法

下記URLのスター結線の故障時の電流が2.5Aとなっており、計算方法が、5Ax(1/√3)x(√3/2)となっています。5Ax(1/√3)については、断線していないときのスター結線の相電流ということでわかるのですが、断線により単相運転となった場合の電流値が、5Ax(1/√3)に√3/2を掛けることによって、なぜ算出されるのがかわかりません。どなたかご説明頂けると助かります。 宜しくお願い致します。 https://faq.fa.omron.co.jp/tech/s/article/faq01575

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • Donotrely
  • ベストアンサー率41% (537/1280)
回答No.2

スター結線の、入力端子と中心の結節点の電圧を考えているのだと思います。 断線する前は、入力端子と結節点の電位差は 三相電圧の相電圧。 断線後は生きている入力端子間電圧は線間電圧なので、 相電圧の√3倍 結節点はその中間点なのでその1/2倍 従って、入力端子と結節点間の電圧は 元の相電圧の電圧の√3/2倍 ということだと思います。

tokada1106
質問者

お礼

考え方がよくわかりました。ありがとうございます!

Powered by GRATICA

その他の回答 (1)

  • ohkawa3
  • ベストアンサー率59% (1256/2125)
回答No.1

以前にも同様の質問を投稿なさっていて、回答に納得なさったのではありませんか? 以前のQ&A: https://okwave.jp/qa/q10165708.html

tokada1106
質問者

補足

不快な思いをさせて大変申し訳ございません!。仰る通り、前回のご回答から導くことができました。言い訳になりますが、仕事の分野が広く、頭が混乱しておりまして、一度理解したと思っていたことが抜けており、今回の質問させて頂いた式を見た時に???となってしまいました。冷静にならなければいけませんね。以後気を付けたいと思います。ohkawa3様にはいろいろと助けて頂き、本当に感謝しています。また機会があれば宜しくお願い致します。

関連するQ&A

  • スター結線の断線の問題(何倍になるか?)につ

    スター結線の断線の問題(何倍になるか?)につ いて質問があります。 問題 図の3相回路で、1線が断線(×印)したとき a線の電流計Aの指示は、断線前のおよそ何倍 になるか? ただし、線路のインピーダンス及び電流系の抵 抗を無視する。 答えは0.866か1.154のどちかだとおもいうの ですが・・・・ 「スター結線」 断線前の計算は相電圧が200/√3 線電流と相電流が同じの事から I=(200/√3)/20 =10/√3 =10÷1.732(人並みにおごれよ・・・???) =5.7736 「断線後」 I=200V/40Ω =5A とでました。 ここから小学生みたいな質問ですが、「断線後の 値は断線前のおよそ何倍」になるでしょうか? の場合、どちらの値をどちらで割ればいいのでし ょうか? ・・・電気の前に算数を勉強しなければなりませ ん・・・・・?? 5.7736÷5=1.154 5÷5.7736=0.866 よろしくお願いします

  • 三相スター結線ヒータ断線時の電流、電圧

    440V、0.5kWのヒータ6本を使用してスター結線を組んだとします。(添付図通り各相に並列に接続します) この時、ある1本のヒータが断線したとすると各相の電流及び電圧はいくらになりますでしょうか? 使用する電線の選定の為、電流及び電圧値を把握しておきたいと思っています。 よろしくご回答お願い致します。

  • 単相トランス三相結線時の短絡電流について

    下記仕様の単相トランス3台を三相結線した場合の二次側三相短絡電流はいくらになるでしょうか。どなたか計算方法をご教示願えませんか。 単相容量100kVA、一次電圧6.6kV、二次電圧420V、%インピーダンス4%、 結線デルタ-デルタ(Δ-Δ) 三相トランスの短絡電流の計算方法はわかりますが、 単相トランスをデルタ結線にした場合に%インピーダンスを そのまま計算してよいものなのかまたは三相として換算する必要が あるものなのかがわかりません。 また三相として換算する必要がある場合、結線方法の違い (例えばデルタ-スター)で%インピーダンスは変わりますか。

  • 欠相時の電流変化について

    欠相時の電流変化について勉強しております。 例えば電動機運転中に欠相状態となった場合考えられるパターンとして (1)結線方式 Y結線、外線の1本断線し、欠相運転 (2)結線方式 Y結線、モーター巻線で断線し、欠相運転 (3)結線方式 Δ結線、外線の1本断線し、欠相運転 (4)結線方式 Δ結線、モーター巻線で断線し、欠相運転 この4パターンが考えられたのですが 電流変化はそれぞれどうなりますか? よく√3VICOSθで出力してたものが、単相運転となりVICOSθとなり 電流が√3倍流れるといった記述を見ますが、理屈がよくわからないので詳しく 回路、または公式から説明いただけると助かります、サイトでも構わないので どなたか宜しくお願いいたします。

  • 三相電動機、欠相時の電流

    デルタ結線の三相電動機がありますが、一相が欠相した場合、 電流値がどのようになるか教えてください。 欠相すると単相運転になり、 断線前の時の電流値 A1=√3V/R 断線後の電流値 A2=3V/2R とすると、A2/A1=0.866になり断線後の方が電流が減ると思うのですが、 あるサイトを見ると断線後の方が√3倍になるとありました。 よく分かりませんのでご回答の方お願いします。

  • 電気ヒーターをスター結線し異電圧を加えた時の電気容量について

    単相100V-400Wの電気ヒーター3本をスター結線して、3相200Vを加えた場合の総電気容量はいくらになるのでしょうか。(ヒーターの耐圧は問題ないものと仮定) また3本の内1本が断線した時の容量はいくらになるのでしょうか

  • 電流値の算出方法を教えてください。

    ヒータを接続したときの電流値の算出方法を調べているのですが、 なかなか調べきらずに困っておりますのでご教授お願いいたします。 供給する入力電圧は3相200Vです。 まずセラミックヒータ(入力電圧単相200Vで実測値4A)をRS間に接続した時 R相・S相ともに電流値は4[A]でした。 そしてST間にもう一台同じヒータを接続すると、 R相・T相が4[A] S相が6.9[A]でした。 最後にR-T間に同じヒータを接続すると 全相が6.9[A]ほどでした。 ここで何がわからないのかと申しますと、2個ヒータを接続したときのS相に流れる電流は8[A]だと思っていたのが、それよりも少ない6.9[A]だったためです。 位相が関係しているのでしょうか? 計算式などUTLがありましたらご教授願います。 初歩的な事で大変申し訳ございませんが、宜しくお願いいたします。 今、調べておりましてデルタ結線にあてはめれば良いのかと思いましたので追記いたしました。 まず、ヒータ単体で電流値を測定した場合が相電流4[A] ヒータ3つを各相間に接続したときの電流値を線電流と考えれば 線電流=相電流×√3となり、6.9[A] これで、考え方があっていますでしょうか? それと、ブレーカーを選定する際は、ヒータの場合、抵抗と考え6.9[A] であれば、10[A]のものを選定すれば、大丈夫なのでしょうか? すみませんが、重ねてご教授お願いいたします。

  • スターのみ、デルタのみでの電動機起動及び運転電流値

    取水ポンプの11Kwの電動機(モーター)を、インバーターが壊れたため、200V直結にて運転しました。最初、スター結線のみにて30分運転、電動機(モーター)がかなり熱くなり運転停止しました。この時45A。次にデルタ結線にて起動、制御盤の電流計やクランプメーターは45A。起動時も45Aで変わらず、100Aのブレーカーも作動せず。電動機熱はそんなに熱くは感じません。力はデルタ結線の方があるみたいです。結果、デルタ結線にて回しています。ここで疑問、わからないので質問いたします。 1、スター結線は電流値がデルタ結線の1/3にならないのはなぜか?。 2、スター結線は、モーターがかなり熱くなったのはなぜか?。 3、デルタ結線は起動時に電流値が3~5倍と聞くが、電流計が45Aのままで100Aブレーカーも作動 しないのはなぜか?。 4、ポンプは逆止弁が付いていて、負荷がかかっているので電流値が45Aなのか?、空転だと起動時電流値が上がるのか?。 5、このままデルタ結線のまま電動機を回し続けて問題があるか?。 以上よろしくお願いいたします。

  • 三相誘導電動機の一相断線・・・

    以前、単相誘導電動機について教えていただきながらこのような質問を申し訳ございません。 いろいろ参考書等で調べ、勉強したのですがどうなるのかは載っているのですが、なぜそうなるのかがでていません。 (1)三相一次巻線のうち、一相の巻線が運転中に断線するとどうなるのか? →そのまま運転を続ける(すべりが増加するや負荷電流が増加するのは別にして) (2)なぜ運転をつづけるのか?・・・過去のプリントの中に →いわゆる単相誘導電動機となり、運転中は二相巻線による交番磁界によって交流が誘導されて回転磁界が発生しているので運転を続ける とありました。また、これ以外の答えはどの参考書にもありませんでした。 ここで、 (3)1次巻線については、Y結線とΔ結線がありますが、Y結線で1相(たとえばa相)が断線した場合、コイルは2相(b、c相)が残ります。しかし、これは直列につながっているだけなので1つ・・・いわゆる単層巻線になってしまうという理解でよいのでしょうか。→これにより単相回路になるので交番磁界になる? 一方Δ結線で1相(たとえばa相)が断線した場合、同じようにコイルは2相(b、c相)が残りますが、Y結線と違い、三線で2つのコイル・・・いわゆるV結線になるのではないでしょうか。→この場合2相巻線になるのであればこれは回転磁界をつくるのでしょうか? (4)1次巻線の2相が断線した場合について →Y結線でもΔ結線でも1次側の回路が成り立たなくなり電流が流れないことから当然停止すると・・・。 (5)一方2次巻線が断線した場合についてはどのようになるのか記述された文献がありません。運転中に二次側の巻線が断線した場合どのようなるのでしょうか。またそれはなぜなのでしょうか。 →  

  • スコット結線トランスの許容電流について

    宜しくお願い致します。 【状況】  商業ビルで電灯回路(100V)の容量が足りずスコット結線Trの増設をし容量を増やそうと計画しています。 【質問】  スコットTr 30Kva 420/210-105(三相/単三専用単相2回路)の一次側と二次側の許容電流が知りたいのと考え方(計算方法)をご教授ください。 レベルの低い質問で申し分けありませんが宜しくお願い致します。