• ベストアンサー
※ ChatGPTを利用し、要約された質問です(原文:東海道中膝栗毛の挿絵の説明書き。)

東海道中膝栗毛挿絵の意味と「御の魚」の読みは?

このQ&Aのポイント
  • 東海道中膝栗毛の挿絵に書かれている「しな玉や 御の魚の 抜け潜り 月麿」は、弥次郎の住む長屋に突然訪れた侍と妹の出来事を描いています。
  • 「御の魚」は「ごのうお」と読みます。侍が、弥次郎と関係を持ったと聞いて腹を立てたが、妹のために弥次郎と妹を結婚させようとして連れてきたことを語っています。
  • 東海道中膝栗毛の挿絵は、物語の始まりを表現しており、弥次郎と喜多八の旅の出発前の重要なエピソードを描写しています。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • staratras
  • ベストアンサー率41% (1467/3574)
回答No.2

回答者の勝手な推測なので、まったくの見当違いかも知れませんが、次のように考えました。まず、基本的な言葉の意味は「江戸語の辞典」などを参考にすると 品玉:手品の旧称。手品と曲芸を合わせた芸能。 抜け潜り:「抜け潜る(ぬけこぐる)」:くぐり抜ける。逃げつのがれつする。 御魚:「御肴」は将軍に献上する魚のことだが、ここでは「大事な魚」の意味か。 「品玉や 御の魚の 抜け潜り」(しなだまや おんのさかなの ぬけこぐり) まるで手品や曲芸のように見事だ。あの大事な魚がうまく切り抜けたのは。くらいの意味ではないでしょうか。 「大事な魚」は突然訪ねて来た侍の妹(お蛸)のことで、蛸だから魚と洒落たのでしょう。実はこの突然の訪問は弥次郎が妻と離縁するために喜多八と仕組んだ手の込んだお芝居でした。どんなふうに手が込んでいたかは、この場面のあとで明らかになっていきますが、そうした伏線も含めて、この場面では「うまく切り抜けた」のです。 なお、五七五の句と考えれば、中七は「おんのさかなの」と読むのではないでしょうか。俗に「非常にありがたいもの」「大事なもの」「優れたもの」を「御の字(おんのじ)」といいますが、その魚版です。

kouki-koureisya
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 すばらしい推理です!! 私も推理することは大好きですが、この説明書きにはまったくお手上げでした。 回答者様のご推測で、十分つじつまが合います。 この後の話の展開にもピッタリです。 すっきりしました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • gunsin
  • ベストアンサー率32% (398/1230)
回答No.1

Google先生が、教えてくれますよ。 月麿はGoogle先生に依りますと、喜多川 月麿の事の様です。

kouki-koureisya
質問者

お礼

ご回答ありがとうございます。 喜多川 月麿で検索しても、この「説明書き」にはたどり着きませんでした。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 東海道中膝栗毛は…

    十返舎一九の「東海道中膝栗毛」(弥次郎兵衛と喜多八のあの話です)は、実話ですか?作り話ですか?

  • 東海道中膝栗毛について知っていることを教えて

    連想することは何でもどうぞ!

  • 「東海道中膝栗毛」の題目について

    「東海道中膝栗毛」の題目について 以前からこの滑稽本の題目の意味がわかりませんでしたが、ウィキペディアには、 ----------------------------------- 『栗毛』は栗色の馬。『膝栗毛』とは、自分の膝を馬の代わりに使う徒歩旅行の意である。 ----------------------------------- と説明してあります。 これはどう解釈したらいいのでしょうか。 作者の十返舎一九が、徒歩旅行の意として、「膝栗毛」という言葉を作り、その言葉が後日定着したのでしょうか。 それとも、以前から「膝栗毛」が徒歩旅行という意味で使われていたのでしょうか。私は、「東海道中膝栗毛」以外に、「膝栗毛」の使用例を知りません。もし、他に使用例がありましたら教えてください。 特に、十返舎一九よりも古い時代に使用例があれば、特にお願いします。

  • 東海道中膝栗毛のなかの「あんじょう」

    「あんじょう」という言葉は辞書によると、関西方言とありますが、 東海道中膝栗毛に出てきます(とこれも辞書にあります)。 東海道中膝栗毛はご存知のようにやじさんときたさんという地方出身の江戸っ子が主人公ですが、「あんじょう」ということばはその作品の中の京で使われたのでしょうか?それとも江戸っ子の彼らが使った言葉なのでしょうか?

  • 東海道中膝栗毛:読みやすい現代語訳はありますか?

    最近、十返捨一九の「東海道中膝栗毛」を読んでみたいと思っています。 しかし、古文のまま読むだけの気力はさすがになく……。岩波文庫などで出ている注釈付きのものもちょっときついなぁ、と感じます。 なので現代語訳で読んでみたいと思うのですが、何かお勧めはありますでしょうか。 子供向けなどで現代語訳は出ているようですが、できるだけ原作に忠実な完訳が読みたいです。(だったら古文で読め、というトコロなんですが……) 弥次喜多の世界にはまってみたいので、どうぞよろしくお願いします。

  • 【東海道中膝栗毛】長持ちと安永餅は見た目がそっくり

    【東海道中膝栗毛】長持ちと安永餅は見た目がそっくりですがどちらがパクリですか?発祥期限が早いのはどちらだったのですか? あと東海道中膝栗毛ってどういう意味ですか?

  • 西洋道中膝栗毛(4編下)の要約

    西洋道中膝栗毛(4編下)にある(弥)「・・・むかふも大のり、大気あり。人目のひまと首尾せへありやア、艦に石炭、伝信機だ。(北)「陸には蒸気車、二疋馬車が、聞イてあきれらア。おめへは、兎角女が、ばつでもいふと(ほどをいふこと)、すぐに乗地の人力車、ちよんきなホイ駕籠、借馬の馳だ。」はどういう状況のことを言っているのでしょうか。要約を教えてください。また、要約付きの本があれば、それもよろしくお願いします。

  • 『西洋道中膝栗毛』初編上の一場面について

    『西洋道中膝栗毛』初編上の一場面について 地元で行われている生涯学習の講座で、 『西洋道中膝栗毛』(仮名垣魯文 著)の初編上を読みました。 その真ん中あたりの一部についてです。 <弥次郎「野毛よりつヾく神奈川へ はや程ヶ谷のほどもなく 暮れや戸塚にやどるらん」  北八「るらんなんじゃと はしこへる」> 特に「はや程ヶ谷のほどもなく」と「るらんなんじゃと はしこへる」がどういう意味かよくわかりません。 講座を受けてるときは気にならなかったのですが、恥ずかしながら、家で息子に聞かれて初めて疑問に思い、こちらに質問させていただきました。 お詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

  • 東海道中膝栗毛の中で弥次郎兵衛に大井川の人足が言った言葉

    東海道中膝栗毛の中で弥次郎兵衛を指して大井川の人足が言った言葉を教えてください。彼に対する嫌味だったと思います。何かに例えていました。

  • 膝栗毛の意味は?

    東海道中膝栗毛という作品がありますが、 この「膝栗毛」とはどういう意味でしょうか? よろしくお願いします。

MFC-L2730DNのトナー交換について
このQ&Aのポイント
  • MFC-L2730DNのトナー交換の表示が1週間後に出ました。付属のトナーを使用したので、新しいトナーを購入する必要がありますか?
  • MFC-L2730DNの接続環境は有線LANで、電話回線の種類はひかり回線です。
  • 関連するソフト・アプリについては記載がありませんでした。
回答を見る