人を愛す事と、愛される事。どちらが大事でしょうか?

このQ&Aのポイント
  • 人生は人を愛することが大切
  • 異性関係ではさまざまな問題や障害がある
  • 結婚やパートナーシップに安心感を感じる
回答を見る
  • ベストアンサー

人を愛す事と、愛される事。どちらが大事でしょうか?

瀬戸内寂聴さんが、昨日放送のTVの中で言ってました。 「人生は人を愛することです」と、長年生きてきてつくづく思うというような感じの話し方をしていました。 道徳的には、「人に愛される人間になりなさい」と言うのが一般的な考え方ではないかと思うのですが、彼女の言葉はそれとちょっと違うようでも有り、それが正しいのかなとも思わせます。 物やペットには、自分の意思でいくらでも愛情を注げますが、人にはなかなかそうはいかないですね。 特に異性に関しては、色々障害や問題があり、世間の目も有ります。 独身と既婚者ではまた違うでしょうが、性が伴うと更に難しくなります。 純愛やただの浮気、不倫や微妙な友達などいろんな形があると思いますが、過去のことやこれから先のことを考えて、異性の場合、人間すべてに対して、自分はどうあるべきだと思いますか。 僕は結婚30年ですから、ここまで来たらこのまま無難に過ごしたいと思います。 ただそう思えるのは、結婚前にそれなりに女性を愛したということもありますが。 それと、それで我慢できるのは、ここOKWAVEにも「いい女」が沢山いて、優しくお相手してくれるからです(笑)。

  • 5mm2
  • お礼率99% (7654/7663)

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • ZXYZY
  • ベストアンサー率25% (200/778)
回答No.16

>人を愛す事と、愛される事。どちらが大事でしょうか? どちらも大事だと思います。 人は愛し愛されて生きていくものですから。 無償の愛という言葉がありますがそんなものは存在しません。 見返りを求めない愛も実は、そんな崇高な自分に酔えるという見返り、若しくは自己達成感という甘い蜜を得ることが出来ます。 誰かを何かを愛せずには人間は生きていけません。 それに加え、誰かに愛されなくては人間は生きていけません。 私も結婚30年を越え、妻とは知り合ってから35年を過ぎました。 異性に対しては女性の多い職場を渡り歩いているのでそれなりの恋心的なものは今まで有りましたが、不倫に行くほどの勇気もなければ甲斐性も無かったですね。 でも、一番は妻が好きだということ、だって結婚して色々な辛苦を共にし、自分の子供を産んでくれて育ててくれた女性以上に素晴らしい女性は居ないでしょう。 そう思っていれば隣の芝生は然程、青くは見えないものです。 ただし、常に恋はしています。 未婚の女性にも人妻にも。 鬼籍に入られていますがかつての国民映画「寅さん」シリーズのおばちゃん役を務めらえた三崎千恵子さんは、「いつも恋をしています。その人を思い恋焦がれるそれでいい」みたいなことを言われていました。 私もそれで行こう、好きだからこそ、その女性に幸せになってもらいたい、笑顔が増えるように。 だから、ピエロにでもなろう。 騎士(ナイト)は他に素敵な人がいるでしょうから。 私は妻だけの騎士(ナイト)でいたい。 そんな感じはダメでしょうか?

5mm2
質問者

お礼

こんばんは。 <どちらも大事だと思います> 長いこと結婚生活を続けてると、そう思いますね。 そしてそれは、夫婦円満と言う事ですね。 夫婦や子供の間には、愛し愛されと言う関係が自然に生まれて、何となく持続してくものだと思いますが、それ以外でも何か愛すべきものが無いと寂しいですね。 異性に関しては、愛情を制御するのは大変だと思いますが、妻を第一にキープしておいてと言ことでしょうか、中々お上手ですね(笑)。 僕もそういうところが有りますが、上手くコントロールできるのは、若い時にある程度恋愛を経験してるという事も有るんじゃないでしょうか。 「寅さん」みたいに毎回失恋するけど、何度も純粋な恋愛をするのも悪くはないと、映画を見た時は思いますが、それはマドンナがいつもいい女だからで、実際は辛いでしょうね。 やはり幸せな家庭を持ったうえで、三崎千恵子さんのような恋心を持つ程度が一番良いのでしょうね。 時には「上手くいけば、、、」なんてことも思うでしょうが、そう簡単には行きません。 そう思っておかないと、大変なことになります(笑)。 ありがとうございました。 y問いのでしょうね。 時々思いますが、 人は愛し愛されて生きていくものですから。 無償の愛という言葉がありますがそんなものは存在しません。 見返りを求めない愛も実は、そんな崇高な自分に酔えるという見返り、若しくは自己達成感という甘い蜜を得ることが出来ます。 誰かを何かを愛せずには人間は生きていけません。 それに加え、誰かに愛されなくては人間は生きていけません。 私も結婚30年を越え、妻とは知り合ってから35年を過ぎました。 異性に対しては女性の多い職場を渡り歩いているのでそれなりの恋心的なものは今まで有りましたが、不倫に行くほどの勇気もなければ甲斐性も無かったですね。 でも、一番は妻が好きだということ、だって結婚して色々な辛苦を共にし、自分の子供を産んでくれて育ててくれた女性以上に素晴らしい女性は居ないでしょう。 そう思っていれば隣の芝生は然程、青くは見えないものです。 ただし、常に恋はしています。 未婚の女性にも人妻にも。 鬼籍に入られていますがかつての国民映画「寅さん」シリーズのおばちゃん役を務めらえた三崎千恵子さんは、「いつも恋をしています。その人を思い恋焦がれるそれでいい」みたいなことを言われていました。 私もそれで行こう、好きだからこそ、その女性に幸せになってもらいたい、笑顔が増えるように。 だから、ピエロにでもなろう。 騎士(ナイト)は他に素敵な人がいるでしょうから。 私は妻だけの騎士(ナイト)でいたい。 そんな感じはダメでしょうか?

その他の回答 (15)

  • dell_OK
  • ベストアンサー率13% (731/5599)
回答No.15

回答No.10です。 お礼をいただきありがとうございます。 「第一と第二は矛盾があるようにも思われますが、繋がってるような気もしますね。」 そうなんです。 私も回答したあとで何度も読んで、矛盾してるような、でも、繋がってるような、妙な感じになりました。 回答している時はたいてい感情的になってて、自分でも何を言っているのかわからなくなったり、悪態をつくことが多いので、訂正ができるわけでもないのに、投稿後に何度も読み返すことがあります。 質問者さまが、私と同じく、矛盾とはてなな気持ちになってくださって、またそのことをお知らせくださったのが、なんだか心をくすぐられたようで、うれしくて、ありがとうを言いたくて再投稿させていただきました。 言われるように、「第二があるから第一がある」のかなって気もしています。 ありがとうございます。

5mm2
質問者

お礼

こんばんは。 わざわざ、ありがとうございます。 自分でも、回答いただいてて「矛盾、、、」云々なんて言って良かったのかと気になっていたので、 ホッとしました。 自分の理解力が足りないのか、間違った解釈してないのかも気になっていました(笑)。 書いてる内に熱が入ってとか、違う考えが浮かんでとか言うことはよくありますね。 僕も、お礼した後に勘違いや色んな間違いに気づくことは多いです。 ですが、後の祭りですから気にしないようにしています(笑)。 今回は難しい質問で、なかなかこれと言った正解にたどり着かない質問だと思います。 そんな中、それぞれのお考えを出していただけるのは、大変ありがたいことだと感謝しております。 それが、それぞれの人に参考になれば良いなと思ってるところです。 ご丁寧に、ありがとうございました。

回答No.14

5mm2さん、おはこんばんちは。 とても興味深いお題ですね。 5mm2さんは思慮深くもあり、考えが違おうとも多くの文字も読んで 下さります事に甘え、遠回しながらも書かせていただきますデス。 思うに日本人は、世界に類を見ないほど「感情による言葉の表現が 豊富」なのだと思っております。 漢字・片仮名・平仮名・ローマ字・各国語や若者流行語まで。。。 近年のギャル語の類さえも、そんな日本人ならではと感じる次第なの です。 その様な文化は、とても良いと思うのですよ。 大切なのは、言葉や文字に含められた感情・感覚等。 非常に残念なのは、それらが軽薄化し続けている近年の流れ。 特には20年近く以前からSNS等で流行り出した「ともだち」に 対する定義や、もっと以前にドラマ等で流行り出した「好き」の感覚 等さえも。 「そんなものは個人差で、定義など無い」という人々までが居て 厄介を感じたりします。 更には「短文流行り」や「動画倍速流行り」で、「行間を読む」と いう事さえも判らなくなっている人々が中高年にも多くなっている 現在です。 人との関わりに「味」などが判らなくなっているのかもです。 どこか言葉や文字を大事にする日本人文化がネジ曲がっている様な。 止まらないので、前置きはそこまでで留め(苦笑 【愛】について。 私が高校生辺りで深く考えたテーマでもありますが「好き・恋・愛」 に対する個人的定義の感覚で【自分はどうあるべき】の思いを 書かせていただきます。 その内の「愛」に対しての個人的定義は「無償である事」なのです。 換言すれば、見返りを求めないモノこそが愛だと感じて参りました。 ですので、例えば「愛されるから愛する」等は論外。 お書きの「物やペット」、或いは人に対しても同様であり、自らが 一方的に想い大切にする事にこそ意味があり、そこに見返りを求めて いない事が「愛」であると考えております。 見返りを求めてしまっている場合、それは「欲」であろうと感じる のです。 ※この場合の欲とは、金・地位・性等のあらゆる欲の事です。 高校生当時、その様にあらゆるな場面を想定して考えると、そんな 答えに行き着くケースが多いと感じたのでした。 そんな「愛の定義」に基づくと、万人に対しての場合【人を愛する こと】は、正しくもあり難しくもあります。 一方【人に愛される人間になる】は、もっと難しいかも知れません。 せめて「嫌われ無い様に」程度かと。 ただ、個人や少数人に対して愛する事は難しくは無いと感じます。 自己の中に愛があれば、幾らでも無償で居ることが出来ます。 しかし、個人から愛されるか否かは判りません。 その感情は相手次第なのですから。。。 【異性の場合、人間すべてに対して、自分はどうあるべき】 上記した中に私の答えはありますが、愛と欲を履違え無い事かと 感じております。 欲を持って愛と誤解し接すると、人間関係に齟齬が生じる事も多いの かと感じて参りました。 自分の感じたままに愛を持って接するだけで満足出来る事こそが、 幸福感もあり関係的にも精神衛生的にも良いのだと感じる次第です。 長くなり失礼致しました。

5mm2
質問者

お礼

horizon116さん、こんにちは。 長文をありがとうございます(笑)。 ざっと読ませて頂いて、同意することが多いということをお伝えしたうえで、お礼と僕の考えを述べさせてもらいます。 日本語は世界に誇るべき表現力を持ってると思うと同時に、それが少しずつ失われていくのは悲しいこと思います。 「言葉は生き物で、、、」云々で、そては仕方が無いという意見も多いですが、寂聴さんも翻訳してる源氏物語も原文を読めない人は多いでしょう。 このように、昔の言葉や話が今のと大きく変わって読めないというのは、世界でも珍しい事のようです。 それだけ柔軟性があり吸収力も有る文字や言葉なのかもしれませんが、どこかで阻止することも考えたほうが良いと思います。 マスコミが若者文化に寄り過ぎと言う事も大きいでしょうね。 「感情による言葉の表現が豊富」なのは流行歌でも一緒ですが、最近の曲がちっとも流行らず心に残らないのは、言葉とその行間を歌わず、上手く表現してないからだと思います。 高い声で、言葉の終わりを延ばすだけが上手いと思ってるようで、心が伝わらないですね。 「好き」と「良い」は同じではないかと最近よく思います。 「良い人」は「好きな人」で、人によって随分違ってくる感じです。 「好きになる」と「愛す」の違いは何でしょうね。 さっき考えました(笑)。 「好き」はただ思うだけで、「愛す」はそこから行動が伴うものだと。 「愛」も「好き」だけで行動を起こすと、ストーカーになる事も有ります。 やはり、何であっても相手の気持ちや、それが自分にどう返ってくるかを考える必要はあると思います。 男と女で、愛情表現は少し違ようで、女は素直な愛、男は考えた愛のような気がします。 それで女の愛の方が心地よく、その極地が母親の愛で、男の愛はいろんなことを考えた上での、理解が必要な親父の愛のような気がします。 と言う事で、見返りの無い愛は、母親の愛に決定です(笑)。 まあ本当にそんな愛があるのか多少疑問ですが、それに近いものを感じるのにソープ嬢の愛(?)が有りますが、この場合は返って対価があるから割り切れるというのが有りますね。 あるいは、見返りや対価が有ろうとなかろうと、相手を自分が信じることができれば、安心して愛を与え感じることもできるのではないでしょうか。 もっと言えば、極限の愛は「裏切られても良い愛」かもしれませんね。 「信じてたのに」や「本当に好きだったのに」を言わない愛。 ただ優しく見守る愛でしょうか。 それは意外と気づかない愛だったりして。 欲は、全てのエネルギー源である気がします。 これを無くし、相手に感じさせないのは難しいですが、そう努めるが大人で出来るのが愛の達人かもしれません(笑)。 受けた愛へのお返しも難しいですね。 ここでの質問への回答と、それへのお礼の仕方も一緒です。 回答も千差万別で、それに定型句でお礼と感謝の言葉を述べるのは簡単ですが、それでは失礼ですね。 内容が違っても、頂いた回答は愛情表現と考えればいい加減なことはできません。 その内容に相応しいお礼ができて、初めて愛の完結だと思います。 これが結構大変なんですが、それが楽しいんでしょうね(笑)。 分かっていても、みんなに楽しんでもらえる良い質問をと、常々頭をひねっています。 これが自分が求める愛なら、やはり愛は最初は自分から出すものだと思います。 ありがとうございました。

  • yaasan
  • ベストアンサー率22% (2703/12216)
回答No.13

>この場合と言うのは、寂聴さんの話で良かったですか。 そうですよ。寂聴さんは51にして不倫だなんだという色恋(の複雑な関係)が嫌になって出家して、それからは一切恋愛していないと話されていたお方ですからね。もともと好きでも何でもない男性と結婚して、年を取ってから恋に目覚めて遊び倒して、自分の都合でそれを無理やり全部精算した御人ですから。年を取って愛するということが宗教的な観点になったと思いますから。

5mm2
質問者

お礼

こんにちは。 実は寂聴さんのことは詳しく知らないのですが、「人を愛しなさい」と言う言葉がどういうことか気になっての質問してみても、解釈は色々ですね。 彼女も「兎に角愛しなさい」と言ってるのか、「後悔するかもしれないけど」が前につくのか、「SEXは慎重に」も含まれるのか、よく分かりません。 女性に人気が有るのはどういうとこかも気になるところですが、それも人それぞれでしょうね。 「宗教的な観点の愛するということ」は、博愛主義と言う事でしょうか。 仏教的な、、、と言っても良く分かりませんが、無難な愛情表現なんでしょうね。 後悔してる事、してないことが分かれば、もっと理解できると思うのですが。 ありがとうございました。

回答No.12

こんばんは。 世の中は、人を好いたり好かれたりがぐるぐる回っていると思います。 愛は天下の周りものなんでしょうか。 我々は、おぎゃあと生まれてきて両親や周りの大人に無条件で愛されかわいがられ、 でもそれを成長とともにだんだん忘れてしまって、適齢期になると、 近くに座っている人が何だか好ましいわってなります。 そうするともう自分をかわいがってくれたり大事にしてくれた人たちは二の次になり 自分が人を愛することに夢中になります。 なんて、これは私の半生なんですけど。 自分を振り返ってみると、愛するってとても喜びと許しに満ちていて、これは神様がくれたギフトなのだと思ってます。 阿波踊りで「踊る阿呆に観る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」というくだりがありますが (厳密にあってるかどうかはわかりませんが、間違ってたらすみません。) 愛される人生と愛する人生があるなら、両方知らなきゃ損だという気がします。 結論としては、愛されるに越したことはないけど、自分が人を愛する ということを知らない というのは人生を十分に味わってないと思われます。 もし人を愛することで自分が不利益をこうむることがあったとしても、 そういう感覚を経験できるのは幸せなことだと思います。 両方をバランスよく、が大事なのではないでしょうかね。

5mm2
質問者

お礼

こんにちは。 「金は天下の回り物」と言いますが、愛も一緒でしょうか。 仰る様に生まれた時は、動物も含め母親の愛を一身に受けますね。 時々そうで無い悲惨な事件を耳にしますが、それは一部のことでしょう。 その後も個人差はあると思いますが、spinachさんの人生は恵まれてる方ですね。 「女は3回恋をする」と聞いたことが有ります。 「女学生時代の女同士の恋、恋愛の彼、自分の息子」の順に恋するという事らしいですが、これが出来れば愛されることも含めて、幸せな感じがします。 男はもう少し形と熱量が違うんじゃないかと思います。 「女は、愛されて結婚するほうが良い」とよく聞きますね。 ということは、「男は、愛する女性と結婚したほうが良い」のでしょうか。 その方が浮気をしなくて良いような気もしますね(笑)。 どちらにしても、愛されるより、愛す方が簡単だと思いますが、以外と躊躇するものですね。 阿波踊りの例は確かにその通りだと思います。 「迷った時は、行動を起こせ」と言うのも似ていて、同じ後悔するなら行動を起こしての方が良いですね。 バランスを取るのは、愛するほうで調整するほうが良いような気がします。 兎に角、行動を起こさないと、調整もバランスも無いですからね(笑)。 ありがとうございました。

回答No.11

5mm2さん、こんばんは!(*´▽`) ♪愛、それは~♪(宝塚!?) 愛する事は発信する事、愛される事は受け身、と思いがちですが、両方とも発信して得られるものかと思います。イコールです。 愛されるのは、見た目や存在そのものが愛される人もいます。 だけど、長く愛されるには、自分も努力が必要です。愛される努力をしないと、変化してしまうのもまた、人の心です。 人間ゆえ、宿命でしょうか。 キリストの聖書の『右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ』は、断固反対します。 なぜなら、わたしは人の為に生きている訳では無いので、自分の身体を愛さないとですから、傷つける者には飛び蹴りですかね。凶暴?笑っ。 『想像してごらん、争いの無い世界を…』 ♪イマジン.ザ.ピーポー♪ 良いですね~。 KinKi Kidsも歌っていますので、 ♪愛されるよりも 愛したいマジで♪ 愛するに重きを置きたいです。 常に『開いて』いたいですね。 『閉じない』ように。 それでは、またでーす^^

5mm2
質問者

お礼

sora_iro さん、こんにちは。 ♪愛、それは~♪(宝塚!?)  宝塚には、中学の修学旅行で行きました。 甲子園のプロ野球との2者選択でしたが、今思うと宝塚で正解でした。 舞台上の大きな階段と、昼食の生卵がボコンと入ったカレーライスにはびっくりしました(笑)。 <愛する事と愛される事はイコールだけど、それは愛することで得られる> という事ですね。 最近結婚した若いタレント二人は、男の「愛してる」攻撃で女が落ちたみたいですね。 その後の力関係は分かりませんが、それなりに均衡を保ちながら長く結婚生活を続けるためには、 <自分も努力が必要です。愛される努力をしないと、変化してしまうのもまた、人の心です。> ですね。 <人間ゆえ、宿命でしょうか。> どうなんでしょうね(長嶋風に)。 ♪ここが思案のしどころよ~♪ 最近気にかけてることに「全てのことは自分から発信してる」と言う言葉があって、相手が不快に思うのも、世の中が悪く思えるのも、原因は全て自分が発信する言動などによるというもので、逆に良いことも同じと言えます。 夫婦生活も長くなると、事あるごとにそのことを実感します。 キリストの聖書の『右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ』は、凡人にはちょっと無理が有りますね。 もっと深い意味があるのかもわかりませんが、仕返しよりは良いという程度でしょうか。 <断固反対します。> 勇ましくていいですね。 ですが、飛び蹴りはいけません。ペチコートが見えてしまいます(笑)。 『想像してごらん、争いの無い世界を…』https://youtu.be/wARpk54fv8U ジョンの命日には、世界中でこの歌が歌われますね。 ホント、良い曲ですね~。 ♪愛されるよりも 愛したいマジで♪ 愛するに重きを置きたいです。 常に『開いて』いたいですね。『閉じない』ように。(ブロックされても、しないように) 名言のオンパレードでしたね。 ありがとうございました。

  • dell_OK
  • ベストアンサー率13% (731/5599)
回答No.10

どちらが大事かわかりませんが、私は人を愛す事しかしません。 第一に、愛される、つまり、人に自分を愛させる、と言う考え方は無駄だと思っているからです。 人が自分をどう思うかは、人の自由であり、自分がどうこうすることではないし、どうこうできるものではないと思っています。 どうにかできる、どうにかしたい、と思うなんて、私にはおこがましくてできません。 それに、私を愛していと言ってくれたところで、それが本当かどうかわからないので、愛されると言う真実にたどりつくことはないと思っています。 第二に、私が愛されないはずがない、と思い込んでいるからです。 愛されるためではなく、愛するための、愛しているからこその、私の言動を見知れば、私を愛さずにはおれないだろう、と言う思い込みです。 私が愛されなくてもなんの問題もなく、私が愛すことができればそれでいいと思っています。

5mm2
質問者

お礼

こんにちは。 第一と第二は矛盾があるようにも思われますが、繋がってるような気もしますね。 逆に考えると、第二があるから第一があるという事でしょうか。 確かに、人を愛すこと無く、愛してほしい、愛してほしいというのは、みっともない気がします。 それに、誰にでも愛してもらう必要は無いでしょうね。 気が合う人や自分を分かってくれる人がいれば、愛を感じる事もできるし、安心して生活もできますね。 言い換えれば、人を愛することができれば良いという事にもなりますね。 人や物の良さが分からなく成ったり、正常な判断が出来なく成れば、そうなる可能性はあると思います。 <私が愛すことができればそれでいいと思っています。> 最終的にはそうでしょうね。 出来るだけ、良いもの、良い人を愛したいですね。 ありがとうございました。

  • alterd
  • ベストアンサー率23% (137/595)
回答No.9

5mm2さん、こんにちは (^ ^) 子供の頃、親に愛されるのは心の安定という意味でとても重要だと感じます。 でも、長じてからは人や何かを愛することから非常な幸福感を得られます。(性的なことはさておき、そして、愛されることは基本として) そういう意味で、聖書の「与えられるより与える方が幸いである」という言葉に共感します。 もっとも、私は本物のクリスチャンのような手放しの博愛ではありませんので相手は選びます。

5mm2
質問者

お礼

alterdさん、こんばんは。 <子供の頃、親に愛されるのは心の安定という意味でとても重要だと感じます。> 幼い時は分かりませんでしたが、自分が大人になってやっと感じる有難さだと思いますね。 それは幸せだった証拠で、そうでない人は早いうちから自分は不幸だと思う人も多いようです。 そこで、今度は自分が与える番だと。 好きになるのと、愛を与えるのは違うかもしれませんが、好きになれるのも幸せなことだと思います。 そういう心も親に育てられたのだと思います。 子供や相手の反応を見ながら、愛や好意の与え方を学ぶことできますね。 個々の回答でも、性的なことは避けがちですが、性と愛の満足感は関係やつながりが無いとは言えませんね。 先日再度見た古い映画「愛と追憶の日々」では、殆どSEXの話ですが、それが日常生活の上で精神的な愛情に大きく関係していると言ってるようでも有りました。 <「与えられるより与える方が幸いである」という言葉に共感します。> 僕はそれよりも「与えられるよりも、与えることができる身分の方が、幸せである」のほうが、より共感できます(笑)。 どの宗教も、信者同志は博愛では無いですね。 我々凡人は更に無理で、相手を選んでも阻害しなければいいですね(笑)。 ありがとうございました。

  • zabusakura
  • ベストアンサー率14% (2154/14364)
回答No.8

両方バランス良くが理想でしょうね。 個人的には「愛されたい」と思ったことが有りません。自分が愛してたら、愛されてなくても、特に気にならないです。 というか、きっと贅沢な話ですが、好きな方から冷たくされたこと無いかもしれないです。 基本、「付き合いたい」という気持ちが無いので、きっと無視されたり冷たくされれば悲しいでしょうが、そういう経験も有りません。 告白は、するんですが、それで付き合って欲しいと言うことも無いので 「ありがとう。嬉しいです。」と言われますし、その後、避けられたとかもなく、その後は仲良くなったり、気遣って下さる方ばかりなので (大切にして頂けるので)「愛されたい」とは思ったこと無いです。 自分にとっては愛することの方が大事なんだと思います。めちゃくちゃ 恵まれてますよね。 夫以外の人に愛情を向けても夫は気にしないらしいです。自分以上は絶対ないって思ってるから。 なので「好きな人が出来た」って言っても「そうか、そうか、良かったな。」で、お終いです。まぁ、そこから不倫とかには絶対、発展しないですが。夫の言うことに間違いは無いので。

5mm2
質問者

お礼

こんばんは。 <両方バランス良くが理想でしょうね> バランスが良いというのは、量や強さがが同じという事では無いですね。 文章から「愛する事」の方が多いように思えますが、故意にそうしてるわけではないんですね。 「愛されたい」と言う意識があまりない、必要としないから、その状態でバランスが取れてるという事でしょう。 良い意味で、特殊な関係・バランスと言うか、贅沢な羨ましい環境ですね。 ご自身では、「愛されたい」とは思ったこと無いとか、愛されてなくても特に気にならないと仰ってますが、実は何か知らぬうちに友好的な信号を出してる事で、相手もそれを何となく察知してよい印象を持ってるのではないでしょうか。 文章読むだけでも、そんな雰囲気を何となく感じます。 やはり、人間性という事でしょうか。 ドライな感じはしますが、心地よい距離かも知れませんね。 それとご夫婦とも、自信と信頼感が有るのですね。 ここまでくると、本当に浮気して見たらと言いたくなりますね(笑)。 相手に浮気されても、本当に大丈夫なんでしょうか。 まあ、その必要が無ければ、無駄な意見という事ですね。 ありがとうございました。

回答No.7

どちらも大切にしないといけないと 思いますよ。思いやりの心、 共存共栄だと思います。 愛する事、愛される事、 自分で率先しないと 周りは何も変わらない。 嫌いになるのは、いつでも、 あら探しをすれば誰でも出来る。 コミュニケーションを止めると 嫌いな関係になる。 相手を好きになるのは、 相手の良い部分を1つ見つける事、 嫌いな部分も1つ見つけて、 それをカバー出来る、 相手の良い部分更に少しずつ 探してあげる事。何よりも コミュニケーションする事が 心から人を好きになる突破口。 嫌いになるには、話さなければ、 嫌いになってもらえます。 人を信じる事で、人を信じなければ、 人を愛せないし、人から愛されないものです。 心のコミュニケーションを 心がけていかなければいけません。 マスクしていて、知り合いでもなければ、相思相愛であっても、コミュニケーション不足になり、心から信じる事が、難しくなってます。

5mm2
質問者

お礼

こんばんは。 <どちらも大切にしないといけないと> そうですね、出来るだけそうしないといけませんね。 そうするためには、どちらが簡単で、どちらが難しいでしょう。 やはり、自分から率先してできる、愛することではないでしょうか。 相手の良いところを見つけるのは、愛することにつながり、あらを探さないのは、愛される事つながると思います。 僕は趣味のカメラでスナップするのが好きなのですが、それも何か一つ良いところを見つける楽しみですね。 確かに探せば何にも何処か良いところが有る気がします。 アラ探しは、敢えてすること無いですね。自然目に入りそれなりの気分になります。 コミュニケーションも必要と思いますが、無理して迄は必要ないでしょう。 何事も無理をするとアラが出てしまいます(笑)。 共存共栄も望ましいことですが、ある程度の距離を取るのも必要ではないでしょうか。 小さな親切大きなお世話と言う言葉も有りますから。 人を信じる事も、愛すことと同じ感じがしますね。 愛をもって人と接することが、信用を生むのでしょうから、やはりよく似てます。 人を信用できない人は、自分を信用して貰う事も難しいでしょう。 何事も加減が難しいですが、それはやって見なければ調整できないですね。 ありがとうございました。

回答No.6

(人を愛す事と、愛される事) 子供の頃の私はいつも悩んでいました。 人生は何のために生きるのか、 私は何のために生まれて来たのか 勉強は何の為にやるのか そんな時に手に取ったのがトルストイの本でした。 人は何のために生きるのか その中で見つけた言葉は 人は「愛の為に生きる」という言葉でした。 もうだいぶ古い話ですから 書かれ方は違っているかもしれません。 そうか? 愛の為に 長い人生の間考え続けた愛というもの そして 愛別離苦 どんな大事な人でも愛していても 愛は必ず別れを伴う事も知りました。 父、母、夫、長男、妹、弟二人 の 死に立ち会い 又友人たちの死、そして恋人たちとの別れ 現夫の言葉「俺より先に死なないでくれ」 娘の言葉「あと20年は生きてね。必ず!」 無理だよ~と思っていますが。 私は愛は共に生きる事だと思っています。 地獄の底でも、天国でもそこに共に生きる人がいる それが人生かな~と思っています。 戦争のまっただ中に生まれ、育ち4歳で終戦を迎えました。 生きる地獄も天国も見た私が今思う事は どんな環境にもそこに自分の花を咲かせること だと思っています。 蓮の花のように泥沼の中から美しく咲く、 そこに愛し、愛される 花が咲く。 そのように思っています。 回答としましては 愛し、愛される どちらも大事という事でしょうか。 そして愛にはどちらにしても苦痛が伴うと思います。 余談  愛されるコツ ちょっと冷たくする です。

5mm2
質問者

お礼

ローズさん、こんにちは。 (人を愛す事と、愛される事) ちょっと質問が大き過ぎましたね(笑)。 ローズさんは子供の頃から悩んでましたか、早熟ですね。 僕もトルストイや武者小路実篤の人生読本は、二十歳頃には読みましたね。 「仲良きことは、美しき、、」とか。 「愛の為に生きる」という言葉は気が付きませんでしたが、まだその重要さが分かってなかったのかも知れません。 ただただ女の尻を追いかけてたのかも(笑)。 <長い人生の間考え続けた愛というもの> やはり永遠のテーマなんでしょうね。 同時に「男にとって女とは」とか、「妻にとって、夫とは」とか(笑)。 ローズさんは、沢山の人と死別してるのですね。愛する人との別れは辛いですね。 その度に愛の大きさや有難さを感じて、人生を振り返ることも多いでしょうね。 僕は職場が実家から遠かったので、祖父母、両親の誰とも死に目に会えず今になって後悔していますが、 その年までは毎年帰省して会ってた事だけが、慰めになっています。 <現夫の言葉「俺より先に死なないでくれ」>は、愛されてるる証拠で、頼りにされてるのですね。 <娘の言葉「あと20年は生きてね。必ず!」>は、かけがえのない家族愛ですね。 <無理だよ~と思っていますが。> いえいえ大丈夫です。女は強いですから、まだまだ平均寿命は延びますよ(笑)。 <私は愛は共に生きる事だと思っています。> これは名言ですね「愛は共に生きる事」。 読んで、はっとしました。 愛は、一人では何の意味も無いですね。 愛する人がいて、愛してくれる人がいる。そこにしか愛は無いんじゃないでしょうか。 ペットや自然など色々あると思いますが、それはやはり人で有るほう心強いですね。 それが家族でも、それ以外のすれ違うだけの人でも。 長く生きてると、肉親や友人などの死を知って寂しくなることも多いですが、天国には愛してくれた祖父母や両親がいると思うと、不安が減って心が穏やかになります。 やはり、平素の人付き合いは大切ですね。 良い戦争とか悪い戦争とか、防衛の為の軍備拡張は必要とか男は言いますが、例えそれが正しかったとしても、それに関係無く戦争の悲惨さと絶対してはいけないという考えは、大事にしないといけないと思います。そういう面では、特に女性に頑張ってほしいと思います。 海外旅行に行っても、市民はみんな親切で良い人たちでした。 中に悪い人がいるのは日本も一緒で、世界の人がもっと触れ合い理解すれば、戦争は起きないと思います。 前にも言いましたが、漢詩の「愛蓮の説」は好きで、今でも半分は空で言えます(笑)。 「蓮は花の君子なるものなり」でしたでしょうか、なかなか成れるのもでは無いですが、時々思い出しては反省をしています(笑)。 <愛し、愛される どちらも大事という事でしょうか。> はい、上手くまとまりましたね(笑)。ちょっと不満は有りますが。 僕は、「まずは愛す事から始める」と最近思っています。 その分、苦痛が伴う事も多く、反省することも多くなりますが、それは仕方ないですね。 それくらいしないと、愛してもらうことも無いでしょう(笑)。 <愛されるコツ ちょっと冷たくする です。> 流石、愛の狩人ですね。男はつらいよ。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 瀬戸内寂聴とかいうクズ人間

    瀬戸内寂聴の不倫を肯定するような発言や、 しょうがないから托卵しなさい!みたいな発言で 私は瀬戸内寂聴が嫌いです。 不倫で出家してる癖して全然変わってないうえ、 W不倫してる人にテレビで上のような助言まで……… 不倫しまくってた人物が、あたかも素晴らしい人間のようにメディアで扱われ、 さらに人間国宝ってこの国はどうなっているんでしょうか? 不倫してる奴はやっぱりクズ人間ですね。やっぱり、私は不倫してる人は理解できないし、理解したくないです 皆さんは瀬戸内寂聴のことをどう思ってらっしゃるのでしょうか? 先日祖母が肯定的な事を言っていて驚きました…… やはり不倫するような人は、不倫はされた相手をめちゃくちゃにしてしまうというのを気付けないんでしょうか?

  • 別れる勇気ください

     好きなひとがいます  彼には家庭があります  いわゆる不倫です  そして彼は家庭をとても大切にしてます  私とのことは遊びというほど割り切ってはいないと  思いますが、家庭を捨ててまでもとは思ってません  私も彼の家族を傷つけてまではと思ってます  瀬戸内寂聴さんが語っていたことですが、  不倫であっても全てを投げ打って、命がけであれば  不倫も純愛になると・・・  でも私達はお互いの生活を傷つけない(私は独身です)という  暗黙の了解で付き合いを続けています  お互い何かをごまかしながら付き合っています  愛するってことを真剣に考えたら、別れなければと  思ってます   別れなければと思いながらも、勇気がなくてなかなか  さよならを言いきれません  どううしたら、自分の人生に責任をもって  きっぱりとした生き方ができるのだろうかと悩んでます  どなたか教えてください  どおしたら別れる勇気がもてますか?   

  • 瀬戸内寂聴さんの経歴について

    瀬戸内寂聴さん、前々からチラッとだけTVに出てくるのを見て「出家して尼さんになったのだから、偉い人なんだな~」と高校生ぐらいのとき勝手なイメージを膨らませていました。 そんなとき、たしかテレビドラマ『女の一代記』、もしくはなにかのドキュメント番組で瀬戸内寂聴さんの過去の人生について放送していたのを見ました。 それを見て感じた感想なのですが 「何故こんな人の説法を聞きたがる人がいるんだ?」と思いました。 その人生を端的人だからよっぽど高尚な人生を送ってきたのかとおもえば、それとはにまとめると不倫に次ぐ不倫、そして離婚→全部いやになって出家。 たしかこんな感じでした。 尼さんになるぐらいの全くの逆で人になにか教えを説くような経歴の持ち主ではないと思いました。それとも尼さんとは元来こういった世相に疲れた人たちがなるものなのでしょうか? 小説家としては素晴らしいと思いますが・・・。 たまにTVに出ているのを見ると、説法を聞いている人たちはなぜか女性の人ばかりです。 この人が何故こんなにも支持されるのか、教えてください。

  • どうしたら人を好きになれますか?

    どうしたら人を好きになれますか? 最近年上の男性に「君は人見知りだね。人との距離がまだわからないんだね。まだ、あんまり人が好きじゃないんだね。」と、愛情をもってやんわりと言われました。 「まだ、わからない」 とはどういうことでしょうか?そのうち、いつかこの人だという人に出会えたら変われるのでしょうか?今後、人を好きになれるのでしょうか? 人間関係って、愛情をアピールしてアピールしてアピールすることだと思いますか? 私は、もし、この人好き!と自覚したら、アピールしてもおかしくないけれど、好きでもない人に愛情を示すのは、勘違いのもとなので控えるべきかなと思ってました。 でも最近、人のいいところを引き出すためには、好きになる前からもなんらかの愛情をアピールしていかないとならないのかな、と思い始めました。異性に対して、よっぽど意識しているような態度をとるのも、人間関係の潤滑油のようなものであって、有りなのかもしれない。というか、むしろ大人なら、異性を異性としてみて愛情表現をするのは社交辞令のようなものなのかもしれない。そんな風に考えるようになってきました。 自分はこの人が好き!と心から思ったことがある方のご意見をお聞きしたいです! よろしくお願いします。

  • 「不倫」という言葉について

    昨今、芸能界や政治の世界でも「不倫」のニュースをよく聞きます。さていつも「不倫」という言葉に違和感を感じます。「倫理ではない」「道徳に反する」という日本で作られた言葉だそうですが、結婚という形式自体が「法律」で定められたものであり、世界を見渡すと様々なスタイルが見受けられます。愛情や欲情は人間のもつ本能であり、それを「道徳」や「倫理」を持ち出して抑止しようとするのは、理に合わない気がするのです。そうはいっても不倫はしませんが、される奥様や夫は気の毒とは思いますが、悪いことではない気もします。なんだかとりとめないですが、しっくりしないので相談してみました。お手柔らかにお願いします。

  • 幸せになれる女性とは

    男遊びが激しい女性や、 長年付き合っていて同棲もしていて入籍直前だった彼を振り、一目ぼれしたと言い寄られた条件も顔もいい男性に乗り換えた女性、 採用担当者と不倫関係にあった女性 社内でW不倫をしていた女性 など 道徳的に問題のある人たちでも、 最終的には好きな人と結婚して子宝にも恵まれてとても幸せそうに暮らしています。 人間性と幸せとは関係がないのでしょうか。

  • 女として見れないような人と一緒に暮らすのは苦痛

    自分も配偶者も50歳とか55歳くらいになってきた時、配偶者と性行為できますか? 出来なければ別れますか? 知っての通り日本は夫婦間での性行為の回数は世界でもかなり少ないです。 結婚して子どもができたら母親と父親になってしまうからやりづらい、 と言うのが理由のようですが、行為そのものが好きでないって人もいて、 そういう人は子どもができたらまずやりたがりません。 子どもさえ出来たら行為はもうやらなくていいものと考えるから。 だから不倫とかがガンガン起きるんですよね。 それに年配になってもまだ性行為していることを「気持ち悪い」とか言い出す人もいますね。 夫婦で性行為をすることは正常なことなのにどこがどう気持ち悪いのか、わたしにはよくわかりません。 芸能人やタレントは別として、普通の人は50歳も過ぎたら見た目は劣化しまくりです。男はハゲてデブになるし、女はシワだらけでデブです。 自分の配偶者がそういう状態でも性行為しようと思えますか? もう夫や妻のことを男や女として見れなければ夫婦としては破綻しているんだから別れるべきではないですか? 自分は性欲がまだあるのに一緒に住んでいる相手はそう見れない、 あるいは向こうが拒否してくるんでは夫婦とは呼べないでしょ。 子どものことは別に離婚してても関われますし。 質問ですが 1 あなたが50歳や60歳になってもまだ性欲があるが、妻もしくは夫のことを異性として見れない。 もしくは自分は異性として見れるのに相手がそう思っておらず性行為を拒否されるような場合 あなたは離婚しますか? 2 性行為できない夫婦というのは夫婦として破綻していると思いますか? 「夫を愛していますが、男としては見れませんので性行為は別の男性としています。 夫は夫で別の若い女性と性行為をしています。でも、私たちは愛し合っている夫婦です。」 こういう状態はどう見ても夫婦として破綻していると思いますが。 それでも破綻していないって考える人はどこがどう破綻していないんですか? 3 家族のためとか世間体のため、異性として見れない相手と結婚生活を続けていく場合、ご自分の性欲はどう処理しますか?不倫ですか?男なら風俗ですか? なお、この手の質問すると性行為のためだけに結婚してるのか!とか意味不明な回答してくる低学歴のアホが出てきますが、そういうことではないです。 性行為は結婚生活の1部です。しかしそれは重要な1部です。なので、それが欠けても夫婦として成り立つんですか?と聞いています、

  • 人を信じられなくなった事がある人へ

    人を信じられなくなった事がある人へ質問です。 決定的な理由はなんでしたか? 今、人間不信になりかけていて、結婚まで考えていた彼が何年もの間、既婚女性と不倫していた事実がわかりとても辛いです。悲しいです。 でも世の中、誠実な男性も少なからずいますよね? 私の見る目がないのですよね? そう信じたいし、世の中そんな男性ばかりではないですよね?

  • 母が不倫の末、父が自殺。不倫してる人はどう思う?

    不倫は犯罪です。世界一自己中心的な人間の一つです。 不倫している人に人格者はいません。バレなければいいは犯罪者、詐欺やレイプと同じです。自分たちが気持ちよければいいんですからね。子供が悪い事してもバレなければいいと教育するんですか?大人なのに子供と同じようなことするんですか?家族、子供の為に離婚はしない、ただ不倫はする。人の為を思う心があるならやめよう。別の異性としたいなら、離婚してから次に行けばいい。 結婚とはそうゆう制度です。不倫したいなら結婚せず子供を作ればいい。フランスのようにね。 「生活のため、離婚しない。」なら離婚して売春でも銀行強盗でもすればいいでしょ?何してもいいと言う考えな人達なんだから。本人は軽い気持ちでしているかもしれないが、不倫して結婚相手が自殺したり、重度な病気になったらどうします?私の家族はなりました。 過去に不倫、売春、中絶やるのは勝手です。ただやっていたことやったことを隠してまで恋人作ったり、結婚する必要はないのです。一生一人で生きていけばいい。ついていい嘘は世の中にはありません。それは自分に都合のいいようにいっているだけでしょう。外見、病気、戦争、貧困などで恋愛すらできない人もいるのです。平和ボケしすぎです。結婚相手に満足できなくても相手が一人いるだけで幸せなんだと思える心を持ちましょう。 不倫、犯罪している人間が良い人間、父、母ですか?異性に依存のしすぎだと思います。自立できていない人間です。異性で満たされないなら、個人の時間、家族、友人との時間を大切にすればいいのではないでしょうか?授業中じっと出来ない落ち着きのない子供と同じです。ストレスがあるなら離婚すればいいのです。一夫一妻制ですよ?学校や親に教わらなかったのです?不倫をすれば死刑になる国、宗教もあります。それはやりすぎですが、モラルは見習う所はあります。犯罪者は犯罪を犯していくうちに自分が悪いことしているという自覚がなくなってくるテロリストと同じ心理ですよ。 「好きになったら仕方ない」なら五歳の子供をすきになったらSEXしていいのですか?好きになったら仕方ないは通用はしませんよ。不倫しているみなさんどうですか? 「絶対バレないようにする」それでも不倫している人が突然の事故や病気でなくなったらバレてしまうのですよ?残された結婚相手、子供、両親、親戚、友人に自分の不倫がバレようが死んでしまえば関係ないのですか?慰謝料が存在する時点で無罪ではないです。

  • 間一髪

    「間一髪」を「かんいっぱつ」と読むのはまちがいで正しくは「かんいちはつ」と読むのだ、と昔、教わりました。瀬戸内寂聴さんも同じことを書かれていましたので、「かんいちはつ」と読むのがたぶん、正しいのでしょう。 でも、人が「かんいちはつ」と言うのを、私は一度も聞いたことがありません。 自分で言うときは、少し迷いながら、「かんいっぱつ」と言います。 「かんいちはつ」が正しいと思いながらも、それを口にするのは抵抗があるのです。 かえって、誤った読み方のように聞こえてしまうのを、つい恐れます。 アナウンサーさんたちは、何と言っているのでしょう?どなたか、ご存知ないでしょうか。 ちなみに、広辞苑には「かんいっぱつ」とあります。 言葉は生き物だから、少しずつ変わって行く。それでよい、ということかも、と思いつつ、心のどこかに、今もちょっと引っかかっているのです。