• 締切済み
  • すぐに回答を!

預託証明書について

A券預託証明書(リサイクル券)について 新車購入に際し A券預託証明書(リサイクル券) の扱いについて車会社から何も言われていないのですが、当方から言うべきかどうかですが 因みに下取りをしてもらいますので。リサイクル券は使えないのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数17
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • oska2
  • ベストアンサー率42% (1388/3238)

>新車購入に際し A券預託証明書(リサイクル券) の扱いについて車会社から何も言われていないのですが、当方から言うべきかどうかですが リサイクル券は、車体毎に一枚存在します。 車の所有者が変わっても、そのまま車と一緒に引き渡しになります。 ですから、新車購入時には「無条件で、買った車専用のリサイクル券」が付いています。 ですから、わざわざ言う必要はありません。 見積書にも「リサイクル券代」が載っていますよ。 >因みに下取りをしてもらいますので。リサイクル券は使えないのでしょうか。 使えません。 先に書いた通り、車とリサイクル券は一対です。 下取りに出す車と一緒に、リサイクル券も渡す事になります。 余談ですが・・・。 リサイクル券は「自動車の不法投棄が増えた」事で、新たに発生した制度なんですね。 山奥とか海岸線の空き地には、ナンバーを外して車体番号を削った車が不法投棄されていたのです。 車の処分にも、お金が必要ですよね。 そこで、車検証の使用者が「前払いで解体費用を払う」事になったのです。 リサイクル券は、自動車に紐づけが出来ています。 所有者・使用者が変わっても、リサイクル券の記載は変わりません。 ※車体番号が、リサイクル券に載っている。 対象の自動車を解体する時に、リサイクル券で業者に解体料金が支払われるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リサイクル法の預託金?について

    自動車リサイクル法についてご存じの方ご教授下さい。 自動車リサイクル法では、新車登録時、もしくは継続車検時に預託院を支払うことになっておりますが、私の車は2004/12が車検でしたので、預託金を納めていない状態でした。 この度、車検切れにつき廃車にしようかと思っていたところ、中古の輸出業者さんが車を輸出するので譲って欲しいと言われました。 そこで質問なのですが、預託金を払っていない車を一時抹消登録する場合は、預託金を納めた証明書(リサイクル券)がないと陸運支局での一時抹消登録できないのでしょうか? また、この場合、廃車といっても実際は車を輸出するわけですから、解体・リサイクルされる訳ではないのですが、それでも預託金を払う必要があるのでしょうか? ご回答、よろしくお願いします。

  • 下取り車のリサイクル預託金について。

    先日、ディーラーで新車を下取り車ありで契約しました。 初めての新車でした。注文書をよく見てみると、下取車価格45000円、下取車リサイクル預託金相当額0円、下取車残債額0円とありました。契約の際、下取り価格は45000円になると言われリサイクル預託金のことは何も言われませんでした。査定の際も、車検証のコピーをさせてほしいとだけ言われ、リサイクル券については何も触れてきませんでした。現在、手元にリサイクル券12000円程度があるのですが、返還はされないのでしょうか?こっちから聞かなかったのも悪いですが、一言あるべきではないんでしょうか?担当の方には、初めての新車であることを告げてあります。わざわざ明細で別に記載されてあるのでおかしいと思ってます。車検が4月中に切れるのですが(納車は4月~5月)、契約後に自動車税は4月分は払って下さいとぼそっと言われました。普通、契約前に言うことではないんでしょうか?車の購入は始めてのため、足元見られてる気がしてます。担当と一度話すべきでしょうか?正直、契約も他ですればよかったと思ってます。

  • リサイクル預託金(車見積もり)

    ・新車の見積もりをとりました。 リサイクル預託金額合計欄があり12500円(非課税)と記載してありました。 別欄には支払い総額の1つ前の欄に、3つの名称が1つの欄内に以下のように書いてあり、12300円と記載してありました。〔下取価格 下取車リサイクル預託金相当額 下取車残債額〕 いったい3つの内どれをさしているのでしょうか? ローンはないので、下取車債額では無ないと思うのですが。。。 下取車は廃車(事故)扱いで査定は無しとの事です。 自分では廃車手数料ぐらいで思っているのですが。。。。 よろしくお願いします。  

  • 回答No.1
  • t_ohta
  • ベストアンサー率38% (3655/9526)

リサイクル券は廃車にして解体業者に引き渡す時に使うモノです。 車体番号で管理されているので別のクルマに使えませんので、下取りに出す時はクルマと一緒に引き渡してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • リサイクル券 未預託

    知り合いから車を購入する予定です。リサイクル券を持っていません(未預託)。この場合、私が名義変更の際リサイクル券を購入する義務が生じますか?

  • 車のリサイクル預託金と購入額について

    車のリサイクル預託金と購入額について教えて下さい。 預託金より、購入額が少額なんですが、どのように仕訳すれば よいのでしょうか? とても古い車なので5000円で譲ってもらいました。 預託金は10000円ほどです。 この場合の仕訳は? 車両費 5000/現金 5000 リサイクル預託金 10000/ 相手勘定は?? とても困っています。 どなたか早急に教えて頂けますか。 何とぞよろしくお願いします。

  • 下取り車の「リサイクル預託金」返金方法に疑問が…

    3月4日、ディーラーで交渉の末、新車を購入することに決めました。 見積書をもとに「自動車注文書」を作成してもらい、車両本体価格、税金、販売諸費用、下取り査定額等の説明を受けた末に、サインしました。当日は印鑑も何も持っていなかったので、後日、住民票と印鑑を用意して改めて来店くださいとのこと。 それで、今日(3/14)ディーラーに行ってきました。 すると、前回説明がなかった「リサイクル預託金相当額通知書」なるものを見せられ、現在乗っている私の車(下取りに出す)についての返金額(\8800)が示されています。 ディーラー:「前回説明しなかったが、作成した注文書にはこちら(リサイクル預託金)も含まれていたので、支払い総額は変わりません」 改めて新しく作成された「自動車注文書」を提示され、3/4に作成されたものと見比べてみると、車両本体値引き分から\8800が引かれていて、(値引き分を少なくされて)支払い総額の帳尻は合わせられています。その場では納得できず、聞いてみると、「前回示した本体値引きに返金額は含まれていた」、「それが今年から書類が2枚になっただけ」などと言われました。しぶしぶ返事をして、帰宅しましたが、前回見積もりを出してもらった際には、リサイクル預託金のことなど全然説明なかったので、やっぱりどうしても納得できません。「リサイクル預託金相当額通知書」には、「上記のリサイクル料金は注文書に記載の車両価格には含まれません」とあります。 ディーラーの言う、「車両本体値引き分に含んでいた」ということは有り得るのでしょうか?車両本体価格、下取り査定額とこの返金額とはまた別の話のような気がするのは私だけなのでしょうか??

  • 自動車のリサイクル料の預託金の処理の仕方について

    いつも何度もお世話になっております。このたび、会社で一台の車を購入しました。これは中古車でリサイクル料はリサイクル券をみると一年ほど前に発行されており、すでにこのときに支払われているものを購入した形です(相手に預託金部分を支払いました)。預託金は今までは新規登録だったので長期前払費用科目で不課税で上げてたのですが、今回のような場合だと資産の譲渡にあたり、非課税(仕入)になるのでしょうか?(間違ってたとしたら問題でしょうか?) またこの預託金部分は廃車時に費用化するとのことですが、そのときは課税(例えば預託金が1050円なら、内税金50円)で処理していいのでしょうか?

  • 新車購入時に下取車がある場合の仕訳

    こんばんは。お世話になります。 新車購入時の仕訳についての質問は過去にもたくさんあったんですが、 私の理解力のなさか、応用することができないので質問させてください。 会社で使用していた車がだいぶガタが来ていたので、今回下取りに出して新車を購入することになりました。 (下取にした車は車検時にリサイクル料金を預託金として計上しており、納車の際に「雑費5,870/預託金5,870」として処理しました。) 請求書には下記のように書いてあります。 車両本体価格   882,000 値引き     △157.500 下取車     △15,000 付属品      35,100 -合計(A)-    ¥744,600- (税金等) 自動車取得税   22,600 自動車重量税   8,800 自賠責保険    25,680 検査登録費用   26,250(課税) 下取手続費用   15,000(課税) リサイクル管理料金    380(課税) リサイクル預託金    8,220(非課税) -合計(B)-     ¥106,930- 現在入金額(C)  △5,870(下取車リサイクル料金返金分) 請求額(A)+(B)-(C)=¥845,660- 自分なりにした仕訳は下記のとおりです。 709,143 車両運搬具 / 現金 845,660 35,457 仮払消費税 / 雑費  5,870 31,400 租税公課 25,680 保険料 26,250 支払手数料 15,000 支払手数料   380 支払手数料  8,220 預託金 やってみたものの、雑費の摘要欄にはなんと書けばいいのかも分からず悩んでいます。。 そもそも納車の際にリサイクル料金を雑費で上げたのが間違いだったのでしょうか? 間違いだとしたら「預託金/雑費」で直して、新車購入の仕訳には(C)のリサイクル料金返金分はどのように入れればいいのでしょうか? 行き詰ってしまって、先に進めません。 どうかお力をお貸しください。よろしくお願いします。

  • リサイクル預託金について

    この度、オークション代行で中古車を落札したのですが、代行業者から送られてきた請求書に「リサイクル預託金」が入っていました。 これは新車を買う時に払うものではないのでしょうか?中古車を買う時には払わなくていいものじゃないでしょうか?

  • 自動車リサイクル法でリース車両の下取り

    おはようございます。 疑問に思っていることを教えて下さい。 通常、リサイクル料金預託済の車を下取りしたら、相当分を返金(うちでは新しく購入される車の代金である売掛金に充当します) この下取り車がリース車の場合はどうなるのでしょうか? ※契約した方が毎月のリース料金を支払う中にリサイクル預託金分は入っているとします。 リース契約でのリサイクル料金は所有者であるリース会社であると思います。ですので相当額を返金は預託者であるリース会社にだと思います。ですが、リサイクル料金分は契約した方(下取りにだした方)が↑の場合だとリース会社に払っているかと思われます。 その場合は、返金処理はリース会社ではなく、下取した者にするのが適切でしょうか?

  • 車両購入時のリサイクル預託金

    初めての質問です。 宜しくお願いしたします。 個人業者の青色申告の者ですが、会社80%家事20%で使用の車が壊れてしまい、新車を購入しました。 今までの回答から、 壊れた車両の仕訳・ローン返済時の仕訳は大体わかりましたが、 購入時の仕訳が迷ってしまいわかりません。 貸方は 現金20万円・借入金234万でいいかと思いますが 借方が 車両運搬具     保険料     租税公課     支払手数料 (代行料は課税で、車庫証明・登録は非課税で分けなければいけないのか?)     リサイクル預託金     (科目は?会計ソフトに預託金はありません) 以上のような仕訳方なのか、車両運搬具ひとつにまとめても良いのか 他に仕分け方があるのか、迷ってます。 良いアドバイスお願いいたします。

  • 自動車リサイクル法

    「自動車リサイクル法」に詳しい方いれば教えてください。 具体的には、お金の動きのタイミングを中心に知りたいです。 以下のケースで勘違い、誤り、または補足事項があれば、コメントお願い致します。 1.「財団法人 自動車リサイクル促進センター」がお金と車両データベースの全ての管理を行っている。 2.[A券] 預託証明書(リサイクル券)の右上の番号は、車両単位で相違し、一意な番号となっている。 3.シュレッダーダスト料金、エアバック類料金が、車両によって相違する場合があり、その他の料金は固定となっている。 4.シュレッダーダスト料金は排気量で計算できる。 5.新車を購入し、その後数年を経て譲渡する場合、譲渡する側は自ら「財団法人 自動車リサイクル促進センター」へ返金の手続きを行う必要がある。 6.中古車を購入する場合、「[A券] 預託証明書(リサイクル券)」が書類としてついてきた場合であっても、それは廃棄(または前所有者に返却)し、新規番号を取得し納付しなければならない。 7.前所有者が納めた「[A券] 預託証明書(リサイクル券)」を利用するか否かは、前所有者との話し合い次第である。会話が成立しない状況の場合は、無前提に前所有者が納めた券を利用し、譲渡された側は料金を納める必要はない。 8.「[A券] 預託証明書(リサイクル券)」の右上の番号と、リサイクル券番号との関連性はない。 9.中古車を扱う全ての業者は、スクラップにするか否かに関わらず、「財団法人 自動車リサイクル促進センター」との金銭的なやりとりが常に義務付けられている。 10.「[A券] 預託証明書(リサイクル券)」は、所有権解除し、譲渡または抹消登録した時点で無効となり、納めた料金は必ず返金されるシステムとなっている。 11.「[A券] 預託証明書(リサイクル券)」は、車検場でのみ発行される。 12.資格を持たない業者が、自動車のスクラップを行った場合、罰金を納めることになる。 13.自動車重量税の還付は、最終引渡し業者(解体業者など)が扱うことになった場合のみに発生する。 14.「財団法人 自動車リサイクル促進センター」管理のデータベースが、いい加減なものであった場合、年金問題のように最悪の事態となる。 15.「[A券] 預託証明書(リサイクル券)」がついていない自動車は、現在は存在していない。 16.「[A券] 預託証明書(リサイクル券)」の発行枚数は、国内で約1億である。

  • 消費税はかかる?

    社用者を買い換えるのですが、新車の計算書に下取車の「リサイクル預託金」とあるのですが、それを支払う場合、消費税は課税されるのでしょうか?