• ベストアンサー
  • 困ってます

関係副詞のthatと副詞節のthat節

関係副詞のthatと副詞節のthat節は同じ物ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7197/8852)

「お礼」にお答えします。 >なぜ、上の文は関係副詞で副詞節なんでしょうか? ⇒この文は、意味を変えずに、次のような書き換えが可能です。 (1) The problem was the day when he should leave. この場合のwhenは関係副詞で、先行詞はthe day「その日に」(名詞の副詞的用法)です。そして、when以下、つまりこのwhen節は副詞節です。 ということで、「上の文」ではこのwhenに代えてthatを使っているわけですから、このthatは関係副詞で、that以下、つまりこのthat節も副詞節となるわけです。 >下の文について leave on の後ろに前置詞の目的語が必要だからですよね? ⇒この文も、意味を変えずに、次のような書き換えが可能です。 (2) The problem was the day which he should leave on. おっしゃるように、「leave on の後ろに前置詞の目的語が必要だから」このwhichは関係代名詞で、which以下、つまりこのwhich節は形容詞節となります。 ということで、「下の文」では、このwhichに代えてthatを使っているわけですから、このthatは関係代名詞で、that以下、つまりこのthat節は形容詞節となるわけです。 >文末が前置詞で終わっても形容詞節にならない文もありますか? ⇒例は多くないかも知れませんが、あり得ると思います。例えば、こんな場合です。 I remember well the house that/where I was brought up. 「私は、自分が育った家をよく覚えています」。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7197/8852)

>関係副詞のthatと副詞節のthat節は同じ物ですか? ⇒そう言えると思います。なぜなら、例えば、 The problem was the day that he should leave.「問題は、彼が発つべき日であった」 のthatは関係副詞で、that以下つまり、このthat節は副詞節ですから。 ただし、同じ意味ですが、もし、 The problem was the day that he should leave on. とonが入っていると、このthatは関係代名詞で、that以下つまり、that節は形容詞節となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます なぜ、上の文は関係副詞で副詞節なんでしょうか? 下の文について leave on の後ろに前置詞の目的語が必要だからですよね?文末が前置詞で終わっても形容詞節にならない文もありますか?

関連するQ&A

  • 関係副詞thatを使った文章について

    She left on the day that I arrived, 文法書に関係副詞thatを使った文章として載っていたんですが、 これって関係副詞じゃないんじゃないですか? たしかに関係詞節中の文は完全文だけど、 thatの前に前置詞onがすでについていて thatを前置詞+関係代名詞に分解できないんですが…。

  • 「関係副詞」のthat

    2008年関西外国語大学 最も適当な文を選びなさい。 (※実際は4択だが2択に省略) (1)We saw a house that the walls and windows were covered with various patterns of gloomy gold. (2)We saw a house where the walls and windows had been covered with various patterns of gloomy gold. 解答は(2)となっていましたが、私は(1)だと思います。 根拠としては。。。 ・thatは関係副詞としての用法もある、と昔聞いたことがあるので、 この(1)のthatも関係副詞と考えれば、(1)も正解である。 ※もしthatに関係副詞の用法がなければ、この質問も解決なのですが。 ・(2)が正解だと意味がおかしくなりませんか。 「かつて、壁や窓が、くすんだ金色をしたいろいろな模様で 覆われていた(けど今はそのようにはなっていない)家」となり、 昔はお金持ちが住んでいたということを含意する文章に なるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 関係副詞thatについて質問です

    The very moment [that] I piccked it up, though , poisoned arrows began to fly through air. 私がそれを持ち上げたまさにその瞬間、毒矢が飛んできた。 という文で、[that]が関係副詞でwhenと置き換えもできると書いてありました。ここで質問ですが、 関係副詞のthatは「 the way that 」のときだけ登場する印象があるのですが、どうなのでしょうか? また上記の文の場合、私はこのthatが関係副詞だと言われなければ気づきませんでした。改めて見てみれば、後ろが完全文だから同格かも・・・しかし後ろに先行詞がない・・・関係副詞? という感じです。この文のthatはmomentが副詞で、upの後ろにmomentが隠れているのでしょうか。もっとスマートに判別するにはどうすればよいでしょうか? もう一つ別の質問なのですが、前置詞+(代)名詞は形容詞句として働くことも出来ると文法の本にありました。 形容詞句ということは、SVCやSVOCの文型のとき、Cになれるということでしょうか? 私は前置詞+名詞は必ず修飾語になるからカッコにいれて読む、と意識しているのですが、前置詞+名詞も文型の構成要素になるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 関係副詞のthat

    関係副詞の問題で、 The firemen had trouble getting to the street ( ) the houses were on fire. a)how b)that c)where d)which で、答えは c)where でそうなる理由も分かるのですが、b)that がダメな理由がよく分かりません。 どなたか教えて下さい。

  • 関係副詞that

    関係副詞 thatについてです。複合関係副詞のところで次のような書き換えがありました(『FOREST』より) On holidays, we can get up whenever we want to.(=we can get up at any time (when) we want to.) I visit my uncle whenever I go to Osaka.(=I visit my uncle every time (that) I go to Osaka.) 「関係“代名詞” that」は先行詞にanyがつくときに好まれるというのは聞いたことがあります。 「先行詞に最上級の形容詞や、ただ1つであることを示す語句など“強い修飾語句”が付く場合」の1つとしてです。 でも、この書き換えではanyのときはwhen、everyのときはthatとなっています。 このFORESTの記述には、何か特別は理由はあるのでしょうか。

  • 関係副詞thatの用法

    関係副詞where,when,how,whyの代替として、thatが使えると聞きました。 そのthatは先行詞が限定されるらしいのですが、どのような単語の時に先行詞に使って良いのか、または悪いのか、教えてください。

  • 関係副詞

    関係副詞にはwhen,where,why,howしかありませんか?whichは関係代名詞しかありませんか?  また、This(That) is ~+S+Vという文の~には関係副詞が入る文しかありませんか?

  • 副詞節のthat?

    It is obvious that students are struggling with reading. これは名詞、形容詞、副詞節のどのthat節ですか?

  • 関係副詞whereについて

    お世話になります。 関係副詞について勉強していますが、よくわからなくなって しまいました。 関係代名詞、関係副詞を使って、 「ここが私が生まれた場所だ」と言いたいとき、いくつかの 書き方があると思うのですが、 1 This is the place in which I was born.(前置詞+関係代名詞) 2 This is the place where I was born.(関係副詞) 3 This is where I was born.(関係副詞whereの先行詞の省略) 4 This is the place (that) I was born.(関係副詞that) このなかで一番ネイティブがよく使うと思われる言い方はどれでしょうか。 (友達に、いまだに関係副詞whereとか勉強してるの?受験勉強みたいだね。 This is the place I was born.で伝わるし、This is where I was born.なんて 言い方は、ネイティブはあまり使わないでしょうにと言われてしまい、とても 混乱しています) 関係副詞thatでThis is the place (that) I was born.と 簡単に言えて、よく使われるのであれば、 This is (the place) where I was born. のようにわざわざwhereを使って表さなくてもよい→関係副詞 whereを習う意味ってなんだろう?と思ってしまいました。 関係副詞where(where以外の関係副詞もですが)は 日常会話ではあまり使われないのでしょうか。

  • 関係副詞について

    関係副詞について この文の(  )には何を入れればよいでしょうか? He’s selfish. That is the reason (  ) I can’t get along with him.