• ベストアンサー
  • 困ってます

that節の副詞節と副詞節のthat節

that節の副詞節の例文を下さい あと、副詞節のthat節という言い方はおかしいですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数5
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7197/8852)

>that節の副詞節の例文を下さい ⇒例は少ないです。次の例文(A)はこれに該当すると思います。 We didn't like the way that the lecturer spoke to us. (A) 「我々に対する講師の話し方が気に入らなかった」。 この場合のthatは関係副詞とされます。(あるいは、「関係代名詞の関係副詞的用法」と説明されることもあります。) 同じ内容で、 We didn't like the way in which the lecturer spoke to us. (B) とも言えますが、この場合のwhichは関係代名詞です。 さらに、 We didn't like how the lecturer spoke to us. (C) とも言えますが、この場合のhowは関係副詞です。 また、ややこしい話で恐縮ですが、(A)の場合の関係詞以下は副詞節ですが、(B)の場合の関係詞以下は形容詞節、(C)の場合の関係詞以下は名詞節と、それぞれに異なります。 >あと、副詞節のthat節という言い方はおかしいですか? ⇒副詞節をつくるのは通常when, where, how, whyであって、thatではありませんので、「副詞節のthat節」というような言い方は普通しません。thatの本領は接続詞として名詞節を導き、関係詞として形容詞節を導くことであって、副詞節と関わるのはあくまでも「代役」として用いられる場合です。(それで、上に見たようにいろいろ言い換えができるわけですね。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます

関連するQ&A

  • 関係副詞のthatと副詞節のthat節

    関係副詞のthatと副詞節のthat節は同じ物ですか?

  • thatの副詞節は関係副詞ですか?

    that節の副詞節は関係副詞節ですか?

  • 副詞節のthat?

    It is obvious that students are struggling with reading. これは名詞、形容詞、副詞節のどのthat節ですか?

  • 副詞にするべきでしょうか?

    副詞にするべきでしょうか? 例文集に 「その計画には明らかに、いくつか検討すべき点があるように私には思えた。」 「It seemed obvious to me that the plan needed a few revisions.」 という文があるのですが、 「明らかに」は副詞的に使っているので、 obviously と、副詞にするべきではないのでしょうか?

  • 関係副詞that

    関係副詞はwhen how where whyだけかと思ってましたが thatも使われるのですね。 で、when how where whyを使うときとthat使うときってニュアンス等何かがちがうのでしょうか?

  • 関係副詞thatを使った文章について

    She left on the day that I arrived, 文法書に関係副詞thatを使った文章として載っていたんですが、 これって関係副詞じゃないんじゃないですか? たしかに関係詞節中の文は完全文だけど、 thatの前に前置詞onがすでについていて thatを前置詞+関係代名詞に分解できないんですが…。

  • 先行詞の前の副詞句(副詞)ついて

    いつもお世話になっています。 以下の文についてお教え頂けないでしょうか。 I received today items that I ordered on October 1. (1)todayは items の後ろ、すなわちthat の前に持っていくのは誤りなのですか? (2)一般的に先行詞と関係代名詞の間に副詞句あるいは副詞を入れるのは文法的に誤りなのでしょうか?実はずっと疑問でした。 (3)もし誤りでなければ、先行詞と関係代名詞の間に副詞句あるいは副詞がはいるいくつかの例文をお示しいただけなればとても嬉しいです。 いつも基本的なことで恐縮でございますが、ご教授の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  • 関係副詞thatについて質問です

    The very moment [that] I piccked it up, though , poisoned arrows began to fly through air. 私がそれを持ち上げたまさにその瞬間、毒矢が飛んできた。 という文で、[that]が関係副詞でwhenと置き換えもできると書いてありました。ここで質問ですが、 関係副詞のthatは「 the way that 」のときだけ登場する印象があるのですが、どうなのでしょうか? また上記の文の場合、私はこのthatが関係副詞だと言われなければ気づきませんでした。改めて見てみれば、後ろが完全文だから同格かも・・・しかし後ろに先行詞がない・・・関係副詞? という感じです。この文のthatはmomentが副詞で、upの後ろにmomentが隠れているのでしょうか。もっとスマートに判別するにはどうすればよいでしょうか? もう一つ別の質問なのですが、前置詞+(代)名詞は形容詞句として働くことも出来ると文法の本にありました。 形容詞句ということは、SVCやSVOCの文型のとき、Cになれるということでしょうか? 私は前置詞+名詞は必ず修飾語になるからカッコにいれて読む、と意識しているのですが、前置詞+名詞も文型の構成要素になるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 「関係副詞」のthat

    2008年関西外国語大学 最も適当な文を選びなさい。 (※実際は4択だが2択に省略) (1)We saw a house that the walls and windows were covered with various patterns of gloomy gold. (2)We saw a house where the walls and windows had been covered with various patterns of gloomy gold. 解答は(2)となっていましたが、私は(1)だと思います。 根拠としては。。。 ・thatは関係副詞としての用法もある、と昔聞いたことがあるので、 この(1)のthatも関係副詞と考えれば、(1)も正解である。 ※もしthatに関係副詞の用法がなければ、この質問も解決なのですが。 ・(2)が正解だと意味がおかしくなりませんか。 「かつて、壁や窓が、くすんだ金色をしたいろいろな模様で 覆われていた(けど今はそのようにはなっていない)家」となり、 昔はお金持ちが住んでいたということを含意する文章に なるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 関係副詞のthat

    関係副詞の問題で、 The firemen had trouble getting to the street ( ) the houses were on fire. a)how b)that c)where d)which で、答えは c)where でそうなる理由も分かるのですが、b)that がダメな理由がよく分かりません。 どなたか教えて下さい。