• 締切済み
  • 困ってます

大学教員の方に質問です。研究においてスランプの時期

大学教員の方に質問です。研究においてスランプの時期はありましたか?どのくらいの期間スランプでそれをどう乗り越えられましたか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数54
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4

私のいうスランプとは、論文のペースが落ちる、トップジャーナルに通りにくくなる、ことを意味しています。今取り組んでいるテーマのうち、あるテーマに関してだけは、なかなかジャーナルに上手くまとめられるほどの成果が、もうかれこれ5年ほど出ていないので悩んでいたところです。テーマに困っているということはまだございません。 そういうことなら、どなたでも大なり小なりあることですよ。 テーマが作れない、思いつかない、だともっと厳しいのですが、テーマは出ているけど結果が追い付かない、ということですよね。 辛いときでしょうが、耐えてコツコツやるしかないですね。 とくに、「あるテーマにたいしてだけは」ということなので、うまく行っているテーマで論文や研究費を稼げている状況でしょうし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。 >辛いときでしょうが、耐えてコツコツやる >しかないですね。とくに、「あるテーマに >たいしてだけは」ということなので、 >うまく行っているテーマで論文や >研究費を稼げている状況でしょうし。 励まして頂き大変ありがとうございます。上手くいっているテーマで補完しながら何とかめげずにやっていくしかないですよね。本当にありがとうございました!

関連するQ&A

  • 大学教員にならず企業研究者になった理由

    企業で研究者をされている方に質問です。 研究者というと、大学教員か企業研究者(独立行政法人の研究機関の研究者含む)に大別できると思いますが、なぜ、大学教員にならずに企業研究者になられようと思ったのですか? 大学教員だと、研究だけでなく教育(および雑務など)もやらなければいけないことは確かですが、自分で研究室を運営して(研究テーマの制約が無いという点で)自分のやりたいように自由に研究ができる最適な環境だと思うのですが、それでも企業研究者になられたのは何故でしょうか?

  • 大学教員の仕事について

    大学教員の仕事について 私は、謀私立大学の修士2年です。 これまで、博士課程進学を心に決めていましたが、現在就職しようかと思っています。 博士課程は、大学教員になりたいと思い決断したのですが、現在の研究室の指導者を 見てその決断を考え直している状況です。 そこでお聞きしたいのですが、大学教員はいったい何をやるところなのでしょうか? 自分は研究、生徒指導をメインに考えていました。 しかし、現在の指導者を見ていますと、研究テーマを共同研究者に考えさせ(他大の先生のアイデアをパクっています。)、研究は学生にやらせています。最悪、学生(学部、修士の生徒)が研究テーマを考えています。このような状況を見ていると、大学教員は研究はせず、生徒にやらせて自分の業績にしているようにしか見えません。またその際、生徒に対する指導も忙しくてやる暇がないと言われ、我々修士の学生にまかせっきりです。当然、我々も指導を受けていないため、後輩に良い指導ができるわけがありません。 以上のように、自分の指導者を見ていると、大学教員は何を仕事にしているのかわかりません。 これが普通なのでしょうか?大学教員は研究も教育もしないものなのでしょうか?勤めている大学によって異なると思いますが・・ 大学教員になりたいといいましたが、自分は生徒指導、教育することがやりたく、さらに研究ができればと思い大学教員を志願しました。もし、大学教員が研究に重みがあり、上述した方針で研究をしくいく、そして教育にはあまり重みを置くところではないのであれば大学教員になりたいとは思いません。 この点についてはどうでしょうか? 大学教員にならないのであれば、博士課程にいく必要もないと思います。 この考えについてどう思いますか? ここで大学教員にならないとして、博士課程に進んで何か利点があるのでしょうか? 現在修士2年なだけに、就活も行っていません。卒業しても職はありません。 とりあえず、就職して働きながら高校や中学、塾の先生を目指そうかと思っています。 現在の状況ではフリータになるしかないのでしょうか。リクナビのようなサイトからはもう企業に就職できないのでしょうか?

  • 大学教員は忙しいですか?

    大学教員というのは、まったりと自分のペースで教育や研究育しているのでしょうか? あるいは超多忙なのが普通なのでしょうか。 もちろん大学や個人によって違うとは思いますが。

  • 回答No.3
  • Dr_Hyper
  • ベストアンサー率41% (2474/6001)

研究者の人生は長いですからね。常に成長し続けているわけで有り,業績だけで好調やスランプと言うべきでは無いでしょう。 そもそもトップジャーナルにで続けていたあと5年論文がでないならそれが実力と思うべきでは無いでしょうか。じゃあ辞めれば?と言っているのでは無く,そこからもう一度実力を伸ばして行くだけだと思います。 業績がでていない間も,地味でも結果をだしている。後輩,学生を育てている,reviewなどを含めてその分野に貢献している,研究費を勝ち取り次のテーマの準備をできているなど,研究者には山ほど未来に繋がるやるべき事があります。これを雑用と言ってしまい,業績のみを成果とするのはバランスが悪すぎるでしょう。業績が一番ですがそれは目に見えている部分のほんの一部で人間としてのあなたの成長がその裏にあるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にご回答頂きありがとうございます。一文一文じっくり読ませて頂きました。特に、 >業績が一番ですがそれは目に見えている >部分のほんの一部で人間としてのあなた >の成長がその裏にあるはずです。 が印象的でした。人間としての成長を大事にしないといけないですね。本当にありがとうございました。

  • 回答No.2

あなたの言うスランプとはどういう意味でしょうか?研究の結果がなかなか出ず報告ができないことですか?それとも研究テーマが編み出せないことですか?前者はどんな研究者でも大なり小なり経験することです。新規に始めた冒険的なテーマなら、10年単位で耐える必要がありますし、それを可能にするだけの資金・人的パワーを維持できる力がいります。一方、後者だとしたら、それは第一線の研究者として終了した、ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうこざいます。私のいうスランプとは、論文のペースが落ちる、トップジャーナルに通りにくくなる、ことを意味しています。今取り組んでいるテーマのうち、あるテーマに関してだけは、なかなかジャーナルに上手くまとめられるほどの成果が、もうかれこれ5年ほど出ていないので悩んでいたところです。テーマに困っているということはまだございません。

  • 回答No.1

大学教員に限らず、企業の研究者でも研究者は研究成果に対して給与をもらっている方が殆どです。従って、スランプなので成果が出なければ減俸、昇進の停止、場合によっては解雇となります。「 スランプなので成果が出ない。」ことには自分で自分や養っている家族に累が及ぶ覚悟が必要です。研究者の中には、調査や一般文献執筆のように時間さえかければ成果が出るものもありますので、長期のスランプはそのような仕事を選んで回復を待つしかないのではないでしょうか。 研究者というのは才能と人一倍の努力は当たり前、それでも運悪く長期間成果が出ないことに覚悟が必要です。また、理解のある出資・雇用者も欠かせません。スポーツ選手と似ています。情熱が無ければ続けられないでしよう。 参考ですが、'15年にノーベル賞 医学生理学賞を受賞した 大村智さん は 約5万の土サンプルから 50 の化学物質を発見し ( 成果として論文が書ける。確率 0.1% 位です。) 26 の薬が実現した。( 公に称賛される成果です。) 彼の好きな言葉はパスツールの言葉を彼なりに変えた 「 幸運は強い意志を好む。」 だそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。これまであまりスランプを感じたことがなかったのですが、特にここ5年くらい力を入れてきたテーマがなかなか身を結ばず、そのテーマに関しては論文1報も出せておりません。なかなか諦めきれないので、そのテーマから離れられないのですが、かなりの時間をそのテーマに割いているので、悩んでいたところです。やはり諦めずにやるしかないですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 大学教員になるには?

    私は今大学院修士2年で来年博士課程に進学します。 将来は大学教員を目指していますがどのようにしたら 大学教員になれますでしょうか 博士取得は当たり前だということは分かってますが 結構最近大学教員になるのが厳しい世の中ですが どうしてもなりたいのですどのようにしたらなれるでしょうか?

  • 大学教員になりたいと思っています。

    そこでいくつか質問があります。 経営の大学教員を目指しています。 (1)修士課程で教員になるのは少ないですか? (2)大学教員はコネがあるが本当ですか? (3)大学院でアルバイト以外でTAなどの報酬はありますか? 知ってる所だけでも書いてくれると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 大学教員を辞める理由としたら。。。

    大学教員を辞める理由としたら。。。 知り合いの方は、国立大学法人の助教をしていたらしいのですが辞めて民間の研究職ではない仕事をしています。 一般人からしてみたら、国立大学の専任教員という地位も名誉もある終身雇用のすばらしい職につけたのになんで辞めたのだろうと疑問です。 でも本人には聞けないものです。。。 大学教員を辞める理由として考えられることとしたら何があるのでしょうか?

  • 大学教員になるための条件

    博士後期課程の院生です。 私は来年度から大学教員として採用されることが決まった大学院生です。 よく後輩から、「大学教員になるために必要なことは何ですか?」と聞かれますが、そのたびに「研究業績を挙げること」と答えています。 私の研究室は旧帝大で院生もレベルが高いのですが、質にこだわってなかなか論文が書けないようです。私は、出来が悪くても研究成果をなんとかまとめて論文にしています。とにかく、院生時代は自分の研究を活字にして知ってもらうことが重要ではないかと考えていました。 そこで質問ですが、院生の研究業績では「質より量」に重点を置く、私の考え方はアカデミックな立場からどのように受け止められるでしょうか?

  • 安岡正篤について研究している大学教員はいませんか

    大学院進学を考えているのですが、 安岡正篤や、それに近い思想の研究をしている大学教員が見つかりません。 そういった教員のいる大学院に行きたいので、 その教員や、その大学院の試験状況などをを教えて下さい。

  • 大学教員

    社会人になっ20年近くが経過しました。技術職で数年前に某大学で博士号も取得しました。これまでの実務経験を生かして、大学教員を目指したいと考えております。 募集要項をインターネット等で見ると、論文数、著書、研究費の実績等がポイントのようです。私の場合、現在のところ、国内での査読論文は5編程度、講演は5回、海外で学会の発表は5回です。また、社会人ですので研究費助成の実績もなく著書もありません。このような実績では教員への道は非常に厳しいと考えておりますがいかがでしょうか。社内では、定期異動も3~4年おきにあり、論文を書ける部署とそうでない部署の差があり、実績を積んでいくのも大変な状況で、年月のみが過ぎていくのを危惧しております。 教員公募については、実際のところ本命の方が決まっており、ほとんどが出来レースということを聞きます。現時点での私の実績を踏まえて、大学教員への可能性についてアドバイスいただければ幸いです。

  • 大学教員を目指すには?

    私は現在、海外の大学の修士課程で学んでいます。再来年まではなんとか単位を取得して卒業したいと思っております。卒業後は、日本に戻り大学教員として就職したいので、今のうちからリサーチをして準備をしておこうと思っております。聞きたいことはたくさんあるのですが、まず手始めにどのようなリサーチをしておけばよいのでしょうか?私の学校では修士論文と卒業試験のどちらかを選べるわけですが、やはり大学教員を目指すには、論文を選択した方が無難でしょうか?研究内容なども問われると想定したら、やはり論文を選ぶべきですよね・・。後は、実際に就職活動をはじめる際に、どのような方法で求人情報などを集めることができるのでしょうか?日本の大学には全くつてがないので、その辺が不安です。経験者の方、アドバイスをよろしくお願いいたします。

  • 大学教員の方に質問です。

    学者(大学教員)の方に質問です。 (1)なぜ学者になろうと思われたのですか?下記のうちだとどちらに当てはまりますか?もしくはどれにも当てはまらないですか? A: どうしても成し遂げたい研究があったから(~を発見したい。~を開発したい、等) B: (ある特定の研究にこだわっているというよりも)ただ、"研究そのもの"がものすごく好きだから。 (2)現在のご自身の研究について、下記のうちどちらにあてはまりますか?もしくはどちらにも当てはまらないですか? A: どうしても成し遂げたい研究、あるいはものすごく興味のある研究があって、そのような研究のためにテーマをいろいろ発案しながら日々研究活動を行っている。 B: 特に"絶対これ”と決めつけている訳ではなく、要するに、"ある何かを成し遂げたい"というよりも"研究そのものが好き"なので、研究の対象にこだわらず何か面白いもしくは独創的な研究テーマが思いついたら、その研究をしている。 ご回答よろしくお願いします。

  • 研究を論文として発表しない大学教員

     長年、疑問に思っていたことですが、質問させてください。研究を論文として発表しない大学教員は、教育者としてきちんとやっていけると思いますか? 私は以下の特徴があると思います(人文科学)。 ・当人は研究している。研究室は本で埋もれていることが多い。 ・しかし論文にしない。 ・完璧なものを求めるためである。 ・これを学生にも求める。 ・その結果、学生を潰してしまう。  私は完璧な論文など、この世に存在しないと思っています。だから「こりゃ不完全だ」と思っても、ある程度のところで発表に踏み切らないとなりません。そこで誤解を恐れず言えば、「不完全ながらも、ある程度の体裁をつける技術」こそ、論文の技だと思っています。学生の論文など不完全なものであって、この技術が無いと成立しません。  さて、完全を求めるが故に論文を全く発表していない教員は、技を修得していないわけであって、教育者としてやっていくことができないと私は思っています。どうでしょうか?

  • 【大学教員】文系のほうが難しいといわれるわけは?

    このサイトでも理系より文系のほうが大学教員になりにくいといわれています。文系で大学院に行くと一般企業は難しいのはわかります。一方、理系は修士まで行くのは普通だと思います。大学教員を目指す人数的には理系のほうが圧倒的に多いと思うので倍率は理系のほうが高いと思うのですが、何で文系のほうが難しいといわれているのでしょうか?文系には助教がいないとか教員のポストが少ない等の理由が考えられるのでしょうか?教えてください