• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

民法562条1項と第566条について

民法について質問があります。 第562条の1項では、目的物の「種類、品質又は数量」が契約の内容に適合しないとき...とあり、 第566条では、「種類又は品質」とあります。 なぜこの違いがあるのでしょうか? お詳しい方は教えていただけると助かります。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数41
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 562条も566条も私が作ったわけでもないし、平成29年施行の法律なので、卒業してしまった私が大学等で教えてもらえるものでもないので、想像しか回答できませんが、  562条は、「契約は守りましょう」というごく普通のことを言っているだけです。なので数量不足の際も、買主は履行の追完を求めることができる、というごく自然のことを言っているわけです。  それに対して、566条は、買主の権利行使に時間的な制限を設けて、売主を義務から解放している(売主保護)わけです。  なぜ解放するのか、と言えば、種類や品質(粗悪品だったかどうか)については何年か後に指摘されても、売主は反論できないから、でしょうね。  AB1133ネジをAB1138ネジと番号を見間違えて納品しなかったか?、とか、納品したネジは材質が粗悪品だったとか、何年も経ってからクレームを付けられても反論のしようがないわけです。  いつまで経っても売主は不安定な状況に置かれます。だから、苦情を言える期間を制限して、売主を免責する必要がある。  それに対して数量は数えていれば分かります。買主も数えただろうから、すぐ分かっているはず。  売主としては、買主の苦情に対して(苦情が間違っていれば)反論するのは容易ですし、場合によっては過失相殺の主張も可能なので、それ以上に売主を保護する必要はナイ。  だから、562条では「数量」まで含まれ、566条では「数量」が除外されている…のではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!考え方がわかりました! 教養科目として法学の入門を履修していますが、頑張ろうと思います。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 民法 契約

    こんにちは。民法の問題が分からなくて困っています。 平成9年の司法試験の問題です。法務省のHPでも解答だけ古すぎるのか無く、答えすらわからない状況です。 今使っている教科書を見てみたのですが、知識不足で、仲の良い友人たちもここだけ答えが不明らしくて、大学の先生に解説していただこうとしても出張中で・・・。 もうすぐテストで、ここも範囲なので、ぜひ詳しい方解説をお願いいたします。答えだけでもその答えを基に教科書やノートを見直してみます。 以下が問題です。 次の1から5までの記述のうち、正しいものはどれか。 1 手付契約は要物契約だから、契約成立には買主から売主への手付の交付が必要であるが、買主が手付を放棄して売買契約を解除するまでは、手付の所有権は買主に留保される。 2 民法上の消費貸借契約は要物契約だから、契約成立には貸主から借主への目的物の交付が必要であり、借主は受け取った目的物を自己の所有物として処分できる。 3 賃貸借契約は諾成契約だから、契約成立には賃貸人から賃借人への目的物の引渡しは必要でなく、契約が成立すれば、目的物の引渡しがない段階でも、賃借人は目的物返還義務を負う。 4 使用貸借契約は要物契約だから、契約成立には貸主から借主への目的物の交付が必要であり、貸主は目的物引渡義務を負う。 5 売買契約は諾成契約だから、契約成立には売主から買主への目的物の引渡しは必要ではないが、契約が成立しても目的物の引渡しがなければ、買主は代金支払義務を負わない。

  • 民法304条2項の

    民法304条2項の 具体的なイメージが湧かないのですが... 「債務者が先取特権の目的物につき設定した物権の対価」とは、 どういったものなのでしょうか?

  • 民法304条について(法律初学者です。)

    民法304条の内容を、極めてやさしく、できれば、具体例などもふまえて、ご教示願います。 民法304条(物上代位) 1項 先取特権は、その目的物の売却、賃貸、滅失又は損傷によって債務者が受けるべき金銭その他の物に対しても、行使することができる。ただし、先取特権者は、その払い渡し又は引渡しの時に差し押さえをしなければならない。 2項 債務者が先取特権の目的物につき設定した物権の対価についても、前項と同様とする

  • 民法-請求原因として主張立証しなければならないこと

    民法についての質問です。 訴訟になった場合、原告が請求原因を主張立証しなければなりません。 この主張立証しなければならないものの判断の仕方を教えて頂きたいです。 例) ・売買契約に基づく代金請求訴訟では 原告は(1)売買契約が締結されていることを主張立証すれば足りる ・賃貸借契約に基づく目的物返還訴訟では 原告は(1)賃貸借契約の締結、(2)目的物の引渡し、(3)賃貸借契約の終了原因、を主張立証しなければならない

  • 民法573条

    民法573条には「売買の目的物の引渡しについて期限があるときは、代金の支払についても同一の期限を付したものと推定する。」とありますが、この条文は、逆に「代金の支払いについて期限があるときは引渡しについても同一の期限を付したものと推定する。」と読み変えることが出来るのでしょうか?

  • 民法548条の具体例

    「返還することができなくなったとき」と、又はの後の「加工若しくは改造によってこれを他の種類の物に変えたとき」というのがイメージできません。具体的にどういうケースでしょうか? 第548条 解除権を有する者が自己の行為若しくは過失によって契約の目的物を著しく損傷し、若しくは返還することができなくなったとき、又は加工若しくは改造によってこれを他の種類の物に変えたときは、解除権は、消滅する。

  • 平成19年 23目 民法

    平成19年 23目 民法 この文章の言ってることも、解説の意味もわかりません。なんて言ってるのでしょうか? 〔第23問〕(配点:2) 履行遅滞による契約解除のための催告に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に 照らし正しいものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか 。 賃貸人が,賃貸借契約の終了を原因とする賃貸借目的物の返還を請求しつつ,仮に賃貸借契 約が存続しているとすれば一定額の賃料を支払うべき旨を催告しても この催告は無効である , 。

  • 民法について教えて下さい。

     民法86条・不動産及び動産に関する質問です。 最判昭30・6・24の判例で「一筆の土地の一部についても、当事者間において契約当時その範囲が特定していたのであれば、これを売買契約の目的とすることができる」とありますが、ここで疑問に思いました! もし契約当時に当事者間で範囲が特定していなければ一筆の土地の一部を売買の目的とすることは出来なくなるのでしょうか? あまり詳しくなくてよろしいのでご存知の方は是非教えて下さい。  民法94条の対象になる行為についての質問なんですが、94条は通謀虚偽であることから、双方行為について適用されるのは分かるのですが、最判昭31・12・28にもあるように何故単独行為にも認められるのでしょうか? ご存知の方がいましたら、是非教えて下さい。 外郭だけでも掴めればOKなのでお願いします。

  • こんにちは。宅建の民法の過去問についてです。

    いつもこちらではお世話になっています。 ご回答くださり、いつもありがとうございます! 宅建試験まで1ヶ月半、がんばります!! 請け負い契約についての質問です。 請負契約による注文者Aが請負人 B に建物(木造一戸建て)を建築させた場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば正しいものはどれか。 ただし担保責任に関する特約はないものとする 。 選択肢のひとつです。 A が B から完成した建物の引渡しを受けた後 、C に対して建物を譲渡したときは 、C はの建物の瑕疵について B に対し報酬又は損害賠償の請求をすることができる。 ここですが、解説には 注文者が目的物を第三者に譲渡したあとであっても、注文者が追及できる。 とあります。 目的物を譲渡したのなら、所有権もCにうつるので、Cが損害賠償の請求ができる、と思ったのですが。。 注文者が担保責任を追及できる、というのがよくわかりません。 なぜ注文者が追及できるのでしょう? 解説をお願いしたいのです!!

  • 民法 うけあい契約について質問です。

    いつもお世話になっています。 みなさん、解答をくださり有難うございます! いま宅建の勉強をしています。 民法の請負契約についての過去問で、 質問があります。 問題文です。 請負契約により、注文者Aが請負人Bに建物を建築させた。 AがBから完成した建物の引き渡しを受けた後、Cに建物を譲渡したときは、Cは、その建物の瑕疵について、Bに対し補修又は損害賠償の請求ができる。 この問題で、 こう考えました。 第三者に目的物を譲渡した場合、所有権が移転するので 第三者が損害賠償の請求ができる、と。 でも、間違えていました。 どう答えを導き出すとよかったのでしょうか? お答え、ヨロシクお願いします!!