• ベストアンサー
  • 困ってます

化学平衡における反応速度と反応速度式の関係について

教えて頂きたいことがあります。 化学平衡において、「反応速度」は反応物のモル濃度の減少速度または生成物のモル濃度の増加速度で表す。ただし、着目物質により、「反応速度」は変わる可能性があるので、化学反応式の物質の係数でそれぞれの「反応速度」を割ることで、その反応としての共通の「反応速度v」を定義できる、とあります。 一方、「反応速度式」より、v=([A]^x)×([B]^y)(A、Bは反応物)、X,Yは実験により求める、とあります。 それぞれについては、理解しているつもりですが、この「反応速度v」と「反応速度式v」の関係はどういったものなのでしょうか。 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数81
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

速度式は化学反応式とは別のものです。 ν1A+ν2B→ν3C+ν4D...(i) という反応で、速度式は必ずしも v=k[A]^ν1[B]^ν2...(ii) となるとは限りません。速度式は反応機構によります。ν1=1, ν2=1の時に速度式が v=k[A]/[B]...(iii) という事だってあり得ます。 反応速度は、たとえば(i)式では-d[A]/dt、-d[B]/dt、d[C]/dt、d[D]/dtなどを選べます。しかし、これだとどの化学種に着目したかで速度は変わります。たとえば H2+(1/2)O2→H2O ではv(H2)=-d[H2]/dtとした場合と、v(O2)=-d[O2]/dtとした場合では反応速度は異なります。v(H2)=2v(O2)です。 そこで化学種のモル数変化を、化学式の係数で割ったものを反応進行度変化とします。一般形で書けばdξ=dni/νiです。ここでνiは成分iの反応式の係数ですが、生成系ではプラス、原系ではマイナスとします。そしてdξ/dtを反応速度とします。こうすれば着目成分によらず共通の反応速度がきまります。 (i)の反応の場合ならば -d[A]/ν1=-d[B]/ν2=d[C]/ν3=d[D]/ν4=dξ となり v=dξ/dtを反応速度とすれば、着目する成分によらない共通の反応速度となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

jamf0421さん ご回答頂きありがとうございます。

関連するQ&A

  • 反応速度式

    反応物AとBから生成物Cを生成する反応がある。 25℃ではCの生成速度vは、Aのモル濃度[A]だけを2倍すると2倍に、Bのモル濃度[B]だけを1/2倍すると1/4倍になった。 vと[A]および[B]との関係を表す反応速度式を示せ。ただし反応速度定数をkとする。 v=k[A][B]^1/2 ではないですか? v=k[A][B]^2だそうです。 すみません。分かりません。。教えて下さい。

  • 高校化学 反応速度と反応式の係数

    化学反応の速度の問題で、分からないところがあります。 『水溶液中の物質A、B、Cの間で次の可逆反応が起こり、十分な時間が経過すれば平衡状態が成立する。 A+B←→2C (実験1) この反応の正反応の速度v1は、AとBのモル濃度の積に比例した。 A、Bの初濃度がいずれも3.0mol/Lのとき、反応開始直後のCの生成速度は9.0×10^(-2)mol/(L・分)であった。 問1 正反応の速度定数kを求めよ』 という問題です。 解き方として、実験よりv1=k[A][B]だからAとBの初濃度を代入すればよく、また正反応の速度をA,BでなくCに着目して考えて、それらをイコールで結べばよい……ということはわかります。 解答には『9.0×10^(-2)=k×(3.0)×(3.0)』とありました。 しかし、反応式におけるA、Bの係数が1でCの係数が2、であるにも関わらず、何故そのままCの生成速度を代入していいのかわかりません。 仮にAの減少速度をVa,Bの減少速度をVb,Cの生成速度をVcとおくと、Va=Vb=Vc/2となり、この問題で与えられた正反応の速度v1とはVa(=Vb)のことだから、代入する値はCの生成速度を1/2しなくてはいけないのでは?と思ってしまいます。 単純化して考えても、AとBが1個ずつ反応したときCが2個できるので、やはりA、Bの減少速度はCの生成速度の1/2ではないのでしょうか? どなたか分かる方がいらっしゃいましたら、また私が何か勘違いしているということを指摘してくださる方がいらっしゃいましたら、ご回答のほうよろしくお願いします。

  • 化学(理論) 化学平衡について

    化学(理論) 化学平衡について  今ひとつ理解出来ていないところがあります。  参考書などで、ある可逆反応に対して、 「ある物質の濃度を高めるとルシャトリエの原理により平行が・・・に移動し、 新しい平衡状態になる」  とあるのですが、この「新しい平衡」について何が「新しい」ということなのでしょうか。  温度一定のもとでは、平衡状態にあれば反応速度は変化しないように思うのですが。  この分野については、自分に正直理解不足があると思います。    アドバイス頂けると助かります。  よろしくお願いします。

  • 高校化学2の反応速度式について

    先日、高校の学生さんに『反応速度式』について 説明を求められ、私が未熟なために十分に答えらず、とても困りました。 『反応の物質の濃度が、反応の速さにどのように関係するかを示した式 ・例) H2 + I2 → 2HIの反応速度式は、 υ = k[H2][I2] ・・・・・・(1) となる. ここで、kは反応速度定数とよばれる比例定数で、温度や反応物質により変化する。 ・例) 2H2O2 → 2H2O + O2の反応速度式は、 υ' = k'[H2O2] ・・・・・・(2) となる. ・例) 2HI → H2 + I2の反応速度式は、 υ'' = k''[HI]2 ・・・・・・(3) 』 「反応式の出発する物質の状態が違うから、 上の3式のvの式は違う。最初の状態のものに、 反応速度係数をかけたら速度がでるのだよ」 などと説明したのですが、全然わかってもらえませんでした。 どなたか、 1)式そのものの説明。 2)(3)式の[HI]2がなぜ二乗になるのか。 3)kに関する説明。 この上の上手な説明方法を教えてください。 また、説明方法など参考になるHPがあったら 教えてください。よろしくおねがいします。

  • 反応速度と反応速度式

    2NO+O2→2NO2の反応について (1)上記の反応において、ある瞬間のNOの減少速度は4.0×10^-3 mol(L・s)であった。このときのO2の減少速度とNO2の増加速度を求めてください。 (2)NOの濃度を2倍にしたところ、NO2の増加速度は4倍になった。また、O2の濃度を3倍にしたところ、NO2の増加速度は3倍になった。NO2の増加速度について、速度定数をkとして反応速度式を表せ。 解き方がわからず困っています。お手数おかけしますがよろしくお願いします。

  • 化学平衡の基礎

    A+B⇔2C という可逆反応が成立しているとき ・正反応の速度が  V=k[A][B]で表される ・逆反応の速度が  V=k[C]^2で表される                とする    正反応においてCの生成速度が、9,0×10^(-2)    ABの初期濃度は3,0 であるとき 物質Aに着目して 正反応において、係数比より Aの減少速度はCの生成速度の二分の一倍なので 4,5×10^(-2)になり 速度定数は5,0×10^(-3)になると思うのですが 答えが違い、どうにも理解できません。 正しい速度定数は1,0×10^(-2)でした どこが間違っているのか分かりません。 よろしくお願い致します。

  • 反応速度式

    反応速度式についてお聞きしたいのですが、 A2 = A + A (反応速度定数k1)の反応でAの生成速度を表す式は dA/dt = k1A2 で合っていますか? また、A + A + B2 = 2AB (反応速度定数k2)の場合ABの生成速度を表す式は dAB/dt = k2A^2B2 なんでしょうか? 教えてください。

  • 化学平衡の問題です

    化学平衡の問題です N2+3H2⇔2NH3において,200気圧下ではNH3の生成分率は200℃では86%,400℃では36%である。この反応は発熱反応か吸熱反応か、理由をつけて答えなさい。 という問題を考えていたのですが、アンモニア生成は発熱反応と暗記していたばかりに、説明の仕方が分からず解答を確認してみました。 すると、温度を下げるとアンモニア生成分率は増加しているから、平衡は右へ移動。よって、発熱反応。 とありました。 ここで化学初心者の私には疑問が・・・ 右へ移動するから発熱反応、と解説に書いてありましたが、右へ移動=発熱反応??? それとも、アンモニア生成が発熱反応ということを知っている上で、生成する方向だから発熱反応という意味なのでしょうか? あと文中の「200気圧下で」というのは解答にどのように関与してくるのでしょうか??? 化学に詳しい方、かみ砕いて説明していただけませんでしょうか?m(--)m

  • 反応速度式

    問題集で勉強していたら XとYからZを生成する反応を次のように表すと xX+yY→zZ(x,y,zは反応式の係数) となり、反応速度式は v=k[X]^a[Y]^bと表されるらしいのですが なぜ反応速度式の指数の部分がaとbなのでしょうか。xとyなら納得できるのですが、いきなりaとbが出てきて、x,y,zがどこに反映されるのかと疑問に思います。 反応速度式の指数の部分はどこを見て判断したらいいのかいいのでしょうか。

  • 化学 反応速度

    ある一定温度で、同じ物質量のH2とI2を10Lの密閉容器に封入して加熱したところ、60秒間でHIが7.2mol生成した。この間のHI、H2に着目した反応速度をそれぞれ求めよ。 この問題の解き方がわかりません。どなたかよろしくお願いします。