締切済み

モータコイル焼損

  • すぐに回答を!
  • 質問No.974677
  • 閲覧数3268
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 12% (9/75)

スターデルタタイマの故障によりスター運転のまま運転をしてモータのコイルが焼損してしまいました。
スター運転のままだとなぜ過熱するのですか?
又、どのくらい運転すると過熱焼損するのですか?
ちなみに400V18.5kwモータです。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 44% (1423/3185)

負荷や誘導機自体の特性に依存するところも有るのですが、、定性的には次のようになります。

・誘導機は準定速の回転機ですので、スター接続にしてコイル電圧が下がっても、回転数はあまり下がりません。
・回転数がほぼ一定なら、負荷の駆動動力(電動機出力)はほぼ一定です。
・電圧が下がって、出力一定なら、その分有効電流が増えます。(その分、すべりが増えて、回転数はいく分下がるんですが)
・電圧低下により、励磁電流(無効電流)は下がります
・定格負荷に近いところだと、励磁電流減少より有効電流増加の方が上回り、その結果、巻線電流はΔ結線時よりも高くなり、コイルの損失は増えます。


過熱焼損までの時間は、機器によって異なるかと思います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ