• 受付
  • 困ってます

過失割合 自動車事故 左折車と直進車の事故

  • 質問No.9676760
  • 閲覧数116
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数5

お礼率 73% (34/46)

当方Aが、片側一車線直進道路を進行中に右側から出てきた相手方Bの車と衝突しAは左前方を破損。Bは左後方を破損しました。
Bは、自宅駐車場から左折しようしたところブレーキとアクセルを踏み間違えて道路に飛び出しAとぶつかった後に道路反対側の民間駐車場内に事故後停止しました。
Bの保険会社より8:2の過失割合でどうでしょうかと、言われました。
十字路、T字路ではなく、Bは踏み間違いを認めています。警察の現場検証あり。
当方としては、10:0かと思いましたが、主張しても無理でしょうか?

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 23% (70/303)

心情からすると、交差点でもなく、単なる自宅駐車場からの突進ですから、「10:0」でも十分だとは思いつつも・・・

今回が「交差点」であれば、やはり交差点進行の安全確認も求められますから「8:2」でも仕方ないでしょう

しかし直進車両が、「今回」のいちいち駐車場や敷地から出てくる車両の安全確認をする「注意義務」は全くありません。それだけ高度の注意義務が、敷地(道路外)の道路進出側に求められています。しかし、進行中、その車両が出て来そうな蓋然性が現場状況から認められれば、(もう道路に出てくる体制、運転手があちこち見ている等)「9:1」でも仕方ないのかなと思います
また衝突個所(右前と左前ではないですね)からすれば、目の前を横切っているのでしょうから、回避のための措置が出来たのではないかという保険会社の見解で「8:2」なのかなという感じです
踏み違いも安全運転義務違反です。確認不足と同じかそれ以上です。
私なら「95:05」を主張します。


「10:0」だと直接貴方が相手の保険会社と交渉しなければいけません。「1や2」ならご自身の保険会社が交渉対応するので、心労を考えるとそれでヨシとするべきパターンなのかなと思います(少々無責任な言いがってですみませんが)

あと入れ知恵なんかに耳を傾けては絶対にいけません!!!
これは立派な保険金詐欺になります
こんなでたらめな回答者がいたのでびっくりです
補足コメント
RogerK

お礼率 73% (34/46)

親切なアドバイスありがとうございました。
事故からまる2日経ち、やっと平常心に戻ってきました。

「10:0」だと直接貴方が相手の保険会社と交渉しなければいけません。

確かに。
そう言う問題には、気付きませんでした。
、、、のコメントには、、、で返しましたが、分かっております。
大丈夫です。
投稿日時:2019/11/10 10:47
  • 回答No.4

ベストアンサー率 45% (2352/5148)

下記サイトの「交差点以外の事故の過失割合」の、「右折で路外から進入」が似た事故パターン。
http://www.jiko-online.com/jiji6.htm
RogerK さんから見て、右側からの車と衝突だから、RogerK さんは右上の(A)車、衝突の相手が左側の(B)車。
過失の基本割合は、RogerK さんが20、相手が80。

しかし、相手はブレーキの踏み間違えということなので、修正要素の「相手の重過失」でマイナス20を、RogerK さんが主張。つまり、RogerK さんが0、相手が100を、強く要求。

もし、相手との保険会社と話がつかなれば、落しどころを、修正要素の「相手の著しい過失」でマイナス10を、RogerK さんが主張。つまり、RogerK さんが10、相手が90とするとか。


そのほかの、「路外からの進入」の場合の過失割合のサイトですので、参考にしてください。
http://kashitsu.e-advice.net/car-car/100.html
http://traffic-liberty.net/wariai/wariai09.html

----------------------

車を運転中は交通法規にもある「常に安全を確認して走行」を求められますが、その安全確認を「過失割合」でどの程度の割合にするかは、自分の保険会社と、相手の保険会社との話し合いです。


交差点等を青信号の意味は、あなたが交差点等を通過する順番ですが、赤信号無視の車のが無いかの安全を確認して発進、または、歩行者・自転車等の飛び出しが無いかの安全を確認して発進てください、という意味です。

また、劣後側の狭い道側、一時停止側、路外からの道路進入(質問はこれに当たる)などであっても、優先側は常に安全を確認しての交差点の通過が必要ですが、この安全確認が、優先側でも「基本的過失割合」が2割(20%)となるのです。
自分の優先側の「基本的過失割合」が2割(20%)が納得できないならば、前述の相手を著しい過失、または、重過失を「修正要素」を主張して、過失割合が納得が出来ないなどと、自分の保険会社に修正を言いましょう。

そして、対向車線の渋滞の車の陰からの人の飛び出しの場合は、車側の安全確認の過失割合が少なくとも80%から100%となることあり、逮捕の確率も高くなります。
補足コメント
RogerK

お礼率 73% (34/46)

大変よくわかりました。
後段の基本的な心がけ『「常に安全を確認して走行」を求められます』納得です。
ゴールド免許証が何回か続いており事故処理は久しぶりでした。
過信しないように反省します。
ちょっとタイミングがずれれば、大変なことになる所でした。

以下引用
過失の基本割合は、RogerK さんが20、相手が80。

しかし、相手はブレーキの踏み間違えということなので、修正要素の「相手の重過失」でマイナス20を、RogerK さんが主張。つまり、RogerK さんが0、相手が100を、強く要求。

もし、相手との保険会社と話がつかなれば、落しどころを、修正要素の「相手の著しい過失」でマイナス10を、RogerK さんが主張。つまり、RogerK さんが10、相手が90とするとか。
投稿日時:2019/11/09 13:44
  • 回答No.3

ベストアンサー率 43% (583/1343)

こんにちは!
かつて,自動車保険査定サービスの仕事をしていた者です。
ジュリストという法律専門書の最高裁交通事故過失割合判例集によると,路外から出てきた車両と直進車の衝突事故については,この道路が国道だったならば9:1です。本件のような片側一車線の県道以下なら8:2が基本とされています。もし,ご質問者様に10km超の速度超過があれば過失割合は7:3になります。
 8:2はごく自然な過失割合です。
 回答として10:2を主張するのは無理です。
補足コメント
RogerK

お礼率 73% (34/46)

専門家のコメント有難うございました。

百番代ですが国道です。
道路には中央に黄色の実線があります。
Bは、センターラインを超えてAの前を横切っています。
ブレーキとアクセルを踏み間違えて、急発進、突進した過失も認めています。
自分としては、再度同じ事が起こっても、避けられないだろうと思います。
保険会社の見解を待ちそれに従うつもりですが、9:1でも心情的には不満です。
当方に過失は無いと思うと一応伝えましたが。

右折車又は左折車と同方向に直進車の事故はよく載っていますが、左折車と反対車線のAでも同じ解釈でしょうか。
投稿日時:2019/11/09 11:26
  • 回答No.2

ベストアンサー率 15% (251/1666)

ドライブレコーダーの映像があるといいのですが、ポイントはあなたが防げた事故かどうかだと思います。
しかし保険会社によっては、お互い動いていたため過去の判例から100:0にはならない、と譲らないところもあるとは聞いてます。
これは入れ知恵ですが、あなたの首が・・・・。
補足コメント
RogerK

お礼率 73% (34/46)

ドライブレコーダーはありませんでした。
普通乗用車同士の事故で今の所、物損のみです。
お互い動いていたため過去の判例から100:0にはならないのかもしれません。
入れ知恵、、、、。
ありがとうございました。
投稿日時:2019/11/09 07:13
  • 回答No.1

ベストアンサー率 17% (193/1103)

どんどん主張しましょう。
あなたはあなたの保険会社の担当者にあなたの主張を言えばいいです。
あとは担当者同士で話してくれます。

あなたが過失割合で遠慮することはないです。
補足コメント
RogerK

お礼率 73% (34/46)

ありがとうございました。
言うだけ言って担当者同士で話をしてもらいます。
ネット上に同じような事例がなく、意見を伺いたいと思いました。
投稿日時:2019/11/09 07:17
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ