• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

前置詞「by」「on」「with」

私の辞書に「by」の用法例として I haven't got the book by me. また「on」の用法例として I have no cash on me. が載っています。 各々「by」「on」「with」を自由に交換できますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数71
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

英語ネイティブレベルの者です。 前置詞prepositionを使いこなせるようになるのが、 英語をマスターする最後の難関の1つとも言えるでしょうね。 たかが数文字の単語なのに、解釈が 違ってきます。 1) I have no cash on me. 2) I have no cash with me. 3) I have no cash by me. ですが、どちらも文法的には正しいです。 ただし1の場合は、現金はポケットにも、 今持っているカバンにもないという意味です。 ただし、あなたが滞在しているホテルに置いてきた スーツケースにはあるかもしれません。 つまり、すぐに現金を出せる状態ではないということです。 2の場合には、例えばあなたが旅行中で ホテルにスーツケースを置いているとします。 そのホテルにあるスーツケースにも、あなたのポケットにも あなたの今持っているカバンにも、現金はないという意味です。 だからといって、銀行の口座にお金がないとは 言っていませんけど。 実際の口語英語ではこの例では1)と2)は それほど厳密には区別しなくても大丈夫。 3)は意味がわかりません。 byは、実は文法の使用方法としては20通りくらいあります。 この場合は、どうしてもby = close toの意味で解釈 するしかなく、それが意味をなしません。 一方、同じby とonでもすごく区別しなくてはいけない例は 例えばこういうとき。 3) Frank had a rabbit on him 4) Frank had a rabbit with him 3)はフランクはうさぎを頭にのせていた と私なら解釈します。 4)は、フランクはうさぎをカゴに入れて持っていた と私なら解釈します。 ではなぜcash on meの時は、現金を頭にのせていた と想像しないのか? なぜrabbit on himの時は、ポケットにいれていたと 思わないのか? 現金は、ポケットとかカバンに入りますからね。 うさぎは、ポケットには入らないだろうし、普通は カバンには入れないだろうし。 そういう違いです。 前置詞Prepositionはすごく便利ではあるのですが、 一方で曖昧さを残すので、 Frank had a rabbit in the cage とか言ったほうがはっきりすると思いますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にやさしく説明して頂き、ありがとうございました。ホテルの例、うさぎの例でモヤモヤしたものがなくなりました。回答を締め切らないで良かったです。

関連するQ&A

  • 前置詞 on by withについて(英語が得意な方教えてください)

    こんにちは。 タイトルにあるようにon by withについて質問があります。 on by withを辞書で調べると「手段(~で)」の意味があるのですが、どのようにニューアンスが異なるのかよく分からないのでぜひ教えて下さい。 例文としては、 あなたのテレビでゲームしようよ。 今から、私の運転で買い物に行こうよ。 そこのはさみで紙を切ってください。 これらに使われている「~で」はon by withどれでも使えるんですか? Let's play a video-game on (by, with) your TV. Now let's go shopping on (by, with) my drive. Cut the paper on (by, with) the scissors. *自分で考えた例文なので、前置詞以外の英作文自体がおかしいと思われたら、合わせてご指摘ください。 回答よろしくお願いいたします。

  • お金を持っていない。

    お金を持っていない。という英文は、 I have no money with me. と習ったことがありますが 辞書をみるとwithの他にonも 使えるとあります。 実のところ、どうなんでしょうか。 使い分けがあるのですか。 また、違う表現がありましたら、 教えてください。

  • 前置詞の曖昧さ

    invalids suddenly thrown into responsible positions upon loss of property. このuponはbyと同じような働きをしていますが、原因の用法のonを辞書で調べてみると、「~によって」というよりは、「~に基づいて」とかそういう感じのニュアンスでした。 これはbyと同じ風にみなしていいのですかね? 余談になりますが ときどき、こんな感じで前置詞について悩んでしまうことが多々あります。 前置詞について正しい感覚があり、正しい訳出ができる人は本当に尊敬します。 そういう人はどのように前置詞をとらえているのでしょうか? onのイメージは接触で大体はいける、とのことですが、この用法でonとは僕が考える限りではまったく関連性が見つかりません。 長々しく書いてしまいましたが、わかる方解説お願い致します。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15065/32198)

 #3です。補足です。  例えばイヤリングですが場所が、近くの机の引き出し、耳、持っている手提げの中、だと、by、on、 with になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して頂き、ありがとうございました。大変参考になりました。 前置詞は難しいですね。

  • 回答No.4

I haven't got the book by me. 「その本は、わたしのそばにない。」 I have no cash on me. 「わたしは現金を持ってない。(ポケットなどに入っていない)」 I have no cash with me. 「わたしは現金の持ち合わせがない。(携行していない)」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して頂き、ありがとうございます。参考になりました。

  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15065/32198)

 各々「by」「on」「with」を自由に交換できますか?  いいえ、みんな違いますので交換はできません。 1。by の場合。  I haven't got the book by me.  その本この近くにはありません。その本手に届くところにはありません。 2。on の場合。  I haven't got the book on me.  その本身につけていません。 3。with の場合。  I haven't got the book with me.  その本身近にありません。 4。いずれも「その本ここにありません」にはなるので、何といいたいかが起点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答して頂き、ありがとうございました。大変参考になりました。 前置詞は難しいですね。

  • 回答No.2
  • Nakay702
  • ベストアンサー率80% (7828/9667)

>各々「by」「on」「with」を自由に交換できますか? ⇒同じ意味で交換することはできそうもありません。 以下を見れば納得できると思います。 「by」:「そばに(持つ)」、「脇に(置いてある)」…。 「on」:「身につけて(持つ)」、「身体にまとって(いる)」…。 「with」:「同伴して(行く、など)」、「(道具)でもって(仕事をする)」、「(能力など)修めている」…。 「互換」はできないまでも、「置き換え」はできることがあります。つまり、「これらの前置詞(のみ)を差し換えても有意の文になる」ことはあります。ただし、当然ながら、意味合いはかなり違ってきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

簡潔な文で分かりやすく説明して頂き、ありがとうございました。 >「互換」はできないまでも、「置き換え」はできることがあります。つまり、「これらの前置詞(のみ)を差し換えても有意の文になる」ことはあります。ただし、当然ながら、意味合いはかなり違ってきます。 前置詞の難しさを痛感させられました。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 回答No.1

「自由に交換できる」とは、どれを使っても良く、同じ意味になるか?と言う質問であれば、そうはなりません。意味は変わるけど通用する文になる、と言うことでであれば微妙です。 まず、I haven't got the book by me. ですが、この文自体、 「私の傍らにその本を持っていない。」「私が書いたその本を持っていない。」の2つの可能性がありますが、前者の可能性が高いように見える。the bookとすでに何の本か会話している人たちに共通認識がありそうで、だとしたら「私が書いた」はくどいかも知れない。でも文脈次第。 book on meは、普通に考えると、私の頭の上に。そう言う事も無いわけじゃないけど、別の可能性を考えると私と言う心、体、状況の上に。その本の内容が私の心の上にある。でもこれを言いたかったら違う表現のほうがわかりやすいのでなさそう。with me は自分と一緒に、手に持って、あるいは鞄に入れて持っているイメージ。ところがhave gotのニュアンスは、少し前に手に入れて今も持っている。withじゃない状態からwithの状態への変化も含めて表すので、withはちょっとおかしい。haven't gotと一緒でも同様におかしい。 I have no cash on me. のon meは現金を頭の上に乗っけるわけがないので、私の状況、状態の上に。「私は現金が無い状態だ。」手元にないだけでなく、家にも、銀行にもない。 I have no cash by me. 「私の傍らに現金が無い。」想像するのは、自分の周りに雑多にがらくたやいろいろなものが散らかっていて、でも現金は無い。 withは、今手元にない。持ち合わせていない。 日本語の「てにをは」のように、使えない場合と、使うシーンが限られるケース、使うと誤解を招く可能性があるので避けるケースなど様々で、自由に交換できるという事では無いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答して頂き、ありがとうございます。 >日本語の「てにをは」のように、使えない場合と、使うシーンが限られるケース、使うと誤解を招く可能性があるので避けるケースなど様々で、自由に交換できるという事では無いと思います。 前置詞の難しさを痛感させられました。実は、「自由に交換できる」と回答があるだろうと思っていたのです。

関連するQ&A

  • 「~に関して」を表す前置詞「for」と「on」

    「ゴガクル」で次の文章を見て質問します。 If you can't lower the price, we will have no choice but to explore other options for this order. I was given a prize by the parent company for that issue. 感覚的に「on this order」等と書きたくなるのですが、「on」でも誤りではないですか? その場合、「for」と「on」にどのようなニュアンスがあるのかも教えてもらえますか? よろしくお願いします。

  • 【.....on you.】の訳し方を教えて下さい

    it's not a good idea to carry a lot of cash on you. 訳)あまりお金を持ち歩くとあぶないもんね。 You have plenty of money on you, huh? 訳)たくさんお金を持っているでしょう? となっていますが、最後のon youの意味が良く分かりません。 辞書でonを見てみましたが、どれにも該当しないような気がします・・・ よろしくお願いします。

  • 手段を表すin, with, onの使い分け

    よろしくお願いします。 手段を表すin with, onの使い分けについて、教えて下さい。 アドバンスト・フェイバリット英和辞典をみると、in, with, onについて、次のような用例が載っていました。 [1]in 1. speak in English 2. pay in cash 3. Sign your namr in pen[ink]. 4. in a loud voice [2]with 1. sharpen a pencil with a knife 2. Our daughter writes with her left hand. 3. You can make millions of dollars with one good idea. 4. He bought a motorcycle with the money he earned. 5. with light, bright brushstrokes(明るく、鮮やかな筆づかいで)…この用法のみ、高校英語教科書POLESTARII(数研出版)からの引用です [3]on 1. on foot 2. play a tune on the guitar[piano] 3. write a report on a PC 4. buy a car on credit 5. on TV 6. I'll tell you about it on the phone. 7. He cut his finger on a piece of glass. このように、in, with, onは、それぞれ、手段を表すにも関わらず、使い分けがなされているように思います。 例えば、[2]の5. について、以下のことが言えると思います。  ・with light, bright brushstrokes→自然な表現  ・in light, bright brushstrokes→不自然な表現 しかし、上記の文について、手段としてのbrushstrokesを説明するにあたって、withを使ったら自然なのに、inを使ったら不自然であるということに関して、その理由が説明ができません。 このように、in, with, onの使い分けについて、よく理解できるように、教えて頂けませんでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 訳を教えてください

    I have been seeing the same psychiatrist for over 10 years for depression and anxiety. In some ways, he’s been great—accessible by phone when I’m in crisis, and seeing me on a cash basis when I haven’t had insurance. seeing me on a cash basis when I haven’t had insuranceの訳を教えてください。よろしくお願いします

  • 前置詞と副詞について

    in,out,on,off,up,downなどの語は、前置詞も副詞のどちらでも 用いることができることができるのですが、 onを例にして、 1、i have a watch on me.この文のonはmeを目的語とした前置詞 「私は時計をしています。」 2、 i put my watch on.この文のonは身につける、つけるということを表す副詞です。 「私は時計をつけました。」 この二つに文のように、同じ語で前置詞的そして副詞的 使い方の文の例をおしえてください。 いっぱいあれば助かります。 本当にありがとうございます。

  • 前置詞 (英語)

    長文読解に前置詞の理解が必要だと思いますか?少なくとも赤本をやってみてもそう感じました。 できれば、次の前置詞で意味上注意したい所を教えてください。 例_by:「差」という意味があるとか。 in,of,to,from,with,on

  • oracleでwith句の結果を使ってupdate

    oracleでwith句の結果を使って外部結合?でupdateしたいのですが 上手くいきません。 oracleでは無理なのでしょうか。 よろしくお願いいたします、。 /*---------- with v1 as ( select row_number() over(PARTITION BY ・・・ ORDER BY ・・・) as rnum ,no ,col1 ,・・・ from ・・・ ) update ( select A.col1 A_COL, v1.col2 B_COL from table1 A inner join table2 B on A.cd1=B.cd1 inner join v1 on A.no=v1.no where v1.rnum=1 and ・・・ ) set A_COL=B_COL ; ----------*/ と書いたのですが、 実際に実行してみると、 カッコ「(」、「)」がないとか、 selectが必要とか, A_COLやB_COLが無効ですとか、 となります。 どこが悪いのでしょうか。 oracleではupdateでwithは使えないのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 「2 for 3」、「~by 10 percent.」の for とby について

    いつもお世話になっております。 「2 for 3」、「~by 10 percent.」の for とby についてお尋ね致します。 (1) (海外のスーパーにて)”2 for 3”「3個で2個分の値段」 ( for →「(報酬)~の報酬として, 返礼に」の意味だと思います。) (2) “The price is discounted by 10 percent.”「価格が1割引になります」 ( by→「(程度) ~(の分)だけ」の意味だと思います。) 辞書で確認し、for とbyが上記の用法で使われているのだという事は分かったのですが、 特に”2 for 3”に関して、意味がすぐに頭に浮かんできません。 =深く理解出来ていないからだと思います。 また、今回の例では両方数字ですが、名詞が入る事も出来るのでは?と思っています。 ご教授頂けませんでしょうか。よろしくお願い致します。

  • knowledge on, about, of

    1. 「・・・についての知識」を英訳する場合、Knowledge about とknowledge onで何か使い分けのルールがあるのでしょうか。辞書にある例文をみてもknowledge onとknowledge aboutの違いがはっきりとは理解できません。 たとえば、ある病気について聞かれたとき、「私はその病気については(専門外で)知識がありません。」という答え方としては I have no knowledge on the disease. と、about the diseaseとでは受け取り側でニュアンスが微妙に違うようなのですが、どう違うのでしょうか? 下記のように解釈してみたのですが、正しいでしょうか。 B. I have no knowledge on the disease. (私はその病気の知識がない。) C. .I have no knowledge about the disease.(私はその病状がわからない。)  3.またknowledge of にすると下記の訳で正しいでしょうか。 A.I have no knowledge of the disease. (私は自分がその病気なのかわからない。) おわかりの方がいらっしゃいましたら、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

  • 「携帯」の意味のwithの使い方がわかりません

    「携帯」の意味のwithの使い方がよくわかりません。 たとえば Take an umbrella with you. (傘を持って行きなさい) という文では、なぜwith youという語が必要なのでしょうか? Take an umbrella. だけではいけないのでしょうか? 他には She always carries a camera with her. (彼女はいつもカメラを持ち歩いている) という文もです。なぜwith herがいるのでしょうか。 わかる文もあります。 たとえば I have no money with me. (お金の持ち合わせがない) は、withがないとき I have no money. は、現在持ち合わせがないだけでなく、全くお金がなく貧しいという意味になるのだろうと考えます。 ところが、最初の2例のようにわからないものもあるので、その使い方を教えてもらえたらと思います。 私の目的は、大学受験用の英語です。 海外での実践的な英語の習慣等も、参考になるので大歓迎です。 でも、ベストアンサーは、日本の大学受験用の英語として正しいか、という点から選ばせていただきますので、ご了承ください。 よろしくお願いいたします。