• 受付
  • 困ってます

日本語動詞の過去を表す言い方には

  • 質問No.9643754
  • 閲覧数29
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3

お礼率 0% (0/3)

太郎が学校に「行っ」「た」
太郎が学校に「行った」
「行った」が二語から成ると考える分析と、全体で一語とする分析について、それぞれの分析の利点と欠点は何ですか?

回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 45% (11/24)

利点と欠点の問題ではなく、日本語の語とは何かの事実と論理の問題です。

膠着語である日本語は単純で、裸体的な内容を持った語を結び付け文に表現します。

「行った」は動詞「行く」の連用形「行っ」+過去の助動詞「た」という句です。

「行った」は単語ではありません。■
  • 回答No.2

ベストアンサー率 47% (13871/29281)

日本語・現代文・国語 カテゴリマスター
 これは意味を単位とする次元(甲、とします)と、語を単位とする次元(乙とします)の利点と欠点のご質問としてお答えします。

1。甲
 ご質問で、日本語動詞の「過去を表す」という言葉遣いで意味の目が考慮されていることは明らかです。しかし

 太郎が明日学校に行った時には、もう誰もいないでしょう
とも言えるのでここでは「完了」の意味に変えます。

2。乙
 いった、を「行く」に相当する部分と「完了」に相当する部分を、音と直結した 語の単位で、二つに分けると、tta が tt+a、t+ta になります。

3。丙
 ですから抽象的な甲だけ、あるいは具体的な乙だけの分析ではなく、
 (い)歴史的事実を援用して (連用形の)行き+た>いった とするか
 (ろ)形而上学的時間を考慮して 行くを意味する物+完了>行った
とすればいいと思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 72% (250/347)

「タ」は非拘束形態素であり、固有のアクセントも持たないため、語とは認めがたい。
「イッタ」も //ik//+/ta// と分解できるので、語を分解不可能な最小単位とするならば、それは不適切である。
したがって、「行った」は二形態素からなる一語であると考えるべきである。

という解答ではいかがですか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ