私は新撰組のような組織に入りたいのですが、現在の日

私は新撰組のような組織に入りたいのですが、現在の日本で新撰組に近い存在の組織はどこになりますかね? 別に人をバッタバッタ...

eroero4649 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2019/07/17 11:27
  • 回答No.4
  • ベストアンサー
eroero4649

ベストアンサー率 29% (5676/19171)

他カテゴリのカテゴリマスター
>新撰組のように、世の中を変えるんだという強い信念の元に結成されて、自己犠牲も厭わない熱い漢達が結集している組織や団体を探しています。

若干誤解があるようです。新撰組は幕府の手先機関となって、世の中を変えるんだという信念を持つ長州の志士などをバッサバッサと斬っていった人たちです。
「世の中を変えよう!」としているのではなく、むしろ逆で「世の中を変えようとするやつらを成敗する機関」です。旧体制側ですからね。

ですから最も新撰組に近い組織となったら、警察あるいは自衛隊となりますね。現実には右翼団体といったほうが近いですけれども。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 新撰組の評価と人気 歴史

    どうして日本人は新撰組が好きなのでしょうか? 幕末の日本の進んだ道は幕府を倒し、政権を天皇に戻し、開国・近代化でした。 その意味で新撰組は歴史に全く貢献していないし、むしろマイナスの存在であったと思います。 一番評価すべきは勝海舟や坂本龍馬みたいな人達であるべきなのに、新撰組がこれほど高い評価と人気を得ているのはなぜでしょう?...

  • 新撰組と新選組、正確にはどちらなの? 歴史

    私はずっと「新撰組」だと思っていましたし、 「しんせんぐみ」と入力するとそのように漢字変換されるようですが、 「新選組」と表記されている場合も多々ありますよね。 我が家の広辞苑には、「新撰組・新選組」と並んで書かれていました。 正確にはどちらなんでしょう? そもそも組が組織された当時はどちらで書かれていたんでしょうか? 「新撰組」もしくは「新選組」と命名したのは誰なんでしょう? 当時から二通りあったのかしら?だとしたらそれは何故? 検索しましたが、私の求めるものがヒットしませんでした。 どなたか命名の背景について教えて下さい。...

  • 新撰組についての本って 書籍・文庫

    今浅田次郎の「壬生義士伝」を読んでて新撰組とかその頃の日本の歴史にすごく興味を持ち始めました。 読んでて思ったのですが、新撰組の人物について書かれた本っていっぱいありますよね。本の中でその人の人間関係とか家族、恋人とかいろいろ出てきますがそういうのは実話なんですか?それとも実話をもとにして作ったお話なんでしょうか? ちなみに「壬生義士伝」の吉村貫一朗は実在した人でやっぱりこの本のような人生だったんでしょうか?まだ途中なのでネタバレなしでお願いします。 よろしくお願いします!!...

  • 坂本龍馬を殺したのは新撰組? 歴史

    坂本龍馬を殺したのは新撰組? 武士は武士道を習うので1対1で決闘をする。決闘前に申し込みを行う。複数人で襲撃しない。 坂本龍馬が襲われたのは酒の席だった。 新撰組は相手を殺すのに複数人で攻めること、酒を呑ませて相手を殺すという美徳より勝ちを優先した。 それは新撰組が武士が結成したものではなく農民が結成した愚連隊だったから。 坂本龍馬って新時代に反対する過去を美徳する武士じゃなくて、新時代を目指していた同胞の新撰組に殺されてますよね。 違いますか? 武士の殺し方じゃなくて新撰組の殺し方なのになぜ新撰組が英雄視されているのかが分からない。 坂本龍馬もそんな日本にとって密貿易していた密売人が英雄視されているのも納得出来ない。 岩崎彌太郎の土佐商会は坂本龍馬の海援隊から武器を買っていたが坂本龍馬が持ってきた武器を全部買う契約をしていたので次々に買ってくる坂本龍馬の性で土佐商会の負債は数百億円に積み上がり、貯めてきた武器を消化するのは坂本龍馬を暗殺して海援隊を潰すか日本で戦争を起こすしか土佐藩の破産は免れなかった。 結局、坂本龍馬を暗殺して更に日本の戦争も土佐藩が生き残るためにいままで買ってきた数百億円分の武器を消費するためのものだった。...

  • 日本のジャーナリストの初心とは? ニュース・時事問題

    令和新選組の開票後のやりとりで、支持者の1人が集まった報道陣に批判めいた質問をしていました。 「あなたたちは、真実を報道しようと思ってジャーナリストになったのじゃないか」と。つまり、令和新選組のことを一切報道せず、政府や局や社の幹部の意向にそのまま従っている姿勢に不満を述べたのです。こういう報道人は大手のメディアに顕著ですね。 私は思うのですが、彼らは「市民に真実を伝えたいから」報道の世界に入ったのではなく、「カッコいい仕事だから」憧れのメディアを目指したのではないかと思うのです。そう考えないと、日本以外の国のジャーナリストが権力に対峙しているのに比べ、日本の彼らの大半は政権や局幹部の意向に完全に従っている違いが理解出来ません。勿論独り立ちして活躍している独立自尊のジャーナリストは若干はいます。 で、質問ですが、「日本のジャーナリスト、特に大手メディアを目指す人の動機は、真実を伝えたいなどと言うことでは毛頭なく、カッコいい職業として憧れたから」ではないのでしょうか? それとも初心を忘れたのですか?            貴方はどう判断しますか? 補足:真実を伝えるためには、自分の職どころか、時には命までかける事態になることもあるでしょうが、彼らにととてもその覚悟があるようには見えないからです。...

ページ先頭へ