• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

新撰組の近藤勇の肩書

  • 質問No.9514856
  • 閲覧数65
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 90% (382/421)

新撰組 局長となってますがこの局長というのは幕府や藩の組織で用例が
あるのでしょうか?
他で見聞きしない、現在でいうとナウイ用語のように思えるのですが

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 32% (3405/10428)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
やっぱり 後世の創作の影響で作り出されたものでしょう。
「局中御法度」も 当時の名称は 「禁令」
政府の職制として 局という語句を用いたのは 明治政府から。
総裁局
神祇事務局
内国事務局
外国事務局
軍防事務局
会計事務局
刑法事務局
制度事務局
そして子母沢寛が昭和3年に著した『新選組始末記』に 局という語を用いたことにより広まった。
お礼コメント
japaneseman5963

お礼率 90% (382/421)

回答ありがとうございます。
昭和の初期から広まったということでしょうか。
投稿日時:2018/07/04 11:39

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (53/241)

過去の質問に素晴らしいものがありました。
https://sp.okwave.jp/qa/q906004.html
お礼コメント
japaneseman5963

お礼率 90% (382/421)

回答ありがとうございます。
どうも期待していた、彼の書状などで署名に使われた形跡はなさそうですね。
小説で使われ始めた、ということでしょうか。
投稿日時:2018/07/04 11:37
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ