高関税で中国から企業が引き上げれば共産党一党独裁体

高関税で中国から企業が引き上げれば共産党一党独裁体制は崩壊してトランプ大統領はその功績で歴史に名を残すのではと中国専門家...

koncha108 さんからの 回答

  • 2019/05/21 17:50
  • 回答No.3
koncha108

ベストアンサー率 49% (662/1350)

社会 カテゴリマスター
Abema TVの内容を正確に知らないのですが、共産党一党独裁体制を崩せばトランプは歴史に名を残すでしょう。でも高関税だからと言って中国共産党の体制が崩れるとは到底思えない。確かに中国に進出している外国企業は引き上げるか事業規模の縮小を余儀なくされるでしょうし、すでに生産拠点を東南アジアに移転させる動くは始まっています。ただ中国はトランプの貿易戦争前から労働者の人件費が上がっていて、生産の海外移転は始まっていたので今後の成長エンジンは内需とハイテク産業にシフトしつつありました。ハイテク産業は確かにトランプが問題にしていた外国企業の技術移転によるものもありましたが、そちらはすでに一段落して今は海亀族と呼ばれるアメリカの大学やハイテク企業で学び帰郷した優秀な人材。その人たちによるハイテク産業の立ち上げを全面支援しているのが中国共産党。資金面だけでなく、自由主義国家ではできないような優遇政策や規制緩和。なによりも人権人道よりも技術革新を優先させる政策で、遺伝子工学、画像認識、自動運転、ドローン、通信技術などではすでに世界のトップレベルでなお急速に進化しています。これこそが本当のアメリカの安全上の脅威ですが、アメリカが関税を高くしただけでは止められず、それであれば国の体制を崩壊させるか、脅威が無い同じ価値観を持つ国になって欲しいと願うのは当然でしょう。
もし世界中のすべての国々がアメリカに従って中国に経済圧力と貿易戦争を仕掛ければ確かに中国は崩壊するかもしれないのですが、逆に中国の成長と技術発展の恩恵に預かろうと言う国が集結すると世界を2分する冷戦の様な事態になりかねない。その時に想像する必要があるのは、過去の東西冷戦の時には西側が技術力でも経済力でも圧倒していたのですが、新冷戦では中国陣営の方が成長力とスピードがあって、技術的にも優れたものをたくさん持っているという事態。
ただ恐らくEU諸国はアメリカにつかないでしょうから、い今の貿易戦争は、中国にダメージを与えてもアメリカもかなり痛みを伴って終わると思います。
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 83% (4727/5681)

ご回答のほど、
ありがとうございます。
投稿日時:2019/05/21 19:41
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 中国の独裁制について 歴史

    現在の中国は共産党の一党独裁ですよね。その独裁制について質問ですが、 1.中国の独裁制のはじまりはいつですか?秦の始皇帝がその最初でしょうか。 また、そうだとすると、古代における独裁制は現代中国でも続く独裁制に何か影響を与えているのでしょうか。 2.どうしてその体制を脅かされることなく現代においても一党独裁を続けることができているのですか?...

  • 中国崩壊後の共産党幹部の亡命先 アンケート

    中国共産党による一党独裁体制が崩壊した場合、 共産党の幹部はどの国に亡命すると思いますか?...

  • 中国が民主化された場合の日本の立場について 経済

    中国が共産党一党独裁でなくなった場合の日本のメリット・デメリットを教えてください。 世界経済には素人なのでできれば優しく教えてくれれば助かります。 個人的には、領土問題などの紛争は下火(なくなるわけではない)になるが中国の経済的脅威が増すのではないかと思ってます。 その前に中国バブルが弾けるかもしれませんが。...

  • 中国に革命を起こすには?(中国のインターネット事情について) 政治

    現在、中国で反日運動が高まっていますが 共産党の一党独裁への不満の裏返しであるとも言われています。なのでこの不満をもう少し後押しして、共産党政府への革命運動に転じさせることは出来ないでしょうか? 1990年代に東欧で革命が生じた背景には、衛星放送の普及などの情報化の影響が大きかったと聞きます。情報化という面では現在のインターネットの普及は当時とは比べ物にならないでしょう。実際 反日デモの呼びかけに反日のホームページが大きく貢献しているという記事も読みました。それならば逆にインターネットを利用して、反日運動を共産党政府への抗議運動に転化させることはできないでしょうか? 個人的な意見では、共産党政府さえ潰すことができれば、中国とはいくらでも話し合いが可能であると考えています。個人個人でも実行できそうな うまい方法はないでしょうか?...

  • 中国を大国と呼ぶこと 国際問題

    僕は中国を大国と呼ぶことに違和感があります。 中国という国は共産党一党独裁による共産主義国であるわけですが、 実際にはそれは表向きで、万民平等など全く行われていません。 共産党関係者や一部大都会の一部の人だけがお金持ちになり、 その他の大勢の国民は貧しい暮らしを余儀なくされています。 もちろんアメリカや日本だってホームレスもいるし貧しい人もいるわけですけどね。 でもレベルが全く違いますよ。 僕の今働いている会社は以前中国人を使っていたことがあるんですけど、 それはひどいものですよ。 中国人でありながら漢字の読み書きができないんですよ。 フーチェンあたりの農民は識字率もそれはそれは低いらしいです。 書ける漢字が、 「中国」 とか、 「大人」 とかだけですよ。 意思の疎通を図ろうと思って漢字で筆談しようと思っても全く通じません。 そんな人たちが日本へ密入国してきて何ができますか。 犯罪しかありませんよね。 こんないびつな体制の国を大国と呼んで世界の中の発言力をどんどん高めるのはいかがなものですかね。 断じて中国は先進国として扱ってはいけないと思います。 ただ、中国はたぶん世界最強だと思うので、 本当に正義を貫くためにはやられてもしょうがないというくらいの気持ちが必要ですが、 いったいどのように扱うのが一番いいんですかね。...

ページ先頭へ