締切済み

ゴキブリはダンボールが好きだという根拠は?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9599497
  • 閲覧数82
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 3% (48/1285)

「段ボールに使われている接着剤がゴキブリを引き付ける」…らしいですが明確なソース(根拠)の論文などが見つからないのですが、どこにありますか?

よろしくお願いします。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 14% (1620/11033)

隠れ家として適当だったのでしょう。「好き」という意味は様々に解釈することが可能ですが、餌として特に好むというデータは無いと思います。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 41% (263/627)

冬越しするのにダンボールなどに集まりやすい(カメムシなんかもそうですね)ってのは経験則上あったりしますが、「段ボールに使われている接着剤がゴキブリを引き付ける」なんてのは聞いたことないですね。

学術論文なんかを検索してみると、ペストロジー学会誌にフジ環境サービスが「家住性ゴキブリの餌となる生物分解性梱包緩衝材」として論じた文献があったりしましたが、それをみると「生物分解性梱包緩衝材を摂取し、成長することが明らかとなった」とはありますね。

ただ、ダンボールの接着剤って100%植物由来かって言うとそうでは無いはずなので、ゴキブリが好き好んで食べるのかっていうのは疑問にはなりますね。どちらかというと住居性が高いから寄り付いてくるって言う感じではあると思います。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 53% (78/147)

以前テレビでやっていたゴキブリの実験の成果として。
ゴキブリは狭いところを好みます。横ではなく縦に狭いところです。自分の体が丁度する抜けられる程度のところを特に好みます。隠れやすく天敵が追ってこれない所を本能的に感知しているようです。ゴキブリホイホイは、その習性を利用して、狭いところに仕掛けた方がいいようです。キッチンの端っこにおいてもほとんど意味がないようです。家具と家具の隙間とか、冷蔵庫と壁の隙間とかが有効みたいです。
また、食べ物として、普段食べているものはもちろんですが、段ボールも食べますし、口紅を細かく切ったものも、食べ物がなくなると食べておりました。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 69% (891/1286)

他カテゴリのカテゴリマスター
結論から言うと「有り得ない話では無いが論理が飛躍し過ぎており、現実的な可能性としてはほぼゼロの与太話」と思ってもらって構いません。無論、その様な事を裏付た研究論文なども、自分が知る限りでは聞いた事もありません。恐らくそれは「段ボール等の紙製品の組み立て固定に使われる接着剤の原材料がコーンスターチ」である事から、トウモロコシが原料で甘いコーンスターチなら必ずやゴキブリも好きなはず!~という願望から生まれた都市伝説なのだと思われます。

- 段ボールに用いる糊の変遷 https://zendanren.or.jp/about/sticker.html

日本人はとにかくこの手の "ゴキブリネタ" が大好きで、特にweb上では毎日の様に新しいゴキネタが生まれては消え生まれては消えを繰り返しています。が、それらの多くは事実無根のガセネタか、或いは研究データの一部のみを抜き出して針小棒大に大袈裟に騒ぎ立ててるだけのデマの類である場合がほとんどです(寝ている間にゴキブリが顔を舐めているとか)。

そもそもゴキブリを飼っていた事がある人ならお分かりでしょうが、ゴキブリが最優先で好む食べ物は「水分が多いみずみずしい野菜類」であって、一般人がイメージしがちな「脂ぎった唐揚げ」や「腐った生ゴミ」は余り好きではありません。トマトやキュウリが大好物で、その次が焼き魚とかの塩味が含まれる肉類ですね。そしてそれらの好物が身近に存在し続ける限り、他の食べ物には一切見向きもしません。よくあるゴキブリが出るのでGホイホイを仕掛けたにも関わらずさっぱり捕れないみたいは話の原因はここにあります。

そうしてそれら「ゴキブリの好物」が全く無い状態の環境下であれば、ゴキブリは生きるためにそれこそ何でも食べて命を繋げようとします。その中には当然、段ボールみたいな紙製品も含まれるので、たまたま齧られた跡を見付けた人が「ゴキブリが段ボールを食べたのかな?」と一言でもつぶやけば、それをゴキブリ大好きな日本人はあっという間に全国区で広め新たな常識となって行くのでは無いかと思われます。本当に日本人はゴキブリの話が大好きですから。


# 切手の糊
切手の裏面には糊が塗ってあって、使う時にそれをペロっと舐めてから貼り付けますが。この糊が前述の様な「食物由来原料のデンプン糊」であると、当然ながらそれを目当てに様々な小動物や昆虫等が引き寄せられて食べに来ます。昭和の中頃くらいまでは切手に限らず、多くの分野でデンプン糊が使われていましたので、実際に長期間放置されたままの切手の裏面の糊がキレイにナメクジやカタツムリに舐め取られてしまって使えなくなった事件がたまに起きました。

ゴキブリもこの事件の犯人に成り得ますが…前述の様に好んで糊を食べる事は無いので、濡衣である場合が多く、切手食害の真犯人は専らナメクジかカタツムリである事がほとんどです。尚、現在の切手の裏面に塗られている糊は「PVA糊(ポリビニルアルコール糊)」という化学合成糊に取って代わられ昔の様なデンプン糊では無いので、これをゴキブリやナメクジ等が舐めに来る事はありません。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (683/2555)

論文は聞いたことないです、、
経験則じゃないでしょうか・・・

空地の段ボールを足でめくると、一面が真っ黒でした・・・
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ