回答 受付中

男性の正装はなぜ黒色か

  • 困ってます
  • 質問No.9576719
  • 閲覧数40
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数4

お礼率 0% (0/315)

男性の正装といえば黒色タキシードですが、なぜ黒なのか教えて下さい。女性の正装は様々な色のドレスがあるのに、なぜ男性は黒なのか。

回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 47% (13322/28070)

他カテゴリのカテゴリマスター
 西洋では、極彩色だった貴族社会の盛装(下記)などが、フランス革命で影を落とし、黒い僧服の養成所だった学生が社会にてて黒っぽくなったのでしょう。
 https://www.youtube.com/watch?v=r7kWQj9FCGY

 日本でも、白が正装で、下記の葬式の写真の喪主一家のように正装は白でした、霊柩車があるので、大正から昭和にかけての写真でしょう。
感謝経済
  • 回答No.3

ベストアンサー率 32% (2044/6208)

他カテゴリのカテゴリマスター
戦国の時代は 緋縅(ひおどし)という赤色も好まれていました。
平和になって 女性をエスコートするときに 女性の引き立て役になるために黒になった。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 59% (8532/14378)

美容・ファッション カテゴリマスター
こんにちは

国によって多少違うようです。
女性のドレスが生えるようになど・・・。

http://kekkonfuku.com/knowledge/2011/05/16/013151.html
  • 回答No.1

ベストアンサー率 40% (801/2001)

他カテゴリのカテゴリマスター
>男性の正装といえば黒色タキシードですが、なぜ黒なのか教えて下さい。

諸説御座います。^^;
が、私が訊いた内容です。
明治維新までは、「黒で無く白色」でした。
今でも地方へ行くと、葬儀・結婚式での正装は白色です。
明治維新で洋風文化が流入すると、天皇・皇族・貴族階級は「黒色の洋服」で正装する様になりました。
この変化が、徐々に庶民に浸透したのでしようね。
特に、(旧民法上の)家長となると黒色は必須でした。
余談ですが、色のついでに・・・。
香典袋は、一般的に「白黒」ですよね。
が、京都及び京都文化が浸透している地域では「白黄」なのです。
知ったかぶりの方は「包んでいる金額が安いと、白黄」と、嘘の回答をしますがね。
これも、天皇家など貴族の風習が関与しています。
昔は、「赤色は高価で、直ぐに黒ずむ」のです。
となると、(時間が経った紅白は)香典袋の白黒と似た色になりますよね。
「天皇さん。皇族・貴族の方に、申し訳ない」
結果として、香典袋は「白黄」となったのです。
「白黄」を使う地域では、100均でも「白黄色の香典袋」を販売しています。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ