• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

死と時間について

  • 質問No.9560608
  • 閲覧数95
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 57% (31/54)

生と死の問題を考えるときに、死は、生あるものにとって時間の消滅を意味しますか。刹那の果ては死ということでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 26% (1488/5581)

 臨死体験者にはわかることですが、死とは時間の消滅がどうのこうのと言う問題ではありません。臨死体験について具体的に書いてみますが、現実に対する認識が大きく変わる体験と言った方が良い問題です。

 臨死体験は現実と間違えるほどリアルな夢体験で始まるもので、まず、お花畑や星が見える暗い青空のような絶景の世界が見え、気温が低くて肌寒く感じます。酷い鬱状態で涙が止まらないなどの状態が続きます。次に光の柱が見えるようになり、その中に白黒の怪物(竜)が見え始めます。

 怪物は4つの眼を持ち、ツララのような半透明な牙が数多く生えていて、指が10本あり、良く動く尾を持っています。身体は固い感触を受けるそうです。この怪物(竜)とは会話が可能で、自分の未来の話を聞かされたりします。

 怪物(竜)が消えると暗黒の世界となり、そこで眼が覚めると、現実の世界に戻るわけですが、夢の世界が強く焼き付いて記憶に残るので、人生観が変わり、社会運動や宗教活動を始める人もいます。

 死の淵に立つと、現実を変えようと考える勇気が沸き上がるわけで、これがわからない人が刹那的な死しか考えようとしないのです。革命家、社会運動家、宗教家など、世の中を変えようとする人達には、若い頃に臨死体験を経験した人が多いのだそうで、死を運命論で考える人は、本当の死がわかっていないとも言えます。
補足コメント
taka246890

お礼率 57% (31/54)

私は、レイモンド・ムーディの臨死体験を読んだことがありますが、唯物論的な世界観では理解ができませんでしたが、4年前に父が亡くなり、夢に父が現れたのです。本当にリアルでした。只、死んだときより若返っていました。この夢を見てから、あの世という存在を意識するようになりました。
投稿日時:2018/11/22 20:51
お礼コメント
taka246890

お礼率 57% (31/54)

御回答、ありがとうございます。
投稿日時:2018/11/22 20:52
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ