• ベストアンサー
  • 困ってます

英文を訳して下さい。

  • 質問No.9548048
  • 閲覧数79
  • ありがとう数1
  • 回答数1

お礼率 88% (2864/3222)

The armistice was signed in a carriage of Foch's private train, CIWL #2419 (Compiègne Wagon). It was later put back into regular service with the Compagnie des Wagons-Lits, but after a short period it was withdrawn to be attached to the French presidential train.
From April 1921 to April 1927, it was on exhibition in the Cour des Invalides in Paris.
In November 1927, it was ceremonially returned to the forest in the exact spot where the Armistice was signed. Marshal Foch, General Weygand and many others watched it being placed in a specially constructed building: the Clairière de l’Armistice.
There it remained, a monument to the defeat of the Kaiser's Germany, until 22 June 1940, when swastika-bedecked German staff cars bearing Adolf Hitler, Hermann Göring, Wilhelm Keitel, Joachim von Ribbentrop and others swept into the Clairière and, in that same carriage, demanded and received the surrender armistice from France.
During the Occupation of France, the Clairière de l’Armistice was destroyed and the carriage taken to Berlin, where it was exhibited in the Lustgarten.
After the Allied advance into Germany in early 1945, the carriage was removed by the Germans for safe keeping to the town of Ohrdruf, but as an American armoured column entered the town, the detachment of the SS guarding it set it ablaze, and it was destroyed. Some pieces were however preserved by private persons; they are also exhibited at Compiègne.
After the war, the Compiègne site was restored, but not until Armistice Day 1950 was a replacement carriage, correct in every detail, re-dedicated: an identical Compagnie des Wagon-Lits carriage, no. 2439, built in 1913 in the same batch as the original and present in 1918, was renumbered no. 2419D.
Two relics of the original signing are exposed at the Musée de l'Armée in Paris: The pen used to sign the Armistice, saved by a French officer before the German advance forced his unit to leave the Clairière zone, and an ashtray which a person present at the signing in 1918 had pocketed as a souvenir.

For the Allies, the personnel involved were all military. The two signatories were:
•Marshal of France Ferdinand Foch, the Allied supreme commander
•First Sea Lord Admiral Rosslyn Wemyss, the British representative
Other members of the delegation included:
•General Maxime Weygand, Foch's chief of staff (later French commander-in-chief in 1940)
•Rear-Admiral George Hope, Deputy First Sea Lord
•Captain Jack Marriott, British naval officer, Naval Assistant to the First Sea Lord
For Germany, the four signatories were:
•Matthias Erzberger, a civilian politician.
•Count Alfred von Oberndorff (de), from the Foreign Ministry
•Major General Detlof von Winterfeldt, army
•Captain Ernst Vanselow, navy

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 81% (7121/8763)

英語 カテゴリマスター
字数制限オーバーのため、原文は範囲のみを示します。

>The armistice was ~ French presidential train.
 From April 1921 ~ Clairière de l’Armistice.
⇒休戦条約は、フォッシュのCIWL#2419(専用客車)で調印が行われた。後にそれは個室付寝台車として定期運行されたが、短期間で撤収され、フランス大統領付列車になった。
 それは、1921年4月から1927年4月までパリのアンヴァリッド宮廷で展示されていた。1927年11月には、記念のために休戦条約が調印された場所の森に戻された。フォッシュ元帥、ウェイガン将軍、および他の多くの人々が特別に建てられた建物、クレリエール・ド・ラルミスティス(「休戦条約の林間地」)にそれが設置されるのを見守った。
※このあたり誤訳があるかも知れませんが、その節はどうぞ悪しからず。

>There it remained~ armistice from France.
 During the Occupation ~ in the Lustgarten.
⇒カイザー・ドイツ軍の敗戦記念碑は1940年6月22日までそこに残っていた。カギ十字の紋章をつけたドイツ軍将校専用車が、アドルフ・ヒットラー、ヘルマン・ゲーリング、ヴィルヘルム・カイトル、ヨアキム・フォン・リベントロップらを乗せてクレリエール(林間の空き地)に駆けつけ、その同じ客車内で降伏休戦状をフランスに要求して受け取った。
 フランスの占領中にクレリエール・ド・ラルミスティスは破壊され、客車はベルリンに運ばれて公園に展示された。

>After the Allied ~ exhibited at Compiègne.
 After the war ~ was renumbered no. 2419D.
⇒1945年初めに連合国軍がドイツに進軍した後、ドイツ軍は客車を安全保存のためにオードルフの町に運んだが、米国軍の武装縦隊が町に入ってきたので、それを守っていたSS(ヒットラー親衛隊)の分遣隊がそれに火をつけ、破壊した。しかし、一部の作品は個人によって保存されていた。それらは(今日)コンピエニュでも展示されている。
 戦争後、コンピエニュの場所は修復されたが、細部まで正確に再現された客車の再設置は、1950年の休戦日まで待たねばならなかった。同じ個室付寝台車の客車2439番号が、1913年に同じ全容で建設され、1918年に2419D番号をつけ直して展示された。

>Two relics of ~ as a souvenir.
⇒当初の署名に使った遺品のうち、2つがパリの「軍隊博物館」で公開されている。ドイツ軍の進軍部隊がクレリエール(林間地)地帯を出る前に、フランスの一将校によって保存された休戦条約に署名するのに使用されたペンと、1918年の署名に立ち会った人が記念品としてポケットに入れていた灰皿である。

>For the Allies ~ Ernst Vanselow, navy
⇒連合国の場合、関った要員は全て軍隊関係の人員だった。2人の署名者は次の人々であった。
•連合国軍の最高指揮官、フェルディナン・フォッシュ)
•英国軍代表、ロスリン・ウェミス第1海軍総督
代表団の他の成員には次の者がいた。
•マクシム・ウェイガン将軍、フォッシュ配下の参謀長(後の1940年にフランス軍総司令官)
•第1海軍副提督、海軍少将ジョージ・ホープ
•英国海軍士官、第1海軍提督補佐ジャック・マリオット大尉
ドイツの場合、4名の署名者は以下のとおりであった。
•マティアス・エルツベルガー、民間の政治家。
•アルフレッド・フォン・オベルンドルフ伯、外務省から出向
•陸軍、デトロフ・フォン・ヴィンテルフェルト少将
•海軍、エルネスト・ファンゼロウ大尉
お礼コメント
iwano_aoi

お礼率 88% (2864/3222)

回答ありがとうございました。
投稿日時:2018/10/23 23:41
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ