-PR-
解決済み

償却資産について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.95463
  • 閲覧数178
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (4/8)

償却資産に課税される固定資産税の課税標準額というのはどのように決められているのですか?減価償却費とは関係有るのでしょうか?
全くの素人なので簡単に教えていただけるとうれしいです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

償却資産に課税されるのは、償却資産税といいます。

課税対象は構築物・機械及び装置・船舶・航空機・車両運搬具・什器備品など事業用のもので、固定資産に計上されている減価償却資産です。
なお、自動車のように自動車税、軽自動車税の対象となるものは、償却資産から除かれます。

課税標準額は、固定資産評価基準に基づいて、取得価格を基にして,取得後の経過年数に対応した価値の減少を考慮して評価します。

詳細は、参考URLをご覧ください。
お礼コメント
fu-min258

お礼率 50% (4/8)

ご回答ありがとうございます。
課税標準額が経年で減少していき、毎年償却資産税が減っていくのはわかったのですが、
固定資産評価基準に基づく価値の減少は、減価償却費の定額法や定率法と同じなのでしょうか?それとも、まったく別の計算方法なのですか?
度々の質問ですみません
投稿日時 - 2001-06-26 12:39:32
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

償却資産の減価償却の方法は、原則として定率法です。

失礼しました、前回の回答で参考URLを入れ忘れました。
今度は間違いなく入れましたので、ご覧ください。


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ