• 締切済み
  • 暇なときにでも

火山の溶岩は、なぜ熱く煮えたぎっているのか?

最近のニュースで、ハワイのキラウエア火山が爆発的噴火を始めたのを知りました。日本でもこのところ、各地の火山が活発化しており、とても不安です。 ところで火山の溶岩は、なぜ熱く煮えたぎっているのでしょうか? つまりその熱源(地下深くの堅い岩盤を溶かすだけの莫大な熱量)は、一体何でしょうか? 地球が誕生して約46億年という途方も無い時間が経っても、なお衰えない(冷めない)エネルギーの源は、どこに潜んでいるのでしょう。 不思議でなりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数248
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.5
  • kknow
  • ベストアンサー率18% (16/88)

マントルとマグマが別物というのは嘘ですよ。 マグマはマントルの熱で溶けて上昇してきた物ですから。 マントルがあってこそのマグマです。 地殻変動の摩擦熱というのも適切な表現ではありません。 エネルギー保存の法則がありますから、摩擦熱が発生するためにはそのためのエネルギーが必要です。 仮に地殻変動が理由なら、エネルギーをどんどん消費していっていずれ地殻変動は起きなくなってしまいます。 衝突熱の場合でも、放射性元素の場合でも同じです。 46億年ほとんど変わらず熱を発生し続けていることに矛盾が生じます。 半永久的に続くのは、引力のエネルギーが根底にあってこそなのです。 なお、月は質量が小さいため、引力の影響を受けてもほとんど変性しないことから熱もほとんど発生しません。 その辺の石ころの内部が熱くならないのと同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 火山噴火と地震が無い因果関係

    最近、とあるニュースで火山が噴火したとのニュースを見ました。 どこだったのか、度忘れしてしまったのですが、火山が噴火した事で、地下に溜まっているエネルギーがある程度抜けてしまった関係で、最近、地震がめっきり無くなった気がするのですが、それって、もしかして、火山噴火と何か因果関係があるのでは。 と、個人的に解釈しています。 それって、本当に。 と、思えるような、学実的な見地から何方かご説明できる方いません。 教えてください。 もしかすると、将来的に、地下に溜まっている地震エネルギーを人工的に抜く事で、ある程度の大地震発生を抑える事が出来るんではないだろうかと、まるで素人の想像をしています。 恥を承知で、是非とも、力説をよろしくお願いいたします。 ちなみに、冷やかしや知ったかぶりの回答には、お礼しませんのでよろしくお願いします。

  • ハワイ 離島ツアー

    8月下旬にハワイに行きます。離島ツアーに参加してハワイ島に行こうと思っています。ハワイ島離島ツアーの詳しい内容を知っている方がいましたら教えていただけませんか?一番見たいのがキラウエア火山なのですが、離島ツアーでもキラウエア火山の様子が良く見えるのでしょうか??溶岩の流れているところは見られないのでしょうか?

  • 太平洋の島々は、ほとんど元火山なのですか?

    ハワイやマリアナ諸島、トンガやサモアなんかは元(現)火山ですが その他、太平洋に散らばる多くの島々も元は火山だったのでしょうか 元はタヒチ島みたいな火山だったのが、沈んでサンゴ礁だけ残ったのでしょか 元火山なら、プレートの境目に多いのに太平洋のど真ん中にあれほどの火山があったのでしょうか 太平洋プレートがデカイので、あちこちで噴火してエネルギーを開放していたのでしょうか 海の島といえば海溝沿いの諸島か、ハワイみたいなホットスポットか、海嶺から出てきたアゾレス島ぐらいしかイメージが無いので、教えてください

  • 回答No.4

放射性元素の崩壊熱

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どれが真実なんでしょう。 これは、前に一度聞いたことが有ります。 例えて言えば、「原子炉もどき」でしょうかね。 それにしても約46億年ですから、よく続きますね。

  • 回答No.3

 まず、地球内部の「マントル」と地表に噴き出す「マグマ」は別物だと知らなければなりません。  噴火すると出て来るのはマグマです。マグマが熱いのは、おおむね地殻変動(プレートが沈み込んだりしていること)による、摩擦熱が原因です。  なので、日本のように4つのプレートが沈み込んでいる場所では火山が多く、沈み込んでいるプレートの境界(特に摩擦が大きい)線にそって、火山は集中しています。  マグマは熱が溜まると周囲の岩石を融かして膨張(増加)して地上に吹き出しますが、地球誕生以来の年数で言えば、「すぐ冷えます」。冷えて体積を失い、陥没して「カルデラ」になります。  マグマは、地球誕生以来、ずっとそこにあるわけではないのです。  ちなみに冷える際、金などが割れ目に蓄積されるので、日本は世界有数の金産出国となっています。 > 地球が誕生して約46億年という途方も無い時間が経っても、 > なお衰えない(冷めない)  のは、マグマではなく、マントルの話です。  マントルが冷えないのは、地球が巨大だからです。小惑星などの衝突で受け取った熱を保持できているのです。  地球と同じころ、地球と同じ物質から形成されたと言われる月(地球以上に、全球的に熱かった)は、小さいので、地球の引力と太陽の引力のダブルでひっぱられていますが、すでにマントルは冷えて固まっています。完全に個体だから、月は地球に同じ面を見せて公転し、揺らめくことさえしません。  地球よりは小さく、月よりは大きい火星は不明です。深部にはまだマントルと同じものがあるかもしれません。でも、地表近くにはありません。  地球がいまだに熱いマントルを持つのは、大きさが十分に大きく、断熱剤の役割をする地殻が厚かったかったからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「小惑星などの衝突で受け取った熱を保持」ですか? 断熱材(地殻)が厚い。 あとどれ位、持つのでしょうか?

  • 回答No.2
  • kknow
  • ベストアンサー率18% (16/88)

元をたどれば、引力です。 惑星は常に太陽などの他の天体の引力に引き寄せられており、それにより形状が変化しています。 形状が変化することにより摩擦熱などが大量に生じ、内部が超高温になるわけです。 つまり、引力のエネルギーが熱に変換されていると言えます。 なので、引力がある限り、永遠に尽きることはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですか? 引力?すごい 永遠なら、安心できますね。

  • 回答No.1
noname#232424

Wikipediaで「地熱」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%86%B1 を調べると書いてあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ハワイオワフ島が地震

    お教え下さい。 世界で最も地震の危険な地域がハワイのオワフ島とききました。 本当なのでしょうか?確かにハワイ島にはキラウエア火山がありますし、度々噴火します。ハワイ諸島が火山噴火によりできたのも知っています。 オワフ島が地震の備えがないために最も危険と言う意味なのか、規模的に大きくて危険なのか解りませんが、ご存知の方いらっしゃいましたらご教授下さい。

  • ハワイへ新婚旅行 両親と家族向きの観光場所

    こんにちは。この度、ハワイで結婚式を挙げることになり、 両親を含めて家族でハワイに行きます。 10月29日に挙式し、 30日からハワイ島へ行き、 マウナケアかキラウエア火山に行く予定でした。 しかし、マウナケアは満月のため夜空の鑑賞には適さない。 キラウエア火山は、現在溶岩が活発でない。 と、どちらも不安要素があり困っています。 別の場所にしたらいいか、それともどちらかのままが良いのか。 他の島でも構いませんし、なにかアドバイス頂ければと思います。 夫婦だけなら失敗してもいいと思いますが、家族で行っているので なるべくいい思い出にしたいと考えています。

  • マグマの体積

    この問題の答え 解説を教えてください。 火山の地下に、東西2km、南北1,5kmの範囲に、地下3,5kmから4kmの深さにわたってマグマだまりが存在していたとする。 噴出した溶岩は1991年3月から 1995年2月までの平均で1日当たり10tトラック30000台分であった。地下から上昇したマグマが空のマグマだまりを満たしたのちに噴火が起こったとして、この期間にマグマだまりへ供給されたマグマの体積はおよそ何km3か。ただしマグマだまりは直方体とみなし、溶岩の密度とマグマの密度は3t/m3とする。1t=1000kg わかりにくく、すみませんがよろしくお願いします。

  • ハワイ島日帰りツアーについて

    3月中旬にハワイで挙式を挙げる者です。 挙式翌日には新郎新婦の家族、計9人で観光を予定しております。 新郎新婦、またそれぞれの姉妹兄弟は20代、 両親は50代ですが、特にマリンスポーツなどが大好き!!体力に自信アリ!! っという者もおらず、至って普通な家族なので、シュノーケルなどはやめ、 移動時間は長いですが、その時間もお話する時間に当てることにし、 ハワイ島のキラウエア火山観光のツアーにしようと思っています。 たとえ溶岩が見えなくても、暗くなってくる時間には赤くなっているような風景が見え、地球の神秘を感じると書いてあるコメントを多々読みましたので、火山の山頂に行く時間帯は少し薄暗くなった時間帯~夜のものにしたいと考えています。 どこかオススメのツアー会社及びどのような事をポイントにしてツアーを選べばいいのか教えてください。 ※体力に自信がない母親もいるため、その辺も考慮した上でご回答いただければ、幸いです。

  • ハワイ旅行について

    ハワイ旅行について お忙しいところ、恐れ入りますが、アドバイスをお願い致します。 当方、28歳の女性です。主人と、夫婦水入らず最後(恥ずかしながら子作り旅行のつもりです)の海外旅行を計画しております。 現在、色々と探してはいるのですが、ハワイ旅行はプランが多すぎて見当がつかなくなってしまい、こちらでアドバイス頂きたく書き込みを致しました。 是非、プロの皆様のご意見を頂きたく存じます。 時期:9月17日(金)~9月23日(木)の7日間(仕事の都合でこの時期で決まりにしたいです) 絶対いきたいところ:1)キラウエア火山でマグマが流れているところをまじかで見たい。溶岩ウォークというのでしょうか?それともキラウエア散策といわれるところでしょうか・・・その辺も言葉尻で違ったりするのか疑問があるところです。 2)夜の星空観賞 泊まりたいホテル:こちらのサイトなどを参考に検討した結果です。 ちょっと高いですが、せっかくなので、フォーシーズンズ、マウナラニベイホテル&バンガローズ、マウナケアビーチホテルのどこかに泊まりたいです。 懸案事項:オアフ島に行くかどうか迷っています。せっかくハワイに行ったのだからオアフ島でリゾート気分を味わうのも良いと思うのですが、日本人ばかりだと興ざめしてしまうし、ごみごみしているイメージがあり、別にハワイ島だけでも良いかなぁと思っています。それに何より移動時間がもったいない気がしております。 でも、ハワイ島はハワイ島で、多少なりショッピングをしたいのでどうなのかなぁという思いもありますし、ビーチで泳ぐ風景が調べていてあまりないのが不安です。 希望:向こうでレンタカーを借りてドライブをしたいと思っています。(国際免許は必要ですか??) 以上のようなことを考えているのですが、ホテルがホテルだけに、なかなかキラウエアとセットになったツアーも見つけられないのです。でも、オプションでつけると高くなる気がするし、かといって全部自分たちで航空券から手配するのも辛いという気がします。 また、レンタカーも大手だと簡単に借りれるような形にもなっているようですし。。。 何か、良い策、良いプランなどご紹介、アドバイス頂けませんでしょうか・・。 宜しくお願い致します。

  • 放射性元素の崩壊熱とは?

    核分裂で発生する熱は、アインシュタインの式から判る質量欠損による膨大なエネルギーであることは理解できます。 一方使用済み核燃料などで、原子核が放射線を出して崩壊し、安定な核種に変化する過程で出るエネルギー、すなわち崩壊熱なるものの源はなんでしょうか。核分裂による質量欠損ではないと思いますが。 また、地球内部でマントルを溶かしている熱はこの崩壊熱であると言われていますが、マントルの中に大量の放射性元素が含まれていると聞いたことはありません。火山から流れ出る溶岩が大量の 放射性元素を含んでいるということは聞いたことがありません。それなのになぜ地球内部の加熱 方式が崩壊熱と言えるのでしょうか。 もし崩壊熱の説が正しいとして、地球内部にこのような放射性元素が集中してたまっていないと、永続的にマントルを溶かしていることは不可能でしょう。一部は地球表面にウラン鉱石などで露出して いるとしても、そのような大量な放射性元素が地球内部に集積している理由はなんでしょうか。

  • 地熱発電は石油のように枯渇しないのでしょうか

    地熱発電資源は日本では豊富にあるといわれています。少し疑問があって質問しました。純粋な技術的興味です。政治色は一切ありません。 日本は地震国ですが温泉に恵まれ、国民を癒してくれます。私も温泉ファンです。 地熱発電所は岩手県の松川温泉で見たことがあります。観光名所としても面白いと 思いました。やはり少し(22000kW位)だからです。しかし日本を養う位大量に行うといろいろ心配事があります。そこで質問です。 (1)地下のマグマなどを刺激して地震や火山噴火を誘発することはないのでしょうか。 (2)地下から有害物質が廃棄物として排出することはないのでしょうか。 (3)低熱源は松川温泉の川ですか、それとも大気の温度でしょうか。 (4)肝心の温泉に影響を与えることはないのでしょうか。 (5)日本の美しい地下水系に影響を与えることはないのでしょうか。 (6)熱水と常温で発電するのですから、熱を大気に大量に放出して温暖化促進しませんか。 (7)kWhあたりのコストは風力や太陽光より安いのですか。 答えられるだけでも結構です。私は枯渇の問題と温泉や地震への影響が気になっています。また石炭の坑道になってしまうような気がします。国土を痛めるような気がします。 どうかよろしくお願いいたします。

  • ハワイデラウェア火山の溶岩を送り返したいです。

    何年も前ですが旅行に行った時に、デラウエア火山の溶岩を持って帰ってきてしまいました。 そのときはあまり深く考えていなかったのですが、他の国の大事にしている溶岩を勝手に持ち出したので、やはり返さなくてはいけないという思いがだんだん強くなってきました。 次に行った時に返そうと思ったのですが、なかなか行けません。 そこで送ろうと思っていますがどこに送ったら良いですか? 当方は英語が苦手です。 HPだけでは住所が読み取れません。 (1)送り先の名前 (公園管理事務所でしょうか?) (2)送り先の住所 (この住所をそのまま封筒に書きます。) (3)送り先のHP すいません。分からないですが教えて下さい。 (4)溶岩に付ける手紙の文面 溶岩を持ち帰りすいません。 送りますので元に戻して下さい。 宜しくお願いします。 このほかに女神ペレに対して謝罪の言葉を入れた文面を作って頂けないでしょうか? この(1)~(4)の回答をお願い致します。 自分の勝手な行為で皆さんにお手数をかけてしまいすいません。 もしよろしかったらご協力お願いします。 回答は(1)~(3)だけでも結構です。 また(4)だけでも結構です。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 溶岩が海へを見た~い(キラウェア火山)

    9月にハワイに行きます。滞在はオアフ島ですが、一日ハワイ島へ行こうと思っています。 3年前にも行きましたが、その時は観測所の方へ行き、火口から煙がモクモク出ているのを見ました。今回もいろいろと調べていたら、キラウェア火山の溶岩が海に流れてるところがあるというのを発見。そこをぜひ見たい!!と思っているのですが、これがコースに含まれているオプショナルツアーってあるんでしょうか? 航空券を自分達で手配して、ハワイ島ではレンタカーでもよいと思っていますが、溶岩の場所までは、自分達だけでもいけるのでしょうか?(溶岩の流れが絶えず変化しているので危険と書いてありました) オプションと航空券+レンタカー、値段・時間・効率等総合的に見たらどちらがお得なんでしょう? ハワイに詳しい方の情報をお待ちしております。 ps レンタカーを利用した方がお得なようなら、マルチアイランド方式で利用する予定です。ハワイには1週間滞在するので1weekで契約します。

  • ハワイ島のキラウエア火山の溶岩見物について

    今年の9月下旬のハワイ旅行で、ハワイ島で溶岩見物をしたいと考えています。ジャックスハワイなどのツアーでカラパナ地区やプナルウ黒砂海岸などの陸地からの見学をするつもりです。時期によっては溶岩が見れないこともあり、ハイキングだけのために多くの時間を費やしてしまうのは少し惜しいと考えているため、 ・溶岩が見れそうならハイキングツアーに参加する ・溶岩が見れなさそうならハイキングツアーに参加しない とする予定です。 9月下旬に溶岩が見れる確率を知りたいと思ってツアー会社などに問い合わせたところ、自然現象に関することは断言できず、過去のデータについても(理由はわかりませんが)提供してもらうことができませんでした。 そこでお伺いしたいのですが、現時点でわかる9月下旬の火山活動の可能性、および、1年間を通じて火山活動を見学できる日数(過去数年のだいたいの実績で構いません)について教えていただけないでしょうか?もちろん、自然現象に対して過去データからの予測をすることは難しいと理解していますが、おおまかにどのていど可能性があるのかというのを知りたいと思っています。 どうぞよろしくお願い申し上げます。