解決済み

物理学、アウト

  • 困ってます
  • 質問No.9492554
  • 閲覧数89
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 60% (948/1572)

大学生が地方に伝わる埋蔵物を掘り出して、悪霊まで復活させ次々と
怪死を遂げた。というお話は「ほんとにあった呪いのビデオ」で
見ましたが、伝承や因習をバカにしたらとんでもないことなる。という
ことを表しています。
Webサイトで「姦姦陀羅」を読みました。
ほとんど伝承も一部の人たちにしか伝わらないことなので、俗世の我々
には理解が出来ないこともあります。私も知らないことだらけです。

日本には大蛇伝説があって、それによって民が苦しめられていた時代が
あった。とされています。飛鳥時代かそれ以前のことでしょう。
私が以前、住んでいた子母口にも伝承されている場所があります。
いわゆる、子母口貝塚です。ここは禁忌とされている洞穴がありますが、
近づくことさえ危険な場所です。地元では危険とされ近づく人もいません。

姦姦陀羅では、大蛇を鎮めるため地元民に懇願され赴いた巫女が、大蛇に
半身を食われても祝詞を唱え続けていた。のにも関わらず地元民の裏切り
によって両腕を切り落とされた巫女が呑み込まれた事案に端を発している
結界の物語です。
これは、凄まじい事ですが現在に至っても伝承されて、禁忌を犯した者は
恐ろしい祟りによって命を食われてしまう。というものでした。

日本では、このような禁忌の場所が数多くあります。
物理学など、ちょっとかじった程度では理解不能なお話がたくさんあります。
やはり、物理学は立ち入れない範囲がまだまだありますね。
どう思いますか。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 27% (3489/12691)

他カテゴリのカテゴリマスター
「ほんとにあった呪いのビデオ」はこれが真実!
『呪いのビデオ』のスタッフへ108つの質問!その答えがマジで怖い…
http://urban-legend.tsuvasa.com/noroivideo-q108
ほんとうにあった呪いのビデオ制作委員会に一時関わってたけど
http://fesoku.net/archives/6891847.html

もし本当に取材中に死んだりしてたらニュースで出たり警察の事情聴取や家宅捜索なりがあるでしょ・・・
お礼コメント
meido2010

お礼率 60% (948/1572)

回答ありがとうございます。
本当に死亡者が出たら、そうなるでしょうね。
NotFound、禁断動画では行方不明になったスタッフがいたそうですが。
ほんとにあった呪いのビデオでも「六十六」で水死寸前で止めた映像
がありました。
こういう、伝承、因習の取材ではかなり危険な目に遭うことも覚悟
しているのでしょうが、感心しませんね。
特に、六十六つまり、六部殺し。江戸時代に盛んになった全国六十六
ヶ所の霊場を法華経六十六部の写経をもって巡る修験者、托鉢僧
を殺し、金品を奪うことを指しています。
この、危険な伝承を探るには、スタッフさん全て素人です。それが
一番怖いですね。
投稿日時 - 2018-04-27 12:33:26
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 21% (175/807)

ごめんなさいね。
物理学上、そんなの無理。
実現できるなら、一般化していると思いますよ。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 21% (116/547)

祟り神の伝承は概ね災害を由来とします。大蛇は水害を現してるらしいですよ。
蛇は水神の使いとされてたり、水害の多い川や地域には蛇や竜の名がついてます。
たしかに物理学は関係ない。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (564/1737)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
「ほんとにあった呪いのビデオ」というタイトルのフィクションです。
ドキュメンタリー方式で制作された 台本もあるフィクションなのです。
昔テレビ番組でもあった「川口探検隊」人跡未踏の地に芸能人が探検に出かけるという設定。
その芸能人を先頭に進んでくる探検隊の映像って つまりカメラがすでに先に入ってる それなのに 「ああっ なんだこれは」と初めて見たかのように驚く演技。
催眠術も みんなで演技していたと 他の番組でネタばらししていた。
マジックもそう テレビ局の協力があってできるようなネタ 協力がないとできないネタと言い換えてもいい。
世の中にはそんなものがあふれている。
お礼コメント
meido2010

お礼率 60% (948/1572)

回答ありがとうございます。
「ほんとにあった呪いのビデオ」や「封印映像」などは映像として
の価値があるかどうか、製作者側の判断に委ねられているのでしょう。
実際、八尺様や猫塚、道祖神や祠などの妖怪、神仏は人の目には
触れないものです。それらを題材にする場合は映像として成立して
いるのかが、心霊DVDの製作者側の判断材料でしょう。
映像が不鮮明だったり、映っていなかったりは題材としてはダメ
でしょうから。
そこに、製作者側の意向が働くと、映像に手を加えたりはありかも
しれませんね。
しかし、姦姦陀羅や子母口貝塚の洞窟などは、とても映像としての
題材にはなり得ません。結界に入れば死よりも深い闇、無の世界
に入ってしまい輪廻は途絶えます。

どうも、映像文化が発達してしまって、実際の霊現象や妖怪など
の禁忌に関わる事例までも、人為的なものと勘違いされている人が
いるようですが、とんでもないことです。
古い伝承や因習とはそういうものではありません。
投稿日時 - 2018-04-27 08:40:43
  • 回答No.1

物理は関係ないでしょう。
あるとすれば、史学か郷土関係。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ