締切済み

ノーズR補正を使わないC面取りの計算について

  • 困ってます
  • 質問No.9475634
  • 閲覧数1032
  • ありがとう数1
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

NC旋盤にてノーズR補正を使わないC面取りの計算について質問です。
初歩的な質問ですみません。

機械によっては、ノーズR補正がきかない機械もあり、その場合、手計算で座標を入力してます。

C+(ノーズR×0,58)で計算してますが、例えば外径Ф500、2C、ノーズR1,2の場合
X494,608 Z0
X500,0  Z-2,696
になります。

C+(ノーズR×0,58)という計算式ですが、ノーズR×0,58はなぜ成り立つのか、実はよく解ってません。

どなたか理屈を説明していただけませんか?

回答 (全1件)

  • 回答No.1

下の図の水色の線分の長さを求める式を考えます。
------
http://fast-uploader.com/file/7053428763757/
------
ノーズR - ノーズR * tan22.5° ⇒ ノーズR * 0.5857864 となります。

参考になれば幸いです。
補足コメント
noname#230358

なるほど、ありがとうございます。
URLを見て?と思いましたが、C面の場合は上がりテーパーだろうが下りテーパーだろうが、どっちから削っても補正量を足した座標自体は同じですよね?
投稿日時 - 2017-06-20 18:48:00
お礼コメント
noname#230358

そういうことですね。理解できました。
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2017-06-22 18:29:00
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ