• 締切済み
  • 困ってます

ボールエンドミル溝加工

汎用フライスにて、 R3のボールエンドミルで、X方向へ深さ2ミリの溝を入れるという加工です。 この場合、スクエアエンドミルと違い、送りのアップカットダウンカットは関係なくなるので効率よく往復させて走らせようと思うのですが、 ご高齢の上司に、(フライス正面から見て)順方向である右から左へ送らないといけないと言われました。 理由としては、 ・刃持ちが悪い ・ミゾ幅が広がる ・そもそも走る方向が反対なんて絶対ダメだ ということでした。 最後の走る方向については、順方向というものが関係なくなると思うのですが、どうもご高齢であるため会話も噛み合わず伝えきれませんでした。 実際のところ技術的に見て、私の考え方は正しいのでしょうか。 (結果的に、会社の方針として上司の言う方法で加工しております)

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 切削
  • 回答数5
  • 閲覧数788
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

>>送りのアップカットダウンカットは関係なくなるので効率よく往復させて走らせようと思うのですが ボールだろうが ダウン アップ力の影響は受けます ただ通常ボールの場合 普通 カブス高さが一定になるように加工するはずなので 力のかかる影響は少ないです http://www.dtechjp.com/joyful_ido/img/1023-0_cng.png ただ、ボールでスクエアーと同じ加工をすると もろ アップと ダウンの 影響を受けます 特にダウンがひどい ↑ 刃先にかかる力をちゃんと考えると理解できると思います1 そのばあい スクエアーでいう全面加工になり アップもダウンも存在します スクエアーと違い 普通切りこみが浅い(普通そんなに切り込まない)ので 影響は少ないです || ○ いい気になって彫りこんでいくと たとえば3mm彫りこむ場合 横にかかる力の発生原因は スクエアーで 3mmの刃が発生する力 ですが 3Rのボールの場合 2×π×r/4= 4.17mm分の刃が発生する力 になります まあ、ボールの場合心厚もスクエアーよりも厚いので ほとんどの加工の場合無視できると思いますが 力はかかっているのでそれを忘れてはいけません 特にボールの場合小径が多いので 影響は累乗的に増えます 絵を描いて説明できるとわかりやすいですが あまり詳しく書いてないところだが ここ http://www.nttd-es.co.jp/e-trainer/nc/nc_upcut.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>ご高齢の上司に、(フライス正面から見て)順方向である右から左へ送らないといけないと言われました。 これはアップカット、ダウンカット、どちらになるのでしょう すいません、↑に書き忘れました。 もちろん、質問文にある通りのボールで一直線のミゾ加工についての話です。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

基本的には。質問者さんのお考えは正しいと思います。 主軸周りとボールエンドミルに着目すれば、例え剛性の低いハイス 工具でも、突き出し長さをミニマムにすればたわみの影響は無くなる でしょう。 主軸の傾きも、前の方のご回答の通り、極端でなければ往復の加工で 刃持ちに影響が出るとは考え難いです。 あと、考えられるのはX軸の剛性です。片持ちのボールネジ駆動の 場合、プラス方向とマイナス方向で軸剛性が若干ですが異なります。 また、ラックアンドピニオン駆動の場合、偏摩耗によるガタが生じて いるかもしれません。 今回のボールエンドミルの加工において顕著なる差が出るほどの影響 は無いとは思いますが、熟練の加工エンジニアの上司は何某か体感さ れているのかもしれません。 大変でしょうが、酒席で一寸ヨイショして、上司の勘ドコロを盗み出 してみては如何でしょうか。 (お説教されるかもしれませんが、社会勉強と思って...) ”フルバック”が話に出てきましたか。 刃先交換式ドリルをUドリル 電子ピアノをエレクトーン 針で紙を閉じるやつをホッチキス と同様に不適切な呼び名ですねw (正面フライスまたはフェースミルが正解) 回答(3)さんの追記にさらに追記すると、上司の言われる方向で フライス加工を行うと、切りくずが奥側(作業者の反対側)に飛 ぶので、これまた理に適っています。 と、ここまで話を進めると、ボールエンドミルを往復で加工した 場合、切りくずが方々に飛散するかもしれないので、カバーの無い 汎用フライス盤では、少々辛いかもしれません。 熟練技能はやはり盗んで覚えるしかないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

参考になりました。 最後のアドバイスもありがとうございます^^

質問者からの補足

質問にあるボールエンドミルの加工は、小さい切り粉なので特に問題は感じませんでした。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

機械加工は素人です。(工作機械の改造設計や遊休品の活用設計はしておりました) さて、理由としての ・刃持ちが悪い は、何故悪くなるのかの根拠を確認することが大切です。 ・ミゾ幅が広がる は、何故悪くなるのかの根拠を確認することが大切です。 ・そもそも走る方向が反対なんて絶対ダメだ は、相対速度関連や前述2項が関連していると推測します。 そして、貴殿が考えて理にかなっていれば極力採用すればよいと思います。 量産物で、荒加工と仕上げ加工での使い分けで加工時間(空走時間)が短縮できるなら 荒加工では無視しても可とも考えます。 よく俺の目の黒いうちは、****の原則を守り、####は厳守させる方は居ますが、それはただの 堅物ではなく、理にかなったことをしていればリスクを回避できる確率も高くなるので、それを 頭に入れて業務を することは手間は殆ど変わらないで、リスクを回避できる確率も高まります。 (どれだけの割合でリスクを回避できる確率が高まるかは?ですが、信頼や信用に縶がります) のようなことで、品質や工作機械寿命がよりよくなる方向へのマネージメントは重要です。 ですから、煙たがらないで理由を聞いて、貴殿が納得いく内容は採用する、納得いかない 内容は臨機応変に対応するでよいのではないでしょうか? (臨機応変は、貴殿の力がない時は従い、貴殿の力がついた時はルール変更する) それと、理由をきちんと聞いていないと後輩に説明できないし、上司も理由を聞かないで 行動する部下は信用できないと思うよ。 (上司が理由を説明できなければ、それだけの上司と思い、温めておいて他の人に聞く)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

んんんん・・・・やはり歳を取るというのはイヤなことですナ・・・・ 数十年昔の実習経験だけを自慢げに語ったり   >ご存じないのであれば無理にお答えならなくても(苦笑) の忠告を聞かず虚妄論を展開したり・・・・ >R3のボールエンドミルで、X方向へ深さ2ミリの溝を入れる 横へ振る仕上削りをやらなければスクエアエンドミルでも同じで、機械送りと加工位置のズレが逆方向になるだけ。 機械摺動面のガタが大きいと、負荷方向によりアタリが違うから送り方向により状況が変わる。 しかしR3深2の軽負荷では ゼロ型フライス以下のオモチャでないなら大丈夫。Y軸のガタはNCでは影響するが汎用はロックするから。 X軸ハンドルが横に付いて手送りが面倒な機械なら、禁じ手のY軸を使うのも許せる程。 主軸のガタは送り方向には無関係。刃のタワミ、倒れも同じ。 どうすべきか 井の中の蛙になってるから、展示会にでも引っ張り出して機械・工具・冶具の現代技術を知ってもらう。主題との関連性はなくてよい。 グズついて行きたがらないなら、立場逆転   新しい技術を知ろうともしない、なら仕事でも黙っとけ!! そのご高齢上司に、こう言い放つ舞台には社長も臨席ねがう。 回答(1)の主軸に意図して傾きを付けるのは良く聞く話。しかし   JISB6203-2 ひざ形フライス盤-精度検査-第2部:垂直主軸をもつ機械 をみると、Y軸について手前が高くなるよう角度≦90°と規定。重量物を載せたとき手前が下がる傾向をキャンセルする意図。 しかしX軸は角度不問で、0.025/300 の値のみ。 実際は正面フライス削りでオツリがこないよう傾けること多いハズだが、規格は今迄まで知らなかった・・・ 冶具フライスで主軸頭が調整可能なタイプなら、1方向ボールエンドミル加工には10~20°傾けるのがベスト。 ご高齢がこれを見たら腰を抜かすか、褒めちぎるか?・・・ フルバックにも理屈があります。 昔のフライス盤のX軸テーブル案内面はアリミゾで、片側に?カミソリ?と称する板を入れ、それをネジで出入れしてガタ調整をしていた。 なのでカミソリが入る側は強度がやや低くなる。   http://iizukakuromaguro.web.fc2.com/046_fsyuri/046_fsyuri.html カミソリは奥側だから、正面フライス削りでは、言われるような送りにすると強い手前が切削力を受けるから理に適っている。 しかし若干の異論があるのと、今のマシニング、フライスでは全く通用しない。 残念ながら、技能職のワザ継承の対象とはならないお方のようで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

「フルバックだって右から左に送るから何でもこの方向だ!」と言い張って話を聞いてもらえないので、展示会に連れ出すのも難しいかもしれません。 理論的な解説、ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

素人考えですが 刃持ちについて 汎用フライスの場合、刃の逃げ面磨耗低減のためにコラムが微妙に傾けてあると聞いたことがあります。このためボールエンドミル以外では送り方向で刃持ちが違うことがありえます。 溝幅について 送り方向が変わると切削抵抗の向きが逆になります。このため刃のしなりが逆になり、理屈上は溝幅が大きくなる(溝の壁が波打つ)ことになります。 要求される精度、刃の突き出し長によっては考慮が必要です。 以上のような理由から順方向の概念ができたと思われます。 今回はボールエンドミルで溝も浅いので多分どちら向きで送っても問題ないと思います。 ただし、数が多い場合だと送りねじやガイドの磨耗に関する問題があるかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私も同様に考えておりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • エンドミル加工について

    おひさしぶりです。 正面のエンドミル溝加工について困っています。 3.1の超硬エンドミルでΦ9.0の形状から12.0mm長手方向に加工するのですが、 エンドミルが欠けやすいのです。 荒加工として2.0のフライスカッターをT3200に付け 半分に分けて12.0ぐらいまで加工しています。 (12.0も溝を入れれないのでカッターの底部で加工。) 加工条件載せます。 機械 SR20 ピーター スイス型    T3200 25径×2.0mmのフライスカッターで荒加工を行う。    T3411に正面ドリルユニットを装着しエンドミルで長手12.0mm進む  (回転工具T3100~T3400でエンドミル加工すると終点が丸くなるから不可)    工具は日進 NX 超硬 エンドミル3.1刃長15.0    回転は少し遅めだと思うんですがM36S2600 F0.01~F0.02    切り込み量は2.0mmずつ後半8.0mmぐらいからカッターの    舟底があるので1.0ずつ進んでいます。    (欠ける前はカッターなし、HSSのフライスで2.0mmF0.02で進ん     でいました。) 現段階では加工上トラブルがなくなったんですが、かなり時間が掛かってしまい、悩んでいます。 こんな加工もしくは、こんなエンドミルがあるなど何でも構いませんので、 時間短縮を目指したいと考えてます。何とぞアドバイス頂けないでしょうか??     

  • ハイスのエンドミルと正面フライスにおいて1刃あた…

    ハイスのエンドミルと正面フライスにおいて1刃あたりの送りは同じか SS400を正面フライスとエンドミルを使って加工します ドチラもハイスです 1刃当たりの送りはエンドミルと正面フライスどちらも同じなのでしょうか? あと正面フライスにおいて切り込みの量の 求め方はどのようにしますか? よろしくお願いします

  • ボールエンドミルの感覚を掴むには

    CAMなどでプログラムを作るのにいろいろな工具での加工経験 をつんで、加工のことが体感でわかっている必要があるのかな と思っているのですが、 (そうじゃないと加工の条件が工具データを頼りにしか できない感じで、実際加工したことがあれば、経験をもとに 条件を設定していけると思うのですが、 現状では仕事が無い状態ではどのようにしてさまざまな工具の体感や 加工方法を知っていくことが出来ますか? たとえば、ボールエンドミルの感覚を掴むために汎用フライスにボールエンドミルを取り付けて加工をするとしたらどんな加工がありますか? イメージとしてはボールエンドミルは曲面などの加工にNCで使うイメージですが、ボールエンドの感覚をつかむために汎用フライスに取り付けて 感覚を得る場合どんな加工で使うのかということですが、 それとも体感を得る前に加工経験があまり無い状態から 工具データを頼りにCAMでプログラムを作成していっても 良いでしょうか? その場合工具の送りや回転数は範囲の下限で設定するなどしていけば いいでしょうか?

  • エンドミルの選定

    フライス初心者です。 汎用フライスで、金型の加工をしてるのですがエンドミルの使い分けが良く分かりません。 材料はS55C、NAK55、NAK80です 送りが手送りになります ハイス、コーティングハイス、超鋼とありますが 材料別にエンドミルを用意したほうがいいのか? それとも超鋼で全部加工してしまっても大丈夫なのでしょうか?

  • ボールエンドミル加工

    こんにちは、NCフライス3次元加工をしていますが、 140パイの円周に深さ12ミリで7R10Rのボールエンドミルで割出し台を使用し45度づつ回転させ加工していますが、深さ12ミリの為荒取りが6ミリづつ2段階にわけて、ピックフィード2ミリで0. 3残して加工し 仕上げは、ピックフィード0.5で加工しますが、回転数とテーブル送りに悩んでます、ボールエンドは日立のUSM使用しています、仕上げは回転も送りも速いと思いますが、機械が古くMAX2000回転です教えて下さいお願いします、 こんにちはNCフライス3次元加工をしています。 材質SS41で140パイの円周に深さ12ミリで7R10Rのボールエンドで割り出し台を使用し45度づつ回転させ加工していますが、深さ12ミリの為、荒取り6ミリづつ2段階にわけ、ピックフィード2ミリで0.3残しで加工し、仕上げはピックフィード0.5 で加工しますが、回転数とテーブル送りに悩んでます、ボールエンドは日立のUSMを使用してます、仕上げは回転数も送りも速くなると思いますが、機械が古く回転数MAX2000です 教えて下さい、お願いします

  • エンドミル加工条件について

    はじめまして、加工関係は初心者なのでよろしくお願いします。 現在フライスやマシニングセンタでエンドミル加工をするとき、 回転数(S)や送り(F)を次のようにしています。 ここに書くのは、マシニングの場合です。 NACHI AGヘビーエンドミル φ20  加工材料SKD11 S300 F30 カタログではSKD11では、S500 F120 となっています。 このS300 F30は、以前使っていたGコートヘビーエンドミルの 切削条件をそのまま使用しています。 一度、S500 F120で加工をしてみたのですが、機械自体がびびり ワークもびびっていました。 これ以来、加工条件は今までの加工で 安定している S300 F30で加工するようにしたのですが、 上(上司)から エンドミル加工時遅くってたまらない! 止まっているようにしか見えないなどなど。。。 そこで質問なのですが、 みなさんは、エンドミル加工はどのような条件で加工しているのですか? 機械自体の能力もあると思いますし、加工時間とエンドミルの摩耗の関係 もありますし。 よろしくお願いします。

  • 焼き入れ後のエンドミル加工

     こんばんわ。 なにか良いヒントをお聞きできないかと思い、投稿させて頂きました。 宜しくお願い致します。  HPM-38やSKD61を、HRC53位にしてます。 例えば、100×100のワークの天面を、研磨ではなく、φ10のフラットエンドミルで綺麗に仕上げたい(理想はNAK80のように・・・)。又、安定した中仕上げ加工をしたいです。  現在は、焼き前に0.15手前で加工してます。 そして焼き後に、強捻れの6枚刃のエンドミルや、普通の4枚刃のエンドミル で0.015手前で削って、2枚刃のランドの付いたエンドミルで仕上げてます。  厚み寸法はそれなりにでるのですが、面が途中からきたなくなります。 条件は、NAK80より回転、送り共に50%落としてます。    又、0.015手前の中仕上げ加工も、NAK80より50%落としてます。こちらのほうは、刃が全然もちません。 例えばピンカドの刃だと、やはりもっと刃がもたないでしょうか?。 ボールで中仕上げできる時はそうしてますが、立壁などが絡むと、出来るだけ フラット1本でいきたい為、フラットでやってます。

  • センタカット付きエンドミル突っ込み加工

    SIEG sx2pホビー用フライス盤での加工です。 センタカット付きエンドミルで縦方向への送りだけで切り込んでポケット加工が出来ればと思い、「センタカット付き」と銘打たれたエンドミル超鋼2枚刃を購入したのですが、実際に使ってみると機械周辺の仕様や切削条件でビビリが大きく変わります。 ノーマルのトーションスプリングをガススプリングに換装しました。 主軸台重量12kg程度に対し反発力150Nと300Nで比較しましたが、300Nではウオームギヤ機構の微動送りで極端に遅い送りでじわじわと切り込んだ場合はなんとかびびらず切り込めドリル同様に穴明け加工できましたが、150Nの反発力の弱い方では主軸台の軸方向の撓み量を一方向へ制御できないことに起因してビビるのか定かではないですが、何をどう見直しても機械が固定された架台ごと酷く振動してビビって切り込むどころではないです。 これは単にコラムのY方向の剛性が低いことに起因して、反発力の低いガススプリングでは、切り込み時にエンドミルが軸方向で暴れるのを制御できないことが原因なのでしょうか。 ただ300Nでも送りが少しでも早まれば同様にビビって爆音がでるので、重い小型の送りハンドルをありったけの握力で微妙な送りを維持することが本当に面倒で疲れます。 現状の300Nではウオームギヤを偏摩耗させてしまい寿命が短くなるし、操作も重く疲れるので、やはりコラムの剛性を向上させることが解決の早道でしょうか。

  • 小径エンドミルの深溝加工

    SS400に幅6mm、深さ25mm、長さ18mmの溝加工をしていますが、エンドミルが折れたり加工面がガタガタになってうまくいきません。やっている方法はφ5のエンドミルで5mmづつほじっていって、25mmまでいったら0.5mmづつよせて側面をしあげようとしています。幅の交差は0~+0.1mmです。 回転は600rpm、送りはエンドミルが折れそうで怖いので手送りでジワジワ送っています。 加工を始めて2ヶ月弱でわからないことだらけです。きっと簡単な加工なのでしょうが、時間はかかるわ、刃物は折れるわで落ち込んでしまいました。 ベテランの方のご指導お願い致します。

  • 千鳥刃エンドミルの溝加工について

      S45Cの材料を、T溝加工をするのに新品の千鳥刃エンドミルを使って加工したら、千鳥加工の側面部 を最終研磨をマシニングセンタでしたら片側がぎざぎざに残ってしまいました。上司から新品の径の大きな エンドミルを使ったからアップカットによるくらい込みがおきたといいます。なぜプロセスシートどうりに やってもこのような結果になったのかわかりません。   機械加工は始めて1年の初心者です。