• 締切済み
  • 困ってます

特殊形状の板ばねの設計

いつも設計の参考にさせていただいております。 下記(1)と(2)のような板ばねの設計で、ばねの任意の点でのたわみ量を計算するのに、 下記のたわみの公式より方程式の導出を試みております。 しかしながら、形状が複雑なため、導出に必要な条件をどう捉えればよいか、 考え方で悩んでおります。 d^2y(x)/d^2x = - M(x)/EI(x) y(x): xの点におけるたわみ量 x: 座標 M(x): xの点での曲げモーメント E:ばねの縦弾性係数 I(x):断面二次モーメント (1)板ばねの途中にR加工が施してある場合 集中荷重印加点      ↓  ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ( ←R加工   ↑  \       |   \  ← 角度θ    \    固定端 上図は、板ばねの断面を表しております。 ばねの厚みは、固定端から集中荷重印加点まで一定で、 図の面に対して垂直な方向がバネの幅方向となります。 固定端からある距離を置いて角度θのR加工があります。 (2)板ばねの途中に「R加工」と「折れ曲げ加工」が施してある場合 集中荷重印加点 \| -┘                 / 角度θ2-→ /      ↓   /       ⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ←折れ曲げ加工 ( ←R加工   ↑  \       |    \  ← 角度θ1    \    固定端 (1)と同じく、板ばねの断面を表しております。 ばねの厚みは、固定端から集中荷重印加点まで一定で、 図の面に対して垂直な方向がバネの幅方向となります。 固定端からある距離を置いて角度θ1のR加工、ばね先端からある距離を 置いて角度θ2の折れ曲げ加工があります。 集中荷重印加の方向は、板ばね先端の面に対して垂直な方向に印加 します。 (1)と(2)のどちらも、式導出の考え方としては、下記のように考えれば良いのかちょっと判断がつきかねております。    R加工部と折れ曲げ部を直線相当と近似     集中荷重印加点           ↓                 ↓ 固定端-------------------------- 基本的には、R加工部、折れ曲げ加工部を直線の片持ち梁形状に置き換えて、 たわみの計算を行う。 R部、折れ曲げ部がどのようにたわむかは、直線置き換え時のたわみ量(固定端からの距離をxとして、xの点でのたわみ量分だけ)、と同じように変化するとする、と考えておりますが、根拠が無く自信がありません。 ばね幅も変化するのですが、先ずは考え方を明確にするため、今回は一定として考えております。 宜しくお願いいたします。

noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数173
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359

この手の問題は、カスチリアーノの定理を使うのが定石です。 カスチリアーノの定理は、梁の不静定問題や曲がり梁に有効な方法です。 梁の先端を基準にとり、固定端に向かって、各位置でのモーメントMを計算し、歪エネルギーUを算出します。 U=∫(M^2/EI)ds ・・・ ? その際、荷重作用点やモーメント作用点ではそれらを未知数として、また、途中の支持部や固定部は、すべて反力と反モーメントを想定して、?式に代入して計算します。 (1)の場合について、具体的に示すなら、次のようになります。 右上端の荷重をPとします。 (a)荷重点をx=0にとり、直線部の長さをL1とすれば、 0≦x≦L1で発生するモーメントM1は M1=Px  ・・・ ? U=∫|0→L1|(Px)^2/EI dx  ・・・ ? (b)曲線部は、右上端をθ=0にとり、Pによって発生するモーメントM2を計算すれば、0≦θ≦θ1で、 M2=P(L1+rsinθ)  ・・・ ? U=∫|0→θ1|{P(L1+rsinθ)}^2/EI rdθ ・・・ ? (c)左側直線部は、円弧端をy=0にとり、直線部の長さをL2とすれば、 0≦y≦L2で発生するモーメントM3は M3=P(L1+rsinθ1+ycosθ1)  ・・・ ? U=∫|0→L2|{P(L1+rsinθ1+ycosθ1)}^2/EI dy  ・・・ ? すべてのUを加えて、Pで偏微分してやれば、先端のたわみの計算式が求まります。 これは、断面が変化しようが、材料が変化しようが、普遍的に成り立つ関係なので、あなたの最終目的にも適うやり方です。 (2)については、少々面倒ですが、(1)に項が付け加わるだけですので、根気良くやれば、同様にして求めることができます。 上の場合には、歪エネルギー発生要因として、曲げモーメントが支配的なため、それだけを考えましたが、引張圧縮や、ねじりなどが存在するのなら、それらのエネルギーも足し合わせてやることにより、それらの影響も考慮できます。 直線的にのばすという方法は、決してオススメできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 薄板ばねのたわみ計算について

    薄板ばねのたわみ計算について、わからない点があります。 ばねの構造は「片持ち梁」で、固定端から自由端の方向にむかって距離Lの点で集中荷重を受けます。 ばねの板厚は一定(200μm程度)です。但し、固定端と荷重を受ける点でばねの幅が異なります(凸の形状で、幅が広い方が固定端、狭い方が荷重をうける部分となります)。 このとき、集中荷重を受ける点から固定端までの任意の点(x)での、たわみ量を計算したいのですが、ばねの幅が一定でないためどうやって求めるのか悩んでおります。 そのため、計算出来る式があれば教えて下さい。御教授のほど宜しくお願いします。

  • 板ばね計算

    板ばねの計算なんですが 基本的なことですみません。 下記のような片持ち梁のりん青銅バネ(板厚さ0.3mm)で 長さL=15mm で幅5mm 先端に荷重Pを押したときの 変位量は どのようにもとめるのでしょうか? 通常の片持ち梁の計算と同じと考えてよろしいのでしょうか? x=(PL^3)/3EI それともF=KXですか? バネ定数とヤング率ってどう違うんでしょうか? よくわからないので 教えてください。 よろしくおねがいします。 荷重P           | ↓             | -------------------|                 |                 |                 |

  • 板ばねのたわみ量と最大応力の計算

    <やりたいこと> 下図のような直線と円弧からなる板ばねにおいて、 上の直線部 L1 と下の直線部 L2 の長さが異なる(L1<L2)場合の 全たわみと最大応力を計算したい。 ■ ■ /↓P ■( ──────中心線 ■ \ ■ \↑P(反力) ■■■■■■←壁 <参考> 上の直線部と下の直線部の長さが同じ場合は上下対象となるので、 荷重Pによって上半分の直線部と円弧部に発生するモーメントM1,M2から 弾性エネルギーU1,U2を算出し、U1とU2を足し合わせPで偏微分したものを 2倍(上下対象)して全たわみを求めました。 最大応力は図の円弧の左端となるので、 円弧部のモーメントM2を断面係数で除して求めました。 <質問事項> 上の直線部 L1 と下の直線部 L2 の長さが異なる(L1<L2)場合、 ?たわみの計算は以下の考え方であってますでしょうか。 中心線と上の直線部とのなす角(=中心線と下の直線部となす角)をα 円弧部の半径をr、荷重点(反力点)をx=0,円弧部と直線部の接点をθ=0とすると 上半分は、荷重Pによって直線部と円弧部に発生するモーメントM1,M2を求め、 M1=Px cosα (※0≦x≦L1) M2=P(L1+r sinθ)cosα (※0≦θ≦β) 下半分は、反力Pによって直線部と円弧部に発生するモーメントM3,M4を求め、 M1=Px cosα (※0≦x≦L2) M2=P(L1+r sinθ)cosα (※0≦θ≦β) M1,M2,M3,M4から弾性エネルギーU1,U2,U3,U4を算出し、 全て足し合わせてPで偏微分すれば、全たわみ量を算出できる。 ?最大応力はどう計算すればよいでしょうか?(どこが最大になる?) <以下修正します> 下半分は、反力Pによって直線部と円弧部に発生するモーメントM3,M4を求め、 M1=Px cosα (※0≦x≦L2) M2=P(L2+r sinθ)cosα (※0≦θ≦β) ~~ <以下修正します> 下半分は、反力Pによって直線部と円弧部に発生するモーメントM3,M4を求め、 M3=Px cosα (※0≦x≦L2) ~~ M4=P(L2+r sinθ)cosα (※0≦θ≦β) ~~ <追記> 質問の意図がわかりにくいかもしれませんので、以下のように書き直します ?の質問 全たわみを求めるには、以下の考え方で良いか? 1. 板ばねを円弧部の中心から上半分と下半分に分け、 円弧部が直線部と繋がっていない方を固定端とみなした板ばねを考える 2. 上半分と下半分の板ばねについてそれぞれ荷重Pによるモーメントから 弾性エネルギーを求め、カスチリアーノの定理より変位を求める 3. 2で求めた上半分と下半分の板ばねの変位の合計が全たわみとなる ?の質問 最大応力発生部と最大応力値について、以下の考え方で良いか? 1. 最大応力発生部 荷重P(または反力P)の荷重作用線に垂直で最も遠い場所、 つまり、図の円弧部の左端となる。 2. 最大応力値:σmax σmax=M/Z (M:曲げモーメント、Z:断面係数) ここで使用する曲げモーメントはM2とM4のどちらか? 上半分の荷重Pによる固定端での曲げモーメント:M2=P(L1 + r sinθ)cosα 下半分の反力Pによる固定端での曲げモーメント:M4=P(L2 + r sinθ)cosα

  • 回答No.2
noname#230359

小生も、仰るように,単純化すれば直線の片持ち梁形状に置き換えて、 撓みの計算を行っても目安の評価はできると思います。 ただし、荷重印加点から何点かポイントを取ってみますと判りますが、 ? モーメントは、R加工部より固定端側は減りますが、撓みは増加して   いきます。 ? 折れ曲げ加工部は、断面が角度分大きくなります を多少でも考慮できる内容にすべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359

おっしゃるように,単純化すれば直線の片持ち梁形状に置き換えて、たわみ の計算を行っても目安の評価はできると思います。しかしコーナー部や端部 の影響が大きいと計算とのずれが生じます。薄板ばねの場合はばね工業会 などが示している薄板ばねの設計計算方法に準じた方が現実的だと思いま す。下記サイトで一例を紹介しています。

参考URL:
https://www.maruho-htj.co.jp/planmanual/usuita-saiku.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 折り曲げた板の曲げモーメント

    みなさま、初めまして、宜しくお願いします。 これまでCADオペの仕事だったのですが、 最近、少しずつ強度計算もやらせて頂くようになりました。 でも、ちょっと教科書や本に載っているケースと 違った形状になるとわからなくなってしまい、困っています。 これからお聞きしたいのは下記の形状です。 ________          |           |                      |           |      100kgf              |  ↓          |_______     上図のような側面形状の板を折り曲げたものを使って  左端はボルトで固定します。 で、右端に100kgfの荷重が掛かっていて、 左端からの距離は300mmです。 この板は幅が500mmあって、100kgfの荷重の 幅方向の位置は50mmで両端の計2ヶ所あります。 材質はSS400なんですが、 この場合、板厚はどれくらいにするべきなんでしょうか? とても初歩的な質問だとは思いますが、 教えて頂けると、とてもうれしいです。 宜しくお願い致します。  

  • ばね同士の力関係

    お世話になります。お疲れ様です。 機構設計をしています。 早速ですが | ̄ ̄ ̄| | | |プッシャ | ↓ ばね荷重 大 | | |______| | ̄ ̄ ̄| | | | ワーク | ↑ ばね荷重 小 | | |______| このような機構でプッシャとワークはそれぞればねで矢印方向に 吊っています。 プッシャは上下にストロークし、ワークはプッシャの動きに追従します。 ここでプッシャがワークを押し下げた下死点で、ワークを上に持ち上げる のに必要な荷重ですが、私はこれまで漠然と  大ばね荷重-小ばね荷重 つまり反対方向に作用するばねの荷重は相殺しあうと思っていました。 ところが最近になってどうも違うらしい・・・・ と実物から感じているのですが理屈がわかりません。 機構の抵抗や重量、摩擦などたくさんのファクタが絡むのは もちろんですが、それらを無視できるとした場合のばね同士の 力関係の理屈をご教示頂けませんか? もしやすると私の思考と知識に大きな穴があって ご諸賢には笑われてしまうような質問かもしれませんが、 今回この辺が非常に重要な設計に携わることになり、ぜひしっかりと 理解したいと思います。 何卒、お力添えを賜りたいと存じます。 宜しくお願いいたします。 失礼しました。 情報を補足いたします。 プッシャとワークはそれぞれリニアなどのガイドに固定されています。 プッシャのばねは上部固定端がプッシャに下部固定端がベースに 掛かっています。 逆にワークは上部固定端がベースに、下部固定端がワークに掛かっています。 無負荷の状態ではプッシャは下方向にワークは上方向に荷重がかかること になります。 プッシャは固定されたベースごとストロークします。 下降の途中でワークが異物に当たるとプッシャが上に逃げる。 ・・・といった構造です。 お聞きしたかった事はこの途中若しくは下死点で異物との干渉があった場合 の逃げ荷重です。 手抜きの質問文で申し訳ありません。

  • 圧縮と曲げを同時に受けるばねの応力は?

    はじめまして。 私はばね計算について素人のため、応力の考え方について悩んでいます。 通常の圧縮ばねに発生する応力は、ばねに真っ直ぐな荷重が加わった状態を想定して、ねじり応力を算出しています。 しかしばねを固定しない状態で使用した場合、荷重の向き(偏荷重)、ばねの精度、ばねの倒れ等の様々な原因でばねに対して曲げ荷重が加わると想像できます。 また最初からそのような使われ方を前提にしている例も見られます。 このような使われ方をした場合、ばねに発生する応力はどのように考えれば良いのでしょうか? ねじり応力が増加する? ねじり応力+曲げ応力(引張り応力)? 計算式をお教えいただけませんか。 また許容値の考え方はどうすれば良いでしょうか? 通常は、十分な安全率を確保することによって、この点をクリアしている感じがするのですが、実際に発生するであろう応力を知りたいのです。 もし曲げ荷重による応力が一箇所に集中しているとしたら、恐ろしい事が起きる感じもしています。 どうかお教えください。

  • 板厚

    幅60mm 長さ600mm 材質S45C 両サイド固定 荷重30ton 板厚何ミリにしたら良いですか。

  • 板厚

    幅60mm 長さ600mm材質S45C 両サイド固定 荷重30ton 板厚何ミリか教えてください。

  • ばねと小球

    こういう問題はどう解答したらいいでしょうか? +qa            -qb    ↓ばね ○----------------○~~~~~~~~~ |←------r----------|←-----X------→|            (X:ばねの伸び) |←--------------r+X--------------→|  L:ばねを引っ張らなかったときの2つの小球の電荷距離 原点に固定した小球Aの電荷を+qa。 ばねの一端に取り付けた小球Bに電荷-qaを与えて、ばねに取り付けた小球Bを原点の方向に引っ張り、小球Aと小球Bはお互いに引力となる場合のrの範囲はどうなるのでしょうか? ここでは、ばねはxの伸びに対してF=-kxという力が発生しています。 よろしくお願いします。

  • 板厚計算

    長さ2500mm 幅2000mmのSS材に、集中荷重 1Nがかかったとき、 板厚は何MMにすれば宜しいでしょうか?        ↓1N(中心) -------------------- I I ←---2500mm---→

  • 静的荷重を加え続けた圧縮ばねの『へたり』について

    私の質問内容は、常時圧縮方向に一定の荷重を与え続けたばねのへたり具合についてです。また、以下に示すようなものが実際に作れるものなのか?ということです。 ばねの使用目的は、永久構造物を地盤に押さえ付ける際のクッション材としてです。そのため、経年変化でばねがへたるようでは問題があります。 具体的な数値で例えると、 ・常時与える荷重:200kN程度 ・ばねの大きさ:直径15~20cm程度 ・長さ(高さ):10~15cm程度 ・歪み量:1~5cm程度 というものがあればと思っていますが、私がばねについて全くの素人なので、この内容が現実的に無理なことなのかも分かりません。 申し訳ありませんが、どなたかご意見をお聞かせ下さい。

  • 分布荷重に対応する平蓋板設計(圧力容器)

    以下の条件に対応する円形平蓋板を検討しています。 蓋板に格子状リブを取り付けて、蓋板の板厚をできるだけ抑えたいです。 以下の条件で真空試験をするため、ボルト部に一定の締め付け荷重が必要 です。設計方法をご教授願えないでしょうか? ・分布荷重 :0.1MPa(真空試験の為、外圧0.1MPa) ・平蓋板形状:O.D2635mm        P.C.D2555mm        (SS400 M39ボルト52本固定) ・ガスケット:テフロン(T/#9007-LC t3)        O.D2505mm/I.D2455mm(幅25mm)        m値:3.0        y値:24.5 材質はSS400。

  • 風の当たる角度による力の分力

    1×1mの薄い板に正面からの風荷重が、100kgかかった場合板には100kgの荷重がかかりますが横方向に45・60度と変化した場合板は横方向へも荷重がかかりますがどの角度で最も横方向に荷重がかかるのでしょうか? 角度が変わると面積が変化しますが? 計算方法が教えてください。 単純にベクトル計算で宜しいのでしょうか?