• ベストアンサー
  • 困ってます

集中荷重片持ち板バネの許容長さの計算

DIYで家の中で使うある装置を自作しようとしています(既に2,3の試作は済)。板厚t=0.75mm、板幅b=10mmの片持ち板バネの一端にp=約5Kg(約50N)の荷重を掛けて、最大の撓み量δを得るにはバネ長さlをいくらにしたら良いのか、その計算方法を教えて下さい。固定端での応力計算式σ=6pl/btt でσを曲げ許容応力160Nとして計算すると、l=3mmというヘンな値になってしまいます。実際には、50mm前後の値になる筈なのですが、どこが間違っているのでしょうか?そして、その時の撓み量δの計算方法も教えて下さい。公式δ=4plll/Ebttt でヤング率Eを約200000として計算しても、14mm程度になって、試作品からの想定値5~10mmと合いません。私はどこかでおかしなことをやっているのでしょうね~。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2241
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • AoDoc
  • ベストアンサー率68% (100/147)

σ=6PL/(bt^2),δ=4PL^3/(Ebt^3)で正しいと思います。計算結果も正しいと思います。厚さが0.75mmですので、その程度になります。10mm×0.75mmの板を指で押しても簡単に変形すると思います。5kgではかなりの荷重になります。厚みが効いてきますので二乗や三乗で効きますので厚さを大きくしないと想定のようにはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速回答いただきまして大変ありがとうございました。しかし、小生の何らかの誤解で納得できていません。計算式も計算結果も正しいとすれば、たった3mmの長さの片持ち板バネに最大14mmの撓みを与えることができるという意味になりませんか?そんなことはあり得ませんよね。 試作品では、l=約40mmで、最大撓み量δ=5mm程度なのですが、バネは降伏もせず、ぴんぴんして動いています。まだまだ余裕がありそうなので、lを限界近くまで大きくして、最大の撓み量を得たいのです。 若し、質問の仕方を変えさせて頂けるなら、「板厚t=0.75mm、幅b=10mmの片持ち板バネの一端に5Kg(50N)の荷重を掛けた時得られる最大撓み量δと、その時のバネ長さlを教えて頂けませんか?ただし、バネの曲げ許容応力は160N/mm^2とします。」 お手数掛けますが、できましたら、もう一度お教え願います。

関連するQ&A

  • 板バネ(焼入れリボン)について

    工作で使う板バネ(焼入れリボン)をホームセンターで購入しました。 厚さ0.5mm、幅10mmで、応力(というのでしょうか?)は丁度良いのですが、幅は半分の5mmが理想なので、幅5mmのものをネットで探し、幅が半分になるので同じ応力にするには厚さ1mmにすればいいのかなと、素人考えで注文しました。 業者から届いたものをいじってみたら、0.5mmに比べてかなり固いのです。材質が違うのかもしれませんが同じような紺色に見えます。 厚さ0.5mm幅10mmの板バネから、幅を5mmにする場合、同程度の応力にするには厚みは何ミリにしたら良いのでしょうか?

  • 繰り返し交差荷重のかかる板バネについて

    長さ120mm外径12mmの丸棒の中間部分両脇を長さ80mmにわたってえぐった形の板バネを製作しようとしております。 計算の結果かかる応力が400N/mm2となりました。 高サイクルで繰り返し交差荷重(約1万回)のかかる部分です。 安全率を2で見越して作りたいと考えております。 この部品を製作するにあたって材料の選定に困っております。 恥ずかしながら私は素人なので説明不足な部分もございますでしょうが、どなたか助け舟をお願いします。

  • 板ばね計算

    板ばねの計算なんですが 基本的なことですみません。 下記のような片持ち梁のりん青銅バネ(板厚さ0.3mm)で 長さL=15mm で幅5mm 先端に荷重Pを押したときの 変位量は どのようにもとめるのでしょうか? 通常の片持ち梁の計算と同じと考えてよろしいのでしょうか? x=(PL^3)/3EI それともF=KXですか? バネ定数とヤング率ってどう違うんでしょうか? よくわからないので 教えてください。 よろしくおねがいします。 荷重P           | ↓             | -------------------|                 |                 |                 |

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • AoDoc
  • ベストアンサー率68% (100/147)

計算し直しましたが結果は変わりません。 許容応力、ヤング率は正しいですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ再度の回答を頂きまして有難うございます。間違いが分かりました。許容応力値が原因ですね。言い訳になりますが、それを調べるのに、yahooで「鋼材 許容曲げ応力」で検索したところ、pixy's roomというのがあり、それに鋼材の諸係数表があり、それに掲載されていた数値を取った積りだったのですが、どうやらこのデータの単位表示が間違っているのではないでしょうか? 要するに、私が許容応力が160としていたところを1600N/mm^2にすれば、l=30mmとなり、ほぼ納得のいく数値になります。この時の撓みもδ=約6mmとなり、これも納得いく数値です。 私は初めての経験でしたが、私のような初心者(実は老人なのですが)のこのような質問にもご親切に教えて下さる方がこの世の中にいらっしゃるのですね~。日本はまだまだ捨てたものではないと感心しました。有難うございました。

関連するQ&A

  • 方持ち梁の応力の求め方と単位の変換の方法

    材料力学についてご相談させてください。 現在、とある部品のバネ応力を求める仕事をしており、実測値が 正しいかどうかを確認するために、材料力学のたわみの計算から 以下のような値を求めました。 条件:幅10.5 mm 長さ3.0 mm 厚さ0.1 mmの板を0.03 mmたわませた時の応力を求める。 1)板の断面二次モーメントを求める。 モーメントI=bh^3/12=(10.5*0.1^3)/12=0.000875mm^4 2)たわみの式から応力Pを求める。 求める部品のヤング率Eを1.6*10^8Pa とすると、 たわみv=(Pa^3)/(3EI)→応力P=3EIv/a^3=(3*(1.6*10^8)*0.000875*0.03)/3.0^3=471.1Pa A.この板を0.03mmたわませる応力Pは471.1 Paである。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ というところで皆さんに質問です。 Q1:応力Pを求める式は上の式で合ってますでしょうか? Q2:応力Pは計算ではPaで出したのですが、測定時はgfで    測定をしたため、整合性を確認する為にはPa値をgf値に    変換したいのですが、それって可能なのでしょうか?

  • 変断面のはりの応力の計算方法

    はじめまして おそらく変断面のはりの応力だと思いますが、忘れてしまい 教えて頂きたく 投函させて頂きました。 現状 長さが30mm 巾10mm 厚み0.3mmの板バネがあります。 支点の巾10mmをR1mmの末広がり形状にすると、支点は12mmの巾だが 実際は巾10mmの板バネのようなイメージです。 同じ撓みにした場合、応力的にはどのような効果があるでしょうか? 板バネが切断する箇所は、巾10mmの支点部分です。 R1mmの末広がり形状にするとどのような効果になるか教えて頂きたく 宜しくお願い申し上げます

  • 筐体の設計 (耐荷重,許容荷重)について

    初投稿です。 自分は今の仕事で設計を始めたばかりですが、装置に取り付ける筐体の設計に今取り組んでいますが、強度(耐荷重),許容応力計算で悩んでいます。 設計する筐体は大きな装置の側面に取り付くイメージで片面で固定し、筐体の下は何も無い状態です。 悩んでいる部分は (1)下記A部材との結合部分の筐体の板厚 (強度的に何mm?) (2)A部材とB部材のひっかかり部の強度は大丈夫か (ボルト締めではなくただ引っ掛けている構造です) です。                |  |     取り付け側 _______________ ____|_   |  | | |   |       |___________|B |       |   ボルト_|__ ___ | _|___ ボルト | 筐体   | A | | | | | ボルト_|__ | |___| _|____ ボルト |______________|____|__________| 上の図は構造を横から見た図になっています。 筐体の重量(中身をすべて入れた状態で)は 40Kg 筐体サイズは300×330×500mm 構想では筐体はアルミ A2024を考えています。 (引張強さ 430 N/平方ミリメートル) 厚さは2mm程度 A部材とB部材の引っかかり部寸法図(縮尺はいいかげんです、すみません) _______ |←  44    → | | 筐体____|___________________|   |  | A | | ____| _______ _ | | ↑ | | | ↑ | B | 90 | | | 30 | | | |←14→|_↓___| | | | | ___↓_|_ __ |____________________| | |← 44 →| A,B部材とも板厚はすべて同じで考えています。(現14mm) Aの長さL=350mm Bの長さL =1100mm ここでの他の質問者が受けておられるアドバイスのように図書館等で材力、設計便覧等読みましたが、ぜんぜん考え方の理解、式の適用がわかりませんでした。 すみませんが教えていただけますか。 なにか情報等で足りないものがあればすぐお伝えします。 文が長くなってしまってわかりずらいかもしれませんがよろしくお願いします。

  • 静的荷重を受ける部材の強度計算方法について

    kougakubuです。 掲題の計算方法について質問です。 3枚のステンレス製(SUS304)の板材を用意し,1枚がテーブル,2枚が足です。これらをボルトで固定しテーブルにします。テーブルの上には50kg程の重い機械を設置します。モーメントが釣合うように真中に機械は設置。このような静的荷重を受ける条件で部材の強度計算するにはどのような計算式があるのでしょうか?具体的には,テーブルに使用する板材の横幅は300mm位,奥行きは50mm位のものを使用するのですが,その時の最適な板厚を計算したいのです。なお,簡単にするため足に使用する2枚の板材の板厚も同じ値にしようと考えています。  人命などに危険を伴う機械であるため,強度計算が必要不可欠です。安全率なども考慮すべきかと思います。どうかご教授ください。よろしくお願いします。

  • 耐圧計算の仕方を教えてください。

    ロックウールボード50mm厚の板(200kg/m3)の耐圧計算の仕方を教えてください。 また、耐圧と応力は違うといわれましたが、どう違うのでしょうか。

  • SPTEのヤング率、曲げ限界値

    SPTE(t=0.6)の材質を撓ませて使用する設計を考えてます。 そこで、応力の計算で、 ?ヤング率 ?曲げ限界値 の値をインターネットで調べましたが、ヒットしません。 どなたかご存知の方、教えてください。

  • バネ限界値が知りたいです

    電池の端子に板バネSUS301を使用した場合のバネ限界値についてお尋ねします。 ヤング率 167000 例 幅 1.5mm 板厚 0.2mm 長さ 6mm 例えば先端に2Nの力を加えると0.86mm変形しますがバネの限界値(バネがへたるまで)の計算はどうすればよろしいですか? やっぱり、材料の引っ張り強さ(1570N/mm2)に、なるのでしょうか?単純そうで奥が深いです。

  • ゴムのヤング率について

    ゴムのヤング率ってご存じの方教えて下さい。 ヤング率ってそもそも物体に力をかけた時の応力であったり、歪みであったりその関係は材質によって固有であるとの認識なのですが、イメージ的には鉄やステンレスなどの鋼材(どちらかというと硬いイメージのもの)では固有なのはピンと来るのですが、柔らかいゴムなんかにも当然あって然るべきものと思いますが、検索してもいまいち値がバラバラで一般的な値(この値を使って計算しても、世間に話しても大丈夫な値)ってどなたか知りませんか? 材質はNBRとEPDMあたりシリコンぐらいまであれば・・・ 余談ですが、ヤング率が小さくなったら断面形状なんかの影響はどうなるんでしょうか? みなさんの知識を小生にお分け願います。

  • 円孔のある板を引っ張ったときの円の大きさの影響について

    大学の学生実験で有限要素法を用いて中心に円のある板を引っ張って応力等を計算しています。 下記のサイトの式でもあるように円の大きさが大きくなると、応力(特に円周りの応力)も大きくなると思うのですが(実際私がその実験をしたときも教えてくれていた院生にそういわれましたし)、今の学生実験の学生に教えるに近い立場になっているので、自分でも円の大きさを変えて実際に計算してみましたが、ほとんど値が変わりませんでした。 メッシュ自体も小さくし、引っ張ったときに切れ目などが入らないようにして切っているので、メッシュが問題ではないとは思います。 原因としては、解析するためのソフトのプログラムにミスがある。 または、実際は円の大きさを変えても応力は変わらない。(つまり、私の理解の仕方が間違っている) というような原因しか考えられないのですが、実際のところどのような原因だと思いますか? ちなみに板の大きさは180mm×60mmで円の大きさは5 , 7.5 , 10mmの三種類で計算していて、計算するためのプログラムは10年くらい昔にいた先生が作ったものらしいです。 http://bowie.mech.nagasaki-u.ac.jp/~sai/Fracture/node4.html

  • 曲げモーメント、曲げ応力の公式は梁に依らない?

    曲げモーメントの公式の導出もできない未熟者に、どうか皆さんの知恵をお貸しください。 段付軸だったり、径が変化したり、複数の材質が組み合わされていたりしても、曲げモーメントやせん断応力、曲げ応力を求める公式は変わらないのでしょうか? 実際の値は、それぞれの場所のヤング率や断面係数などによって変わってくるにせよ、応力集中を考えなければ、同じ公式で計算できるのでしょうか? (たわみ量などは、モールの定理を見る限り、ヤング率Eと断面二次モーメントIが一様でなければ計算式も変わると思われますが) 例えば、段付軸、両端支持、一点への集中荷重、応力集中は考えない、の場合、曲げ応力は σ=M/Z={(F/L)*(L2*x)}/Z (F:荷重、L:支点間距離、L2:相手側支点から荷重点までの距離、x:基準支点からモーメントを求める点までの距離、Z:求める点での断面係数) のままでいいのでしょうか? 指示された計算式で段付軸の曲げ応力を計算する機会がありまして、自分は「一様断面じゃないから公式も変わるけど、省力化のために一様断面と考えてるのかな」と思ったのですが、参考書で「一様断面でなくても曲げモーメントの公式は変わらない」らしき記述を見まして、なら曲げ応力とかはどうなのかな、と疑問に思った次第です。