• 締切済み
  • すぐに回答を!

トランスの透磁率測定を受託先を教えてください。

ACアダプターを内蔵した電気製品のS認証にあわせて、内蔵されているACアダプター実装部品の併用部品申請をしました。 部品を併用するカ所は10カ所、1カ所に付3種類程度の併用部品です。 全てのパターンを実装して受検していたのでは製品の通り数が3の10乗通りになってしまい、できません。 で、受検パターンを減らすために認証機関に助言をお願いしたのですが・・・ ACアダプターに実装されているトランスの寸法図と透磁率を提出するように指示を受けました。 ○トランスの透磁率というものについて詳細情報のソースがあれば教えてください。ネットで検索したところトランスのコアの透磁率の話は出てくるのですがトランス自体の透磁率という概念が見つけられません。 ○トランスの透磁率を実施できる試験機関を教えてください。  県の研究機関に問いあわせましたが設備がないとのこと。 透磁率のデータがない場合の認証機関への必要費用が追加で発生し100万近くになる見込みです。 当初認証機関から頂いていた製品全体のS認証申請見積が100万弱、成り行き?で現時点で200万円近く払い込んでおります。そして、さらに100万要求された・・・ ACアダプターは第2項の基準に従い菱形PSEを取得済です。また、S-TUV認証も取得済です。 現時点で透磁率提出の指示を出した認証機関だけでなく、主な公的試験機関ではトランスの透磁率は測定できないと言われました。 大手電機メーカーの技術者に相談すると、認証機関の要求が間違っている、といわれる始末で、大変困っております。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数55
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

 このようなケースで認証期間とやりとりしたことが無いので見当違いがあればお許しください。  コア材の透磁率(B-H特性)は,エアギャップの影響をできるだけ少なくするために,トロイダルコアで測るか,規定で定められた短冊状のコア材を井桁状に積層して測るものと思います。従って,ACアダプターのトランスのコア(おそらくはEIコア)そのものの状態では測れないと思います。とすれば,前の回答者のご回答の通り,トランスメーカー経由でコア材料メーカーからのデータ提供を求めるしか手が無いように思います。  ご質問中でも疑問をお持ちのことですが,「トランスの透磁率」とは解せない表現です。ACアダプター用に作られたトランスそのものを用いても,巻数や巻線抵抗が既知であれば,コアの励磁特性や損失特性は測定-算出可能と思います。コア材の板厚や素性がある程度特定できていれば,励磁特性と損失からコア材の素性を絞り込むことができると思います。このような過程を経て絞り込んだ材質の代表的な励磁特性を提示することで認証期間の要求するデータに代えることはできないでしょうか。       #1の回答者の方への情報提供の中ででもご指摘になっているようにトランスになった状態では,磁性体としてのコアの特性のひとつ・・・透磁率は直接的に測定できないと思います。 >巻数や巻線抵抗が既知であれば,コアの励磁特性や損失特性は測定-算出可能・・・・とは,無負荷のトランス巻線に定格周波数の交流電圧を印加して,電圧を変化させながら励磁電流と入力電力を測定します。巻数とコア断面積(鉄心枚数×板厚×鉄心幅)から,各印加電圧に対する磁束密度が求まります。コア損失は,入力電力からコイルの銅損を差し引けば求められます。磁束密度対損失の関係は,コア材のデータシート(板厚毎に特性異なります)から判りますので,磁束密度に対する損失の大きさでコア材の材質を推定できます。材質が特定できれば,透磁率に関するデータも付随してデータシートから判るはずです。 言葉で書けば,こんな流れです。計算式の基本は,電気磁気学の教科書に記されていますので,ご自身で納得のうえ計算することが最良です。 大昔に学生実験で実習した手順書でもあればいいのですが・・・・・。ネット上でわかりやすいサイトが見つかればご案内したいと思います。 認証機関は,日本国内の機関でしょうか? 海外の機関に認証を頼んでいて,翻訳上の問題が生じていることはないでしょうか。不要な心配であればいいのですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答がありがとうございます。 トランスについては構造図の提供を受けております。 恥ずかしながら私にはご助言の内容がかなりレベルが高く理解できておりません。 構造図の中身を再度確認し、励磁特性の算出?を試みてみます。 可能でしたら、特性算出のより詳しいフローを明示していただけいるとありがたいです・・・

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちは トランスのメーカーを調べて メーカーから情報をもらうのが正常な流れです。 メーカーは持っているはずですし 認証の際は部品の情報を提示してくれるはずですので部品メーカーに、有償 無償を含めて 直接相談をしてみると良いと思います。  追記します。 ACアダプターで認証が通っているのなら ACアダプターの認証がある証拠を提示すれば問題ないと思います。 認証のとれているものの確認なのであらためて第3者がやるべきことでもないような気がします。 この場合は 掲示板で聞くよりも先に ACアダプターのメーカーに直接問い合わせるべきです。  内容を読みました。 お困りのようですね。 >当該ACアダプターは併用部品も含めた状態で国際規格、さらにS-TUV >取得済み、経済産業省の菱形PSE認証も受けております。 >このような状況からメーカー担当者も認証機関の指示に疑問を抱いている >状況です。 一般に 電気用品安全法などでも 直流電源の規格では 負荷のある無しで規定があり 他の規格では それにEMC EMIが絡みますが 一般には規格基準に合わせてトランスメーカーが出す資料で済むはずです。 今回の透磁率が必要か不必要かは認証機関によるのかも知れませんから他にもあるのなら他も確認したほうがよさそうですね。 部品については、機器製造などで使う側で特性を知るためには実際に計測をしたり他の計測値から計算で数値を出すしかないので本来は余計な手間だと思います。  本来なら作っているメーカー側からそのような情報は出していただくのが通常の流れだと思います。 たとえば 他の電気部品での話では 基板などの材料の誘電率など材料に絡む資料は材料自体をわかっている基板メーカーから出してもらうものであって、パターンを形成している基板屋さんが出すものではありませんから基板屋さんもメーカーに問い合わせて資料を出してもらいます。 トランスについても アダプターを製造したメーカーに問い合わせてトランスを製造した部品のメーカーから資料をもらうのが流れだと思います。 どの認証機関に聞いても そのアダプターのトランス固有の透磁率のデータが必要といわれる場合はそうするしかありません。 国内のメーカーであれば 部品メーカーであれば出してほしいと話せば出ると思います。 大手メーカーさんに聞ける環境にあるようですから相談されて良い結果が得られると良いですね。出してもらえるならデータを渡すだけなのでしょうからあまり 他が出していないから出さないと かたくなになることもないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ACアダプターのメーカーは中国のメーカーになります。また、アドバイザーとして助言をくださっているのは国内大手の家電メーカー技術者になります。 ACアダプターのメーカーには継続して依頼をかけておりますが、すでにこの件以外に各種データを提供いただきました。S-TUV認証の証明書、試験レポートも含まれます。 認証機関はその資料を見た上でレポートの中の併用部品リストの部品について、サンプルの提出と併用部品を実装した状態での試験を受けるよう指示を受けました。 しかし、当該ACアダプターは併用部品も含めた状態で国際規格、さらにS-TUV取得済み、経済産業省の菱形PSE認証も受けております。このような状況からメーカー担当者も認証機関の指示に疑問を抱いている状況です。 さらに、国内の別な認証機関と常々やりとりしている国内メーカー技術者も指示内容がおかしい、認証機関を変えるべきだと主張されており、現在私が抱える状況を解決に向かわせる助言が得られておりません・・・。 ACアダプターのメーカーからはすでにトランスの仕様書に相当する資料の提供を受けました。インダクタンス、DCR他、トランスの仕様書としての資料になっているのですが透磁率なるデーターは記載されておりません。 参考に国内大手電機メーカーのトランスの仕様書も入手しましたが透磁率は記載されておりません。さらに公的試験所に透磁率測定の可否について問い合わせをかける中で複数の試験官がトランスの透磁率は通常測定しないはず・・・という意見を聞きました。 明日、国内大手電機メーカーにトランスの透磁率の提供が可能かどうか確認してみます。むろん、ACアダプターのメーカーには継続してデータ提供を依頼いたします。

関連するQ&A

  • 電気部品の構造図、材料リストの書式例を教えてくだ…

    電気部品の構造図、材料リストの書式例を教えてください。 ACアダプタを内蔵した製品で第三者認証取得を申請中です。 ACアダプタは中国製で菱形PSEを取得済みです。 現在、認証機関からACアダプタ内部基板に使用しているトランスとラインフィルターについて構造図と材料リストを出すように指示を受けてます。 ACアダプターメーカーに依頼をして、使っているトランス、ラインフィルターについて部品メーカー、部品名、取得している認証のリストを出してもらいましたが認証機関からはそれだけでは情報として不十分であり、構造図と材料リストを出すよう再度指示されました。 認証機関からは特に指定書式はないし、サンプル書式もないとのこと。 一方でメーカーからはどのようなレベルの情報が必要とされているのか分からないと言われており、困っております。 トランス、ラインフィルターについて、認証取得の際に出す、構造図、材料リストなるものの書式例などご存じでしたら教えてください。 類似部品の構造図、材料リストを実際にメーカー見せて同じレベルの資料をACアダプターに作成依頼をしたいです。

  • ACアダプターの不良品 分析について

    海外製のACアダプターを販売しています。 過負荷防止装置が内蔵されているタイプになりますが、過負荷防止機能の働くタイミングにかなりばらつきがある可能性に気がつきました。 ハンディテスター、クランプテスターではデータがうまくひろえておらず困っております。 ○ACアダプターについて、ばらつきがそもそもあるのかどうか確認したい。 ○ばらつきがある場合、ACアダプターに実装されているどの部品が原因なのか特定したい。 電気製品(ACアダプター)不良の分析、対策検討を引き受けてくれる企業があれば教えてください。

  • 製品に対する認証費用の処理

    この度ある新製品を売り出すことになりましたが、売り出すにはその製品が統一規格に合致している旨のお墨付きをもらう必要があり、検査機関による製品の認証が必要となりました。 この認証費用の扱いですが、一時費用として原価算入した方が良いのでしょうか? それとも繰延資産とした方が良いのでしょうか? ちなみに認証の有効期限はなく、製品寿命も現時点では不明です。

  • ロシアへ輸出する場合の準拠規格

    産業機器をロシアへ輸出する場合に準拠するべき規格・・・についての情報を広く収集しています。 具体的には、制御装置や電源トランス、サーボモータといった電機機器に的を絞って知りたいのですが、どなたか同様の製品をロシア向けに製造・輸出された経験がおありの方、ご教授願います。 今のところGOST-Rという強制認証を取得する必要がありそうだ。ということは判ったのですが、日本国内でその手助けを依頼できそうな第三者認証機関を探すところで頓挫しています。代表的な認証機関でUL-APEC、あるいはJQAを当たってみたのですが、あまり色よい返事がもらえてません。この認証を取得するために手続きや役立ちそうな情報がありましたら、これも教えていただけると助かります。 宜しくお願い致します。

  • オープンショート試験の方法について

    今年で社会人2年目となります23歳の新米エンジニアです。 宜しくお願い致します。 本日先輩から、「今度オープン・ショート試験をやってもらうから」と 告げられ、オープンショート試験について調べたところ、部品の端子を開放または短絡してその挙動を調べることとありました。 そこで、電源回路設計に携わっている方などにお尋ねしたいのですが、 端子間短絡時にはジャンパー線で短絡させればよいのでしょうか? 電界コンデンサがショートモードで故障した時を考えると、部品を外してしまってパターン間を短絡したほうがより実際の故障時に近いように考えるのですが、部品実装状態のまま短絡させるのでしょうか? トランジスタやトランスなどではまた状況が違うようにも思えます。 なにか方法に決まり等はあるのでしょうか? 事前に予習をしておきたく、質問をさせて頂きました。 皆様、ご教授宜しくお願いします。

  • 透磁率の測定方法について

    全くの初心者です。 客先から「ソレノイドで材料の透磁率が測定できるよ」と言われました。 色々調べましたが、それらしき情報が入手できませんでした。 どなたかお分かりの方、ご教授願います。

  • 洗浄乾燥後の製品水分量残量を測定する方法

    組立てた製品を洗浄乾燥後にどの位水分が残っているのか調べたいのですが、検査機関でも測定できないと断られました。 大きさはφ300で厚みが30mm(重量約3kg)の組立製品で、カシメの隙間や部品の合わせ間に残った水分を調査したいのです。 いろんなHPを訪ねメーカーと相談しましたが、乾燥重量測定法では製品が重すぎて精度が出ない、カールフィッシャー法など溶液を使うものも製品の大きさでNG、真空乾燥も水分量と真空時間の関係が不明な点と中真空以上の能力が必要と現在のところ使えそうな方法がありません。 洗浄方法を変更するのに評価として残水分量で比較したいのですが、部品の隙間に残る水分をみるため解体したこともあります。しかし最中に乾いてしまったりで手段がありません。 どなたか、専用試験機でなくても構わないので残水分量を測る方法、若しくは代替えで見れる方法をご存知の方、教えてください。 補足説明します。 現時点で残水分量は分かっておらず、洗浄乾燥前後での重量比較は洗浄前製品の異物も加わるので評価に使えません。 今回乾燥方法を変更するのに残水分量を比較したく、差がないことを確認するのが目的なんです。 なんせ、完全乾燥してる状態のレベルが分かっていないので...情報不足で申し訳ありません。

  • 液晶モニターの電源部で必要な電圧や電流は、一般的にどれくらいでしょうか

    液晶モニターの電源部で必要な電圧や電流は、一般的にどれくらいでしょうか? 液晶モニターの電源部が故障し、自力で直そうと考えています。 ACケーブルには異常は無いが電源ランプが点灯せず、基板が見えるまで分解しテスターで部品を一つ一つチェックしていくと、基板実装型のトランスに問題ありました。 形状はコアが縦ではなく横になっているタイプです。 1次側には数十kオームの導通がありますが、2次側は無限大。 どこがで巻き線が断線しているものと思われますが、トランスを分解して巻き直すことができません。 (分解して戻せるかも心配) できれば交換したいのですが、情報が少ないためメーカーや仕様も分かりません。 (「CA 6003-0266」「LSE 0607」とだけ印字) (サイズは29mm*29mm*20mmくらい) 基板のパターンと部品で確かめていくと1次側はAC100Vは明らかで、2次側には二つの電圧を出力しておりトランスの近いところに、耐圧24Vと16Vの電解コンデンサが付いています。 片方はバックライト用のインバータ用で、片方は液晶パネルの画像表示用のようです。 予想ではトランスの2次側は12Vと8V、または12Vと10Vくらいだろうとは思いますが、経験が少ないため定かではありません。

  • 安全規格(UL/CSA)の部品変更について

    いつもお世話になっております。 安全規格の認証について困っております。 どなたかアドバイス頂けると助かります。 まず状況としまして 製品の申請者:顧客(海外) 製品の製造者:当社(日本) 販売名称は顧客のブランドネームで販売。 当社は設計~製造までを行っているOEM会社です。 申請者が申請している製品モデルは既に安全規格を取得している状況ですが、重要部品がいくつか変更になっている為、レポートの改版を行っている最中です。 申請者は規格の証明機関より、レポートの改版を行うに辺り、いくつかの質問事項が投げかけられ、その内のいくつかが、当社に投げかけられています。 その質問の中に、 ある重要部品の許容条件の詳細が記載された規格(UL/CSA)レポートが必要とあったのですが、この許容条件の詳細が記載された規格(UL/CSA)レポートというのがどういうものかイメージがつきません。 ULやCSAのHP等に掲載されている部品認証レコード(イエローブック等)とは別のようです。 ここでのレポートとは、重要部品が規格を取得した際のテストレポート等を指しているのでしょうか? どなたかご経験のある方でアドバイス頂ければと思います。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 透磁率

    交流におけるコイルの透磁率はなぜ周波数が上がると 低下するのでしょうか… 教えてください!!