• ベストアンサー
  • 困ってます

規格不明の歯車について問い合わせ

昭和初期の製造の減速設備修理依頼で図面に歯車諸元が書いてあるのですがモジュール、圧力角共に記載が無く、あるのはC=1106?。H=32.64?。又Mc=18。NO=142。と小歯車の項目が歯数=9。外径=130.85。歯根径=44.72。及び大歯車が歯数=90。外径=1031.37。歯根径=404.99。と記載されていますが取引のある歯切工場では「理解できない」との回答で困っています。客先はどうしてもこの図面のまま再現を望んでいます。加工時間はかかっても何とかしたいのですが諸元の解説だけでも指導戴きたいのです。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数364
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#230359
noname#230359

諸元設定までの過程をご説明します 大歯車外径 φ1031.37 歯数 90より モジュールを概算する D=mz OD=m(z+2)  より m=1031.37/92≒11.21 参考 昭和40年代で実際に採用されていたモジュール例 時計          m=0.1382 カメラレンズシャッター m=0.224 ダイヤルインジケーター m=0.1592 などがあります 通常歯数の大きな大歯車側は転位を施さないと仮定する JISの第1系列で近いモジュールは 10,12 JISの第2系列で近いモジュールは 11 となり合致しない ホブで歯切りする事を考慮すると10か12になるが算出数値と かけ離れるため11を敢て選定する z1=9、z2=90、m=11、α=20°,a=562の条件で演算開始 ここで、α=20°z=9の場合切り下げが発生するので 切り下げが起きない限界転位係数を設定する x1=0.4736に決定 この数値にて計算すると中心距離が不足するので大歯車にも プラス転位が必要となる(先の過程を棄却する) 逆演算によりx2=1.2918の解を求める ここで得た中心距離は a=561.99983・・・・ 誤差は充分ネグレクトできる値である 以上の数値より各諸元を再計算する 確認の為中心距離を歯数比で内分すると 51.0909:510.9090となり 先に計算した噛合いピッチ円の2分の1つまり半径に合致する このときの誤差は0.00003である 転位係数はx=の形で演算出来ない為逐次近似で行なっています これにより大歯車の噛合いピッチ円直径は 1021.81788となり この数値を大歯車歯数90で除すると 1021.87/90≒11.35の数字が導かれる この数値は先に仮定した11.21に比較的近く更に大である また、この時の噛合い圧力角は24.43°となります もしm=11.35、α=24.43のホブが存在すればそのまま 加工できる歯車になります現実には存在しないはずです モジュールが若干大きくなり、材質も良くなっている現在なら 提示申し上げた諸元で加工は可能と判断します 気になるのはm=11のホブがあるかという点です当方手持ち無しです そうなるとm=10かm=12での再設計になります 先回提示した諸元はバックソルバーとニュートン方による演算結果です 検算した結果小数点以下2桁までは保証できます 以上の結果をCADで歯形作図を行ないましたが歯形干渉は無いようです 今後とも、宜しくお願いします バックラッシはホブの追い込みで対応してください 実際加工される方が詳しいと思います

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細に検証していただきありがとうございます。大変参考になりました。今後ともよろしくお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

少し見難いんですが 再計算してみました 現状の機械設備で加工した場合の仮定です 近くの加工やさんとご相談なさってください 数値は参考程度にお考えください 計算値 小歯車 大歯車 モジュール m 11 基準圧力角(deg) α 20 歯数 z 9 90 転位係数 x 0.473599997 1.2918 またぎ歯数 zm 2 13 またぎ歯厚 W 53.66029333 429.503632 転位係数の和 x1+x2 1.765399997 インボリュートα' invα' 0.027885254 かみあい圧力角(deg) α' 24.4348807 速度比 i 0.1 歯数の和 z1+z2 99 中心距離補正係数 y 1.590893855 中心距離 a 561.9998324 基準円直径 d 99 990 基礎円直径 db 93.02956946 930.2956946 噛合部のピッチ円直径 d 102.1817877 1021.817877 歯末の丈 ha1 14.29003241 23.29023244 歯丈 h 22.83043244 歯先円直径 da1 127.5800648 1036.580465 歯先円圧力角(deg) αa 43.18182126 26.17304581 歯先円弧歯厚 sa 5.478606393 8.432664678 歯底円直径 df1 81.91919993 990.9196 円弧歯厚 s 21.07103824 27.62264806 歯厚の半角(deg) ψ 12.19476324 1.598647629 弦歯厚 s-bar 20.91231064 27.61906415 弦歯丈 ha-bar 15.40698976 23.48289941 歯溝の半角(rad) η 0.121322696 -0.007899464 追記 バックラッシは零で計算しています

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

面倒な試算までしていただき本当にありがとうございました。早速取引先の歯切メーカーに連絡して加工段取りの検討したいと思います。また困ったことがあれば相談しますので宜しくご指導願います。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ご提示戴いた情報でCAD作図してみました なんとなく歯車の形は形成できましたが 噛合いの動作になると心配です どちらも円弧歯面とのこと回転がスムーズには 行なわれないと思われます ただ、昔の機械は慣らし運転があったから お互いに馴染んでうまく回ったんでは無いでしょうか この歯形の歯車を作れというのは現状の技術では 制約が多く難しいと思います(規格が邪魔して機械の設定が出来ない) 一番気になる重要な中心距離が提示されていないのが 気がかりです 入力軸径、出力軸径、ギヤ比を合わせられて 新規設計のほうがよろしいのではないのでしょうか 色々書きましたが、お役に立てなくて申し訳ありません 差し支えなかったら 中心距離を教えていただけますか 条件を更に狭めて再計算して見ます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私もcadで書いてみましたが結果は同じでした。厄介な質問をして申し訳ありませんでした。尚、中心距離の記載は図面上にありました。有難うございました。 度重ね有難うございます。明確ではありませんが作図していたら図面記載の「C=562ミリ」とあるのが中心距離ではないかと思います。ちなみに「H=20.7ミリ」が歯高では?「NO=103」は想像できません。宜しくお願いします。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

昭和初期に採用(検討)されていた圧力角 この時はロシヤが優れた研究を行なっています (戦車の歯車に応用されている)   10°   14.5°   15°   17.5°   20°   22.5°   25°   30° があります 現在は特殊用途を除き20°に規格化されています 今再計算すると18°でtosiyukiさんが述べられた 小歯車はφ95.91基円 大歯車はφ959.06基円の文言から 小歯車  φ95.95674384 大歯車  φ959.5674384 の近似値が逆算されました このときのm=11.210543 です どうも、圧力角もモジュールも特殊のようです 更に、再計算してみます 歯先円弧寸法がマイナスになる 両側から挟み撃ちの計算をしても 矛盾します どうも分からない せめて基準円 基礎円等が確定して 現物寸法が提示されればもう少し 踏み込めるのですが 加工方法の指示は無いのですか ホブ切りかフライス割り出しかによっても 歯形が微妙に異なります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ここまで詳細に解説していただけると助かります。なんとか前に進めそうです大変有難うございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

私も回答(1)のDM氏と同様に、色々と計算してみました。 圧力角は14.5°で、更にインチ系寸法とにらんで行ってみましたが、 近い数値になっても、そのものズバリとは行きません。 もう少し、現物を測定しての情報が欲しいなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご尽力有難うございました。何とか先が見えてきたようです又よろしくお願いします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちわ 推理して逆算してみます 確定諸元           |  小歯車   |  大歯車     モジュール     |        ?          圧力角       |        ?          歯数        |   9    |   90     転位係数      |   ?    |    ?     invαb     |        ?          かみあい圧力角   |        ?          中心距離増加係数  |        ?          中心距離      |        ?          基準円直径     |   ?    |    ?     基礎円直径     |   ?    |    ?     かみあいピッチ円直径|   ?    |    ?     歯末のたけ     |   ?    |    ?     全歯たけ      |   ?    |    ?     歯先円直径     | 130.85 | 1031.37  歯底円直径     |   ?    |   ?      不明諸元 C=1106mm H=32.64mm Mc=18 NO=142 歯根径=44.72 歯根径=404.99 推理逆算諸元 メートル系モジュールと仮定して逆算結果           |  小歯車   |  大歯車     モジュール     |  11.21054347      圧力角       |       20°         歯数        |   9    |   90     転位係数      | 0.3445 |    0     invαb     |    0.017437       かみあい圧力角   |     21.035°       中心距離増加係数  |     0.33609       中心距離      |      558.689      基準円直径     | 100.895| 1008.949 基礎円直径     |  50.447|  504.474 かみあいピッチ円直径| 101.57 | 1015.79  歯末のたけ     |  14.97 |   11.21  全歯たけ      |  25.12 |   25.22  歯先円直径     | 130.85 | 1031.37  歯底円直径     |  80.59 |  980.23  時間が無いので検算していません もう一度検算してみます 計算精度小数点1桁?有るかな モジュールを採用しているか又はDPかは分かりませんので モジュールとしました歯形は標準並歯インボリュートと仮定 KHK様カタログ計算式にて演算しています あくまで参考数値に留めて下さい 歯数が9枚なので必ず転位しているはずの思い込みで 演算しています減速機なので歯型係数強度等の精密な 計算は必要です、これについては確認していません 半端なモジュールを再計算して現行のホブに合致するか 検討してみます 圧力角14.5°でも検討中です20°ですと歯先とがりに 成るようです 昭和初期だと14.5°が採用されているかもしれません 結論としてインチ系で圧力角14.5°のようです その当時を推測するとJISが確定していないので 歯の各部寸法の数値も決まっていなかったようです 因みに頂隙は現在標準で0.25mですが当時は 数値に幅があったようです こうゆう事は個人的には好きなもんでやってます 考古学みたいで好奇心がそそられます インチ系モジュールと仮定して逆算結果           |  小歯車   |  大歯車     モジュール     |  11.21054348      圧力角       |       14.5°         歯数        |   9    |   90     転位係数      | 0.354  |  0.018     invαb      |    0.017437       かみあい圧力角   |     15.99699° 中心距離増加係数  |     0.353840664       中心距離      |      558.888      基準円直径     | 100.895| 1008.949 基礎円直径     |  97.681|  976.811 かみあいピッチ円直径| 101.62 | 1016.16  歯末のたけ     |  14.97 |   11.21  全歯たけ      |     25.02     歯先円直径     | 130.85 | 1031.37  歯底円直径     |  80.59 |  980.2 歯車の計算で面倒なのは変数の中に変数が入るところです 何度か試行錯誤して転位係数を近似値として演算しています 外径が近くになるように試算した結果です さらにホブを決めて新たな転位係数の再計算が必要です 圧力角の規格が14.5°から20°にインチ系がメートル系に なっている現在 これだけ大きな歯車を当時の規格で製作できるところは 限られると思います JISすらDPは旧規格になり載っていません 現状に近い速比モジュールを決めて新規に設計するほうが メンテナンスが容易になると思います 一番近いモジュールが第二系列でm=11が有ります もう少し計算してみます 多分当時ではインボリュート曲線の描画が出来なかったものと思われます 現在でも円弧近似で描画するソフトもあります(殆ど円弧近似かもしれません) 現状のインボリュート歯車の計算式で計算すると歯先円弧幅が5.47に なります現物と違うようですね 検算してみます 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

面倒な質問に早速丁寧な回答していただき有難うございました。もっと図面記載の詳細を報告すべきでしたが最悪状態に劣化した図面で判読が困難な為数値は明確に表現できませんでした。圧力角部分についてはインボリュートでもサイクロイドでもないのでわかりません。大歯車はφ959.06基円上から歯元直径φ989.97(歯元幅24? 歯先幅10.5?)を始点としR200で歯先までのR歯面。小歯車はφ95.91基円上の中心点で歯先(歯先幅6?)を始点としR40。同じ基円上の中心点で歯元(歯元幅21.5?)を始点としR20でR40につながる2つのRで歯面が出来ています。説明が下手で理解できにくいかもわかりませんが可能な範囲で追加指導いただけたら幸いです。

関連するQ&A

  • 内歯車について

    下記諸元の内歯車は歯車として成立するのでしょうか? 歯数:36 モジュール:1 転位量:-0.25 KHKの歯車計算ソフトを使用して上記諸元を入力したのですが、 歯先円が基礎円より小さくなり転位係数が0に戻されてしまいます。 歯先圧力角を計算しても計算できませんでした。 非常に初歩的な質問かもしれませんが、 ご存知の方ご教授お願いいたします。

  • ミニチュア歯車

    探しています。 細かい箇所の機械部品に、かさ歯車の小さいのが必要なのですが、なかなか作ってくれるところが見つかりません。どなたか作ってくれそうなところをご存じありませんか? 参考までに諸元は、 モジュール0.3 大外径5mm 角度は11度  です。 材質は焼き入れ鋼 個数は最低10個 ワイヤーカット放電加工で作ってみましたが、歯面の面粗さが粗いのでいまいちです。 2万回転くらい回したいので、ある程度の精度は面粗さも含め精度はほしいです。

  • ミニチュア歯車

    探しています。 細かい箇所の機械部品に、かさ歯車の小さいのが必要なのですが、なかなか作ってくれるところが見つかりません。どなたか作ってくれそうなところをご存じありませんか? 参考までに諸元は、 モジュール0.3 大外径5mm 角度は11度  です。 材質は焼き入れ鋼 個数は最低10個 ワイヤーカット放電加工で作ってみましたが、歯面の面粗さが粗いのでいまいちです。 2万回転くらい回したいので、ある程度の精度は面粗さも含め精度はほしいです。

  • 内歯車の諸元表の歯先R 歯元R について教えてく…

    内歯車の諸元表の歯先R 歯元R について教えてください。  資料によって、歯先 歯元 の位置がてれこになっています。 内歯 と外歯 での違いかと思いますが、JIS等で規格とかあれば教えてください。 質問の内容が初歩で、どうもすみませんでした。 現在、ギヤのソフトでインボリュート歯車を作成してますが 通常、外歯車の 場合では大径側が歯先円直径で歯先R、小径側が歯元円直径で歯元RをRの指定がある場合は、指定しますが 内歯車ではどうでしょうか。 現在、使用しているソフトで内歯車の設定のビトウィーン径を指定し大径側に 歯先円と歯先R、小径側に歯元円と歯元Rを指定しています。これは間違いでしょうか? 外歯車の資料はあるのですが、内歯車の資料がないので教えていただきませんでしょうか。 内歯車では大径が歯元(底)円、小径が歯先円となっているのでしょうか? 現在使用しているソフトでは大径を歯元円、小径を歯先円にすると作成できません。 めちゃくちゃな形状になります。 どうか宜しくお願いします。

  • 小モジュール歯車の噛み合いの乗り上げ

    モーターの回転を小モジュールの歯車をかいして 回転した歯車が斜面に沿って、軸方向に動く機構 になっているのですが、軸方向のストッパーに 突き当たった時に、ギアが噛み合い反力により 軸間が押し広げられてしまいます。 ストッパーに当たってから、無理矢理回され ギアの噛み合いが歯先に寄っていき、軸間が 広がって行き、ギアが回らなくなります。 モジュール、軸間などの諸元により、広がり易さ が変化するのでしょうか? m=1.15、圧力角=20° です。

  • 遊星歯車の選定と強度の計算

     お世話になります。  現在遊星歯車機構を用い、樹脂製の減速装置を設計しておりますが その際の樹脂の選定も含め強度の確認方法を模索しております。  成形業者からも、設計必要トルク等を図面に明記くださいと言われております。  当方専門では無いので、理屈は解るのですが設計に関し素人なので 是非御教授願えればと思います。  現在設計している構造は    内歯歯車が固定で入力トルクは15kgf・cmの遊星歯車キャリアです  よって出力が太陽となります。  要目として  内歯車 モジュール 2 歯数 30  遊星歯車 モジュール 2 歯数 10 3個使用  太陽歯車 モジュール 2 歯数 9   その際に、遊星歯車の肉厚、材料等を設計するにあたりどのくらいのトルク?と言うのでしょうか?歯あたり強度と言うのでしょうか?  が知りたいのです。    お忙しい中恐縮ですが、御教授いただければ助かります。  宜しくお願いします。

  • 三次元CADで歯車の歯形を描くことについて。

    こんにちは。 模型用のプラ歯車で、既製品でちょうどよい歯数の歯車がないため、 3D図面データを起こして3Dプリンターで作ることを思いつきました。 知り合いに噛み合う相手のプラ歯車の実物を渡し、「これと同じ歯形の歯車を歯数を変えて 図面を起こしてほしい」と頼みました。しかし、いざ出来上がったデータを見ると、 歯車の形が一致していません・・・(思わず腹が立ちました・・汗) Autocadを使っているらしいのですが、実物とは似ても似つかない歯形になってしまい とても困りました。 そこで、歯車の歯型を描いたとか歯車部品など実物のトレース&図面データ起こし 経験のある方質問です。 ・三次元CADで歯車の歯型を正確に再現するのは、なぜ難しいのでしょうか? ・実物の歯型は「インボリュート歯車」と言うそうなのですが、CADソフトによって  描くのが簡単とか難しいとかなどの得手不得手があるのでしょうか?

  • 転位はすば歯車のバックラッシ

    お世話になります。初心者です。 歯直角モジュール3、歯直角圧力角20°、ねじれ角21.5°、 小歯車19T、大歯車55Tの組み合わせで、 中心距離を120とした転位はすば歯車を製作します。 ここで、中心距離が199.5まで変化しても大丈夫な バックラッシの求め方がわかりません。 また、小歯車をS45C、大歯車をMCナイロンとするのですが、 転位係数の振り方はどうすれば良いのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 機構学・歯車の問題がわからないことだらけです。

    機構学の問題でわからないことがたくさんあります。 つめ車を歯車と同じに考えて解く問題です。 軸の受けるトルクT=300kN・mm 許容曲げ応力σa=30MPa 以上の条件で (1)つめ歯数z=20のとき、つめ車の円ピッチpc 答え 37.5mm (2)つめ車のモジュールを計算して、外径d 答え 240mm (3)歯面に生ずる面圧p 答え 10.1MPa という問題です。 (1)の値が分かれば(2)は解けましたが (1)と(3)は調べてもどうにもわかりません。 (1)の設問の下に参考が載っていたので それも貼り付けています。 わかる方いらっしゃれば、、 よろしくお願いします。

  • 転位歯車の外径

    転位歯車の外径につきまして,次のような疑問があります。 下記のような2種類の歯車のカミ合いで、まったく同じ数値(m,Z,α)の歯車が 相手歯車の転位係数によって外径が違ってきます。 (1-a) z=10 x=0 OD=12.00 (1-b) z=20 x=0 OD=22.00  のカミ合い (2-a) z=10 x=0.2 OD=12.382 (2-b) Z=20 x=0 OD=21.982 のかミ合い  全て m=1、α=20 とします。 これは、どの参考書、計算ソフトでも同じ結果なので間違いと思うのですが。 ただ、(2-b)の歯車は標準歯車であり、(1-b)とまったく同じものなに なぜこのようになるのか理解できず、疑問に思っております。 その上、図面も2枚書く必要があり、加工屋さんにも理解してもらことにな るのでしょうか。  以上ご教授ねがいます。