• ベストアンサー
  • 困ってます

加工穴径に対するエンドミル径

いつもお世話になっております。 今回、新規のお客様よりお仕事を頂くことになったのですが、新しい分野のため、どのように加工すればよいのか分かりません。 S50Cで300角の厚みが115の生材に穴径31.15交差±0.015の加工が4箇所あります。(穴径は都度変更します) 穴径交差は重要、面租度は見た目が良好で爪が引っかからなければ良いといわれました。 お客様の方では加工はされておらず、担当の方も最近担当になったばかりで、詳しいことは分かりませんといった感じでした。 この加工を行うのに、ドリルで下穴→エンドミルφ20で中仕上げ(取りしろ0.1程度)→D社のミラーラジアスφ20で仕上げといった順序で加工をしようと思っていますが、私の考えで大丈夫でしょうか? 縦型MCで水溶性の切削材をかけて加工するつもりです。 心配なのは、穴径に対してエンドミル径が大きい気がするのと、このような加工に対して、もっとも良い加工方法は?といったところです。 ここで教えていただきたいのは、加工する穴径に対して、エンドミルの径はどれくらいが適切なのか。 皆さんなら、このような加工はどのようにされるかです。(加工機は立て型のMC限定でお願いします) よろしくお願いします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

(1)の方の回答と、重複しますが、BIGのカイザーをお勧めします。 1本の本体で、かなりの径まで、加工できます。 チップの取り付け駒を換える事で、可能になります。 交差ではなく、公差だと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 ボーリングでもそういうのがあるのですね。 もう一度カタログをみて検討し直してみます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

エンドミル仕上げだと真円度が出にくいです。 それとエンドミルが切れなくなってくると穴径が奥の方が小さくなりやすい かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 やっぱりエンドミルでは難しいのですね。 #1さんと#2さんにお勧めいただいたボーリングで再度検討してみます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>厚みが115の生材に穴径31.15交差±0.015の加工が4箇所 L/Dが3.7ですからこれならエンドミルよりボーリングでしょう 1.下穴 φ30スロアウエイドリル 2.中仕上げ φ30.6サーメットボーリング 3.仕上げ φ30.15サーメットボーリング が一番早いですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 ボーリングを使用したことが無いので詳しくはわかりませんが、 ボーリングですと、加工系毎に工具を用意しなければいけないと思い、エンドミルで考えました。 穴径が31.15だけでなく、30のときもあれば、35のときもあります。 そういった加工でもボーリングは有効でしょうか?

関連するQ&A

  • ボールエンドミルでの加工

    こんばんわ。 カマボコ形状を加工しました。Mastercamでサーフェス平行ツールパスで荒、仕上げ用のパスを組みました。 ピックフィードは仕上げで0.1に設定しました。 刃物はR2のボールエンドミルです。 加工機は最近導入したばかりの縦型マシニングセンタです。 加工終了後にワークを見てみると滑らかな面ではなく切削方向に線が入ったような跡ができていました。 指で触ってみると少し凸凹しています。 CADの時の面の張り方に問題があるのでしょうか? それともピックフィードを細かくする必要があるのでしょうか? 皆さんはこういう時どのようにされていますか?

    • 締切済み
    • CAM
  • 3D加工での工具選定

    3D加工をする上で使う工具はみなさんどのようなものを使っているのでしょうか? 現在3D加工の勉強中でして、3D加工は初心者です。 3D加工するワークで主はアルミ、たまに鉄もきますが…。 現在の私が行っている加工方法は…荒は大きい径のボールエンドミルでザクザク削り 中仕上げで小径ボールエンドミルに変えて切削、最後に仕上げボールエンドミルで加工。 という流れで2~3つのボールエンドミルで加工しております。 疑問は持ちながらも平面加工も最後の仕上げの小径でピッチ細かくしながら加工しております。 仕上げは1本の工具で切り込みも0.05~0.1くらいで設定して回してます。理由は複数の工具での仕上げはツール径誤差でスジができるのでは?とおもい1本で回してます。 上記の内容で加工しますと長時間の加工になってしまい、コスト的にもだいぶあがってしまいます。 おそらく外のところは違うやり方なんだろうなぁと思い、思い切って投稿させてもらいました。 私の推測ですが、ラジアスエンドミル(R付きエンドミル)を使用すれば早くなると考えております。 ボールより切り込みも深く、また幅も広いので荒などでは特に有効。 仕上げでもストレート部分は切り込み深さをボールより深く入れられるのでは? そして平面加工にも対応できるのではないか? 今、このラジアスエンドミルでの加工を検討しておりますが、この考えは間違っていませんでしょうか? また「3D加工でもフラットエンドミルを使うよ。」とか「ほかの工具使ってやってます!」などありましたら、アドバイスいただけるとうれしいです。

  • MCナイロンのエンドミル加工について

    おはようございます。いつもありがとうございます。 MCナイロンのエンドミルでの加工で質問があります。 MCナイロンをエンドミルで加工すると、なんか溶けたような面になり、 バリがものすごくでます。なんとかバリとりでとることはできるのですが、 これらを何とか改善できないかと思っています。 毎度毎度切削条件が多少違うんですが、ハイスのエンドミルで油類はかけずに加工しています。 ここをこうしたらよいなどアドバイスをいただけたらうれしいです。 よろしくおねがいします

  • ボールエンドミルでの穴あけについて

    R1.5のボールエンドミルでΦ6mmの穴をヘリカル加工したときに 穴がテーパ状(入り口穴径>出口穴径)になってしまいました. 現状ではゼロカットで対応してますが,テーパになる原理がわっていませんので 質問させていただきました 工具の倒れが原因とも考えたのですが,ボールエンドミルはバックテーパ(逃がし)があるので 加工深さが浅い部分でも深い部分でも切削関与長さは変わらず,切削抵抗も変化しないため 工具倒れ量も一定ではないかと考えています. クーラントはミストを使用しています. 加工手順は,荒加工→中仕上げ→仕上げで±5μm以内に加工するために仕上げ加工を数回行っています. 初心者でありレベルの低い質問で申し訳ありませんが,お願いいたします.

  • エンドミル加工でのチッピングについて

    金属加工についての質問です。 マシニングで、材料はADC12、水溶性の切削油を使用しております。 粗削りをφ10超硬DLCコートエンドミルで円がφ18高さ8mmのボス加工をしています。 仕上に別の刃物、φ10超硬DLCコートのエンドミル(強ねじれ)で円がφ17.95の円加工(CW)で高さ8mmで加工しているのですが、仕上の刃物が100ヶ~1000ヶほどでチッピングしてしまうときがあります。良いときで9000ヶほど加工できるときがあります。 切削条件は回転数1900送り220です。 原因として考えられることがありましたら教えて頂きたいと思っております。

  • エンドミルの加工条件について

    エンドミルのカタログにはそのツールの切削条件が記載されてますが、これに当てはまらない場合はどう考えるのですか? 具体的にいうと、 三菱の超鋼ボールエンドミルで切削条件の表は被削材が合金鋼や焼入れ鋼しかないので、アルミの加工をするときはどのような条件にするといいですか? エンドミル選定目安表にはアルミ合金にも○がついているので使えると思うのですが・・・ 加工機械は立型マシニングで、最高回転速度は25000まで回ります 1刃当たりの送り量や1分間当たりのテーブル送り速度の考え方のアドバイスをいただきたいです

  • 長穴加工のエンドミル倒れについて

    現在、タッピングセンター(ブラザーtc-r2a)でアルミ(A5052)の加工をしており厚み8ミリの材料に長穴(小判型貫通)の加工をしているのですが、交差が4.01~4.03までで表の加工面は4.02に寸法を出しても機械から外し裏面を確認すると4.04位になり倒れてしまいます。 加工手順としては下穴2.5で開けて3.5のエンドミルで突いてから2ミリづつ下げ上下させその後、ギリギリ迄工具を下げ径補正で粗びき、仕上げと2回、回しているのですが倒れてしまいます。工具の本数の都合上2.5のドリルで下穴を開けるしか無いのですが、やはり、3.9で開け、3.9のエンドミルで加工した方が良いのでしょうか?3.5のエンドミルも別部分の加工で使用しており3.5じゃないとだめなんです。使用工具は超硬四枚刃 回転、送りは色々試してますが何分、経験が浅いので熟練工の方ご指導お願いします。 説明文下手くそですがご容赦ください。

  • 穴径精度が出ません。

    材質はSS400 寸法は9T×40×65Lの材料にΦ25H7の寸法を出したいのですが穴径が楕円になってしまい出ません。 現状の加工方法です。 下穴:Φ24.5ドリル(ナチテーパーシャンク) 仕上げ:Φ18超硬エンドミル(OSG:WXL-EMS) 回転:1,600 送り:200 円弧で加工していますが寸法が0.02~0.03シリンダーゲージで計ると差があります。 解決方法等あればご指導お願い致します。

  • 高硬度材のエンドミル溝加工

    円筒形のワ-クを縦型マシニングセンタ-(同時3軸X、Y、Z、A)にてエンドミル溝加工(ねじ切りのようにリ-ドをきる)を行っています。 工程短縮の取組みとして、熱処理前に荒加工せず、熱処理後の高硬度材(HRC 60)からいきなり加工するというテ-マに取組んでいます。 よく高硬度材に適したエンドミルだと紹介されるものは、どれも側面切削ばかりで使えません。 加工形状は溝幅がだんだん狭くなったり、広くなったりするので、エンドミルのパス回数が多く、そのため工具寿命がかなり重要です。 特にエンドミルの底は常にあたっている状態のため、傷みやすいです。 ワ-ク材質はSLDに相当するものです。 高硬度材の溝加工に適したエンドミル(もしさしつかえなければ加工条件も)を教えてください。 よろしく、お願いします。

  • 荒加工用ボールエンドミル

    現在削り出しパーツの切削を行っているのですが、荒加工に使用しているラフィングボールエンドミルの消耗が激しくて困っております。 また、エンドミルの材質はハイスです。(超硬のものを探したのですがありませんでした) それに、加工方法の都合上(掘り込み加工みたいな感じです)、フラットエンドミルは使用できず、工具径も12mm以下の径のものまでしか使用することができません。 他の加工で使用している超硬のコーティングラフィングエンドミル(フラット)が調子が良いのでボールでも同じようなものを探しているのですが、荒加工用に適した高能率のものや小径のスローアウェイチップの工具があれば紹介していただきたいのですがいかがなものでしょうか? もしくは掘り込み加工でもフラットエンドミルを使用できる加工方法がありましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。