• ベストアンサー
  • 困ってます

SK材ロッドを焼き入れしたときの硬度について

SKロッド材を焼き入れする時のことについて教えて下さい。 ?SKロッド材は圧延処理する過程で、黒皮材が付いたまま圧延される  ので、不純物が表面層に多く含まれていると聞いております。  その為、全体焼き入れした場合、表面硬度が入らないと聞きます。  焼き入れでも真空焼き入れではなく、他の方法等をとればHRC60±2程度は  入るものでしょうか?   *切削した表面以外のところでは、入りやすいことは聞いております。  また熱間圧延と冷間圧延品とでも、差が出ますか? ?SKのロッド材は最近SK4材が一般に流れていると聞きます。  基本的にはSK3、SK4の焼き入れ条件は同じ条件で焼き入れされると  思いますが、同条件の処理で硬度に大きく差がでるものでしょうか? 教えて下さい。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 熱処理
  • 回答数2
  • 閲覧数7363
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

一般に、SKロッドと称されているものは、(1)熱間圧延---焼きなまし---冷間引き抜き-の工程により製造するものと、(2)前記工程の冷間引き抜き材を、さらにセンターレス研削を行うものがあります。冷間引き抜き材には、熱間圧延および焼きなましの際に生じた脱炭層が残存しているので、表面の焼き入れ硬さは低値を示します。これに対して、センターレス研削を行ったものは、脱炭層が研削によって除去されるので、かかる問題は生じません。         ご質問にある「冷間圧延」は、棒鋼(ロッド)の場合、ダイスによる冷間引き抜きの工程が採用されます。母材は、熱間圧延材を焼きなまし後、引き当てられますので、前記のごとく、熱間圧延材と同等の脱炭層が残存し、表面の焼き入れ硬さは低値を示します。                                                     真空焼き入れは、焼き入れ冷却速度が、比較的遅いので、焼入れ性 (焼きの入り易さ) が低い SK材の焼き入れには適さず、一般的には、塩浴またはガス雰囲気加熱後、水焼き入れを行う必要があります。                                                SK3, SK4,の熱処理条件と熱処理硬さに対する、JISの規定は下記のごとくです。   熱処理条件(SK3,SK4同じ) 焼入れ; 760-820'C水冷、焼もどし; 150-200'C空冷、  焼入れ焼もどし硬さ(HRC); SK3; 63以上。 SK4; 61以上。                                                                     以上、bonsukeさんの回答1の内容と重複するところがありますが、ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

?について 黒皮材を焼き入れた時に最表面の硬度がでないのは,おそらく不純物ではなく「脱炭」が原因しているのではないでしょうか. 焼入れによる硬度は鋼内に含まれる炭素量で決まりますが,黒皮材は熱間圧延/熱処理中に最表面近傍の炭素がCO2になって飛んでいってしまうため炭素量が少なくなり,結果的に焼入れ硬度が低い,または焼きが入らない状態になってしまうものと思われます. 黒皮材の表面を削り取ると炭素量の少ない部分がなくなるのできちんと焼きが入り硬くなります. ですから焼入れの方法は関係ありませんし,冷間圧延品は安全だと思われます. ?について 焼入れ(800℃弱)/焼き戻し(200℃弱)の温度はどれもほぼ同じだと思います.熱処理後の硬さや靭性はSK3とSK4で多少は違うはずです.(SK3の方が炭素量が多いので硬いはず)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • SKロッド材について

    SKロッド材はセンターレス品でも、黒皮材の熱間圧延~冷間引き抜き~センターレス処理に至るまでに 表面層の脱炭により表面層は硬度が入りにくいと聞いております。 どこかのセンターレス材メーカーで脱炭層をうまく除去してあるメーカーを ご存じの方、おいででしたら教えて下さい。 焼き入れでも塩浴でやればある程度の硬度は入ると聞いたことがありますが、 出来れば材料から検討したいです。 ※脱炭層の問題は次のことがいろいろ絡みあっているので  難しいかと考えています。  ? 黒皮材の黒皮の厚さ  ? 熱間圧延~冷間引き抜き までの部分で    どの程度落としているのか  ? 仕上げセンターレスでどの程度 落としているのか  これがうまく絡み合って、脱炭層が除去出来ているものが  あればいいのですが、径やメーカーによって様々だと思います。 焼き入れのことを考えて、製作しているセンターレス材メーカーが あればいいのですが。。。 教えて下さい。 有り難うございます。 追記させて頂きます。 センターレス材で公差が出ている外径部分はそのまま研磨 しないで使用したいという工程です。 ロッドというと 一般的には 研磨材=センターレス材として考えていますが、 これが  磨き = 引き抜き材だとすると脱炭層が残っている場合が あるのでしょうか? お教え下さい。

  • 焼入れ前のSCM430とSPCCの比較検証

     焼入れ前の材料規格JIS G 4053(SCM430)or(4130)と冷間圧延鋼(SPCC)の比較をどのような物性値・分析値・元素組成値で判別したらよいでしょうか?  表面は、バレル研磨処理を施してあり、外観上からは判別できません。 本来ならばクロムモリブデン鋼の4130を使用するはずが、焼入れ後も硬度 HRC40以上が出ず、HRB48しか硬度が出ません。材料選定をSPCCと間違ったのではないかと疑いを持たれています。加工は、レーザー切断後バレル研磨処理を行ったため、外観上は焼入れ材特有の黒皮が除去され、表面肌は冷間圧延鋼(SPCC)と近似しています。ちなみに板厚は、2.3tです。  

  • 焼入れ硬度の表示について

    焼入れ硬度の表示で、「HRC」と「HV」との表示がありますが、違いが分りません。 今までは「HRC」の方ばかり見ていたのですが、SK材の焼入れの事で「HV」というのを見ました。 御存知の方教えて下さい。また、参考になるものもあれば助かります。 宜しくお願いします。

  • SK3の焼入れ硬度と脆性について

    材質SK3でM10ネジを、焼入れ焼き戻し、硬度55±2で製作したところ、ナット締付けトルク20N・m程度で折損が発生してしまいました。 硬度は指定範囲に収まっていますが、脆性に問題があるようです。 調べたところテンパーカラー除去のため、酸処理をしていたようです。(確定ではないです。) 熱処理について詳しくないので下記3点を教えていただきたいと思います。 ? まず、SK3を硬度55±2で熱処理すること自体に若干疑問を感じていますが、この硬度で、適正な焼き戻し条件というものがあるのでしょうか? ? 「テンパーカラー除去のため、酸処理をすると、水素脆性のためもろくなる」と聞いています。「テンパーカラー除去のため」の適切な方法があれば、教えてください。 ? 硬度と強度を両立させるには、適正な焼き戻し条件で酸処理をしないということでよいのでしょうか? 以上、ご存知ありましたら、教えてください。 アドバイスを下さった皆さんありがとうございました。 その後の調査の結果、脆性の原因は、直接的には、酸洗い(塩酸)後のベーキング処理がされていないためと分かりました。 但し、今回の部品用途から、必ずしも、酸洗いが必要かどうか疑問があります。(以前はやっていなかった=>なぜやることになったかの理由が不明確です。) 客先へは、対策として、酸洗いの廃止(禁止)を報告する予定です。 なお、調査検証の過程で、酸洗いしない場合でも、焼き戻し温度からくる脆性の問題が残り、条件によっては、規定トルク21N・mの倍40N・mで破断するケースもあることを客先への問題提起とするつもりです。 あらためて、皆様に、お礼申し上げて、本件をクローズとさせていただきます。

  • 熱鍛品の表面硬度は焼入れ後の表面硬度に影響するの…

    熱鍛品の表面硬度は焼入れ後の表面硬度に影響するのか? お世話になります。 熱鍛品(S40C)を加工後、高周波焼入れをしているのですが、 熱鍛品の表面硬度は焼入れ後の表面硬度に影響するのでしょうか? と言うのも、同じロットの熱鍛品を焼ならしし、HB160とHB190の 2種類用意し、同じ条件で高周波焼入れした結果、 HRCで3ポイント差がありました。(N=20個平均) 素材硬度低→焼入れ硬度高という反比例の結果でした。 ちなみに、焼入れ硬度は焼戻しをしていない状態で測定しています。 いままで、焼入れ前の硬度が焼入れ後の硬度に影響するという 認識がなかったので、今回の結果が素直に飲み込めません。 ご教示頂きたく、よろしくお願い致します。

  • 板金材の焼入れ後、硬度について

    ご質問させて頂きます。 板金材の焼入れ後の硬度と、表面すべり性に関しまして調査しております。 図面要求仕様は・・・。   焼入れ後硬度 : 700HV0.1 バフ後表面粗さ : Ra=0.4 となっておりますが、この板金部品コストの中の70%くらいをバフ研磨費にとられております。焼入れ後に700HVの硬度が保て、バフ研磨工程を排除できる加工方法があれば是非ご教授頂きたいと考えておりますので、宜しくお願い致します。 表面処理に関しましては、電解研磨を調査致しましたが試験にてNGとなってしまいました。現在の使用板金材は、SK-5です。

  • HRC55、深さ20mm程度の均一な硬度の焼入れ…

    HRC55、深さ20mm程度の均一な硬度の焼入れ方法について 海外部品を調査していると、HRC55で深さ20mm程度の均一な硬度の焼入れを施している部品がありました。 当社では、高周波や浸炭を所有しているのですが、色々な条件でトライしても、なかなか同様の焼入れが出来ませんでした。どうしても表面硬度が上がってしまい、深くなるに連れて硬度が低下します。 どんな方法で上記条件がクリア出来るのでしょうか。 推測でも良いので、色々とご意見伺えたら幸いです。

  • SK4の適性硬度

    お世話になります。 現在、ワークの位置決めピンが折れて困っています。 材料はSK4、焼入れ硬度Hv650、表面処理は無し(バレル研磨のみ) 形状はφ1.2のピンにφ0.6×L4.0のピンを打ち込んだ2体構造の段付ピンです。 折れるのはφ0.6の根元です。 訳あって素材の変更は出来ないのですが、改善案として母材の硬度を下げて 靭性を上げつつ、表面処理等で耐摩耗性を持たせようと思っています。 この時に、ピンが応力を受けた際に曲がらずに折れるぎりぎりの硬度にしたい のですが、焼入れ硬度をどの程度に指示すれば良いのでしょうか。仮にピンが 曲がったままになるとワークの位置ずれの原因になり困ります。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 材料の区分について教えて下さい。

    鉄鋼材でよく聞く言葉で D 磨き 引き抜き センターレス ロッド  とありますが、 ロッドは黒皮材をそのまま冷間圧延or熱間圧延したものと 考えていいですか? D=引き抜き これは黒皮材をダイスで引き抜くものと考えていいですか? 磨き=センターレス なのでしょうか? センターレス処理品は上のD材などをセンターレス処理した ものという考えでいいのでしょうか? この辺りが頭の中で整理がついてないので教えて下さい。 基本的な部分で済みません。

  • レーザー焼き入れの焼き入れ深さについて

    従来は高周波焼き入れ焼き戻しをすることで金属表面の硬度を硬くしその後に仕上げ加工をしていました。近年レーザー焼き入れが世間で導入されてきているようですが焼き入れ深さは1mm以下とされています。熱処理歪みを抑えつつ焼き入れ深さを高周波並にすることは可能なのでしょうか? (SUS420J2調質材の表面硬度HRC50以上深さ2mm以上) 不可能であるならばその理由もご教授お願いいたします。