• 締切済み
  • 困ってます

工具の食い込み

プラ型でNC加工をしている者です。現在、FANUCのロボドリルα21iDを使用して高速加工主体で銅電極の加工をメインに行っております。形状がかなり複雑化しておりますので一回の加工で何本ものツールを使用しますがZ軸の伸び等の影響があり、本来平らになっていなければならない面に、ある工具が食い込んで段差(0.03程度)になっていたりして困っております。機械自体がそこまでの精度を想定して作られていないのもあるのですが、段取りやプログラムで何とかフォロー出来ないものかと日々格闘しております。何かヒントになるようなことをご教授して頂ければと思い投稿致しました。宜しくお願い致します。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ウチは、プラ型・プレス型をやっております。銅電極から複雑なキャビの加工をやっております。要求精度は±0.005です。 同じような経験があります。最近の高速MCは、高回転時のZ軸の伸びも補正された状態で加工できるようになってきていますが、完璧ではありません。 ウチの場合、±0.005には入るようになりましたので参考までに。 (加工機は、マキノV33 30000rpm仕様とマキノV33 20000rpm仕様です。) ?仕上げは、新品の工具で加工する。 ?フラットエンドミル使用の場合は、工具長補正時に0.002ほど上げる。  ボールの3次元プログラムのカッターパスとフラットの2次元プログラムのカッターパスが深さ方向に関してばっちり合いましたので。 (ボールエンドミルに比べフラットエンドミルは、若干食い込み傾向が  あったため 工具長測定機器に依存しますが。) ?暖気運転を十分に行う。 (加工機にもよりますが、ウチでは7000rpmにて30分以上)  また、あまり主軸を止めないようにする。 (プログラム入力時や設定時) ?加工機設置場所を恒温に保つ。 (季節を通して22℃~24℃内に保ってます。) ?加工機内・主軸・ツールホルダは清潔に保つ。 (当たり前ですが・・・(^^; )

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。やはりみなさんの意見を聞いておりますと暖気運転をしっかりするという意見が多く、暖気は行っていても段取り中で止まっている時間が多い等以外と盲点になっている箇所が多いのかなと感じました。再度、段取りの流れを含めて見直してみたいと思います。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

特に高回転になってくると、どうしてもZ軸はのびますよね~。 ウチでは、加工前の暖気運転でだいぶ改善されました。 機械にもよりますが、精度が必要な場合、10~20分は、やってます。 ちょっと、参考URLの話題とは、ズレがありましたでしょうか? こちらの、No4の投稿のほうが参考になりますでしょうか? http://www.kazuban.com/bbs/KazubanBBS/patio.cgi?mode=view&no=110 そうですね・・ 段差の原因が主軸の伸びだけだと仮定すれば、併せたい工具同士が 測定した状態と同じ状態で、加工ができればいいと思います。 おっしゃるように、暖気後すぐ測定、加工でもいいでしょうし、 回転数がそれほど違わなければ、暖気前に2本の工具を測定したとすれば、 両方とも暖気後に加工すれば、つじつまが合うのではないでしょうか? そういう意味では、最近精度もよくなっていると聞きます 非接触式の工具長測定器は回転しながら測定できますから 選択肢の一つかもしれませんね。 ウチは場合は接触式で自動測定器の誤差も出てきますから、 精度を出す場合は、一度削ってみてワークの加工面を測定し 最終工具長を入力しています。 テスト加工前に暖気をし、加工後測定し、最終補正をかけ、暖気をして 最終加工をするようにしています。 結構手間です・・・^^;

参考URL:
http://www.kazuban.com/bbs/KazubanBBS/patio.cgi?mode=view&no=70

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。参考URL読ませて頂きました。 暖気運転はその加工前だけやられているのでしょうか。解釈を間違えているかもしれませんが、工具交換するたびに暖気プログラムを回して自動工具長で測定してから次加工をするようにしているのでしょうか。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

補足要求です 今まで対策された内容とその結果が欲しいです その方が双方ロスがなくて良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。これまで対策した内容を補足させて頂きます。 1.高回転域を使用する工具はZ軸伸びを考慮し工具長を実際より少し浮かす。 2.仕上げを2回まわしているのですが、例えば仕上げ工程で仕上げ1、仕上げ2とある場合仕上げ1⇒1⇒2⇒2ではなく仕上げ1⇒2⇒1⇒2と回すようにする。 結果ですが、1は加工時間や様々な条件により結果が安定しません。2は言い方は悪いですがZ軸が伸びたら伸びたなりにそれぞれの工具がより近い状況で加工するのでかなり効果がありました。ただこれも加工時間が6時間を越えるようなものになってきますと徐々にズレが顕著になってきます。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

ウチではプレス金型の製作をしておりますが、NC導入直後はこういった問題が多々ありました。ウチでの改善策をいくつか挙げておきます。 1・エンドミル等の工具を出来るだけ新しい物を使うようにした。(再研磨したものも仕上げには使わない。) 2・中仕上げの回数を増やした。 3・仕上げ加工をする際、出来るだけエンドミルの径を細くし(形状Rによって使い分ける)出来るだけ1回に削る量を減らした。 4・Z軸に使用する測定器具を丁寧に使う。もしくは、精度がよいものを使う。 ウチではこれをすべて実行しています。 きれいな刃物(出来れば超硬エンドミルコーティングの新品)1本で仕上げます。 ただし、コーナーR(谷R)に関しては追い込めるだけ追い込みます。(+0.05ぐらい残す) 言い忘れましたが、ウチでは仕上げ加工をする際、必ず1日の最後に仕上げ加工が出来るように必ず段取りをします。電源を一度落として次の日に仕上げという段取りはしないということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 3番は1本で仕上げ可能な刃径のもので削ってしまうということでしょうか。

関連するQ&A

  • フラットエンドミルの加工条件

    プラ型屋でNC加工を始めた者です。最近、会社でファナックのロボドリルという高速加工機を購入しました。フラットエンドミルの加工条件をどれくらいで設定したら良いのかわからなくて困っています。どういったことを考慮して決定したら良いか、ご存知の方アドバイスをお願いします。

  • 快削鋼テルコ材について

    プラ型屋でNC加工をしております。細い電極等を製作する際、弊社では銅の代わりにテルコ材を使用しております。(銅とほぼ同等の性質で加工性が良いため)ただ問題がありまして、材料屋に注文しても海外からの取り寄せなので時間が掛かるということと、板厚が30のものしか無いということです。30以上の板厚が手に入る所をご存知の方いらっしゃいましたら教えて頂けますでしょうか。宜しくお願いします。

  • 切削油、ミスト、エアブローの違い

    プラ型屋でNC加工をしております。切削油、ミスト、エアブローといくつか種類がありますが、それぞれどのような特性があるのでしょうか。単純に考えるとエアブローが油も必要なく良いように思いますが、もちろんそれだけで判断出来る物ではないと思います。ご存知の方がいらっしゃいましたらご意見お願いします。加工は入子や電極の形状切削がメインで高速加工主体でやっております。

  • タフピッチ銅の加工について。

    現在、ファナックのロボドリルにてタフピッチ銅の加工をしているのですが刃物の持ちが悪くエンドミルの磨耗が激しいです。径補正も頻繁にかけている状態です。 超硬・ハイス・銅用などいろいろ試してみたのですが・・。 タフピッチ銅は純銅より加工が容易だと聞くのですが、銅の加工とは刃持ちが悪いのでしょうか?

  • 加工物に縞模様が入ってしまう

    NC加工をやっている者です。昨年FANUCのロボドリルという高速加工機を導入しました。寸法は出るのでそれなりに満足しているのですが、形状によってワークのX0,Y0付近に縦に縞模様が入ってしまうことがあります。改善する良い方法はありませんでしょうか。加工は等高線で、アプローチは最初にヘリカルで進入しその後は加工終了まで退避していません。

  • 銅のバリ

    金型屋でNC加工をしている者です。電極を製作するのに銅を加工していますが、天面等の平らな面を引いたあと外形等の側面を加工するとその境にほんのわずかですがバリが出てしまいます。完全にバリをなくすのに注意しなければならない点は何でしょうか。

  • 放電加工の電極材の選定

     はじめまして。  私は、今まで小物の放電加工には、銅を材料とするものと決め込んでいました。 技能検定のときなどでも、小面積のとき(電流値が低いとき)や、面粗さを良くしたいときには、電極消耗との関係を考慮して、実用上銅を使うのがベターであると 学んだ記憶があります。  しかし、アメリカに来ると事情がまったく違い、グラファイトを主体に電極を製作しています。おそらく、銅対グラファイトの比率は、日本とほぼ反対になると思います。  私どもは、加工物が小面積の、面粗さ58μmRy狙いのものが主体なので、グラファイトから銅に電極材をシフトしてきました。  しかし、(しかしが多いでしょうか?)最近になりグラファイト電極材でも、銅とほぼ同様の消耗、面粗さを出せるものがあると耳にしました。(東洋炭素とPOCOで出しているようです)これは、ワイヤーカットもできる材料で、厚さ0.15mmの電極をワイヤーカットで作ったものもあるそうです。  電極製作を切削や、研削を使って行うことを含めて考えると、何だかグラファイト材の方がトータルコストが安くなりそうな気がします。(電極材自体は高いんですけど)  そこで、どなたかグラファイト電極を使った小物で精密な加工をした方がいらしたら、どのような製品精度、電極消耗、面粗さであったか教えていただきたいと存じます。  また、専門の方でグラファイトに詳しい方がいらっしゃいましたら、是非ご意見を伺いたいと存じます。  宜しくお願い致します。

  • ロボドリルの加工能力について

    私は一人でプラ型製造を自営しております。  今はマシニング一台をリースで使っていますが、 固定費の負担を減らす為に、入れ替えを検討していま す。そこで値段が半分程度のロボドリルでNAK55 程度を加工できれば機械リース料が半分になります ので検討しています。  インターモールドでファナックの担当者でたずねた ところ加工サンプルも有り、加工できる、と言われ ましたが、以前のテープセンターでは、アルミ程度 とか穴あけタップしか実用的ではない、と聞いてい ましたので、やや疑っています、実際にロボドリル を使っている方がおられれば、実際の能力を教えて ください、  今の加工では、NAK55を超硬5Rエンドミル で荒3軸加工 55Cハイス16Φでポケット加工が、一番重切削 の程度です。

  • CAMデータの作り方

    CAMについては全くの素人です 現在ファナックのロボドリルの3軸+B軸のマシンが会社にあります。これまでは簡単な加工でしたので対話型でプログラムを直接入力してきました。最近3DCADのソリッドワークスを導入しました。このソリッドワークスのデータからCAMソフトでロボドリルで加工するデータつくり、そのデータをロボドリルに流し込み加工データとしてそのまま使用できるように思うのですが、考えているだけで実際どのようにするのかわかりません。どなたか御教え頂きたく御願い致します。 又もし、よいCAMソフトがあればご紹介ください。

  • ツール認識してくれません

    ファナック製のロボドリルを使用していますが、ツールが付いているにも関わらず 『EX1005』 主軸にツールがないので指令不可 『EX1006』 主軸にツールが付いていません このように表示され加工ができません 解決方法を教えてください