• 締切済み
  • 困ってます

合金アルミプレートの面取り加工

マシニングセンターの加工にて 素材A5052の板状のプレートにM4ミリネジタップを数百箇所の穴あけ加工を しますがドリルの巻き傷や面取り加工の巻き傷が付くと見かけ上で 不良になってしまう。従って材料で納入された時に表面にビニルが貼ってあり そのまま加工に入りますがビニルの粘着質が面取りカッターの加工が 回転しながらなのでビニルが溶けてカッターへ附着してしまい 刃物の先端が切れない状態になり面取りの縁にバリが生じ手作業で 取り除く必要が出てしまって時間のロスが出てしまい 何かマシニングだけで加工が完了する手立てがありましたら 是非とも教えて頂きたくお願い申し上げます。 *尚加工中のクーラントは水溶性切削油でしたが面取りに纏わり付くので エアーブローに切り替えました、がそれでも状態が改善出来なかった。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数187
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.5
noname#230359
noname#230359

切り子が巻き付かないようにするのが一番だと思います。 回答4の方がおっしゃっている事に近いのですが、G73の高速深穴サイクルを使用したらいかがでしょうか。 ステップを0.1~0.5位に設定してやれば切り子は小さくなり、絡みにくくなるはずです。 さらになるべく厚い切り子が出るように送りは出来るだけ速くしてください。 また、切り子の巻き付きが出にくいようにネジレが無い刃物を使うという方法もあります。 http://www.omikogyo.co.jp/omi/v_drill/index.html 大見工業のVドリルなどは直刃ですし、センターレスで加工ができるのでメリットが多いと思います。 面取りカッターと抱き合わせで使えばサイクルタイムの短縮にもなりますね。 ほかには1mm程度の薄板をワークの上に置いて共に加工する、という方法もあります。 切り子が巻き付いても薄板がビニールの代わりになって、ワークの傷付きを防ぎます。 いずれにせよ当方ならばビニールを取った状態での加工にします。

参考URL:
http://www.omikogyo.co.jp/omi/v_drill/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Formula-1様ご回答ありがとう御座います。 剥がす件に付きは下の項でありますが。 一応その大見工業のような直刃でビニルを貼った状態でトライしてみます。 1mmの板をワークに乗せるのも一考に思いますね。 但し量産なので何枚くらい対応出来るかがありますけど それと30種類のサイズがある事や1種でも10枚単位での注文なので やはりドリル選びが鍵を握るようですね。 ご回答ありがとう御座いました。

関連するQ&A

  • アルミ面に傷のつかないドリル加工は?

    アルミの板に貫通穴を開けたいのですが ドリルのキリコで穴の周りに丸く傷がついてしまい 対処方法を探しています。 ワーク:アルミ63S 形状:t20の板 穴径:Φ3.4(M4タップの下穴) 工具:OSG EX-SUS-GDR 切削条件:VC=40>S3700      f=0.1>F370      G83 2~4mmのステップ加工        (ステップ量を変えても効果なし)      水溶性切削油スピンドルスルー 機械:立型マシニングセンタ 今までは加工面にシールを貼って対処していました。 今回は穴がワークの淵にありクーラントの勢いではがれたりしてしまます。 シール無しでも傷のつかない加工方法はありますか? よろしくお願いします。

  • マグネシウム切削においての切削油

    マグネシウム切削においての切削油の選択について、 お聞きしたいことがあります。 水溶性切削油で加工を行なおうと思うのですが、 ミストオイル使用のマシニングセンターでの加工は、 危険でしょうか?

  • アルミの小径深穴加工について。

    アルミの穴あけ加工をしているのですが構成刃先に困ってます。 アルミに3φの穴を深さ20?あけます。 使用機械はBT40主軸、max6000回転のマシニングセンタです。 一つの製品に3φ深さ20?の穴が10個あり、それを3000個ほど加工しなくてはいけません。 センタースルーがないので外部給油です。 切削油は水溶性のカストロールシンタイロ9902を使ってます。 ドリルはミスミ製のTAC-ESDRA3.0と、タンガロイ製DMX0300FLを数本購入して、条件を変えながらテストをしています。 加工条件はS5000F700ノンステップ加工です。 G73で5ミリステップやG83で5ミリステップなどいろいろ試しましたが10穴終わってドリルを見ると見事に構成刃先になってしまいます。 なるべく穴に切削油がかかるように調整してやっているのですがうまくいきません。 おすすめのドリルや切削条件等教えてください。

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

ビニールははがして、ステップで穴をあければ、如何です? ビニールがあるから問題が発生するのでしょ? 巻きつかないようにすれば、問題ない筈? DLCコートのドリルを使えば、解決しませんか? 周速を上げれば、ステップでも送りを上げられますから、 加工時間はそれ程、かかるとは思いませんが? 切子を、チップにしてしまえば、巻きつかないと思いますよ! でなければ、最初に面を取る。 90度のセンタードリルを使う。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

KIYOHIKO様、ご回答ありがとう御座います。 ビニルの補足説明を怠りました、どうもすみません。 ビニルを剥がしてやりたいのですが上面加工後、下面加工もありまして ビニルが無いと傷になる為そのまま剥がさずに加工してるんです。 一旦剥がして別のビニルを貼ってから下面をやろうとしましたら 素材製造メーカーのビニルは粘着が良いんですが私どものビニルも 同等のものをしてるんですが、どうもメーカーさんは熱で圧延処理をして ビニルを貼っているように思われます。 それで私どものビニルは水が附着すると粘着がなくなってしまい 加工するためのセッティング時点で剥がれてしまいますので やはりメーカーさんで貼ってある状態が適正におもわれます。 もう少し粘着質のあるビニルを貼り付けたところ剥がすと粘着質が残ってしまい アルマイトに斑が生じ製品にならないんです。 取り敢えず螺旋のもたないドリルでセンターもみをやってみる事にします。 どうもありがとう御座いました。

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

ではオイルホールドリルを90度に研磨しエアーブローしながら面取りすればどうでしょうか

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Gally様度々のご回答ありがとう御座います。 その方法もトライしてみますね。 どうもありがとう御座いました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

アルミ切削は、刃先にアルミが溶着しないようにするのがポイントです。EMやTAチップにDLC(ダイヤモンドライクカーボン)をコーティングして、ご質問の課題を克服されている事例があります。

参考URL:
http://www.nippon-itf.co.jp

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Mr DLC様 ご回答ありがとう御座います アルミ素材そのものは長時間磨耗により附着しますが ビニルは新品の面取りカッターでもすぐに附着してしまい 刃物としての役目を果たしてもらえないので 色々な素材の刃物(例えば超硬、チタンコート、Vコート、セラミック)等 を使って参りましたが多少の改善はみられるものの 決め手となる程の効果が得られないのが現状でビニルを剥がして 加工したいんですがドリルの巻き傷が不良となるので 少し困っております。 情報ありがとう御座いました

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

状態を見ていないので推測です、熱の発生を抑制すれば良いように思います。 1.切削量が多いと解けるので現状の面取りと別に仕上げ(ばりとり程度)の面取り工具で仕上げをする。 2.切削速度を現状より落とす。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Gally様ご回答ありがとう御座います。 1、はM4タップ下穴85%の3.4mm径ドリルを使用していますが 面取りの負荷軽減の為予め5mmドリルで3.8mm径までの大きさで 突いています。 2、切削の周速はステンレス素材並みの回転で処理してますが 粘着してエアブローで附着カスを飛ばしていますがエアブローノズルを もっと近接にしたいのですが工具交換のクリアランスの為近づけられない のがネックなようです。 ご回答ありがとう御座います。

関連するQ&A

  • 深穴加工時の切削油

    初めて質問させていただきます。 φ3のオイルホール付き超硬ロングドリル(リード長100mm全長140mm程度)を使用して、深さ85mmの穴を加工を考えております。 被切削材は、SCM415です。 内部給油を用いる際、切削油の粘度が吐出量に関係すると思いますが、 やはり粘度の低い水溶性切削液になってしまうのでしょうか? クーラント圧は7Mpで、水溶性・不水溶性どちらにも対応可能です。 お勧めの製品、情報があればご教授願います。

  • 銅の深穴加工

    純銅にφ5mm深さ90mmの止まり穴を、月産8000穴あけるとします。 超硬オイルホールドリルと、高圧クーラントを使用し、 油性の切削油で、加工能率を上げることは可能でしょうか。 油性切削油の場合、加工点に切削油が到達しにくいと聞いたことがありますが、 水溶性の切削油を使うと、銅の変色が激しいため、出来れば油性の 切削油を使いたいと思います。 また、銅の加工の場合、ハイスはすぐにへたってしまうので、 工具材種は、超硬が必須です。 この方法は、現実的でしょうか? また、高圧クーラントはどれくらいの圧が必要でしょうか? 高圧クーラントの加工設備および経験が無いため、経験者のご意見を 頂ければ幸いです。 以上、宜しくお願いいたします。

  • 肌にやさしい水溶性切削油ありますか

    マシニングセンタで水溶性切削油のユシローケンEC51を使っていますが、自分は肌が弱くかぶれたみたいになります。特に、スピンドルスルーで加工した後、扉を開けますと、噴霧状になった切削油が顔につき、肌荒れします。ミストコレクターも付けようと考えていますが、切削油剤を変えてみたらどうかと思うのですが、どなたか肌にやさしい水溶性切削油剤お使いの方いませんでしょうか。マシニング始めて間もないため、言われるままユシロを選んだのですがよろしくお願いします。

  • アルミの切削油残渣

    アルミ加工において切削油の選定について教えて下さい。 当方は初心者です。 現在、私どもは以下の条件で加工を行っています。  ・アルミのNC旋盤加工  ・不活性型不水溶性の切削油(非塩素系)  ・給油方法はミスト噴射 当方は、切削面に残る油の残渣を限りなくゼロにしたいと考えています。 (ドライ加工、加工後の洗浄は避けたい) 含有物が少ない切削油を選定中ですが、良くわかりません。 当方の条件に合うようなものがあれば、お教え下さい。 尚、優先度は 不水溶性>>>水溶性  以上、よろしくお願いします。

  • アルミ加工用の切削油

    アルミの押出材の加工用の切削油を探しています。 重視項目として ・水溶性のタイプ ・臭いが少ないこと ・交換頻度がなるべく少ない方がいいです ・アルミが変色しないこと コストはあまり気にしません。 お勧めの物がありましたら、 メーカー名、型番、アドレスなどを教えてください。 よろしくお願いします。 もう一つ、アドバイスをお願いします。 被素材に関係なく以下の重点項目でお願いします。 水溶性で、 1.臭いが少ない事 2.製品に付いた油の処理が容易な事 3.切削油の交換頻度が少ない事 価格、コストは気にしません。 よろしくお願いします。

  • マシニングセンターの不水溶性切削油

    マシニングセンターのメーカーからは水溶性切削油を使ってください と注意書きがありますが、 不水溶性切削油はダメなのでしょうか? (前回、色々とアドバイスいただき、ありがとうございました) もし、不水溶性切削油でも良い商品があればアドバイスをお願いします。 重視項目として、 ・臭いが少ない ・交換頻度が少なくてすむ ・加工物に付いた油の処理が楽である ・アルミが変色しない 加工物はアルミが主で、たまに鋼もする予定です。 価格は高くてもかまいません。 よろしくお願いします。

  • アルミ加工について

    今まで樹脂の加工を専門にやってきたのですが アルミの加工を相談され困っています。 形状は10mmの板圧にボスが立ったり、穴加工 があったりと簡単な形ではあります。 設備はファナック製のロボドリルを使用している のですが、専門が樹脂のためクーラントはエアーブロー のみです。 簡単な加工を一つ取ってみても、アルミ加工に切削油 なしでは不可能なのでしょうか? とりあえずは今の設備で色々と試してみようかと思っては いるのですが、少しでもアドバイスが頂けたらとココに 投稿してみました。 よろしくお願いします。

  • マグネ材の加工

    マグネ材(AZ91D)の加工に取り組んでいます。 加工内容は、マシニング+水溶性切削油での ミーリング、ドリリング、タッピングです。 アルミ材(ADC12)に較べ、切削抵抗が低いことより、周速を上げて加工しようかと思っていたところ、マグネ加工は、周速よりも、送りを上げるのがいいという話を聞きました。 1.生産性を上げる方向での加工条件は、どうすれば良いでしょうか。 2.被削性等、注意すべき点がありますでしょうか。

  • 真鍮を加工する時の切削油

    みなさん こんにちわ 近々、NC旋盤で真鍮を加工するのですが、切削油はどうゆう物を使用したら良いのですか? ちまみに現在はアルミを加工していて水溶性の切削油を使用していまが、同じ切削油では加工出来ないでしょうか?                  よろしくお願いします。

  • 真鍮加工で機械の汚れが酷い。

     真鍮加工専用に一台マシニングを使っています。 機械の汚れがひどく困っています。改善の方法はないでしょうか?  切削油は不水溶性です。特に油受けの中がタールを固めたようになり、 オイルポンプの手前の油とキリコを分ける網のカゴが目詰まりをおこし 切削油の循環が悪くなり困っています。 御回答よろしくお願いします。