• 締切済み
  • すぐに回答を!

透磁率の測定方法について

全くの初心者です。 客先から「ソレノイドで材料の透磁率が測定できるよ」と言われました。 色々調べましたが、それらしき情報が入手できませんでした。 どなたかお分かりの方、ご教授願います。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数353
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

質問の意が、汎用のソレノイドで測定する意との前提で、目安程度であれば1例として、ソレノイドの電圧-電流関係式:e=N*dφ/dt=N^2*p*di/dt、正弦波では:E=N^2*p*2πf*I(p:パ-ミアンス):p=A*E/I、A=1/(N^2*2πf)=定数、ア-マチュアを取り外せるソレノイドを準備して、そのア-マチュアと全く同一形状の被試験品を準備します。ア-マチュア無し(p0=A*E/I0)、既設アーマチュア装備(p0+p1=A*E/I1)、被試験品装備(p0+p2=A*E/I2)の電圧(一定)と電流を測定します。これより、p2を算出し、(p2/断面積)*長さが透磁率になります。このとき、試験電圧は磁気回路が飽和しない範囲、アーマチュア形状は円柱状が好ましい、漏洩磁束が少ないこと、力率小、ア-マチュア吸引側固定などが注意事項。検索キーワードとしては、「電磁石、トランス、磁気回路、透磁率、パーミアンス、磁気抵抗」など。書店では電気機械、電気機器の範疇と思います。 なお、透磁率計自体で環状磁気回路を持つソレノイドで、試料側の2次コイルの電流を測定するものがあり、その意かもしれません?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 透磁率の資料

    精密に磁場測定したい案件があって治具を作るのに金属材料の(比)透磁率を調べています。他にもいろいろ条件があって複雑なのですが透磁率の値が調べにくくて困っています。(非透磁率が1に近い物) 金属元素および合金の透磁率を調べるのにお勧めのWebサイト、参考文献、ハンドブックなどありましたらご推薦ください。 また、SUS304などは、加工誘起マルテンサイトにより加工度によって透磁率が変化しますが、他の金属材料についても磁気的に特異な性質を有するものがあればそれらの情報についてもお願いいたします。

  • トランスの透磁率測定を受託先を教えてください。

    ACアダプターを内蔵した電気製品のS認証にあわせて、内蔵されているACアダプター実装部品の併用部品申請をしました。 部品を併用するカ所は10カ所、1カ所に付3種類程度の併用部品です。 全てのパターンを実装して受検していたのでは製品の通り数が3の10乗通りになってしまい、できません。 で、受検パターンを減らすために認証機関に助言をお願いしたのですが・・・ ACアダプターに実装されているトランスの寸法図と透磁率を提出するように指示を受けました。 ○トランスの透磁率というものについて詳細情報のソースがあれば教えてください。ネットで検索したところトランスのコアの透磁率の話は出てくるのですがトランス自体の透磁率という概念が見つけられません。 ○トランスの透磁率を実施できる試験機関を教えてください。  県の研究機関に問いあわせましたが設備がないとのこと。 透磁率のデータがない場合の認証機関への必要費用が追加で発生し100万近くになる見込みです。 当初認証機関から頂いていた製品全体のS認証申請見積が100万弱、成り行き?で現時点で200万円近く払い込んでおります。そして、さらに100万要求された・・・ ACアダプターは第2項の基準に従い菱形PSEを取得済です。また、S-TUV認証も取得済です。 現時点で透磁率提出の指示を出した認証機関だけでなく、主な公的試験機関ではトランスの透磁率は測定できないと言われました。 大手電機メーカーの技術者に相談すると、認証機関の要求が間違っている、といわれる始末で、大変困っております。

  • ソレノイドコイルの考え方

    研究で、鉄やコバルトなどのまわりにコイル(銅線)を巻いたとき、その物体内部を通る磁場を計算する必要があります。 ある参考書に 「1cmあたりの巻き数が20の長いソレノイドに10Aの電流を流したとき、その中心部につくられる磁束密度は、 B=μnI(B:磁束密度 μ:透磁率 n:巻き数 I:電流) より、B=(4π×10-7)×(20×100)×10     =2.5×10-2【T】」 という例題がありました。 ※上記の(20×100)は、メートルあたりの巻き数にする必要があるからと判断しました。 この考え方を適用しました。 例題は空気中(真空中?)ですが、自分はそこに材料をいれようとしています。なので使用する材料の透磁率を代入しようと考えました。単純にそう考えましたが合っていますでしょうか? 問題中の「長いソレノイド」というのも気になっています。 今回自分が製作しようと考えているのは、径数mm・長さ数十mm程度の材料(鉄やフェライトなど)に、Φ1mm以下の銅線を数百回程度、巻こうと考えています。 実際に計算してみると「透磁率3000の物体にコイルを100回巻き、1mAを流すと物体内部の磁束密度は30000T」という非常に疑わしい結果になりました。 (B=3000×10000×0.001=30000【T】) 真空中(空気中)であれば、透磁率「4.7×10-7」の10-7が効いて、実際に想像しやすい値になるのですが(例題)「1mAで30000T」となると、とても信じがたいです。 本当は実際に製作してみて実際に測定が出来ればいいのですが、材料の内部の磁界が知りたいので測定手段も分かりませんでした。 考え方・計算方法・単位などで何か間違ってる部分がありましたらどうかお教えください。 「合ってるんじゃない?」という場合も一言いただけるとありがたいです。 宜しくお願い致します。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

ソレノイドで(初)透磁率μiacを測るのは無理でしょう。Bms(飽和磁束密度)なら簡単に測れますが。 (初)透磁率μiacを測るには、その材料でリングコイルにしたものが必要です。リングコイルで測定して補正値を掛けるようです。詳しくは調査中です。 解答1の方法で、ソレノイドの材料のμiacを測ろうとしても無理なのは磁路長が不明だからです。磁束はコアから空気を通ってコアに入るので等価的な磁路長はうんと長くなります。空気の等価的な磁路長が支配的になってしまい、材料のμiacは誤差の中に入ってしまいます。 「この解答だけでは役に立たない」の方に自身あり

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

>客先から「ソレノイドで材料の透磁率が測定できるよ」と言われました。 >色々調べましたが、それらしき情報が入手できませんでした。 通常のソレノイド・コイルでは、空中に分布する磁束の計算が複雑で 磁束やインダクタンスは、教科書に載っているように簡単には求まりそうにないと思われます。 理論的には、磁気抵抗から透磁率μを計算します。 ?起磁力測定;励磁電流×励磁コイル巻数。 ?磁束の測定;ソレノイドの鉄心に細いエナメル線状のサーチコイルを巻いて 発生する電圧からソレノイドの磁束を求めます。 磁束Φ=E÷(4.44×サーチコイル巻数×周波数)で求まります。 ?磁気抵抗は、?÷?になります。 磁気抵抗Rm=磁路長/(透磁率×磁路断面積) 理屈の上では、インダクタンスからも求まります。 インダクタンスは、透磁率に比例しています。 L=透磁率μ×磁路断面積×巻数n^2÷磁路長 ただし透磁率は、起磁力の影響を受けて変化するので、 オープンの磁気回路での正確な透磁率計算は、ほぼ不可能と思います。 ものの本には、エアギャップは大きな抵抗になって磁束を下げると言われています。 少しのギャップでも、磁束は大幅に減って、1/10や1/20などと書いてもいます。 しかし、少々のエアギャップがあっても磁束の大きさは変わらず、 ソレノイドコイルの鉄心はチャンと吸着するのを経験的に知っています。 先般、変圧器のエアギャップの質問を出していますが、 変圧器のような磁気の閉回路すら、教科書に書いてある内容と実測が違います。 エアギャップで、鉄心の磁束密度を下げると言われています。 しかし磁気抵抗が上がるので、インダクタンスが小さくなって励磁電流が増え、 エアギャップで減ったはずの鉄心磁束がエアギャップ無しの時の値に戻っています。 よく判りませんので、調べるのにもう少し時間がかかりそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 気体誘電率の測定方法

    理科年表によると20℃の乾燥空気で比誘電率が1.000536と書いてあります。他の気体の値も調べられていますがこれはどういう方法で測定されたのでしょうか。 簡単に考えるとマイクロ波の空洞共振器の中を真空と気体を入れたときの共振周波数の差で測定すれば良いようにも思いますが、これだと 誘電率と透磁率の区別が出来ないのではと心配してしまいます。また 赤外領域まで同じとも書いてありますが測定で確認されているのでしょうか。 コンデンサの容量を測定することによって誘電率を出すことは可能のように思われますが精度がそこまで得られるのでしょうか。特に周波数特性が心配になりますがどう処理しているのでしょうか。 どなたがご存知の方是非ご教授お願い申し上げます。

  • 深い穴の測定

    今日客先で聞いた話ですが、深い穴の測定に樹脂のような物を溶かしていれて、それを取り出してから測定するという方法を聞きました、どのような物かご存じのかたおりましたら、ご教授願います。

  • カバレッジ測定の方法

    ソフトウェアテストを学び始めた初心者です。ソフトウェアテストの一つとして、カバレッジ測定があると思います。 カバレッジ測定の意味などは、書籍などを見てある程度理解できました。 しかし、実際に業務の中でカバレッジ測定をどのような方法で行うのかがわかりませんでした。カバレッジ測定用のツールなどを使用するのでしょうか。

  • ATR測定について

    今文献を読んでいるのですが、その文献ではATR測定をしています。 質問の内容ですが、 ATR測定をすることにより、材料の反射率が求まります。 その反射率から材料の屈折率を求めることは可能ですか? もし求められるなら、その材料の面内、面外の屈折率は求まるのでしょうか? さらに反射率から透過率以外の情報は何がわかるのでしょうか? ちなみに導波技術(?)を用いているそうです。 何か参考になる情報でもいいので教えてください。

  • ステンレスバネ材のキャンバー測定方法

    ステンレスバネ材(細幅 5~6?)のキャンバー測定方法についてどのように材料を押さえて測定するのが正しいのかご教授お願いします。 バネ材を細幅にスリットすると「Hや3/4H」など硬質な材料は「ネジレ」もあり 両端の押さえ方でキャンバー値が3~4?違ってきます。 どうやって押さえて測定するのが正しいのでしょうか? 私は、両端をキャンバー測定定盤にひきつけない程度に製品を上から軽く押さえて測定しています。

  • 製品測定について(機械検査)

    限界ゲージで、止り側は通り側より短いと機械検査の問題に表記されていたのですが 逆ではないでしょうか。試験を受けるのですが、測定に関しては初心者のため、 詳細に教えて頂きたいのですがどなたかご教授御願い致します。

  • ダイオードの特性の測定

    客先から、ダイオードの特性の測定で「デルタVR(⊿VR)を測定してほしい」との要望を受けたのですが デルタVRとは、具体的に何を測定すればよいのでしょうか? 技術のわかる方にご教授頂ければ幸いです。

  • 電解コンデンサに流れるリップル電流測定方法について

    アルミ電解コンデンサに流れるリップル電流量を知りたいのですが、 具体的な測定方法がわかりません。 初心者でもわかるように教えていただければ幸いです。 宜しく御願いします。

  • 測定器の選定と予算

    測定器の選定で迷っています。 お力添えを頂きたく投稿しました。 ピン(φ10)形状の品物のコーナーR1の測定で 客先より、製品のRの測定方法で、問題が発生しています。 客先では、コントレーサーにてRを測っています。 弊社では、投影機(2次元データ処理装置付き)で測っています。 するとどうしても、投影機のピントあわせとかの誤差で、 客先と大きく誤差が出てしまいます。 そこで、弊社でも新しい測定器の購入の検討に入りました。 第1候補、キーエンスのIM-65000シリーズを検討中です。      デモを見せていただき、使い勝手とピントの自動調整など      弊社に向いているような気がしました。価格もがんばればいけそうです。 第2候補 コントレーサーこれから情報を集める予定です。      価格がきになりますが大体いくら位の腹積もりでおればいいですか? それで質問ですが、どちらか一方でもいいので、 こうゆう使いにくさがあるよ。 とかこんな形状の測定精度が出にくいとか 実際に使っている人の悪い方の感想を教えていただきたいと思い投稿しました。 ご教授のほどよろしくお願いします。 長々とすみませんでした。

  • 圧延荷重の測定について

    金属材料の圧延の際に発生する荷重を測定するために、圧延機にロードセルを取り付けました。 実際に正確な圧延荷重が測定できているのかを確認するために、 メーカーに過去の測定データ、基準となるデータは無いかを 問い合わせたところそういったデータは無いとのことでした。 (最初に測定値の保証を織り込まなかったのがいけないのですが…) ロードセル自体の校正証明書はあるのですが、 それだけでは正確には測定できていることにならないらしく、 (ロードセルが接触している球面部品の出来などで正確に測定できていない恐れがあると言われました) 同じ圧延機で正確に測定できているデータ(世間一般的な衝となるデータ)と、 今ロードセルを付けた状態で測定したデータを比較してどうなのか、という評価をすることになりました。 圧延荷重を正確に測定できているデータはどのように入手すれば良いのでしょうか? そのような計測屋さん等があるのでしょうか? そもそも、圧延機に取り付けたロードセルが本当に正しい圧延荷重を測定できているかどうか、 どうやったら知ることが出来るのでしょうか? どなたかこの手の話に知見がある方、アドバイスでもヒントでも何でもいいのでご教授ください。 よろしくお願いいたします。