• ベストアンサー
  • 困ってます

透磁率の資料

精密に磁場測定したい案件があって治具を作るのに金属材料の(比)透磁率を調べています。他にもいろいろ条件があって複雑なのですが透磁率の値が調べにくくて困っています。(非透磁率が1に近い物) 金属元素および合金の透磁率を調べるのにお勧めのWebサイト、参考文献、ハンドブックなどありましたらご推薦ください。 また、SUS304などは、加工誘起マルテンサイトにより加工度によって透磁率が変化しますが、他の金属材料についても磁気的に特異な性質を有するものがあればそれらの情報についてもお願いいたします。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数3035
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

インターネットの検索でいくつかはすぐわかるのではないでしょうか? これらはいずれも無歪状態での測定でしょうね。実際はうんと悪くなっているかもしれません。 低C Ni,モネル,インコネル,ハステロイ,MC Alloy,SUS316L 等 → http://member.nifty.ne.jp/mnoguchi/myu.txt Ag,Pb,Cu,Al,Co,Ni,Fe等 → http://www.mogami-wire.co.jp/paper/physical-constants.html Fe-Ni合金 → http://www3.toshiba.co.jp/ddc/zaibuji/frame02_j.htm

参考URL:
http://member.nifty.ne.jp/okk/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

野口さんは三マテの方のようですね。桶川製作所の方にはハステロイ関係でお世話になったことがありますが既に本社に移動された後のようです。 たしかに、元素は断片的な情報ですがありますね。これらを総合するしかないでしょうか。SUS316も、結構幅がありますね。SUSはステンレス鋼のメーカーから加工誘起マルテンサイトの少ない鋼材の技術資料が手に入りましたのでよいと思います。 結局は、いろいろな条件で変わるし比透磁率の小さいところは関連する領域が狭いので最終的に自分で確認していくのがベストというところでしょうか。

関連するQ&A

  • SUS316L加工誘起マルテンサイト除去方法を教…

    SUS316L加工誘起マルテンサイト除去方法を教えてください マグネットの中で使用する製品で非磁性を要求する製品を設計・製作しています。 SUS316Lネジ既製品がない長さなので、材料から切削で製作したところ、加工誘起マルテンサイトによって磁性が出てきています。 磁性の除去方法をご存知の方教えてください。 また磁性が出にくい加工方法もあれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 永久磁石は何で出来ているのですか?

    金属元素の合金なのですか? 元素を組み合わせると、何故あのような磁性を持つのでしょうか?

  • ステンレス鋼の加工誘起マルテンサイトについて

    ステンレス鋼の加工誘起マルテンサイトについての質問があります。 いくつかあるのですが 1,ステンレス鋼SUS304を溶体化処理した後に表面を旋盤などの工作機械で加工する、または、切断する等の場合でもマルテンサイトが発生しますか? 2,加工誘起マルテンサイトにもαマルテンサイトεマルテンサイトがあるらしいのですが違いについて教えてください。 3,αマルテンサイトは体心立方が面心立方に相変態するので発生するらしいのですが、εマルテンサイトはどういうメカニズムで発生するのですか? 本当に困っているので回答よろしくお願いします

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#230359
noname#230359

連絡が遅れました。 1)透磁率(μ)とは ・磁場を透す程度をあらわし、一般的に μ<1.02 の場合「磁石につかない」目安と言われています。(よってμ<1.05は微妙な値です) ・電磁波を受け、磁性を帯び易い元素[Fe,Co]の含有量にて増加します。(よくわかりませんが、Ni量には無関係のようです ) ・Ni中に含まれる微量のCoにより変化するため、Ni量にも注意が必要です。(通常のNiめっき中にも、Coは35%含まれています) 2)銅合金の透磁率(μ)例 ・OFC:1.000006 ・DCu:1.000008 ・0.1Fe-Cu:1.00015(磁石につかない) ・2.3Fe-Cu:1.047(少し着く) ・3.2Ni-Cu:1.000008(着かない) 3)よって銅合金、Al,半田等は、合金中に微量に含まれるFe,Coに影響を受けます。 4)SUS304等の強加工他にて、相変態が生じる合金は、1)項に該当しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おおまかに、鉄が1%程度入ってくると数字上影響が出てくるようですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

代表的な強磁性材料の最大比透磁率μmaxは、電磁鋼板0.390、電磁厚板 0.115、パーマロイ30150 (いずれも×1000)です。これらの数字は歪のない焼鈍後の測定値です。加工したり、焼鈍しない状態では著しく低い値になります。実際に用いる状況が異なると、文献に載っている値はまったくあてになりませんのでご注意下さい。 また、μはSiやNiの合金元素を添加すると高くなります。磁化力(H)や周波数によっても大幅に変化します。使用条件を確認する必要があります。 例えば磁性焼鈍後のCo基アモルファスはH=1A/mでは2×10の5乗ですが、H=100A/mでは10の4乗に下がります。磁性焼鈍なしの場合、H=1で10の4乗、H=100で10の4乗、H=0.3では10の3乗です。 文献 J.IEE Japan,Vol.116,No.4,P208-212

参考URL:
http://member.nifty.ne.jp/okk/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

高透磁率材料はではなく、低透磁率材料の資料仮名kなかないので困っています。Al合金、Cu合金、各種SUSの違い、ハステロイ、半田、銀 等々。 非透磁率1.05以下のもので何がいくつくらいで加工や熱処理の影響もわかればベストなんですが。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

SOL さんお早うございます。 透磁率関連のメーカーのWEBを掲載します。 >また、SUS304などは、加工誘起マルテンサイトにより加工度によって透磁率が変化しますが、他の金属材料についても磁気的に特異な性質を有するものがあればそれらの情報についてもお願いいたします 磁石に反応する物は自然界には鉄とコバルトとニッケルしかありません。しかしニッケルはある変態点から急冷すると磁力に反応しなくなります。同じ含有量のニッケルを含んでいても昭和40年のニッケル硬貨は磁石に付きますが今のニッケル硬貨は付きません。

参考URL:
http://www.hayama-net.to/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

せっかく教えていただいたのですが、測定したいのではなくて物性値を調べたいということです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ステンレス鋼の応力誘起マルテンサイトについて

    ステンレス鋼の加工誘起マルテンサイトについての質問があります。 いくつかあるのですが 1,ステンレス鋼SUS304を溶体化処理した後に表面を旋盤などの工作機械で加工する、または、切断する等の場合でもマルテンサイトが発生しますか? 2,加工誘起マルテンサイトにもαマルテンサイトεマルテンサイトがあるらしいのですが違いについて教えてください。 3,αマルテンサイトは体心立方が面心立方に相変態するので発生するらしいのですが、εマルテンサイトはどういうメカニズムで発生するのですか? 本当に困っているので回答よろしくお願いします

  • 合金について

    金属元素の性質が合金の性質にどのように関わっていますか? 教えてください。

  • SUS304 加工誘起マルテンサイトについて

    おはようございます。専門外な事なのでお詳しい方、教えて下さい。 SUS304は加工硬化させると加工誘起マルテンサイト化して磁性を 帯びると聞きます。そのマルテンサイトを消失させてもとのオーステナイト 素地にするには、どの程度の温度まで加熱すればいいのでしょうか?

  • オーステナイト系ステンレス鋼について

    私は今、オーステナイト系ステンレス鋼で加工(応力)誘起マルテンサイトが生成されないものを探しているのですがご存知の方お教えください。 ちなみに、低温(77K)で加工してもまったく生成されないものです。

  • SUS301 バネ加工後の処理

    ステンレス・バネ鋼材(SUS301)の薄板(0.2t)を使用しバネ加工を行っています。 バネ性を向上させたいのですが、コスト面で材寸の変更は行いたくありません。 加工後の処理を最適にし、可能な範囲で向上させたいと考えています。 加工したものは加工硬化(加工誘起マルテンサイト)しており、教科書では低温焼鈍を行う事になっています。 ?バネ性を重視した場合は何℃位を狙ったら良いのでしょうか? ?この場合、温度と時間のどちらの要素が影響するのでしょうか? ?加工で生じた加工誘起マルテンサイトですが、工具鋼の焼入れで出来るマルテ ンサイトと同じものと考えて良いのでしょうか? 質問内容が多少混乱していますが宜しくお願いします。

  • SUS304の熱処理と磁性について

    SUS304について教えてください。 SUS304を旋盤加工した後、応力除去のため熱処理をしています。 熱処理は900±10℃の炉に2時間入れた後、炉冷しています。 SUS304は非磁性材料として利用したいのですが、加工誘起変態によりマルテンサイトに変わる可能性があることは承知しています。 この熱処理条件でマルテンサイトに変態する可能性はあるでしょうか? SUS304の固溶化熱処理では1010~1050℃に加熱後、急冷というのが 一般的のようです。

  • 磁気異方性効果

    磁気異方性効果とはどういう効果なのか詳しくおしえてください。 NMRの講義で化学結合の電子密度が非対称な場合・π電子が局所的に循環する場合誘起磁場の影響で化学シフトが変化すると習ったのですが意味が分りません。

  • 非磁性について

    大変素人で恥ずかしいのですが、 以下の内容について、教えて下さい。 1.磁場10エルステットにおいて透磁率2以下という内容が理解できません。 2.加工前に水靭処理をするとどうなるのですか?(材料はSUS304です。)

  • 材料中に析出物ができると電気抵抗率はどう変化するのでしょう?

     今晩は、材料の研究をしている学生です。  金属中の合金元素をいろいろ変えて脆化の小さい材料を作ろうという研究をしているのですが、ひとつのパラメータとして電気抵抗を扱うことになりました。  ある金属の中に○○at%の元素が加わったときの電気抵抗上昇率は文献を調べていてわかったのですが、高温で析出する酸化物の影響についていまいちよくわかりません。そのセラミックス自体の抵抗はわかっているのですが、理論式で析出物を含んだ合金の抵抗を出して、測定値と比較したいと思っています。  簡単な和でも近似できる式があれば助かります。よろしくお願いします。

  • マルテンサイト系ステンレス鋼について

    皆様お世話になっております。 ワイヤーカット用加工治具を内製しようと思っています。(市販のワークセット治具みたいな物) さび、耐久性を考えマルテンサイト系ステンレス鋼にしようと思っていますが、この材料を使った経験がありません。 アドバイスいただけたら幸いです。 ?マルテンサイト系ステンレスの材種で一般的によく使われるものは何でしょうか。 (SUS403?) ?耐久性を考え焼入れしようと思っていますが硬度はどのくらいの範囲で入るのでしょうか。(HRC55ぐらいは欲しい) ?焼入れをする(外注依頼)場合の注意点、指示事項など。 宜しくお願いいたします。