• 締切済み
  • 困ってます

台帳

ISO-9001のシステム作りで測定機器の校正台帳を品質記録にするかどうかで迷っています。 この台帳はエクセルで作成してデーターベース形式です。校正が終わると校正日を入力して未校正品が判るようにして在ります。台帳は1点1葉ではなくいろいろな計測器を記載しています。電子データーとしての管理でその都度印刷はしていません。 個々の計測器の校正測定データーは1点1葉で残しています 台帳も品質記録にして残すべきでしょうか。

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数773
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#230359
noname#230359

『品質記録として、残すべきかどうか』をISO要求 事項ではなく、実質的に『紙』・『電子媒体』の どちらかまたは両方を記録として使用しているか が重要です。 ISO要求事項は、あくまでも最低ライン。それを 上手く利用して利益につなげるかで判断すべきです。 今回の投稿から判断すると、おそらく電子媒体を 実質的な記録にしていると思います。 (校正周期や過去の記録の検索性を考えると、電子 媒体のほうが合理的です。) 1点1葉の校正記録は、電子媒体化するまで有効な 記録という感じでしょう。(電子媒体化後、廃棄可) 自戒を込めて、『ISO要求事項のため』『ISO認証 取得または継続が目的』とならない様に判断すべき です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 電子媒体の方が実質的な記録になります。 アドバイスを参考にどのような方法が最善か 検討します。

  • 回答No.2
noname#230359
noname#230359

こんちには。 弊社ですと台帳も品質記録としてます。 弊社での業務は、測定装置が一番重要であると考えているためです。 御社の業務体系(会社体系)にそって品質記録とするか決めれば(定義付ければ)問題ないと思います。 がんばってくださいね。 以上、ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとう御座います。 品質マニュアルとの関連ずけと、電子媒体での 管理を検討しどうするか決めたいと思います どうするか迷うのがいろいろあります。 参考にいたします。

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

こんにちは。 これから2000年度版に更新ですので参考程度に・・・(担当者ではないのですが、お手伝い中です) 当社の場合は、測定機器の校正データは品質記録。 台帳は品質記録とはしない予定です。 せいさんと同じように、校正状態の確認・整理を見るために作成はしていますが、品質記録として管理する必要はないと解釈しています。国家基準に準拠していることが、校正データより確認できれば問題は無いと考えています。 「品質マニュアルの書き方にもよるとは思いますが」と品質管理責任者は言っています。 来月当社は更新審査です。お互いにがんばりましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう御座います。 同じ意見があり自分の考えに納得した次第です。 来月の審査がんばってください。

関連するQ&A

  • 使用計測器の記録

    初投稿です。よろしくお願いいたします。 金属加工業でISO認証に向けて構築を行っている者です。 表題にありますように、一つの部品を加工するのに使用計測器の記録を残さないとだめなのでしょうか? 知人の会社は校正された計測器に管理番号10桁のシールを貼り付け、その番号を部品1点ごとに発行された「使用計測器記録表」に記録しているそうです。最終工程までに使用する計測器は20以上にもなるものもあるらしく、当社でそれを採用すると現場から手間がかかると文句が出そうです。 図面1枚に計測値を記入し、それを工程内の検査記録として保管しようと思ってますが、使用計測器を書き込むスペースがない図面もあります。 使用計測器の記録は必要なのでしょうか? また必要であればもっと簡素化できないものでしょうか。 よろしくお願い致します。

    • 締切済み
    • ISO
  • AccessとExcelの編集

    メーカーに勤務しています。計測器の管理業務をしています。大量の計測器の新規登録(整理番号の割当)はAccessで行い、新規に登録した分の計測器管理表をExcelで作成してプリントアウトしExcel上と用紙の両方に校正日と次回校正日の記録を残しています。PCでの作業は単純ですが量が多いため煩雑です。そのため、AccessとExcelをリンクさせて作業の簡略化をしたいです。計測器を登録するときはAccessで新規登録するだけで計測器の管理表まで作成できるようにして、校正日と次回校正日の更新は1クリックでできるようにしたいです。何かよい方法があれば連絡願います。

  • 計測機器の「精度」について

    計測機器を校正する場合、校正の対象となる計測器の精度がたとえば、0.5%だとすると、それを校正するのに使用する計測器(上位標準器)の精度は、どれくらいが必要なのでしょうか? つまり、校正対象の計測器精度に対する標準器の精度の考え方を教えてください。 よろしくお願いします。

  • 家庭用血圧計の校正

    ほとんどの計測器は「校正」という操作で測定値の確からしさを維持しています。 家庭用血圧計には「校正」操作が必要ないようです。校正しなくてよい理由を、家庭用血圧計の測定原理および機器の構成から説明していただけませんか。詳しい方よろしくお願いします。

  • 計測機器の校正対象

     ISO9001、2000年版7.6要求に対しできるだけコストのかからない校正の対象機器設定を行ないたいのですが、次の様な場合どこまで構成対象としなければならないか迷っています。  事例は顧客仕様からして計測器単体による計測が不可能の為、顧客が指定する限度サンプルとの相関により良否判定を行なう事となっています。  その相関をとる最終工程での検査機器は複数の計測機器からなる複合機となっていて、複合機は数百台あり、構成する機器全てを国家規格とのトレースをとる為には数千台の校正を行なわなければならなくなり、コスト的に耐えられなくなってしまいます。  ISO要求は校正と調整を行なう事となっていますが構成する計測器個々の構成が不可能な場合、複合機全体としての調整のみでも良いのかが解りません。  校正対象と調整対象及びトレサビリティーなどISO要求7.6に対する論理的な正しい設定の仕方に付いて上記事例の扱いに付いて教えて頂けないでしょうか。  あと別件になりますが、識別ラベルで以前より、校正対象外ラベルを貼るようになっていますが、貼らないものが校正対象外と識別できるので不要のように思えるのですが、何か必要な理由があるのでしょうか・・・併せて教えて頂けないでしょうか。  宜しくお願い致します。

  • 検査記録への誤差の書き方について

    最近計測機器の校正に関する業務に携わるようになったものです。 すごく基礎的なことをお聞きますがお願いいたます。 計測機器の校正をおこなった後、その記録を作成しています。そこで、記録に誤差を書くときに、以下のことで悩んでいます。 。 1)呼び0.300mmのピンゲージを基準器(マイクロメーター)で測定した時、基準器の値が0.296mmを示しました。 JISに誤差というのが、計測器の値から真の値を引いた値とでていました。 つまり、(1)計測器の値が0.300mm     (2)真の値が0.296mm 上記のように、真の値というのが、標準器が示している値ではないかと思いました。 そうすると、誤差は、+0.004mm(0.300mm-0.296mm)になるのかと思ったのですが、まちがっていることになるのでしょうか? 2)別の例になるのですが。 ディプスゲージ(測定器)をキャリブレーションテスタ(基準器)で校正を行った場合の誤差の書き方について。 この時、ディプスゲージの値が、0.30mmを示したとします。 この時、キャリブレーションテスタの値は、0.298mmを示したとします。 この時の、誤差は、+0.002mm:0.30(測定器の値)-0.298(基準器の値)になると思います。 これと同じように考えて、ピンゲージの場合、測定器の値と真の値というのが混同してしまっています。

  • 計測器管理

    初心者で申し訳ありません、ISOの要求事項として計測器(ノギス等)の校正を要求されていますが、日常点検は任意と考えてよいのでしょか(社内品質システムに記載が無い場合)

    • 締切済み
    • ISO
  • 計測器に要求される精度

    計測器の必要精度について教えてください。 例えば図面許容交差±0.01mmのものを計測するためには、使用する計測器はどれくらいの精度が必要となるのでしょうか? 図面公差の1/51/10等の取り決めはあるのでしょうか? また校正を行う際、校正対象機器の精度に対して 非校正機器の精度は、「何分の一 以下でなければいけない」というような取り決めはあるのでしょうか? どうか宜しくお願い致します。

  • 計測機器の誤差の書き方

    さきほど、質問を登録していたのですが、 カテゴリーをまちがっていたので再度登録します。 計測機器の校正に関する業務に携わるものです。 すごく基礎的なことをお聞きますがお願いいたます。 計測機器の校正をおこなった後、その記録を作成しています。そこで、記録に誤差を書くときに、以下のことで悩んでいます。 。 1)呼び0.300mmのピンゲージを基準器(マイクロメーター)で測定した時、基準器の値が0.296mmを示しました。 JISに誤差というのが、計測器の値から真の値を引いた値とでていました。 つまり、(1)計測器の値が0.300mm     (2)真の値が0.296mm 上記のように、真の値というのが、標準器が示している値ではないかと思いました。 そうすると、誤差は、+0.004mm(0.300mm-0.296mm)になるのかと思ったのですが、まちがっていることになるのでしょうか? 2)別の例になるのですが。 ディプスゲージ(測定器)をキャリブレーションテスタ(基準器)で校正を行った場合の誤差の書き方について。 この時、ディプスゲージの値が、0.30mmを示したとします。 この時、キャリブレーションテスタの値は、0.298mmを示したとします。 この時の、誤差は、+0.002mm:0.30(測定器の値)-0.298(基準器の値)になると思います。 これと同じように考えて、ピンゲージの場合、測定器の値と真の値というのが混同してしまっています。

  • 計測器が狂っていたときの、それまで計測したものの…

    計測器が狂っていたときの、それまで計測したものの処置(実務的な対応) 計測器を一年間毎に校正していますが狂いが生じたものが見つかりました。 ISO的には、過去一年間にその計測器で合否判定したものを、再度検証することになります。 しかし、狂いが軽微であったり、対象物が多かったりと、実務的にどうしようか…と悩んでいます。 ”実務的”な対処として、どのような方法がありますでしょうか。 ※”技術の森”でこのような質問をしたらお叱りを受けそうですが、よろしくお願いします。