• 締切済み
  • 困ってます

自動車ベルト張力測定時の値ばらつき(回転時)

自動車のベルト張力をENG回転時に測定していますが、以下の問題があり困っています。 【測定方法】 歪ゲージを張ったプーリー(タッチプーリー)をベルトに押し当て、回転時の歪値を測定。 【校正方法】 タッチプーリーを実機に組み付けた状態で、ベルトオートテンショナ等を無理やり引っ張り張力をかける。その時の張力と歪値を計測。張力無し(0点)から張力有りを数点計測し、校正線としてひく。 ※張力測定は音波式張力計を使用 【問題点】 実機で校正をとっているため、発生させれる張力に限界があり(手作業)、実際に発生する最大張力よりずっと下で校正の点を計測。そのため、少しでも校正の測定にバラつきが生じると、実際に実機の張力測定をした際の最大張力付近では多いなバラつきになってしまう。 【補足】 ?引っ張り試験機等にて校正する方法も考えましたが、実機ではタッチプーリーを手で押し当ててベルトに接触させているため、巻き角が作業毎に変化してしまうため、引っ張り試験機にどうセットしていいか分からず断念。 つたない説明にて分かりにくく申し訳有りません。 もし、良い方法・良いアイデア等ありましたらアドバイスお願いします。 以上

noname#230358
noname#230358

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数152
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#230359
noname#230359

某実験してたときは プーリー間をネジで可変にしてましたよ テンション計をベルトにセットするのが大変だった思い出が…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ベルト張力測定

    Vベルトの張力測定方法及び即定例を訓えて下さい。測定単位等についてもお願いします。

  • Vベルトの張力設定方法、測定方法、計算方法について教えてください。最近

    Vベルトの張力設定方法、測定方法、計算方法について教えてください。最近では、ベルトの張力を設定する際は音波式、非接触型の張力計等が使われているようですが、それ以前はどのようにベルトの張力を測定し、設定していたのでしょうか? 殆どが作業者の感覚で・・・という感じだったのかもしれませんが、やはり何らかの測定・計算方法ってありますよね? ベルトのスパン長さ、加える荷重、たわみ量などから求められるのではないかと思うんですが、ベルトのサイズや材質などによっても変わってくると思いますし・・・。 張力の測定方法、計算方法を具体例を挙げて教えて頂けないでしょうか。 また、ベルトはVベルトでなくて、タイミングベルトなどでも構いません。 よろしくお願い致します。

  • 自動車ベルト張力計測

     自動車の走行状態におけるベルト張力ってどのような方法で測定できるのでしょうか?ベルトの張力状態って、張りと緩み、補機のトルク変動等の影響もあって、場所によって異なるものだと思うのですが・・・。  ベルトメーカーさんではどのように測定しているのでしょうか?それ以外でも結構です。ご存知の方いましたらご教示頂きたくお願い致します。こちらド素人ですので、簡単にお願いします。

  • ベルトの張力の設定はどのくらい?

    (タイミング)ベルトを使用して動力を伝達していますが、ベルトの張力はどう設定すればいいのでしょうか? 張りを弱めるとすべりが出てしまい、ずれが生じ、張りすぎるとベルトの寿命(伸び、切れ)が心配です。 また、正逆回転でずれが生じないようにしなければなりません。 張力、寿命についてはベルトメーカのカタログにも明記されていないため、どう設定すればいいかわからず困っています。 条件は下記のとおりです。 1.バックラッシュは極力0にしたい。 2.すべり等は出ないようにしたい。 3.伝達先の負荷は軽微。 このような条件において、ベルトの張力の設定方法を教えてください。 ベルトのプーリ比は1:4で動力側の回転が4倍になって伝達されます。この比は変更ができません。 ベルトの幅は5mm前後です。 ベルトが緩むと小さいプーリ(伝達される側)とベルトが滑ってしまい、ずれが生じます。 伝達される側のプーリに接しているベルトは1/3周くらいです。

  • ワイヤーロープの張力監視・測定

    トラックに積載した貨物をワイヤーロープで固縛して輸送し、輸送途上でのワイヤーロープの張力の緩み監視に適したセンサーを探しています。試験的な輸送ではワイヤーロープにロードセルを取り付けて、張力の変化を測定できますが、試験ではなく、実際の輸送での張力変化の監視に有効な方法に困っています。何か簡易的な監視・測定方法、ご推奨センサー等、アドバイスや情報を頂けると大変助かります。宜しくお願い致します。

  • 計測器校正における「4対1理論」の考え方について

    精密機器製造業にて計測器の校正を担当する事になりましたが、計測の「4対1理論」の考え方について良く分かっていない事があり、教えて頂れば幸いです。 当社ではJCSS校正(社外校正)された標準器を使って、社内の計測器を校正しています。 その方法としては、大きく分けて以下のパターンになります。 A. 標準器の出力を被校正器に入力し計測   例:標準器は電圧発生機、被校正器はマルチメータ。 B. 被校正器の出力を標準器に入力し計測   例:被校正器はファンクションジェネレータ、標準器はオシロスコープ。 C. とある出力を標準器と被校正器の両者に入力し計測   例:標準器はマルチメータ、被校正器は電圧計。両者を並列接続し同一電圧を計測。 被校正器の合否基準ですが、「4対1理論」に基づいて標準器の精度の4倍以内であればOKとしているものが多いです。 標準器と被校正器の両者ともその精度が±x%Readingで、かつ上記A, Bの場合は分かりやすいのですが、Cの場合と、標準器と被校正器の精度がどちらも±x% Full Scaleの場合に、標準器と被校正器との間に「4対1理論」をどの様に考えればよいのか、いまいち理解ができていません。 Cの場合、被校正器の合否基準としては、標準器の値±一定範囲以内としています。 一定範囲の値は、標準器と被校正器で「4対1理論」が成り立つように決める、という事だと考えています。 例えば、精度が±1%Readingの標準器で、その値が101(100 + 1)のとき、被校正器の値は104(100 + 4)以内であれば良い、という事で問題ないのでしょうか? また、標準器と被校正器の精度がどちらも±x% Full Scaleの場合、「4対1理論」の精度比は測定幅で判断するものと考えています。 例えば、標準器のロードセルがあるとして、その最大容量が5kN、精度が±1% Full Scaleだとすると、その測定幅は±50Nとなります。 標準器と被校正器を正対させて重ねて設置し、両者に同一荷重が掛かるように測定した場合、被校正器の測定幅が±200N以内であれば合格とする、という事で問題ないのでしょうか? また、測定最大値が被校正器 < 標準器の場合には問題があると考えています。 つまり、被校正器のロードセルの最大容量が1kNとすると、その合否基準は1kN±200Nとなり、±20% Full Scaleという事になってしまいます。 (実際のところは標準器の精度は±0.2% FSですので、被校正器が1kNだと合否基準は±4% FSとなり、まだ許容できる程度だとは思いますが・・・) そもそも、測定最大値が異なるFull Scale同士で校正すること自体、妥当ではないのでしょうか?

  • 最小回転半径の測定

    最小回転半径の測定 以下のような条件の下で、車の最小回転半径を実測して求めたいのですが、 良い方法が思い浮かばず困っています。 ホイールベースと切れ角から計算するのは、 切れ角の正確な計測が出来ない(ガタがある)ので採用できませんでした。 ・測定したい車両は2tロングトラック程度の大きさの複数の構内車(検無) ・特装車でカタログスペックが存在しない ・測定箇所は回転外側の前輪の外側の接地点 ・測定に使用できるスペースは12m×12m程度の平地(上記車両が一度では転回できない) ・使用できる道具は50m布巻尺×2、5m鉄巻尺×2、チョーク、その他自動車整備用工具、関数電卓 ・測定スペース内に収まる大きさであれば、上記の道具で複数の基準線の作図が可能 ・測定精度は一回の「測定による誤差」が10~15cm以内に収まってほしい ・可能であれば、左右の最小回転半径の差を比較したい ・具体的な数値が算出できればよいが、できなければ車両ごとにどの程度の差が出るか数値で比較したい 以上補足すべき事柄があればいたします。よろしくお願いします。

  • 引張りねじり試験機

    卒業研究で引張りねじり試験機に取り組もうと考えています。 設計段階から製造、評価までを行うことになっているのですが、実物を見たことがないので仕組みや動きがよく分かりません。 現在考えているのが、両端を固定し一方を固定したまま、もう一方を回転させつつ引張るという機構を考えています。 よく分からないので試験機の構造や仕組みがわかるようなサイトなどがあれば教えてください。 また破断時のテストピースに加わった荷重や回転数を測定するのはどのようにすればよいのでしょうか?

  • 軽量(細い)ベルトのテンション調整(規定)について

    装置を組む際に細いベルトのテンション調整に困っております。 ある程度レベルの高い作業者が組むときは手加減で大丈夫なのですが。 万人に組めるようにするとなると、ある程度、定量的な値で指示しないと 組立にばらつきが発生します。 方法として ・音波式ベルト張力計での測定(←これがベスト) ・一定の力で押したときのたわみ量を規定 ・テンション用アイドラの位置による規定(初期伸びが許容できない) と考えています。 しかし、張力計では、ある程度の質量があるものは、バラつきがなくなるのですが 軽量なベルト(例:幅5mmで0.005kg/m)になると、音波にばらつきがあったり 測定できないほど周波数が長かったりします。(スパンは350mmほど) こういったサイズのベルトのテンション調整はどのようにされていますか? 一般的な意見でも構いません。 特殊な場合でも構いません。 よろしくお願いします。

  • ノギスの校正について

    先日校正の知識を高めようと、計測器の講習に行ってまいりました。 弊社では現場でノギスを沢山使用し、その校正にブロックゲージを使用しております。 しかし、その講習ではノギスの校正はキャリパチェックで行うと言われました。 確かにブロックゲージだと、最大でも30mmくらいしかチェックできません。 弊社では通常25MMくらいまでしか測定しないのですが、実際ノギスは150MMまで測定可能ですし、25mm以上のものを測定しないわけではありません。 一般的にノギスの校正はどのようにされているのでしょうか? 正しい校正を行うにはやはり、キャリパチェックを購入した方がいいのでしょうか?