締切済み

歯の治療についてです。

  • 困ってます
  • 質問No.9418182
  • 閲覧数104
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 84% (419/496)

宜しくお願いします。

父は歯槽膿漏で、下の歯並びが悪く。左した三本無いんです。

そこで、質問です。

(1)歯科医院様で分割払いは可能なのでしょうか。

(2)治療して通常系になれます事は可能なのでしょうか。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (1442/4444)

社会 カテゴリマスター
私も歯槽膿漏ですねと言われたことがありました。
「治療法はありますか?」
  「ありません」
という回答でした。
そこで自分で開発した治療法。
夜寝る前によく歯磨きした後で ヨーグルトを食べてから寝る。
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は 増殖するときには 
「まわりの細菌を殺しながら増殖する」
という原理を利用した治療法です。
1か月でかなり改善されました。
それから数年は経過していますが 口中の健康状態は良好です。
お礼コメント
prorroga

お礼率 84% (419/496)

回答して下さりありがとうございます。
投稿日時 - 2018-01-14 16:57:57
感謝経済、優待交換9月20日スタート
  • 回答No.1

1:一般的には、医療機関に「直」で、分割払いはきいたことがないです。
ただ、クレジットカード払いが可能な医療機関だと、そのクレジットカードで分割払いは可能です。
クレジットカード払いが可能な医療機関であれば、事務の人と相談してください。また、役所に「医療費の支払いがしんどい」旨、相談してみてください。
場合によっては、医療費の部分だけの生活保護や、高額療養費など、道があるかもしれません。

2:「通常系」って何ですか?
無くなった3本の歯を、インプラントや部分入れ歯などで、見た目を、歯の数を3本戻すという意味でしょうか?
個人個人、具合が様々ですし、内臓に病気をもってるとできない治療があったりするので、こればかりは、素人がとやかく言えませんよ。
お父様の年齢が書かれてませんし。もし90才超えてたりしたら、「もう、そのまま」と言われることもあります。年齢にもよると思います。
医師に聞いて下さい。(その医師の言葉に納得いかない場合は、他の歯医者に行くとかして。何も一人の医師の言葉だけがすべてではないので。)
医師に聞くための、受診のお金がもったいないのなら、(公的な)保健所の保健婦さんとかに聞いてみてください。無料で話をきいてくれるはずです。

ただ、井戸端会議的に尋ねてらっしゃるのでしたら、
「可能なのでは?」と答えさせていただきます。
が、何度も言いますが、もしインプラントするなら、インプラントにたえられるだけの肉体が必要です。心臓に重篤な病気があったり、糖尿病だったり、年齢とかいろんな理由で「できない」と判断されてしまう可能性もあります。
部分入れ歯にしても、お父様の歯槽膿漏の状態がどうなのか?によっては、現存する歯と、歯茎が、部分入れ歯を支えられるのか?が一番の問題かと思います。
ちなみに、私は下の歯、奥から2本ないです。部分入れ歯してます。
ですが支えの3本目、4本目の歯がぐらついたら、どうなるかわかりません。
対極の、右上の歯が悪くなり、抜歯するかどうかになった時、インプラントは弊害がこわいからしたくないのと、かといって、もう1つ部分入れ歯増えるのはいやだと言ったら、
私の歯医者は、「僕も、右上1本ないけど、このまんまナシで生活してるよ。全然問題ないよ。」と言ってのけました。
私的には、対極でなくなるのは、力学的に踏ん張りが効かなくなる(医学的?科学的?に証明されている)ので、最悪入れ歯を考えますが・・・。

総入れ歯の人もおおいですから、まずは歯医者さんに相談してください。
お礼コメント
prorroga

お礼率 84% (419/496)

疑問は解決出来ました。詳しく教えて下さり。本当にありがとうございました。pinachu様の御意見を参考にし、父と話が出来る事になれました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2018-01-14 08:38:31
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ