• ベストアンサー
  • 困ってます

土地売買について

いつもお世話になっております。 よろしくお願いいたします。 父他4名の共有名義の一筆の土地300坪のうち半分の150坪(現在賃貸駐車場(アスファルト敷))を売り出す予定です。すでにご近所の不動産会社にお声かけをしております。 私ども売主(父他4名)としましては下の(1)(2)(3)についてはあらかじめ行っておき、売りに出し売買契約、所有権移転登記手続きの予定だったのですが、昨今ではハウスメーカーが売りやすいように入手した土地を文筆するので、(1)~(4)すべて買主であるハウスメーカーが行い、費用も買主負担という条件で坪いくらで交渉していくとのお話でした。 (1)更地工事 (2)土地の測量 (3)文筆登記(300坪→150坪と150坪) (4)売買契約締結後、150坪の土地の所有権移転登記 あまりにも素人なので教えていただきたいのですが a)こうしたケースの場合、売主側である私たちが留意する点を教えてください。 「履行の着手」など法律的に難しい点も多いとのことです。 (過去にも親類の不動産会社に土地を売ってもらったことがありますが 今回は少し勝手が違います。) よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数316
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • lock_on
  • ベストアンサー率54% (63/116)

まず、文筆ではなく「分筆」です。 現況で買って買主が分筆・造成を行う内容のようですね。このような条件だと分筆のための「境界の確定」は売主の責任で行います。今回はその費用は買主が持つようです。確定ができないときは分筆ができませんので売買契約は白紙に戻ります。リスクはこの程度ですね。あとは埋設物等の隠れた瑕疵。 売主はその土地の造成費などを負担しなくてよいため、売買価格は低めで売ることになると思います。注意しないといけないのは、諸費用を高めに見積もられてその分を値引きさせられないことです。 更地価格が1000万とします。本当の諸費用が300万ならば700万で売れば良いわけです。しかし諸費用が400万かかると見積もられ、結果600万でしか売れないとなると売主が損をします。 しかし諸費用の見積もりはシロウトでは困難です。 不動産屋を複数使い、買い手を複数選定し、相見積もりをさせるのが得策と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

lock_on様、ご回答ありがとうございます。 1.まず、文筆ではなく「分筆」です。 ・ワープロに頼りすぎました。ありがとうございます。 2.現況で買って買主が分筆・造成を行う内容のようですね。 ・そうです。 以前別の駐車場地を売却した時には、売主である私達が分筆登記まで行った後に、親類の不動産会社に仲介された個人の買主様と売買契約を行いました。当方では整地まで行いました。 2.このような条件だと分筆のための「境界の確定」は売主の責任で行います。今回はその費用は買主が持つようです。確定ができないときは分筆ができませんので売買契約は白紙に戻ります。リスクはこの程度ですね。あとは埋設物等の隠れた瑕疵。 ・今回の「境界の確定」は売主、買主、土地家屋調査士、不動産会社及び売り隣接するお宅の方を交えて行い、問題がなければそこで境界(境界標打ち込み)が決まり、実測、分筆登記になろうかと思います。 (土地自体は形状が複雑でもなく、公道との境や、隣接するお宅との境も標があり、ほぼ確定しております。ですので分かれた2筆の土地の境界をはっきりさせるのが今回のメインの作業かと思います。ただアスファルトがある現況のまま正しい測量が正しくできるのかしら、、、と疑問を呈す共有名義人もおりまが。。) ご指摘の通り瑕疵担保責任が発生する事態にならないように不動産会社や買主様と話し合いを進めたいと考えております。 3. 売主はその土地の造成費などを負担しなくてよいため、売買価格は低めで売ることになると思います。注意しないといけないのは、諸費用を高めに見積もられてその分を値引きさせられないことです。更地価格が1000万とします。本当の諸費用が300万ならば700万で売れば良いわけです。しかし諸費用が400万かかると見積もられ、結果600万でしか売れないとなると売主が損をします。 しかし諸費用の見積もりはシロウトでは困難です。不動産屋を複数使い、買い手を複数選定し、相見積もりをさせるのが得策と思います。 そうなんです。私どもでは諸費用の見積もりは到底難しいと感じています。測量~分筆登記までは大方の相場がわかりますが、アスファルトはつり・アスファルトの廃棄、土地の整地、造成にかかる費用などは、皆目わかりません。一度、それらの相場(単価/坪)を知り合いの建設関係の方に聞いてみるつもりです。(建売のための特別な造成費用はハウスメーカーが本来負担する部分だと思うので、それまで費用に入れられるのは困ります)。 地元の土地売買に実績のある不動産会社なので相当頑張ってくれるとは思うのですが、費用等の関係で、当方の希望価格とあまりにかけ離れているような場合は、時期を見つつ他のの不動産会社にも仲介をお願いし、相見積等も考えていきたいと思います。 (なお現在の不動産会社とは媒介契約をまだ交わしておりまん。口頭でのみ媒介を依頼した状態です。媒介契約に関しては不動産会社も話しませんでした。これも少し気になります。) ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。 尚、OKWAVEさんへの投稿は数年ぶりなので、ご丁寧に回答いただいたにもかかわらず、誤って「支持する」ボタンのマイナスを押してしまいました。申し訳ありません。以後気を付けたいと思います。

関連するQ&A

  • 法務局で地主の所有権を確認し、個人売買で土地売買契約をしようと思ってい

    法務局で地主の所有権を確認し、個人売買で土地売買契約をしようと思っています。 自分で所有権移転登記の申請もしようと準備をしておりましたが、売主から権利証を紛失したと言われました。 (1)権利証を添付しなくても所有権移転登記は可能でしょうか。良い方法がありましたら教えてください。 (2)また、ほかに留意すべきことがありましたら合わせてご指導ください。 なお、土地代金の支払いは登記完了後としております。

  • 不動産売買の売主立会

    遠方の実家を売却することになりました。売買契約まで進んでいます。所有権移転登記は不動産会社指定の司法書士に依頼します。質問ですが、実際に売買が実行されるときに私(売主)が立ち会わなければなりませんか?忙しくて行けそうにありません。その場合代理人を立てることは可能ですか? 代理に費用は発生しますか?

  • 所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。

    所有権移転登記、現名義人と売買契約書上の名前が違うんですが。 いつもお世話になります。現在この分野を勉強中の身ですが、実際にいま必要に迫られているのでお助け下さいませ。 父が生前に契約し、買主から代金をもらっている状況で登記移転せぬまま無くなりました。 相続は完了し、配偶者の母が土地の名義人になりました。(=所有権移転済み) この場合、母の名義のもとに書類を作成していけると思いますが、申請書に添付する証明書になる売買契約書は当然「売主:父」の状態で作成されています。 この状態で申請は可能でしょうか。 売買契約書を書きなおす…のはおかしいし…新たに作り直す…? 実務となると、こまごまとしたことがまだまだ分からず、どうぞ皆様のお知恵をお貸しいただけると幸いです。お願いたします。

  • 買戻し特約付売買契約について

    表記について詳しい方ご教示ください。 不動産について期間内に買い戻した場合で質問は以下の通りです。 売主A、買主B 1.買戻し特約付売買契約により取得した不動産の不動産取得税は買主Bに通常通りかかりますか? 2.Aが買い戻した際にも、Aにも不動産取得税がかかりますか? 3.買戻しに関して税金の特例などありますか? 4.上記1,2の時の所有権移転登記の際に支払う登録免許税は通常通りかかりますか?

  • 土地の売買契約

    不動産会社(売主)からその不動産会社所有の土地を当方(法人名義で)が買い取る場合は、 売主は買主に取引主任者による重要事項説明は不要なのでしょか? また、買主が個人の場合と法人の場合で異なることは何かありますか? 質問した理由は、その土地はある設備を建てる目的で購入するのですが、もともと設備業者が見つけてきた土地です。不動産屋と設備業者と当方の所在地が離れているため、設備業者の事務所で土地の売買契約書等を預かって契約しても言いいと言われました。当方にとってはその方が手間がかからない気はするのですが、重要事項説明などは不要なのかな?と思って質問しました。 よろしくお願い致します。

  • 不動産売買

    お世話になります。下記のような売買契約の内容なのですが2点教えて下さい。 質問(1)この売買が16年前のことなのですが、買主(当方)は当初の売買契約の範囲の土地が買主名義に所有権移転登記できないならば、誤って売買された123番の土地を売主に戻す請求はできるのでしょうか? (123番の土地は、誰も買わないような土地で、売主側も所有権が戻ることを嫌がっています) 質問(2)当方(買主)は当初の契約通りすすめるならば、測量して境界明示を要求、測量しないならば売買を白紙にもどし、この間は借りていたことにして使用料を払うという提案です。16年前のことなので、売主は時効によりどちらにも応じる必要はないということはあり得ますか? 当方はこのままだと詐欺にあったようなもので、いらない土地(123番)の固定資産税を払い続け、当方名義にならない土地上に建つ倉庫の固定資産税を支払い続けることになるのですが・・・ 以下が売買の内容です。 倉庫(未登記)及び倉庫が建つ土地を含む周辺土地の売買について  売買契約概要 売主:A 買主:故人B (代金支払い済、領収書あり) 登記名義変更の土地: 123番 故B名義、現在相続人 妻B’’名義) 概要:AとBとの口上契約(書面無し)により、売買契約をしている。 倉庫及び倉庫が建っている土地を含む周辺の土地を○○万円で売買する内容。 契約の際、土地地番を錯誤し、倉庫は123番上に存在すると双方認識していた。 (錯誤の原因は売主は国土調査前の古い地積図をみて売買しており、買主は売主を信用していた為。よって双方に悪意はない)買主Bは現地で売主Aより売買の範囲の土地(倉庫の建つ土地を含む)の説明をうけ、123番の権利書の受け渡しがあった為、123番の土地が倉庫が建つ土地であると認識し、所有権移転登記後使用を開始した。昨年末、倉庫の固定資産税の請求が売主側へ届いていたことが判明。売主が倉庫は当方へ売ったのだから来年からは支払ってくれと要求。倉庫は123番上にはなく、買主はその隣の土地の権利書を渡されていたことが判明。   (買主は売主より倉庫は未登記と説明されていた為、固定資産税の請求がないことを不自然に思っていなかった。) 当方(買主)で調べたところ下記のことがわかった。 売買契約履行の条件が整っていないことについて ●当初の売買契約の範囲である倉庫の建つ土地を含む近隣の土地は公図で5筆の筆界未定地となっており、また持分の土地であった ●また、売買契約した土地には農地が入っているため、農業委員会の許可が必要であった。 今後の対応案 いずれかの案が考えられるため、今後の双方の対応をご相談したい。 (1)当初の口上契約に基づいて土地売買を履行する   売主の境界明示義務:筆界未定を解消し、地積測量図を作成し公図登録を申請してもらう   売主による他の土地権利者の同意確認   農地転用:ただし当方は現在農業従事者ではないため、農地のままの譲渡はできない。   (2)結果として売買契約不履行状態であるため、従前の状態へ戻す  123番の土地の登記を売主Aに戻す。  土地売買代金としてお支払いした額は返金いただくことになるが、売買時からの土地・建物使用料として、建物の固定資産税を上回る額をお支払いするため実質的に返金はないものと想定している。  

  • 土地決済について

    近々、土地を購入することになりました。 売買契約をかわし、決済日が近づいています。 たまたま、売主が不動産会社の職員です。 私は不動産売買に関して全く素人です。 まず、一般的な土地決済の手順、登記について、買主が負担すべき諸費用、その他注意事項、アドバイスなどを教えてください。 それと、売主の抵当権抹消にかかる費用を負担する義務はありますか? 住民票は登記の前に移したほうがベターしょうか? 併せて、教えてください。

  • 土地の売買契約について

    底地の売買契約を検討しているのですが、分からない事が多くどなたかか教えてください。売主、買主の間にコンサルティング会社と仲介業者が入っています。 (1)今の土地は分筆がされていないため現時点では地番・地積が確定出来ず登記はまだ地主のままになっています。契約書には地番、地積は分筆後確定となっており、現登記面積での金額と、増減については分筆確定後に坪○○円で精算となっています。現に建物はあるとはいえ、地積確定前に契約するというケースはよくある事なのでしょうか? (2)引渡し後の所有権移転登記については通常どちらが行う(どちらで司法書士に依頼する)場合が多いのでしょうか?また引渡しの際には司法書士が必ず同席するものなのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 債務不履行について教えてください!

    土地の売買契約から所有権移転登記における法的な流れの中で、債務不履行が発生した場合、その契約以降の法的手続きは無効にできるのでしょうか? 例)土地の売買規約を結びました。買主は直ちに所有権移転登記の手続きを行った上で第三者にその土地を転売しました。転売手続きが終了した後に、一番初めの売買契約に債務不履行が発生しました。この場合、”所有権移転登記”と”転売の契約”に関して、法律的にはどのように考えればいいのでしょうか? ご教授お願い致します。

  • 不動産登記法の勉強と実務とのギャップ

    司法書士の受験勉強1年生です。それで件名について悩んでいます。どなたか教えていただけないでしょうか?不動産登記法では、土地建物の売買契約の場合、土地も建物も、まず売主が、保存登記をし、売買契約成立後、売主から買主に移転登記をします。これがテキストの回答例になっていました。しかし実務では、土地は売買契約後、移転登記をしますが、建物は、買主が初めて保存登記をします。もし実務の手順での回答をしたら、不正解になるのでしょうか?それから、実務の場合では、建物の表題部は、買主が所有者、となるのですよね?模範解答の場合だと、建物の表題部は、まず売主が所有者となり、次に買主が所有者になるのですよね?拙い文章なので、質問の意図がどこまで伝えられたか分かりませんが、分かる範囲で、どなたか教えていただければ、幸いです。受験勉強がはかどると思います。よろしくお願い致します。