締切済み

中古の釣具

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9341159
  • 閲覧数223
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 7% (5/65)

釣具の購入に関して質問です。

釣り歴1ヶ月程度の初心者です。
現在ライトゲーム用のタックルは所持しており、そろそろシーバス、ヒラメなどのシーバスタックルの購入を検討しています。

そこで質問なのですが、中古のロッド、リールは買わないほうがいいのでしょうか?
リールは使い方によって劣化具合が大きく変わりそうなので新品を検討していますが、ロッドはせいぜいキズがついている程度では?と思っています。(ガイドのゆがみは見れば分かる?)
また、キズに関してはよっぽどのものでない限り気にしない性格です。

予算はロッドに15000程度、リールに1万前後です。(合計3万以内ならOK)
皆さんの中古に対する考えをお聞かせください。

また、シーバス、ヒラメ兼用のおすすめタックルがあればそれもあわせてご回答ください。

回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 23% (1525/6503)

竿は中古をよく買いますよ。
買う店次第だと思いますが、私が行く店は親父さんが釣りキチで船も持っている人なので、中古でも悪いものは置いてないし、釣る対象や釣り方を相談に乗ってくれて竿を選んでくれるし、修理やメンテナンスもしてくれます。
メンテナンスのやり方も教えてくれます。
穂先が折れたくらいなら無料で修理してくれます。

リールも中古を買ってきて自分で分解掃除をしたりしますよ、特に大型リールや遠投リールは元のオーナーも釣りに詳しい人が使ってた場合が多いので中古でも程度が良くて、良いものが安く買えます。

私は中古賛成派です。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (370/949)

中古を購入する理由ってなんでしょう(買うなと言っているのではないです)
とにかく安く買いたい、又は、高級グレードを安く手に入れたい。
概ねこのどちらかです、後者の考えで目利きや妥協が出来るなら中古もありでしょう。

釣り歴1ヶ月程度では数あるメーカーやその製品についての知識もないですし、安く買いたいでしょうけど新品でも同額で買える物は結構あります。
初級クラスの価格帯のロッドは2万円以内で売値1万5千円前後のものが結構あります。
ルアー雑誌とかによく広告を載せているメジャークラフト辺りはひとまず手にするには適していると思います。
高感度で軽いロッドなどは扱いが雑だと折れやすいのですが、割とメジャークラフトも折れる折れるとネットではよく言われてました。
購入者が多いからこそそういう声がよく上がるわけで、マイナーなロッドの購入者1/10が声を上げたところで概ね埋没するものです。
ただ購入に適している価格帯だからこそ購入者のレベルがピンキリで製品が悪くて折れてるのか分かりにくい面もあります。
折れるような事をすれば折れるし、折る人は何使っても折るコレが真実。
サーフ用で使うのなら96MLと言う長さとパワーをもったロッドが無難で、ひとまずシーバス用のロッドを購入するほうが無難。
専用で欲しくなったらヒラメ用を買うと良いでしょう。
小河川や都市型河川でキビレ・チヌ・シーバスを狙うのなら86MLや86L、80Lなどが取りまわし的に良い。

同じようにリールも選択肢が割りとあります。
定価2万円台が売値1万円後半、2万円近いものが売値1万円前半、
定価1万円以下で売値1万円近いものとでは1~2年ほど使った時に滑らかさに雲泥の差が出てガタツキを感じるでしょう。
どちらもガラスケース内に置かれてる事は少なく気軽に触る事が可能です。
1万円以下のリールを購入する場合、製品の半額ほどになるオーバーホール代を払ってメンテナンスするのは微妙なところで、考え方的にはガタ=買い替え対象。
選択肢は主にダイワとシマノで、ダイワなら2500番か3000番、シマノならC3000、4000と言うのが同等のリールサイズです。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 40% (2902/7225)

>中古のロッド、リールは買わないほうがいいのでしょうか?
良し悪しがわかるならいいと思いますが。
修理やメンテができるかどうかなどの情報は自分で調べないと
それっきりになるものを買ってしまうかもしれません。

>また、シーバス、ヒラメ兼用のおすすめタックルがあればそれもあわせてご回答ください。
ルアーロッドって
選択の基準は現場の足場の高さであったり、使うルアーの重量であったり
ラインの強度であったり、必要な飛距離であったり、
シーバスロッドと言っても1本のロッドで気持ちよく釣りができる
状況というのはそんなに広くありません。
だから、長さも硬さも様々なロッドが売られているんです。
両方使えるとして選んだロッドは
極狭い限られた条件の範囲でしか気持ちよく釣りができないでしょう。
遠くに出かけるのなら
異なる状況で使える数本を持って出ないと
釣りにならないということも考えられるので
はじめたばかりであるのなら質より量で
安物でも何本か買ったらいいと思います。
その際、中古なら懐の痛み具合も軽いのではないでしょうか。
どういう状況でどういうロッドがいるのかというのは
初心者本でも見て調べてくださいよ。
ガイドリングの種類やリール各部の名称なども一通り知らないと
質問すらできないと思いますが。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 36% (80/218)

当方の場合。
中古のリールは買いません。
リールは注油などのある程度整備された状態で並んでいます。並んでいる時はどれも滑らかに動いていますけど、オイルが一巡したあたりから本来の「程度」に戻るでしょう。
そのリール(シーバス、ヒラメ釣り)を長期間使用するつもりならば、新品を。
試しにやってみる、過渡的な場合は中古でいいんじゃないでしょうか。

中古の竿は良いと思います。ご本人も「気にしない」とのことですし。
基本、中古は1点物なので、(価格、調子、品質等)気に入ったら買う。逃したら二度と手に入りません。

素人が見ても判らない品質は「価格」に反映されています。
「定価」に対して8割程度の中古価格なら「上」。
ご存じのとおり、ネット上では幅広い新品価格が存在します。中古の方が高い場合も少なくないですよね。

人気のある商品は、その分中古価格が上乗せされている。という見方も勿論あります。が、人気商品は悩んでいる間に誰かが買っていきますので、売り場から直ぐ消えます。上述のように中古は1点物なので。

9ft内外のシーバスロッドは沿岸部の釣りで幅広く使えます。
釣り場で「惨めな思いNO.1!」それは竿が折れることです。ネット上で「ここの竿は折れる」と書かれているメーカーがありますが、確かに釣り場でよく見ます。それは避けた方がいいかもしれません。
初心者さんとのことですので、相応の価格帯の竿をお勧めします。背伸びしてもその価値が判らず、私のように後悔します。
リールはアルテグラ、サハラ、セドナ2500、3000あたりで不満無く使えると思います。ご予算に合わせて。
この先何年も使いたいというならルビアスがお勧めです。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (1362/4456)

なんでもそうですけど、新品は購入後の不具合でも
期間内なら無償修理だとか返品がきくので良いですけど
中古となると、より良いコンディションのものを
(もちろん安価に)入手するには経験とか眼力が必要に
なります。ほぼ一発勝負ですよね。

中古車とか中古カメラ・レンズあたりがいい例でしょうね。
販売側から「よい品だ」と言われても、それが真実かどうか
見極めるのは経験しかないし、パッと見て今後数年使えるに値
するかどうか?を判断するのは結構難しいです。

中古をたくさん見る、のと新品も必ず見る(これは「使う」と言った
方が正しいかな)ことでしょう。新品の性能を知っているからこそ、
価格と品質に見合った中古を買えるかどうか?につながると思います。

したがいまして、中古を入手することはどうこう言うつもりは
ありませんが、新品同様ってくらいコンディションの良いものが
かなり安く売られている場合はいろいろ注意する点はあるでしょうね。
こういうのも勉強だと思います。

最後にシーバスとヒラメ兼用ってリールはまあいいですが、
ロッドではないと思うし、使い分けた方が良いと思います。
ヒラメロッドでシーバスは無理だと思いますよ。逆はいけるんじゃ
ないでしょうか。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ