日本語のぐだぐだの語感(印象、イメージ、背景)とは

日本語のぐだぐだの語感(印象、イメージ、背景)とは? 皆さんにとって、ぐだぐだ、グダグダとは? 日本語カテゴリー皆さ...

Postizos さんからの 回答

  • 2017/03/17 11:53
  • 回答No.3
Postizos

ベストアンサー率 51% (1660/3198)

地方で違うのではないかと思うので、東京での感覚ですが、
【クタクタ】くたびれて力や張りがない。
「疲れてくたくたになった」「くたくたのスーツ」
【グタグタ】1.グツグツ煮る。2.口々に喋る。3.「ゴタゴタ」「ごちゃごちゃ」。
混乱した様子が背景としてあります。
「なにをグタグタ言ってやがるんだ!」
【グダグダ】だらしなく。とめどなく。仕切りが無い。
「ぐだぐだ話す」=とりとめなく話す
「最初はきちっとしていたけど後半はぐだぐだだった」
「グタグタ」の3番目に近いですね。

濁音が増えるほどウェット(水分が多い)で、煮込んだ(煮崩れた)感じ。

「ぐだぐだに疲れた」も言えなくはないと思いますが、汗をひどくかいたのかなという印象です。
お礼コメント
hayyuji9401010

お礼率 83% (4729/5681)

ご回答のほど、
ありがとうございます。
投稿日時:2017/03/17 20:21
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
ページ先頭へ