• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

和語の語感に関して

和語の語感に関しての質問です。 教科書に、和語の語感は、「親近・卑俗」と載っています。 漢語は「硬質・難解」外来語は「洗練・スマート」となっていました。 これは誰が決めたんでしょうか? すべての日本語のなかで、和語がすべての品詞で活躍しているのに、卑俗とは、なぜでしょう? お分かりの方、ご教示ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数243
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

教科書にどのような文脈でその言葉が登場するか、全体を見なければその当否を論じることは適切ではないかもしれませんが、あえて私見を述べます。 >和語の語感は、「親近・卑俗」と載っています。漢語は「硬質・難解」外来語は「洗練・スマート」となっていました。 これは、「同じ意味の単語それぞれの語感を比較した場合にそのような語感の差異の傾向がある」ということであって、「和語・漢語・外来語全体がそうである」という意味ではないでしょう。 たとえば「連れ合い」「配偶者」「パートナー」や「口づけ(口吸い)」「接吻」「キス」を比較すれば、そのような語感の違いの傾向が感じられるのではないでしょうか。しかしそれは別に和語一般が「卑俗」だとまで主張しているのではないと考えられます。 余談ですが「口吸い」という言葉は、幼い我が子秀頼に宛てた豊臣秀吉の書状にも登場する(やがて参りくちをすひ可申候=近々そちらへ行って「口吸い」をしますよ)「歴史のある」言葉です。当時の日本の最高権力者(天下人)に、高齢になってから授かった息子を溺愛する子煩悩な父親の一面があったことを示すという意味では、「親近・卑俗」という語感の表現があてはまる用例ではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

来年日本語教育能力検定試験を受けるので、○○○の(言っていいのかわからないので伏せます)検定試験用の教科書で勉強しています。 その中に書いてありました。 卑俗の理由は全く書いてありません。 例もありませんでした。 ただ、語感:親近・卑俗とありました。 しかし、今回お教えいただいて、納得できました。 日本語独特の表現(特に親密な関係でのこと)は、輸入言葉ではなく、古来からある和語が多いのかもしれません。 なぜきっぱりと、卑俗と書いてあるのか少し不思議でしたので、皆様のお知恵を拝借しました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • カタカナ語を和語・漢字で表記したい

    カタカナ語(外来語)嫌いの人が、外来のものを無理矢理日本語で表記するという話を聞いた事がありました。外来語が嫌いでなくとも、外来のものを日本語に置き換えることに興味がある人はいると思います。 たとえば、「マッチ」の事を「燐寸」と言ったり、「パソコン」を「電子計算機(?)」と言ったり、「テーブル」の事を「机」と言ったり、「インク」の事を「墨」と言い換えたり…。 無理矢理当てつけたもの、ニュアンスがちょっと違う物も多いとは思います。そして日本には無い観念・輸入品など、外来語を使ったほうが適切な表現ができる場合も当然あると思います。しかし、比較的なるべく多くのものをとりあえず日本語に言い直そうとした場合、参考になるような本・資料・ホームページなどはあるでしょうか。 カタカナ語辞典や普通の辞書には、言葉の意味はのっていても「言い換え」がのっているものは少ないのです。また、中国では外来語の発音を漢字で当てたり、似たような意味になる漢字を合成して作ったりすると聞きましたが、「漢語」ではなく「日本語」に直されたものを探しています。 「カタカナ語→和語」(またはその逆「和語→カタカナ語」)の置き換えを調べられる辞典のようなものがあればとても良いのですが・・・。もし何か知っていたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 国語の問題

    国語の問題を教えてください。 次の和語、漢語、外来語の類義関係が成立するように( )を埋めよ。 (1) 和語 ( ) 漢語 集会 外来語 ミーティング (2) 和語 手品 漢語 ( ) 外来語 マジック (3) 和語 たとえ 漢語 例示 外来語 ( )

  • 混種語がいまいちよく分かりません。

    ソーダ水、ポリ袋、6センチなど、 外来語+漢語、外来語+和語、漢語+外来語など色々ありますが、和語と漢語の見分けが時々分からなくなります。 袋って、読み方から判断すると和語のような気がするのですが。 それとも漢字だから漢語なのでしょうか。 漢語と和語の見分け方のコツを教えてください!!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15006/32052)

 馬鹿なことを書いた教科書もある、ということでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お教えくださってありがとうございました^^

  • 回答No.1

> これは誰が決めたんでしょうか?  その教科書を書いた人。その教科書の出版を最終的に決定した人(おそらく出版会社の編集長) > 卑俗とは、なぜでしょう?  その教科書を書いた人が、和語をあまり知らないからでしょう。  昔、「日本語は非論理的な言語なので、論理的な思考ができない。全部英語にしてしまえ」と言った人がいましたが、日本語の論理構造の中で育って、英語を話せないまま育ってしまった人が、論理物理学でノーベル賞を取っています。  「カニは甲羅に似せて穴を掘る」という言葉がありますが、日本語を使って論理的な思考を表せない人が自分の能力のなさを、日本語のせいにしたがっていただけなのです。  和語を卑俗と思う人は、卑俗な和語しか知らないのでしょう。  外来語は、最近も「レガシー」とかなんとかを連発する傾向があることからもわかるように、なにか立派なことを言っている「感じ」がしているのだろうと察せられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にご回答くださいましてありがとうございました。 日本語教育能力検定試験用の教科書(24冊セットになったとっても分厚いもの)に出てきて、卑俗、なんて言われると、なんだか和語を使うのがいやになっちゃうな、、、と思い、皆様に聞いてみようと思いました。 どうもありがとうございました

関連するQ&A

  • 語彙の分け方。

    日本語における、「和語」「漢語」「外来語」の分け方を教えてください。 あと、和製英語は外来語に入るんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 算式の読み方について

     私は中国人で、日本語を勉強しています。算式の読み方について聞かせてください。 6+3=9 6-3=3 6*3=18 6÷3=2  上記の四つの算式は日本語で普通どのように読みますか。算式の用語と言えば、外来語の表現と和語の表現があるようですが、読む時も外来語読みと和語読みと二通りに分けられていますか。もしそうでしたら、それぞれ例文を書いていただけませんか。 1.「プラス」、「イコール」、「マイナス」などの外来語を使う読み方。 2.「足す」、「引く」、「掛ける」、「割る」、「等しい」などの和語を使う読み方。  この質問文が上手く書けませんので、困っています。自分のお聞きしたいことはちゃんと伝わったかどうか、とても心配です。分かりづらいところをまた補足致します。恐れ入りますが、質問文の正しい書き方も教えていただけませんか。お願い致します。

  • 形容動詞「きれい」「有名」「嫌い」について

    形容動詞を名詞と接続する際に「な」を付加するかと思います。 私の印象では、英語などの外来語を形容する場合、形容動詞の使い方をするという認識があります。 例えば、エネルギッシュな人、ゴージャスな家、スマートな振る舞い等です。 カタカナですと外来語であることがすぐにわかるのでいいのですが 「綺麗(きれい)」と「有名」の語尾に「い」が付いても、形容詞ではなく形容動詞とされるのは、漢語が語源だからでしょうか。 そうであれば、以下も漢語と解釈していいでしょうか。 例)横柄・寛大・奇異・公正・尊大・多大・著名・不明・法外・優位 もしそれが正しいとすれば、わかりやすいのですが 「嫌い」も形容動詞であることから、その仮説は間違いなのかなという気もします。 「嫌い」は和語であろうと思うからです。 もちろん「嫌い」は「嫌かった」「嫌くない」などと活用しないですし 私自身は日本人ですので、それ自体の使い方を誤ることはありませんが、その定義が知りたいのです。 その他にも「桁違い」「ぞんざい(粗雑と書くという説もあるようですが)」が思い浮かびます。 長くなりましたが、私の質問は以下の通りです。 1. 外来語を形容する場合は形容動詞とする、という考えは正しいですか。 2. 語尾に「い」と付いても漢字に含まれる場合は漢語であり、ゆえに形容動詞となるという考えは正しいですか。 もし上記の2つが正しくないとすれば「嫌い」「桁違い」「ぞんざい」の語尾の「い」は偶然に過ぎず、単純に形容動詞として受け入れるしかない、ということで正しいでしょうか。 造詣の深い方にご教示いただけますと助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • 「お豆腐」はOK。「お納豆」はNG・・・なぜ?

    タイトルを観て興味を持ってくださった方、ありがとうございます。 ぜひお知恵を貸してください。 先日、友人と尊敬語の「お」の話になり、 タイトルのような内容になりました。 なぜ、豆腐には「お」がつくのに、納豆にはつかないんでしょう。 自分なりに調べた結果、 1.和語には「お」、漢語には「ご」がつく 2.外来語にはつかない 3.「お」は女性が使うことが多く、身近な単語につくことが多い(お台所、お風呂など) は理解しました。 でも、豆腐も納豆も身近な言葉なのに、かたや「お」豆腐、かたや「納豆」。 不思議です。同じ大豆製品なのに。 語呂、なのでしょうか。 もし、ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。 よろしくお願いします。

  • 外来語の氾濫について

    日本語には外来語が氾濫していますよね。昔は一生懸命に漢字で訳語を作っていましたが、しばらく前から そういう作業は止めて、カタカナ言葉が夥しく入ってきています。中にはこういう現象に眉をひそめる人もいますが、私は少し疑問を感じます。 漢字だってもとは日本固有のものではないんですよね。それに、日本語と中国語は言語学的にも全く違う語族ですよね。ですから、いくら漢字が日本語に帰化しているといっても やはり渡来のものは変わりないわけです。 仮に日本語を出来るだけカタカナ言葉を漢語に置き換えるとしましょう。そうすると、常用外漢字も使わざるを得なくなり、そして何よりただでさえ 日本語には同音異義語が多いのに、更に増えてしまうでしょう。 中国語では声調で区別できますが、日本語にはありませんからね。また、同じ意味を表す言葉が幾通りにも出来てしまいますよね。中国語がまさにそうです。 そこで質問です。日本語における外来語の氾濫についてどう思いますか?

  • 古代中国語の数え方「いち・にい・さん」はいつから?

    日本語の数え方は主に2つあって、 本来の日本語・和語由来の「ひい・ふう・みい」と 古代の中国語・漢語由来の「いち・にい・さん」があることはわかりました。 現在では漢語中心で場合によって和語入り乱れです(しかし混在は本質問とは関係ありません)。 ググって「古代の中国語・漢語」の数え方があとから入ってきたという事だけわかりました。しかしいつ頃入ってきたのかわかる資料は見当たりませんでした。 私のおじいちゃんの世代はものの数を数えるときに「ひい・ふう・みい・よ」と数えていました。なので古代の中国語・漢語の数え方が日本に導入されたのは近代になってからなのかな、昭和くらいになってからなのかな、そんなに新しいの?江戸時代にはなかったの?と疑問に思いました。 「古代の中国語・漢語」の数え方が日本に導入されたのはいつごろか。 この点について教えてください。よろしくお願いします。

  • 正しいんだけど、ちょっと奇妙な感じがする日本語・・・

    最近の流行語でも造語でも、はたまた外来語でもなく、正しい日本語なのに、何か奇妙な感じがする言葉って、ありませんか? 例えば「へなちょこ」という言葉・・・ 語感も面白いし、昔の人は何でこんな言葉を考えついたのか、不思議です。 確かに、弱そうで情けなさそうな雰囲気が出ていますけどネ。 皆さんが「ちょっと奇妙な感じ」と思っている日本語を、教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 日本語にはどうして外来語が非常に多いのか?

    こんにちは。素朴な質問ですが、それに今更という感じも否めませんが、どうして日本語には夥しい外来語が流入しているんでしょう。日本語で表せないのは仕方ないにしても、れっきとした日本語があるのにわざわざ外来語を使うのはなぜでしょう? 出来ればありきたりではなく、鋭い回答、奇抜な回答をお待ちしております。

  • スポーツ大会の一位、二位、三位の選手は日本語で何と言うのでしょうか

     日本語を勉強中の中国人です。最近、冬オリンピックをしていますね。それを見ながらふっと思いついたのですが、スポーツ大会の一位、二位、三位の選手は日本語で何と言うのでしょうか。一位は「チャンピオン」というのを知っていますが、外来語ではない表現もあるのでしょうか。二位、三位は何と言うのでしょうか。二位は「準優勝者」だそうですが、「チャンピオン」と同じで外来語の表現もあるのでしょうか。三位の外来語表現と外来語ではない表現は何でしょうか。  自然な日本語の文章を書きたいと思いますので、よろしければ質問文の添削もお願いできると有り難く思います。

  • 違和感のある言葉

    語感的に何となく違った意味に取れるとか、思い込みのイメージなんかでどうしても馴染めない言葉ってありませんか? 私は最近使われ出した「スイーツ」って言葉です。 スイートはまだ良いのですが、どうして「甘いもの」とか「お菓子」じゃ駄目なんだろうと思うのです。 なんかスイーツって聞くと合成甘味料がたっぷり使ってある人工的なぎすぎすした甘さを想像してしまって全然美味しそうに思えないんですよね。 皆さんはどんな言葉が(日本語外来語問わず)違和感がありますか。

専門家に質問してみよう