• 締切済み
  • すぐに回答を!

数学 任意定数

数学で解を求める際に(C,C1,C2は任意定数) C1+C2e^tのような形になったときCe^tのように任意定数はまとめることは可能でしょうか

noname#228349
noname#228349

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数194
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.5

>数学で解を求める際に(C,C1,C2は任意定数) C1+C2e^tのような形になったときCe^tのように任意定数はまとめることは可能でしょうか 初期条件ペア (例 : t=0 での関数値、導関数値) の勘定を考えると、任意定数をまとめるのは不可。   

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 任意定数と積分定数は同じですか?

    不定積分や微分方程式に出てくるCを任意定数と呼んだり、 積分定数と呼んだりしていますが、これはどういう使い分け なのでしょうか?

  • 定数変化法を用いて解く微分方程式について

    y''' - 3y'' + 4y' = 0 という微分方程式の一般解を求めよという問題なのですが、 まずy=e^λxとおいてこの式に代入して λ^3 - 3λ^2 + 4 = 0 ⇔(λ+1)(λ-2)^2 = 0 よって特解はλ=-1、λ=2からy=e^(-x),y=e^2x このあと、なのですが参考書では定数変化法を用いてy=a(x)e^2xを代入して求めるとあるのですが、 そこでそうせず、一般解が y = C1e^(-x) + Ne^2xになると考えて Nを定数変化法を用いてN = C2x + C3 であるので一般解は y = C1e^(-x) + (C2x + C3)^2x C1,C2は任意定数 となるという考え方であってるのでしょうか?はたまたこの式だからこういう考え方ができるというだけのでしょうか?

  • Cは任意定数.

    積分のとき、いちいち(Cは任意定数である)とか書くのが面倒なのですが、 これをさくっとかける記号などはないものでしょうか。 願わくば院試等で使っても問題ないものがあると嬉しいのですが。。。 些細な質問ですが、お願いいたします。

  • 回答No.4
  • info222_
  • ベストアンサー率61% (1053/1706)

> C1 + (C2 e^t) のような形になったとき Ce^t のように >任意定数はまとめることは可能でしょうか? まとめることはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • asuncion
  • ベストアンサー率32% (1829/5612)

>C1+C2e^t ここが(C1 + C2)e^tならば、Ce^tにすることはできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • asuncion
  • ベストアンサー率32% (1829/5612)

Yes? そんなことはないような気がする。 >C1+C2e^tのような形になったときCe^t C1+C2e^tがCe^tと書けるのはC1 = 0という特殊な場合だけ。 このときにはC2をCと置き換えて問題なし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

YES 積分では、良く有る事ですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 以下の問題について。

    (1) y''+ (2/x)y' + (a^2)y =0  の一般解 (2) (x^2)y' = (y^2) + 9    の一般解 (3) 2x + y = Ce^(4x+y)  を y=f(x)の形に (4) y + ((x^2) + (y^2))^(1/2) = C(x^2)   を y=f(x)の形に の以上4問です。 (y' = (dy/dx) ,(y^2)= yの2乗, C=任意定数 ,e=自然対数) できたやつだけでいいので、なるべく詳しく教えてください。

  • 再び微分方程式の質問(2)です。

    全くわからず手が付けられません。ご回答よろしくお願いいたします。 微分方程式 y’+2y(2乗)-2y=0 について問1~問3について答えよ。  問1 問題の微分方程式は変数分離型である。変数を分離した積分として、次の(1)~(4)の中から正解を選べ。正解がないときは(5)を選べ。  (1) ∫1/y(y-1)dy=∫2dx  (2) ∫1/y(1-y)dy=∫2dx  (3) ∫1/y(y+1)dy=∫2dx  (4) ∫1/y(y-1)dy=∫1/2dx  (5) (1)~(4)に正解はない。  問2 問題の微分方程式の解として、次の(1)~(4)の中から正解を選べ。正解がないときは(5)を選べ。  (1) 一般解y=1±√1-Ce(2x乗)/2 (Cは任意定数)  (2) 一般解y=Ce(2x乗)/1+Ce(2x乗) (Cは任意定数)  (3) 一般解y=Ce(2x乗)/1+Ce(2x乗) (Cは任意定数)と特異解y=1  (4) 一般解y=Ce(2x乗)/1+Ce(2x乗) (Cは任意定数)と特異解y=0  (5) (1)~(4)に正解はない。  問3 問題の微分方程式の解y=y(x)で、y(0)=1/2をみたすものがy(x)=2/3となるxとして次の(1)~(4)の中から正解を選べ。正解がないときは(5)を選べ。  (1) 1/2log2  (2) 3/2  (3) log6  (4) 1/6  (5) (1)~(4)に正解はない。  以上、よろしくお願いいたします。

  • 応用数学、熱伝導方程式について

    大学でこのような問題がでたのですが、解き方や考え方を教えて下さい。 問、次の方程式の解を求めよ。 ∂u/∂t = 2 ((∂^2 u)/ (∂x^2))・・・(1) (0<x<2, t>0) u(0,t)=u(2,t)=0・・・(2), u(x,0)=5 sin 2πx - 3 sin 5πx・・・(3) 以下は自分でといた過程です。 (1)より X(x)*T'(t)=2*X"(x)*T(t) T'(t)/T(t) = 2X"(x)/X(x)=Κと置く。 これより T' - ΚT=0・・・(4) 2X" - ΚX = 0・・・(5) (Κ<0) (5)の解はΚ<0より X = A cos(√(-Κ/2))x +B sin(√(-Κ/2))x ・・・(6)(A,Bは任意定数) 境界条件(2)より X(0)=X(2)=0・・・(7) (T(t)は0ではない) よって(6)、(7)より A =0, Κ= -(n^2*π^2)/2 X=B sin(nπ/√2)x (4)よりT' = ΚT    ↓ T = D e ^(-(n^2 * π^2)/2)t (Dは任意定数) 次に偏微分方程式の解を求める。 →ここから先が全くわかりません。 正しい答えは5e^(-8(π^2)t)2πx - 3e^(-50(π^2)t)sin5πxになります。

  • 大学物理の課題なんですが…

    同次の微分方程式(A)でx1(t),x2(t)が特解を持つときc1,c2を任意定数としてc1x1(t)+c2x2(t)≡x0 (t;c1,c2)も(A)の一般解であることを示せ。 全く分からないので解答をお願いいたします。

  • 微分方程式の問題がわかりません

    こんにちは、微分方程式の授業でわからない問題があって困ってます、 y''+ay'+by=0(a,bは実数の定数)においてy=(4-2x)e^-xが解である場合、a,bの値を求め、その一般解を求めよという問題です。 最後のページ解答が載っていてa=2、 b=1 y=(c1+c2x)e^-x (c1, c2は任意定数)となっているのですが。過程を是非教えていただきたいと思います。よろしくお願いします。

  • 微分方程式ydy=(y^2 + 1)dxについて

    微分方程式:ydy = (y^2 + 1)dx, y(0) = 0 を解くと、一般解がy^2 = Ce^2x - 1 (Cは任意定数)となると思うのですが、解答に載っていたy(0) = 0のときの特殊解が、y = √(e^2x -1) となっていました。 y = -√(e^2x -1) は、なぜ特殊解として書かれていないのでしょうか? どなたかご教授ください。どうぞよろしくお願いします。

  • 常微分方程式、無限級数による解法(独学)

    (問題) y`-y=0(1)の解がy=Σ(k=0~∞)a(k)x^k=a(0)+a(1)x+a(2)x^2+,,,(a(k)はある定数)(2) の形であらわされるとして、この微分方程式を解け。 (参考書の解答) (2)の両辺をxで微分して、 y´=Σ(k=0~∞)(a(k)x^k)´=Σ(k=0~∞)(k+1)a(k+1)x^k(3) (3)と(2)を(1)に代入して、 Σ(k=0~∞){(k+1)a(k+1)-a(k)}x^k=0(4) 全てのxに対して(4)が成り立つ時、a(0)≠0とおいて(★1)、 a(k)=1/k!a(0)(5) (5)を(2)に代入して、 a(0)Σ(k=0~∞)(1/k!)x^k=a(0)(1+x/1!+x^2/2!+、、、) =a(0)e^x(ー∞<x<∞)(ただし、a(0)は任意定数★2) (疑問) □★1でa(0)≠0とおいているのはなぜでしょうか? □★1でa(0)≠0としているにもかかわらずa(0)は任意定数となっているのはなぜなのでしょうか? □全てのxに対して(4)が成り立つ時としているのですが、なぜ勝手に全てのxについて成り立つとしてよいのでしょうか?(すべてのxについて級数(2)の形で表せるとは限らないと思います、収束条件=すべてのxについて級数が収束するとは限らない)

  • 数学 連立1次方程式 行列

    画像の問題を解くと、画像のようになりますか?aは任意定数です。また、画像の問題の解の自由度は 3-2で1となりますか?お願いします。

  • 微分方程式の初期値問題

    友達とも考えてみたのですが、どうにもわからないので質問します。 以下の微分方程式の初期値問題の解を求めよ。 y''+y=r(x) y(0)=0,y'(0)=0 (0≦x≦π)の時 r(x)=1-(x/π) (x>π)の時   r(x)=0 0≦x≦πの時は初期条件によってちゃんと任意定数が定まるのですが、x>πの時は初期条件が提示されていないので、任意定数を求めることが出来ませんでした。x>πの時、任意定数を求めることができるかどうか教えてください。よろしくお願いします。

  • 微分方程式

    cosh(x) の定義は(e^x+e^{-x})/2 sinh(x) の定義は(e^x-e^{-x})/2です。 なので、A_1, A_2 を任意定数として A_1 e^x + A_2 e^-x とあらわせる式は、 A'_1, A'_2 を適当に置きなおすと、A'_1 cosh(x) + A'_2 sinh(x) と置きなおすことができるのですが、次の問題が分かりません。 {(d/dx)^4}u=Pu, (0<x<1), u(0)=u'(0)=0, u(1)=u'(1)=0 の問題についてですが D=d/dxとして特性方程式を作って {D+i[4]√(P)}{D-i[4]√(P)}{D+[4]√(P)}{D-[4]√(P)}=0 (ここで 累乗根 : x[n]√(a+b) = (x)(a+b)^(1/n) とする) とすると根がx = ±[4]√(P),±i[4]√(P)となり、一般解は公式より u=c1e^(-ix[4]√(P)) + c2e^(ix[4]√(P)) + c3e^(-x[4]√(P)) + c4e^(x[4]√(P)) (c1,c2,c3,c4は任意定数) となる。ココから次の式に導くのですがそれが分かりません。 u=c'1cosh(x[4]√(P)) + c'2sinh(x[4]√(P)) + c'3cos(x[4]√(P)) + c'4sin(x[4]√(P)) (c'1,c'2,c'3,c'4は任意定数) いろいろ試してみたのですが、出来ませんでした。 分かる方教えてください。お願いします。