-PR-
解決済み

mp3について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9248
  • 閲覧数97
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 51% (42/82)

MP3って何ですか?MP3の形式で音楽をCD-Rに録音すると、普通のオーディオでは聞くことはできないそうですが・・・。普通のオーディオで聞くことのできる変換ソフトはないのでしょうか?
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 51% (63/122)

MP3とは正式にはMpeg Layer-3といいます。Mpegとは、おおざっぱに言うと音や動画を圧縮する規格であり、さらにおおざっぱに言うと、Mpegのなかの音を圧縮する規格のひとつが、Mpeg Layer-3=MP3なのです。(繰り返しますが、これは本当におおざっぱな説明です)

では「圧縮」とはどういうことかというと・・・
「音」や「映像」、「動画」はとても巨大なデータです。たとえば普通のCDに収録された曲の場合、わずか5分で50MBもの容量を必要とします。(たとえば60分のCDの場合、約600MBの容量になります)これでは大きすぎて不便なので、よりサイズを縮小するための方法が考えられました。音や動画に限らず、「圧縮」の方法はいろいろあるのですが、MP3など音の圧縮に特徴的なのは、聞こえにくい音を削るという方法です。たとえば人間の耳は一定以上の周波数の音は聞き取りにくいので、その周波数はカット。また、大きな音に重なる音なども聞こえにくいので、これもカット。こういった具合に、音をどんどん間引きしてゆくわけです。こういった加工(エンコードといいます)によって、50MBの曲も、5MB以下にすることができます。(ちなみに、音を間引くわけですから、理論的にはもとの音より音質は低下することになります)

以上が、音の「圧縮」の(超)基本です。ちなみに、こういった音の「圧縮」の規格は、MP3以外にも、WMA、AAC、ATRAC(だったかな?)・・・等々、様々に存在します。(ただし、圧縮の理屈の基本は大体同じようです)実は、MDも原理は「圧縮」なんです。

なお、MP3は基本的には、ご質問にあるように、普通のCD等では聞くことが出来ません。が、最近のMP3の流行により、MP3を聞ける携帯用CDプレイヤーや、DVDプレイヤーなども、発売されていたような気がします。(うろ覚えですが、間違いないと思います。もっとも、あまり一般的な品ではないかもしれませんが)

とりあえずは、こんなところでどうでしょうか。
お礼コメント
shimikei

お礼率 51% (42/82)

回答ありがとうございます。
おおざっぱ、と書かれながら詳しい説明ですね。
Analogさんへのお礼にもありますとおり、いろいろ勉強させてもらってなんとかmp3からwaveへ変換できました!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル6

ベストアンサー率 27% (3/11)

MP3というのは 音楽の圧縮フォーマットのことで
通常のCDプレイヤーで聴くフォーマットに変換するソフトも数々ありますが
その前にshimikeiさんが MacなのかWinなのかを補足してもらいたいです
それぞれ「AIFF」「WAVE」と 違ったフォーマットになるもので...
お礼コメント
shimikei

お礼率 51% (42/82)

真夜中のすばやい回答ありがとうございます。
windowsを使用しています。

おかげさまで、mp3からwaveへ変換することができました!
参考にさせていただいたHPは

1.スケルトン高のホームページは「ただいま工事中」です。  http://w3.mtci.ne.jp/~takahata/
2.CDRの杜 
 http://www.muuz.ne.jp/cdr/
3.MP3のすすめ
 http://www.jaroove.com/mp3/index.html
4.Win32工作小屋
 http://www.win32lab.com/index.html
5.nullsoft WINAMP
 http://winamp.com/
です。

5のnullsoftのWINAMPというソフトをダウンロードしました。
ありがとうございました!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 33% (7/21)

うわーNo.#2さん詳しいですね。
どうしてもAudioCDで聞きたいのならCDRライティングソフトの機能をチェックしてください。
Neroなら直接MP3からCDRのAudioCDに出来ますが他もチェックしてください。
http://www.pro-g.com/nero/
でもMP3を再生するソフトの中にはMP3をWAVにする物もありますので、そこでWAVにしてからであればだいたいのCDRライティングソフトでAudioCDに出来ます。
作り方はCDRライティングソフトでAudioCDで作成するを選んでMP3またはWAVを曲の順番に選んでいくだけでしょう。
音はやはりすこし悪くなります、PCの音のうるささがない分目立つかも。
これ以上はCDRの杜でも見てください。
お礼コメント
shimikei

お礼率 51% (42/82)

回答ありがとうございます。
ayamailさんのおかげでCDRの杜というHPがわかりました。
このHPをきっかけに色々なHPで勉強させていただきました。
ありがとうございます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

MP3と言うのは、MPEG-1 Audio Layer3の略で、
音声圧縮技術の1つです。
通常の生音には、人間の耳に聞き取る事のできない
高い周波数や、低い周波数の音が含まれていますが、
こう言ったものを削除して行く事で、劣化の少ない、
なおかつデータサイズを小さくする事のできる技術です。
ただし、厳密に言えば、やはり音の要素が削られている訳ですから、
薄っぺらい音になっているハズなのですが、普通の人には判らないレベルでしょう。
ちなみにMPEGは動画と音声の圧縮に関する規格で、
いくつかに別れており、MPEG1はビデオCD、MPEG2は
DVDビデオに使われているらしいです。

で、MP3を普通のオーディオで聞く事ができないか?ですが、
通常のCDプレーヤーではできません。
普通のCDプレーヤーで聞きたい場合には、MP3に圧縮されたデータを、
音楽CDのデータ形式であるCD-DAにしてやらなくてはなりません。
MP3から、パソコンとソフトを使って、MacならAIFF、
WinならWAVと言ったサウンドデータにしてやります。
それをさらにCD-DAに変換してやり、CD-Rに焼いてやれば
普通のCDプレーヤーでも聞く事ができます。
むちょっといい加減な事をやるのであれば、パソコンの
音声出力端子にラジカセを繋いでやって、パソコンで再生したMP3を録音してやるとか。
パソコンを使わないで聞く、と言うだけなら、最近は
ポータブルMP3プレイヤーも色々出ています。
MP-manだとかRioだとか、SONYもMP3ウォークマンって出したんじゃなかったっけ?
あと、MDだったかCDだったか忘れてしまいましたが、
MP3をそのまま再生できるプレイヤーが発売されるんだか
されたんだか、と言う話も聞いた事がありますよ。
お礼コメント
shimikei

お礼率 51% (42/82)

回答ありがとうございます。
動画とか音声の圧縮に関する規格についてよくわかっていなかったのでkenkenkentさんの回答は勉強になりました。
ありがとうございました!
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5

普通のオーディオで聞く方法は皆さんのレス通りです。
MP3を聴く方法としてポータブル・据え置きのプレイヤ
もいくつか出ています。またKENWOODからAUDIO CDとMP3
をCD-Rに書き込んだもののコンパチで聴けるCAR AUDIO
が出ています。
CD-Rの容量いっぱいに焼くと、単純にCD10枚程度の曲
が収まるわけで、CDチェンジャーがいらなくなります
ね。
お礼コメント
shimikei

お礼率 51% (42/82)

回答ありがとうございます。
ポータブル・据え置きのプレイヤ の情報ありがとうございます。早速、調べることにします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ