• ベストアンサー
  • 困ってます

付加疑問文について

That's why you always get me to do the math when we split the bill, is it? (そういうわけで、割り勘のときはいつも私にけいさんさせるのね) 上記の英文は、付加疑問文だと思うのですが、でも付加疑問文は、肯定文だと文の最後にisn't it?になるはずなんですが?そうなっていないのです。 上記の英文について文法的に説明してください。 宜しくお願いします。

noname#213571
noname#213571

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数364
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • psytex
  • ベストアンサー率21% (1065/5004)

基本的に英語の場合、「あなたは来るよね?」と聞かれようと 「あなたは来ないよね?」と聞かれようと、行かない時は 「No!」と答えます(実際の行動の否定が優先)。 付加疑問「isn't it?」は、内容を確定的に確認したい時に 念押しとして使われるのに対し、「is it?」は必ずしも確信が 持てない時の「そうだよね?」という問いかけのニュアンスです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

「is it?」は必ずしも確信が 持てない時の「そうだよね?」という問いかけのニュアンスですとの回答を、私も思ってたのですが、記憶があやふやだったので、参考書で調べたら、私が持っている参考書には、その部分が載ってなかったので、これで確信もてました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15293/33006)

1。可能性1  僕はおっしゃる通り isn't it? と言うのが自然だと思います。でも主文が長くなると始めが肯定文だったか否定文だったか忘れてしまうことになって、こんな変な文が出来たのかも知れません。 2。可能性2  「だからいつも貴方は割り勘の時になると私に割り算をさせる訳ね」と言う主文です。そうするとその前に「貴方は頭で割り算が出来ない」と言った批判めいた文が想定されます。  ですから、「そうじゃないの?」 or is it? の or の脱落した付加疑問文が付いているのかも知れません。 3。印象  いずれにせよ座りのよくない付加疑問文だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

質問者からの補足

前文の相手の英文がWhen I was at elementary school,I was terrible at math.となっていたので、可能性2で「そうじゃないの?」 or is it? の or の脱落した付加疑問文ですね

関連するQ&A

  • 付加疑問文について

    付加疑問文について質問させて下さい。 国名って代名詞にするとSheになりますよね。そこで、 Australia is a country, isn't it. というのは、isn't she でもいいのでしょうか? あともう一つ、付加疑問文には?マークをつけるのでしょうか?

  • 付加疑問文

    付加疑問文の、does't it? や isn't it? を主節の主語や動詞に関係なく、遣うって言うことは有るでしょうか? 勿論もし使うとしても、口語、それもかなり broken だとは思うのですが。。。 たとえば、 I fear someone may steal my money, doesn't it? みたいにです。 もし、使わない場合、上記の文では、他にはどんな念押しの方法がありますか?

  • 付加疑問文

    I don't think it's easy. の英文を付加疑問文にするとき、 どのようにしたらいいのでしょうか。 それから、それはなぜそのようになるのか説明をしていただけると ありがたいのですが。

  • 英語の付加疑問文について教えてください。

    英語の付加疑問文、「~ですよね?」について教えてください。  普通「You have a dog, don't you?」 という感じだと思うのですが、今日こんな問題を見つけました。   「This book isn't interesting,( )( )? 」  文頭に否定形がついてますが、この( )に入る語句って一体?  文頭が否定形だから、肯定に直して(is)(this)なのでしょうか?それとも否定形のまま? 英語に詳しい方いたら教えてください。

  • そもそも付加疑問文って使うんですか?

    英語の付加疑問文といえば、中学高校あたりで習う定番のひとつでしょう。 しかし私は、実際の英文で、付加疑問文を見たことがありません。 口語でも聞いたことがありません。 付加疑問文の代わりに「huh?」は、しょっちゅう聞きますが・・・ そもそも付加疑問文って、実際に使われることはあるんでしょうか? 使われる場面が実際にあったとしたら、超レア物のような気がします。 求む、目撃情報!(笑) 勿論、詳しい方々の、これに関するご見解もお待ちしております。

  • 付加疑問文について

    付加疑問文は文の動詞を肯定文なら短縮否定形、否定文なら 肯定形にして主語を代名詞に変えてつくると文法書には 書いてあります。 例えば Tom studied English hard to pass the entrance examination,didn't he? のようになりますよね。 これで I don't think it will snow tomorrow. の後に付加疑問をつけるとすると do Iですか? それとも won't itでしょうか? 確かにdo I は変ですが、それは内容を判断したからで 主語のIをyouに変えたらどうなるのでしょうか? 「君は明日は雪が降らないと思っているでしょ?」なら文意は正しいし もう何が何だがわからなくなってきました・・・ お願いします

  • 付加疑問文

    You have been to America,haven't you? You haven't been to America, have you? といういう風に付加疑問文がつきますが You have never been to America のように 否定の意味の副詞がはいっていている 肯定文の場合は どうなるのでしょうか? また seldom や hardly のような 副詞がはいる場合の 付加疑問文はどうなるのか おしえてください

  • 付加疑問文ができません

    「~ですね」という念を押した時に使う付加疑問文ですが 例えばYou are a dancer,aren't you? あなたはダンサーですよね? みたいにつくる文で「沢山もの人がコンサート見に来たねぇ」 なんて言う場合は付加疑問文になるのでしょうか? なんとなく質問してるよりは念を押しているようにも 取れるのですがどうなんでしょう? 例えば、ライブ見に行ってアーチストがステージの上から 客に向かって「みんな元気?」「沢山もの人がコンサート見に来てくれてるねぇ」なんて言った場合どういう風に英文を作れば良いのでしょうか? XXはこう言いました。 XX said. Mr A:"How are you?" "xxxxxxxxxxxxxxxxxx"という形にしたいです。

  • 付加疑問文の quetion-tagについて

    付加疑問文についての質問はこれで3回目です。 今回は quetion-tagについてお伺いします。 例えば「He is a doctor.」という文を付加疑問文にするには quetion-tagとして 「isn't he?」を付けますよね。それでは 「I'm early」の場合はどうなるのでしょうか? amとnotは短縮形にならないし、「am not I?」の形も見たこともありません。notはどこに置くんでしょうか?

  • 英語の否定疑問文と付加疑問文のニュアンスと使用頻度について教えて下さい

     英語の否定疑問文のなかには,例えば Why don't we do? Why don't you do? のように日本語の直訳とは少しニュアンスの異なるものもがありますが,大体において否定疑問文を用いたときのニュアンスというのは,我々が日本語のなかで用いる否定疑問文のニュアンスと同じと考えてよいでしょうか・・・.「大体において・・・」と言われても困るかも分かりませんが,思うに我々日本人は(特に意図がない場合でも)単純に肯定型の疑問文の代わりに 否定疑問文を使う傾向があるような気がします.幾つか例を挙げますと,     (事実を知らずに,事実を確認するぐらいの気持ちで)   (1)「君は昨日魚釣りに行かなかったの?」 (「行ったの?」と聞く場合の単なる代用)   (2) 「君は酒を飲まないんですか?」 (「飲みますか?」と聞く場合の単なる代用)   (「魚釣りに行かなかった」という事実,「酒は飲まない」という事実を知っている上で)   (3)「君は昨日魚釣りに行かなかったの?」   (4)「君は酒を飲まないんですか?」  ((1),(2) と比べると若干イントネーションは変わるでしょうが,事実を知っていても疑問文の形で発言.発言の意図は時と場合で様々でしょうが,付加疑問文の形で言ってもおかしくはない,いやむしろ自然な場合)  私の思い込みかも知れませんが,日本語では人に疑問を発する場合に,肯定形で尋ねるとちょっと角が立った感じがするが,否定形で尋ねるといくぶん角が取れるようなところがあって(勿論,話の内容によって大部変わります),私自信は日本語において,否定疑問文をよく用いている気がします.この辺りの事情は英語ではどうでしょうか? 欧米人は日本人ほど否定疑問文を多用しないという傾向はあるでしょうか?個別的に見れば日本語でも同様で,否定疑問にすることで「驚き」や「苛立ち」などの特別の感情が込められることは多々ありますが,一般的に否定疑問文にすることでニュアンスに微妙な差が出るというようなことはあるでしょうか.それとも,個別のケースではともかく,一般的に大して差はないので,ほぼ日本語と同じ感覚で使ってよいでしょうか.  同様に,日本人は日本語のなかで付加疑問文(この表現が適切かどうかは分かりません)を多用する傾向があります.英語の付加疑問文は「念を押す」「同意を求める」の意図で用いられる・・・とありますが,我々日本人が頻繁に用いる「・・・ですよね」は,たえず相手の同意を確認しながら,一方的な断定によって相手の気持ちを傷つけることがないように・・・との思いから使っているのではないでしょうか・・・.果たして欧米人はこれほどまでに付加疑問文を多用するのでしょうか.  実は,以上2点の疑問は,私がオンラインレッスンを受ける際に,日本語の感覚をそのまま持ち込んで,英文メールを送ったり,英語を話しているとき,やたら付加疑問文や否定疑問文が多いと気づいたなかから生まれた疑問です.どうぞ宜しく御教示をお願いします.