• ベストアンサー
  • 困ってます

生命保険料について

  • 質問No.9110045
  • 閲覧数428
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
このたび、子連れ再婚したため
それぞれ加入した保険の見直しをしようと思っており
相談させてください。
以下は再婚前に加入してる保険です

<私>
・CUREレディ(特定疾病保険料払込免除適用+がん特約付)→月4,016円

<私の連れ子(幼児)>
・アフラックの学資保険(18歳払込)→月9,174円
 
<主人>
・ブライドway(5年ごと配当付終身保険)→月15,604円
・名前はわかりませんが会社でも生命保険に加入しており金額はわかりませんが
 ブライドwayと合わせて2000万になるようにしてるそうです。
・車両保険→金額未確認(月数千円)

<主人の連れ子(幼児)>
・5年ごと配当付の学資保険(何歳払込かは未確認)
・メディカルエール(定期型)→月993円
・子供でものがん保険?→月数百円

と不明な点多くてすみません。
主人は保険関係はすべて天引きにしており
これから私・私の連れ子の分も差しい引いたとしても
手取りで30万ほどあります(もろもろ保険料含めずに)

そこで相談が
(1)家族4人で保険にかなりかけてることになりますが
 見直す点てありますでしょうか?
 
(2)ブライトwayは評判があまりよろしくないイメージが多いですが
 このまま継続して加入してても問題ないでしょうか?
 主人が父子家庭のときに加入した保険なので突っ込みづらいところはありますが^^;

(3)私の連れ子に医療保険をかけていないのですが
 主人の連れ子が加入してる保険と合わせるか
 県民共済やほかの保険にするか悩んでおります。

上に書き忘れましたが主人が加入してる保険は第一生命です。
保険料差し引いて手取り30万はあるのでやりくりしようと思えばできますが
子供2人が続けて小学校に入学も控えてるので
家計を圧迫するようなら見直したいと思ってます。
それぞれ加入してる保険会社以外でもオススメがありましたら
ぜひ参考にさせてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 40% (5094/12699)

保険というのは、保険料だけで決められることではありません。肝心なのは必要な補償(保険金)になっているかどうかです。これが少ないと何かあった時に困りますし、逆だとお金を捨てているに等しいです。
これを算出するにはこれだけの情報だけでは難しいですし、FP等に相談することをお勧めします。これには貯蓄も大きく関係しており、これで賄える分については保険金を減額することも可能です。その貯蓄についても、使い道が決まっているものもあるでしょうから、これからの将来設計とかも決めないと相談も出来ないかと。

それでも…
死亡保険については、子供が成人(または就職)するまでに必要な費用と配偶者の当面(いずれは働くことになる)の生活費となります。配偶者が働いており自活出来るようなら必要ないですし、出来なくてもそれを補足出来る分があれば大丈夫です。
医療保険も少額なら貯蓄で賄えるでしょうから、大きな出費に対してだけでも構わないかと。1日の入院から出るものもありますが、いざという時のための貯蓄が出来ていればそこまで必要とは思えません。この辺りは保険料の差になりますので、今の貯蓄と合わせて検討する必要があるでしょう。
このように保険は貯蓄と密接な関係があるので、FPに相談するとしても最終的に必要となる老後資金まで考えないといけないかと思いますよ。なので、毎月の収支だけでは図れないものがあるということです。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 40% (44/108)

確かに多くの保険に加入されているようですね。ただし、保険の見直しと言うのは、そもそも支払い金額が多いとか少ないとかではなく、万が一の時にいくらぐらい必要かを想定し、それをどのように準備するかが重要です。
つまりリスクマネジメントとして考える必要があります。

ということで、できればファイナンシャルプランナー(FP)に相談されるべきでしょう。
もちろん彼らも、なんらかの形で保険会社との繋がりがありますので、できれば独立系のFPを数人選んで、それぞれから提案させるのが一番だと思います。

保険は、結果的にとても高い買物ですので、ぜひしっかりと検討されるとよいと思います。
頑張ってください。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ