解決済み

婚活パーティーの向き不向き

  • 困ってます
  • 質問No.9099017
  • 閲覧数555
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

26歳の男です。
タイトルの通り、婚活パーティーもやっぱり向き不向きがあるのでしょうか? 

短期集中と思い、婚活パーティーに毎週末土日それぞれ2、3回ずつ参加しています。
カップリングするときはほぼ9割が初めの席で隣だった人です。開始前に色々話が盛り上がると選んで貰えることが多かったですが、それ以外はほぼ全滅です。
六回に一度カップリングするくらいの確率です。

客観的にみて、向いてないでしょうか?
確率は0ではないのですが、最近少し疲れてきました。

*ちなみに僕はインドア気味でゲームとか漫画とかが好きで(普通の婚活パーティーでは書いていません)オタクの婚活パーティーにいくとカップリング率は上がるのですが、開催数がとても少なくて…
普通のパーティーでもそんなにアクティブじゃない人に出会えるとうまく行くことが多いです。

*社会人になってからの彼女はみんな婚活サイトで出会っています。大人しい子のが好みだし合うなあとは思います。
メールも好きなのでマメに連絡するのは得意です

真剣に婚活方法の見直しを考えています。アドバイスお願いします

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 38% (561/1461)

向いてないことはないと思いますが、進み方に違いはあると思いますよ。
サイトは先に会話をして、盛り上がってから会い、会ってみて良さそうと確信できたら付き合う。

パーティーはガチで会ってみて、盛り上がりそうだったらカップルになる。
その後デートなどをして本当に良さそうだったら付き合う。

カップリングしてるわけだし、そこは別に大丈夫だと思います。
そこから先へ進めなかった時にダメージはサイトより多い気はしますね。
時間的金銭的な負担とか会ってからのお断りとか。

少しペースを落としてサイトとパーティーと半々でも良いかと思います。
疲れたんなら休んでみたら案外全く関係ない所で、とかもたまに聞きます。
お礼コメント
noname#212928

そうですね
結果が出てないこともないし、なんとなくですが少人数の個室なら結果も出やすかったなって思います。
ある程度参加するパーティーの的を絞って行くことにします。減らすことで精神的余裕やカップリング後お話するじかんなども出来そうです。

サイトの方が色々知ってもらえるし、会話のテンポが合うあわないもわかっていいなと思うのでサイトの方を重視して頑張りたいと思います

ありがとうございました
投稿日時 - 2015-12-21 12:33:35
4つの行動でOK-チップをためよう

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 49% (17429/35548)

人間関係・人生相談 カテゴリマスター
向き不向きは特に無いんだと思う。
ただ、
切り替え下手な人は苦戦する。
婚活である以上、
ドライに選び、選ばれる事がある。
自分が選びたい人から選ばれない場合もある。
逆に、
自分はあまり選びたくない人から選ばれちゃう。
そういう場合もある。
自分がこれだ!と思う人から中々選ばれず・・・
自分的にはあまりドキドキしない(△)、
そういう人との縁ばかりが続いてしまうと・・・
気付いたら結構自分自身が消耗している。
そういう事って起こり得るんだと思う。
自分は選り好みなんて出来る側じゃない。
僕を選んでくれる人が一人でもいるなら・・・
どんな人であれ好きになれる自信がある。
相手の良い所をどんどん見つけていける自信がある。
そこまでの厳しい自己評価がある人なら、
実はそんなに迷わない。
貴方の場合は、
自分の事を棚に上げて、
ただ相手を選り好みしている訳でも無いんだと思う。
ただ・・・
それでも貴方にも「選びたい」人っているでしょ?
誰でも良い訳じゃない。
上手く言語化できない部分であっても、
好みだなと(素直に)言える感覚を持てるかどうか?
それは凄く大事なんだよ。
そして、
その感覚ってう~んと考える作業が要らない部分。
ある人はあるし、無い人は無いんだよ。
無い人に当たってしまうと・・・
どれだけ向き合ってもやっぱり好みにはならない。
勿論相手から見た貴方でもそれは同じ。
その部分をクリアしてくる(くれる)
そういう異性と貴方は中々出会えていない。
異性的なドキドキをしっかり感じられて、
尚且つ相手「から」も貴方を知りたい、感じたい。
そんな自発性が伝わってくる人を貴方は探している。
まだ見つかっていないからこそ、
見つかるまで活動したいという気持ちもあれば。
見つからないという現実が続く中で、
気付いたら疲労感だけが溜まってしまう場合もある。
しかも、
貴方は婚活サイトで彼女を探す。
良くも悪くもそれ「しか」出来なくなっている貴方。
婚活(サイト)のメリットは、
相手も出会いを探している、求めている。
それが最初から分かっている安心感。
縁あれば向き合おうとしている同士。
それが分かっている安心感。
デメリットは、
まさに今の貴方のように、
選ぶ側、選ばれる側がとてもハッキリしやすい事。
う~んと首を捻る位なら、
その人に長くこだわらずに他の人を探した方が良い。
お互いにそう思いやすい。
選ぶ側に廻れるメリットは、
選ばれる(選ばれない)側に廻るデメリットと背中合わせ。
婚活サイトの方が、
そんなに経験豊富な人が少なそう。
だからこそ、
自分(貴方)の異性レベルでも何とかなりそう。
貴方は、
自分のレベルでも選ぶ側に廻れるメリット。
それを婚活サイトに見い出している。
一応彼女は見つけてきた。
それなりに得るものはあった一方で、
まだこれだ(この人だ)!と思えた人とは付き合えていない。
サイトを使う事で、
貴方自身の魅力問題も特に改善された訳でも無い。
婚活サイトにうろつき慣れしてしまうと・・・
良くも悪くも同じような事をし続けてしまう。
自分自身もあまり変わらない代わりに、
貴方を好きになってくれる面子もあまり変わらない。
好みでは無い人から好かれても、
自分がこの人だと思えた人とは上手く行かない。
そんな噛み合わせの悪さに疲れを感じてしまう。
そういう事ってあるんだと思うからね?
今の疲れたという感覚は、
貴方自身への大事なメッセージ。
それを貴方がどう感じて、どう受け取るのか?
それはもう貴方次第なんだからね☆
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (451/1160)

> 六回に一度カップリングするくらいの確率です。

若干『婚活パーティ』に不向きな考え方のようですね。
よく居るのですが、考え方が根本的に間違っています。

質問者様は「何のために」パーティに参加しているのですか?
「カップリング率を上げるため」ですか?
こういう勘違いをしている方は、パーティ参加者にはよく居るのです。
「本命指名される件数」を競うことを目的にしている人とか。
「カップリング率」を競うことを目的にしている人とか。
パーティ直後に「私、○人に本命指名されたよ」「え~私は×人しか居なかった」という会話は、勘違い男・娘トークとして有名です。

質問者様は「結婚するため」に婚活パーティに参加しているのではないですか?
いくら「本命指名件数」が高かろうが、「カップリング率」が高かろうが「結婚」に結びつかなければ、カップリング出来なかった時と同じ価値、『婚活失敗』でしかありません。
「婚活パーティ」に参加して「カップリング率」を稼ぐことを目的にしてはいけません。
例え100回に一度のカップリング率であろうと、そのたった一度のカップリングが結婚に繋がれば「婚活成功」なのです。

「カップリング率」などというクダラナイ数値に惑わされるのではなく、その一回一回を『最初で最後の一回』として真剣に取り組むことです。
『率』など、どうでもいいのです。
その一回は全て『最初で最後の一回』なのです。
そのことを努々お忘れなきように、、、
  • 回答No.2

アドバイザー 詳しい分野:就活、面接、ES

ベストアンサー率 43% (2422/5513)

他カテゴリのカテゴリマスター
婚活パーティはノリがアゲアゲですからね。
ルックスと会話のノリで数人に人気が固まりがちです。

その中で6回に1回、凄いと思います。
向いてないとは思いません。
その場限りで続かない感じですか??
向こうからは好かれるけど、自分の理想のタイプではない感じですか?

オフ会がいいですね。
「ラブライブ好き集まれ!」みたいな。
Facebookとか、LINEグループで検索すると、あると思います。

趣味が合えば話も盛り上がるし、
関連の映画やイベントに一緒に行きやすいと思います。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (68/316)

向いていないってことは無いと思います。
お相手がそれを望まないケースもありますので、アクティブであれば良いというものではありません。
きちんとした会話、コミュニケーションが取れればよいと思っています。

頑張ってください!
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
結婚について悩んでいる人にあなたの体験を伝えてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ