日本語文法の解説についての疑問

このQ&Aのポイント
  • 「た」の連体形に接続する意味がわからない
  • 文節を区切るときの「ね」の理論がわからない
  • 外国人に説明する方法がわからない
回答を見る
  • ベストアンサー

「た」の連体形

質問1. ある中学用の参考書の日本語文法の接続助詞の解説にこう書いてありました。 「ところで」「た」の連体形に接続 何を言ったところで、しかたない。 (仮定・逆説) たぶん、「ところで」の解説として2行目に例が書いてあるのだと思います。1行目の「た」の連体形に接続というのの意味がよくわからないので解説お願いします。「た」は助動詞の「た」ですか?「た」が助動詞であるとなぜわかるのですか?「た」の連体形に接続すると説明することの意味は何ですか?3行目の仮定・逆説と書いてあるのは上2行とどういう関連性があるのですか?さっぱりわかりません。 質問2. 日本語文法の解説を読んでいて理解ができません。たとえば・・・と言うから・・・というような説明になっていない説明ばかりでとてもわかりにくいです。文節を区切るときに「ね」を入れるという理論もよくわかりません。なぜそこに「ね」が入るのか、なぜそこに「ね」が入らないのかを「言うから」という説明で済ませるのは循環論法のようで煙にまかれている気分です。たとえば外国人になぜそこに「ね」を入れるか説明しろといわれても説明できません。どのようにして理解すればいいのでしょうか?

noname#257638
noname#257638

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • HARU-0321
  • ベストアンサー率40% (27/67)
回答No.1

順序的に(2)の質問から書きます。 文節を区切るときに「ネ」を入れるというのは、「ネ」でなくても、「サ」でもいいです。 文末では「ヨ」などが使われることが多いです。 ご自分が話すときによく使う区切り方を思い浮かべてください。 ここでは、よく言われる「ネ」を使ってみます。 例文 A 「今日わたしは学校でプールに入った」 これを文節に区切るとBになります。 例文 B 「今日ネ わたしはネ 学校でネ プールにネ 入ったヨ」 文節とは、意味が分かる範囲で短く区切った文のことです。 文節には必ず自立語が入ります。 付属語はあるときもないときもあります。 (「自立語」とは、それ一語で言葉として意味が分かる単語のこと。) 例えば、雨が降っているときに 「雨だ」 「雨」 では意味が分かりますが 「だ」では何のことだかわかりません。 先ほどの例文で付属語で切ってしまうと、 「今日ネ わたしネ はネ 学校ネ でネ プールネ にネ 入っネ たヨ」 となり変な文になってしまいます。 次に 質問(1)について 「た」が助動詞だとわかる理由。 「言った」の「た」は その「た」だだけでは文が成り立たず、 ここでは「言う」にくっつくことで意味を持ちます。(付属語だから。) なおかつ、 「言ってない」など変化があることから「活用」があると分かるので、付属語のうち、 助詞ではなく「助動詞」となります。 「ところで」が「た」の連体形に接続すると説明してある理由は、 *「ところで」の使い方を教えるため *「ところで」が何にくっつくといいかを教えるため ではないかと思います。 「何を言ってところで、しかたない」では変なつながりですよという感じ。 「仮定・逆説」は ~た ところで  の意味を説明しています。 「ところで」には、 話題を変えるときに使う別の言葉「転換」としても存在するので、それとの区別のためでもあると思われます。 ところで を「転換」として使うと 「今日の授業は難しかったね。ところで、お昼ご飯は何にする?」など。 間違っていたらすみません。 分かりにくい説明だと思いますが、少しでも理解が進めば嬉しいです。

noname#257638
質問者

お礼

「ご自分が話すときによく使う区切り方」←結局ここに依拠するんですね。 修得するのは大変そうですが頑張ります。 とても丁寧な説明ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • HARU-0321
  • ベストアンサー率40% (27/67)
回答No.3

回答1 の者です。 念のため追記です。 >>ご自分が話すときによく使う区切り方を思い浮かべてください。 ここでは、よく言われる「ネ」を使ってみます。 と書いたのは、 「ネ」なのか「サ」とかの区切るところに入れる言葉(文字)をご自分で選んで使ってくださいの意味です。 言いなおすと、 区切り方は決まっているので、区切るときに使う言葉(文字 ネ や サ など)をご自分の使いやすいように選んでください。 が分かり易いでしょうか。 「僕ネ、もうネ 眠いヨ」 「僕サ、もうサ 眠いゼ」 などなど。

  • marisuka
  • ベストアンサー率38% (638/1649)
回答No.2

中学生用の参考書ということで、中学生にもわかるような解説をしてみます。 質問2について  「文節」とは、文を作るときの最小パーツです。それ以上 分解すればもう材料になってしまって、直接 文を作るのは難しくなります。  文節はパーツなので、隙間があります。日本語はパーツを並べて置くだけの作り方をするからです。だから、そのパーツの隙間にものを挟むことが可能です。それが「ね」や「さ」などの間投助詞とも呼ばれるものです。  で、これを逆に言えば、「ね」を挟める場所はパーツの切れ目であると考えられる、ということです。 質問1について  「た」の連体形に接続、とは「『ところで』という単語はいつも「た」の連体形の後ろにくっついて使われるんですよ」という意味です。現在はそういう使われ方をしている、という現状をまとめています。だからあなたも「ところで」をこの意味で使うときは、こういう使い方をしないと通じませんよ、ということを知らせています。それが、説明することの意味・価値です。  「た」が助動詞であるとなぜわかるかは、「た」を助動詞と分類して名付けたからです。名前なので、なぜわかると言われても…。  仮定・逆説とは、「何を言ったところで、しかたない。」という例文が、前半が仮定の話であり後半が逆接になっている、ということを説明しています。これまた、その例文での使い方につけられた種類名です。  文法とは、同じ性質や同じ形のものという基準で言葉を種類分けして、それに名前をつけることです。今までこんな使われ方をしてきたから、というのが分ける基準です。まあ名付け方にはいろいろギモンもありますが。そう思って見直してみられてはいかがでしょう。

noname#257638
質問者

お礼

そうですか、正直あまり理解できませんでした。 いつか理解できるようになりたいです。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 述語「名詞+だ」にかかる修飾語は、連体修飾語?

    初歩的な質問でお恥ずかしい限りですが、よろしくお願いいたします。 中1国語の教科書(光村)に、文法の修飾語に関する説明の例題として、以下のものがありました。 『色あせた写真は祖母の宝物だ。』 これを文の成分で示すと、 色あせた/写真は/祖母の/宝物だ。 ⇒修飾語/主語/修飾語/述語 …というふうになり、「色あせた」は「写真は」を、「祖母の」は「宝物だ」を修飾する、ということまでは分かります。 では、「祖母の」は、連体修飾語と連用修飾語のどちらですか? 同じく、教科書の説明には、 『体言…主語となる文節の中で、中心となる単語。  用言…それだけで述語となる単語。』 『連用修飾語…用言を含む文節を修飾。』  連体修飾語…体言を含む文節を修飾。』 と書かれいます。 述語「宝物だ」は「名詞+だ(助動詞)」であって、単独で述語となることができる単語はないですよね。(この時点ですでにあまり自信がないのですが…) ですから「祖母の」は「宝物」という名詞にかかる、連体修飾語だと思うのですが、上記の体言の説明では、体言は主語の文節の中にある単語であると限定されてしまっています。 いったい「祖母の」は連体修飾語と連用修飾語のどちらなのでしょうか…? 私が学生のころは、「体言は名詞」「用言は動詞・形容詞・形容動詞」という理解で、体言は主語限定というような教わり方はしなかったように思います。 私が覚えていないだけかもしれませんが…。 どなたか、解説をお願いいたします。

  • 中3です。連体形と連用形について教えてください。

    月曜日テストがあります。なので今、問題集で現代文で文法の勉強をしています。 活用形を見分けるため連用形に付く主な助動詞(助詞)、連体形に付く主な助動詞(助詞)が 知りたいです。主なものを教えていただけませんか? 回答待ってます。

  • 日本語の文法用語を英語で

    以下に示す日本語の文法用語を英語で何と言いますか。 ①未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形 ②名詞、動詞、形容詞、形容動詞、連体詞、副詞、接続詞、感動詞、助動詞、助詞

  • 連体格「の」

    やっぱりわからない。。。 連体格「の」と主格「の」の見分けがいまいちわかりません。 古文にも漢文にもでてくる格助詞の「の」について教えて下さい。 (3)「先生之恥」と(4)「孤之願也」はどっちも連体格でいいんでしょうか? (4)は「私の願いである」と訳すし、願いは名詞?だから連体格となんとなくわかるんですが、 (3)は「先王の受けた恥」「先王が受けた恥」とちらでもいい気がするし、恥は名詞と動詞どっちの意味もあるみだいだし。。。 連体格は名詞に挟まれているときのみですか? 名詞と述語に挟まれていても「~の」と訳せれば連体格もありですか?

  • 「なんです」の「なん」の意味

    外国人の友達から、「好きなんです」「ぴったりなんです」などの「なん」はどういう意味か聞かれました。 goo辞書によると、 「なのです」とは、 [連語]《断定の助動詞「だ」または形容動詞の連体形活用語尾+助詞「の」+丁寧な断定の助動詞「です」》「なのだ」の丁寧な表現。「子供にとっては親の愛情がいちばん―◦です」「仕事は自分のためにするべき―◦です」 [補説]話し言葉で用いる場合「なんです」の形をとることが多い。 と説明されており、「な」=断定の意味ということはわかったのですが、 助詞「の」の役割がいまいちわかりません。 文法的に解説できる方がいらっしゃいましたら、お教えいただければと思います。 どうぞよろしくお願いします。

  • 形容動詞の連体形(だっ・で・に)の使い分け

    外国人に日本語を教えていますが、形容動詞の連体形のうち、特に「で」と「に」の使い分けが問題になっています。 「真剣に取り組む」「真剣に○○する」とは言いますが、「真剣で取り組む」「真剣で○○する」とは言いません。 また「本気で取り組む」「本気で○○する」とは言いますが、「本気に取り組む」「本気に○○する」とは言いません(「相手の話を本気にする」とは言いますが)。 いろいろ調べているうちに下記のような記事を見つけ、それがポイントのように思えますが、いまひとつわかりません。 連用形 主に用言に連なる用法で,次の用法がある。  (1)文を一旦切って,後に続ける中止法。  (2)「読み始む」「寒くなる」のように下の用言を修飾する副詞法。  (3)「早き流れ」のように名詞化する。  (4)「見送る」のように複合語を作る。  (5)助詞,助動詞に連なる。 日本語の形容動詞では、どのような基準で「で」「に」を使い分けているのでしょうか。外国人にも理解できるよう、文法的な理論でご回答いただければ幸いです。

  • 連体修飾格

    古文にも漢文にもでてくる格助詞の「の」について教えて下さい。 区別の仕方がいまいち分かりません。 (1)「~の」と訳せれば連体格 (2)「~が」と訳せれば主格 で、(1)は名詞にはさまれてると習いましたが、名詞に挟まれてる時以外も連体格になることはありますか? いま、漢文の予習をしてるんですが (3)「先生之恥」と(4)「孤之願也」はどっちも連体格でいいんでしょうか? (4)は「私の願いである」と訳すと思うのですが、之の下にある願いは動詞で連体形ですよね?名詞じゃないけど、「~の」と訳せるから連体格でいいんですか? それから、之の下の語が名詞かどうかわからない場合は文脈判断?

  • 「いるならいるで」文法的に…。

    「いるならいるで」の「で」は 文法的にはどう解釈できるでしょうか? 1.「で」を格助詞と考えると、 格助詞は名詞に付くので 「いるで」は動詞+格助詞になってしまいます。 2.「で」を接続助詞と考えると、 接続助詞は連用形に付くので 「いるで」は連体形または終止形+接続助詞になってしまいます。 3.「で」を助動詞「だ」の活用したものと考えると 「いるで」の終止形は「いるだ」になってしまいます。 外国の方に聞かれて困っています。 よろしくお願いしますm(_ _)m

  • 文法書を探しています。

    韓国語文法に対し全体を見渡せるような解説を探しています。 何冊かの文法書を読みました、例えば、これは動詞の連体形ですと書かれており、活用の仕方が書かれています。これでは他に何型があるのか分からないのです。 私の求めているのは、韓国語の動詞には、何型と何型と何型がありますと言う説明なのです。動詞に限らず、他の品詞、文章論についても同じことが言えます。 別の言語である日本語を例に出してもあまり意味はありませんが、日本語の文法書には、「口語の動詞には未然形、連用形、終止形、連体形、命令形があります。文語の動詞には已然形、連用形、-----」がありますと全体像が画かれているでしょう。 素人でも購買可能な本がありませんでしょうか。

  • 可能動詞の連体形

    可能動詞「動ける」の連体形に「努力」と続いた形「動ける努力」と言う言葉は 文法的には正しいと思うのですが、日本語として違和感を感じます。その訳を 具体的、理論的に教えて下さい。また、「動ける努力」と言う日本語自体が間違いなのでしょうか?その場合も理由を教えて下さい。宜しくお願いします。