• ベストアンサー

電気磁気学

無限長の直線導線と直角2等辺三角コイルが同一平面上に置かれている。 電流i(t)=Icosωtを流した時、コイルに 鎖交する磁束Φ(t)と起電力e(t)を求めよ この問題が分かりません。 どなたか教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • shintaro-2
  • ベストアンサー率36% (2266/6244)
回答No.2

>B=μi/2πx >Φ=∫[a→2a]B*xdx > =μi/2π ∫[a→2a]dx > =μia/2π x地点における銅線方向のループ幅をYとすると Φ=∫[a→2a]B*Ydx  Y=x-aですから Φ=∫[a→2a]B*(x-a)dx だと思うのですが? 

wa-21-mi
質問者

お礼

分かりました! ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • shintaro-2
  • ベストアンサー率36% (2266/6244)
回答No.1

無限長の導線ですから、距離rの磁界はわかりますよね? 鎖交磁束については、後は積分するだけです。 e(t)=-dΦ/dtで、コイルは一巻という設定でしょうから、微分してください。

wa-21-mi
質問者

補足

回答ありがとうございます B=μi/2πx Φ=∫[a→2a]B*xdx =μi/2π ∫[a→2a]dx =μia/2π i=Icosωtより e=-dΦ/dt=μaIsinωt/2π これであってますか?

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 電磁気の問題について

    電磁気の問題について質問させていただきます。 図に示すように、一つの平面内に無限に長い直線導線と、一辺の長さがaの正三角形コイルABCを点Bが直線に接し、辺ACが直線に平行になるように置き、直線導線にI=I0sinωtの交流電流を流す。 閉回路内で直線導線からxとx+dxの間の面積部分を貫く磁束dΦを求め、回路内を貫く磁束Φを求めよ。ただし、透磁率をμ0とする。 答えとして dΦ = (μ0*I0*sinωt/√(3)π)dx Φ = μ0*I0*a*sinωt/2π となったのですが、あっているでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。

  • 磁束 相互インダクタンス

    2つの辺の長さがそれぞれa1,a2である。a1,a2は直角を挟む辺であり、これらの辺によって直角三角形コイルを作る。 コイルは、十分に長い直線の導線と同じ平面内に置かれており、長さa2の辺は直線の導線と平行かつ 導線から最も離れている。導線に近い頂点と導線の距離はdである。真空の透磁率をμ0として問に答えよ。 (i)直線導線に電流を流す。三角形の内部にあり、直線の導線から距離zの位置にある微小な幅dzの領域の磁束をφとして、この系の相互インダクタンスを求めよ。 (ii)三角形コイルの置き方を、 長さa2の辺が直線の導線と並行でかつ最も近くなるようにする。 辺a2と導線の距離は変わらずdとする。 この系の場合、相互インダクタンスは先ほどと比べてどのように変化するか。 理由も答えよ。 これらの問題はどのように解けばよろしいのでしょうか? どなたかご教授ください。

  • もう一問コイルの問題なのですが・・・

    半径a,単位長さあたりの巻数nのソレノイドコイルと同一中心軸に半径b(b>a)のコイルを設置した。ソレノイドコイルにI(t)=Icosωtの電流を流したとき、外側のコイルに生じる誘導起電力を求めよ。 という問題です。。 どなたか教えていただきたいです。。

  • 誘導起電力の大きさ

    誘導起電力は、ファラデーの法則からN回巻のコイルを貫いている磁束がt(s)間にΦ(wb)だけ変化したとすると、 瞬間の誘導起電力は e=-N・Φ/t となります。 1点目は、磁束が電流に比例するから、(略)  e=-L・I/t となる。  Lは自己インダクタンス という説明があるのですが、磁束が電流に比例するというのは、経験則?法則なのでしょうか? 2点目は、磁界を導体が切るときの誘導起電力の大きさについてですが、磁束密度B(T)、導体の長さL(m)、導体が磁界を直角に切るときの速度をv(m/s)とすると、e=Φ/t=BLv と示されているのですが、なぜ磁束を切るときは、e=Φ/t となるのでしょうか。コイルのように巻数Nがないことはわかりますが、単に磁束の変化を時間で割ることで求められると言うのがわかりません。

  • うず電流

    導体を磁束が貫いているとき、その磁束が変化するか、又は導体が磁束をきると、当該導体内部に電磁誘導作用によって起電力が誘導される。この起電力は当該磁束の変化を妨げる方向に発生し、当該導体内に渦状に分布して流れます・・・この電磁誘導というのは自己誘導作用によるものと考えてよいのでしょうか。  当該コイルは、この起電力(いわゆる逆起電力といわれるのでしょうが)により、電源電圧がつりあったところで、一定の電流が流れるという理解でよろしいでしょうか。(安易に捉えてしまうと、電源電圧により電流が流れて、逆起電力ができてそれらがつりあうと、電流が流れない?と考えがちなので・・・)  うず電流についてですが、相互誘導作用によっても発生するのでしょうか。というのは、たとえばコイル1による磁束の変化により、コイル2が相互誘導作用により、コイル2に巻かれている導体に電流が流れる(方向は磁束の変化を妨げる方向)が、同様に、当該導体内部にもうず電流は発生するのでしょうか。そんなことがありえるのでしょうか。なお、発生するのであれば、コイルに巻かれた導線に流れる電流と内部の導体内のうず電流の方向は同じになると言うことでしょうか。 また相互誘導作用によるうず電流を発生するとともに、もとのコイルでは自己誘導作用によるうず電流も発生すると考えてよいのでしょうか。

  • 電気磁気学の問題です

    こんな問題がありました。 <問題> 図6.32のように、間隔2d[m]の無限に長い2本の平行導線に往復電流I[A]が流れているとき、点Oおよびx軸上の距離h[m]の点Pの磁束密度を求めよ。 <答え> (μ0I)/(πd)[T] , (μ0Id)/{π(d^2+h^2)}[T] , 向きはともにxの正の方向 この問題で、ビオ・サバールの法則を使って解こうとしましたが、答えが合いませんでした。 どなたか解説よろしくお願いします。

  • 電磁気学の問題(誘電起電力)

    図のようにU字型の十分に長い導線が磁束密度Bの一様な磁場のなかにおかれている 導線上にOP(W)と角度60°をなすように銅線棒(QR)をおきこれを∠ORQ=60°をたもちながら図にしめすように右方向へ 一定の速さv(m/s)ですべらせる。PとQが重なった位置にあるときを時刻t=0とする (1)時刻t=0において回路OPQRに鎖交する磁束Φを求めよ (2)回路の誘電起電力eを求めよ (3)このとき棒QRはどちら向きに電流が流れるか? (4)QRをOPと平行して一定の速さvで滑らせたときの誘電起電力を求めよ (4】しかわからなくてvbW(V)となりました・・・ 残りの問題お願いしたいのですが、よろしくお願いします

  • 以下の問題がわかりません

    以下の問題がわかりません 巻数nのコイルと鎖交する磁束がφ=φмSinωt[Wb]であるとき このコイルに生じる誘導起電力νを求めよ なお 符号についても注意し その意味を記述すること わかる方 回答の方よろしくお願いいたします

  • 以下の問題がわかりません

    以下の問題がわかりません 巻数nのコイルと鎖交する磁束がφ=φмSinωt[Wb]であるとき このコイルに生じる誘導起電力Vを求めよ。なお 符号についても注意し その意味を記述すること わかる方 回答の方よろしくお願いいたします

  • 電気磁気の問題で....

    磁束密度B[T]の一様な磁界の中で、磁界と垂直な軸のまわりに半径a[m]、N回巻きの円形コイルを角速度ω[rad/s]で回転している。 コイルに発生する電圧の最大値を計算せよ。 と言う問題です。 図もよく分からないので詳しく教えてもらえたらうれしいです。

このQ&Aのポイント
  • TS3530とそれ用のインクを同時に購入する方法を教えてください。
  • 抱き合わせで注文できるコーナーがない場合、どのように購入すればよいですか?
  • キヤノンの入会方法が難解で入会できません。入会方法について教えてください。
回答を見る