• 締切済み
  • 困ってます

統計に関する質問です。

統計に関する質問です。 小麦における3産地以上の蛋白質含量における差を比較しています。 それぞれ標本数の異なり、例えばアメリカ産は1000標本、カナダ産は500標本、国産は50標本となっています。 その場合は、分散分析し、差が見られた場合はturkey法という多重検定で精査する統計法が適しているのでしょうか? ご助言をよろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 科学
  • 回答数2
  • 閲覧数279
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • Oubli
  • ベストアンサー率31% (744/2384)

2つの集団について比較する場合に正規分布性などを仮定するのがt検定になります。正規分布性を仮定できない場合、たとえばサンプル数が少ない場合はF検定を用いなければなりません。 例題の場合、アメリカ産とカナダ産を比較するにはt検定でもよいかと思いますが、国産のサンプル数は少なすぎるかもしれません。そもそも、t検定では3群以上の比較はできません。この場合まずF検定で分散分析を行い、各群の分散が異なる、つまり全群が同じ分布ではないことを示したのちに、Turkey法などで順位を検討することになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Tann3
  • ベストアンサー率51% (707/1379)

 複数の母集団の「平均値」が等しいといえるかどうかは「t検定」で、標準偏差(あるいは分散)が等しいかどうかは「F検定」で調べらるのが一般的かと思います。  もちろん、各母集団が正規分布しているという前提ですが。 http://www.geisya.or.jp/~mwm48961/statistics/bunsan1.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 社会統計について質問です。

    大学生です。社会学部の友人に統計学の課題について、助けを求められたのですが、これが私にもさっぱり分かりません。どなたか私達を助けて下さい。以下のような課題です。 母平均μ、母分散σ二乗を持つ正規分布でない母集団から、標本数900のデータを得たところ、標本平均は92、不偏標本分散は100であった。この場合、大標本であると見なして良い。ただし、母分散は未知である。 (1)仮説検定に用いる統計量は何か。また、その統計量は近似的にどのような分布に従うか。 (2)母平均の99%信頼区間を求めよ。 (3)帰無仮説をHo:μ=90としたとき、適切な検定統計量を求め、5%水準両側検定、1%水準両側検定、5%水準右片側検定、1%水準右片側検定をそれぞれ実施せよ。 よろしくお願いします。

  • 統計学についての質問です。

    統計学に興味を持ち、簡単な統計の本を見ながら独学で勉強しています。 現在、「標本平均の差の信頼区間」ちょっと躓いております。 標本平均の差の信頼区間の式の中に、 (標本平均Aー標本平均B) が含まれていますが、 (標本平均Bー標本平均A)ではダメなんでしょうか? 入れ替えた場合、当然符号が変わり、信頼区間の符号も変わってしまうのはわかるんですが、なぜAーBなんでしょうか? 何に注目して、引かれる数と引く数を決めればいいのでしょうか? 以上、回答いただきければ幸いです。

  • 社会統計について質問です。

    友人に社会統計学について、質問を受けました。 私は心理学科なので、心理統計しか分からず、困っています。 どなたか助けてください。 以下のような問題です。 体重に関して正規分布N(μ,σ二乗)に従う母集団から、無作為抽出によって以下の16の標本を得た。 62,50,60,48,62,59,36,64,64,62,87,63,75,27,65,76 (1)標本平均、不偏標本分散、不偏標本標準偏差を求めよ。 (2)母平均の最尤推定値(最尤推定量の実現値)を求めよ。 (3)母分散は既知とする。このとき標本平均の標本分布はどのような分布に従うか。「確立変数~確率分布」という形式で答えよ。 (4)母分散は未知であるとする。このとき、母平均の95%信頼区間を求めよ。 (5)母平均は未知であるとする。帰無仮説をHo:μ=52としたとき、適切な検定統計量を求め、5%水準両側検定、1%水準両側検定、5%水準右片側検定、1% 水準右片側検定をそれぞれ実施せよ。 (7)さらに、体重に関して正規分布する別の母集団から、無作為抽出して以下の16の標本を得た。2つの母集団の母分散は未知であるが、母分散は同じであると仮定して良い。「2つの母平均は等しい」を帰無仮説として、母平均の差に関する5%水準両側検定を実施せよ。(ヒント:t0.025(30)=2.042) 65,60,57,76,79,72,57,75,54,75,42,77,38,48,71,78 よろしくお願いします。

  • 統計学について

    卒業研究で実験条件の決定に統計学な手法をつかいたいと思っています。分散が予めわかっていて無限母集団の平均値をできるだけ正確に調べたい場合、標本数をどのように決定すればよいかがわかりません。統計学の教科書で言うとどのあたりに載っていますか。それとも、そもそもこんなことはできないのでしょうか?

  • [統計]分散分析の必要性

    多群間の差をみる場合、パラメトリックの場合、  分散分析→多重比較 という流れが一般的に言われていますが、 多重比較の前になぜ分散分析をするのかよく分かりません。 (1).多重比較の前に、分散分析を行う理由 (2).多重比較だけでもよい条件 を教えていただきたいと思います。 また、タイトルは分散分析としてますが、実際は、5件法で5項目(Q1~Q5)のアンケートを行い、項目間の差を見たいと思っています。 一部の項目で正規性がみられなかったので、ノンパラ手法を用いることになります。 (3)Steel-Dwass法による対比較の前のフリードマン検定を行う必要はあるか も分かる方がいらっしゃれば教えていただきたく思います。 よろしくお願いします。

  • ノンパラメトリックな統計解析について質問です。

    マンホイットニのU検定等で比較したい群間の標本数が大きく違う場合、有意差が出やすくなるなどの問題は生じるでしょうか? 順位和で統計量を出すと聞いて疑問に思ってます。 例えば、A群、B群の標本数がそれぞれ10と100のように大きく違う場合何か問題は生じるでしょうか? 統計の本を見てみたのですが、記号が多くて理解しがたいです。 統計を理解する気持ちは持っています。 迷える子羊にご教授よろしくお願いします。

  • 統計学の問題ですが、まったく分かりません。。

    統計学の問題ですが、まったく分かりません。。 どなたか回答していただけないでしょうか。 ある国出身の成人男性8人と成人女性10人について身長を測定し たところ、標本平均がそれぞれ 171.3 cm と 165.2 cm 、標本不偏 分散がそれぞれ 10.2 cm2 と 8.5 cm2 となった。男性と女性の身長 が正規分布に従っており、また、母分散の値が等しいとして、こ の国の成人男性と成人女性の平均身長の差を95%信頼係数で区 間推定せよ。 という問題です。 よろしくおねがいいたします。

  • 統計学についてお聞きしたいです.

    現在,統計ソフトRを使って,プログラムを書いています. 内容は多重共線性問題のあるデータを主成分回帰分析を使って,解決するということをやっています. データはRを使って,変数を数個を発生させ,その中の3つの変数を足すと0になるというデータを使っています.相関関係が高い場合のみの多重共線性のデータは自分のプログラムでうまくできたのですが,線形関係をつくると多重共線性のある変数が0に近づいてしまいます.実際は1に近づくはずなのですが.それがなぜだかが分かりません.どなたかご教授お願いします.線形関係の作り方は平均1, 分散0のデータを発生させ,そのデータをエクセルを使って,並び替えて作ります.その時データは平均1,分散0のままです.また,ヒントとなるようなプログラムやコマンドなどでも全然構いませんのでお願いします.今,3カ月かかってできません.本当に困っているのでお願いします.

  • 統計について質問があります.

    統計について質問があります. よろしければ教えて下さい. 実験条件は以下の通りです. 2種類のトレーニング器具を用いた場合に,何も用いない場合と比べて効果があるかという実験設定です. 被験者は同一被験者で,ランダムに全てのトレーニング器具を実施し,測定しています. 1.何も器具を用いない場合 2.トレーニング器具Aを用いた場合 3.トレーニング器具Bを用いた場合 この3条件の効果の差を検定したいのですが,この場合は繰り返しのある1元配置の分散分析を用いればよいのでしょうか?t検定を3回繰り返すことは問題なのでしょうか? 例えば,t検定の場合,1と2に差はあるが,分散分析を用いた場合では有意差は無い場合があります. この場合に,1と2だけで論文を書いた場合はトレーニング効果はあるが,3種全てで論文を書いた場合は効果が無いという結果になると解釈するのはどうも腑に落ちません. よろしければ教えて下さい.よろしくお願いします.

  • 統計学入門書の例題で、標本平均7.5(標準偏差2.5、n=28)と標本

    統計学入門書の例題で、標本平均7.5(標準偏差2.5、n=28)と標本平均9.1(標準偏差2.3、n=25)を平均値検定した結果、z=2.43で有意水準5%で有意差ありとなっていました。ところが、それぞれの母平均を区間推定すると95%信頼区間で推定幅に重なりを持ってしまいます。もし、有意差があるなら、重なりを持たないと理解していますが…。当方の計算法の誤りまたは計算違いでしょうか?計算方法は、例えば前者の場合、7.5±1.96×不偏分散の平方根/28の平方根でやってます。